自動運転/MaaS セミナー特集

自動運転やMaaS業界で事業開発や技術開発などに携わっている方や、最新の業界動向・潮流などキャッチアップされたい方向けに、関連セミナーの情報を厳選して紹介します。

【2024年3月最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、月額料金・...

トヨタとレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービスである「KINTO」。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇中だ。最近は...

【3月3日最新】GOタクシーのクーポン情報まとめ!新規登録で500円分、友達...

国内最大手のタクシー配車アプリである「GO(ゴー)」。新たに使い始めるなら、お得なクーポンなどが発行されているか、気になるところだろう。結論から言えば、GOではクーポンを利用可能だ。 新規登録でもらえるクーポン...

【2024年3月最新】タクシー配車アプリ7社を一挙比較!おすすめは?GO、S...

タクシー配車アプリによって、利用のしやすさや手数料体系、キャッシュレス決済利用の可否、利用可能エリアが異なるため、どのアプリを使うかはよく比較して決めたいところだ。クーポンが豊富かも選ぶポイントとなる。 対象地域の広さ...

【3月3日最新】LUUP(ループ)のクーポン情報まとめ!初回限定や2000円...

電動マイクロモビリティのシェアリングサービスなら「LUUP」が最大手だ。大都市圏を中心に展開しており、電動キックボードと電動アシスト自転車を利用できる。低価格で気軽に利用でき、近距離移動などに便利なLUUPだが、クーポンを使...

【3月3日最新】S.RIDE(エスライド)タクシーのクーポン情報!初回特典で...

「S.RIDE」(エスライド)は、ワンアクションでタクシーを呼ぶことができる配車アプリだ。S.RIDEをお得に利用するにはどんな方法があるのだろうか。この記事では初回クーポンや友達紹介クーポン、キャンペーン情報について分かりやすく紹...

ライドシェア解禁、Uber Eatsとの「二刀流」で高収入は可能?

2024年4月スタート予定の自家用車活用事業(仮)に向け、タクシー事業者による一般ドライバーの求人が増加傾向にある。 タクシー事業者管理のもとサービスを提供する形式であり、一般ドライバー視点ではさまざまな制限が設けられるためド...

トヨタ、コネクテッドカー販売の世界シェア首位!CASE領域で存在感

テクノロジー・メディア・通信業界に特化した国際的な調査会社であるCounterpoint Technology Market Research(カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ)はこのほど、コネクテッドカーに関...

完全自動運転のトヨタ車、インドで目撃か モディ政権と対立も

インドで完全自動運転かもしれないトヨタ車が目撃される──。現地メディアなどの報道によれば、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARセンサーを搭載したトヨタのクロスオーバーSUV「RAV4」が、インド国内で8番目に人口が多いプネーの公道を...

イーロン、自動運転EV断念のAppleに「敬礼とタバコ」 テスラに追い風、感...

米Appleが自動運転EV(電気自動車)の開発を断念したことが、大きな話題になっている。人員の一部を生成AI(人工知能)の開発に充て、10年間続けてきた取り組みに終止符が打たれる。 このニュースが報じられたあと、テスラのCEO...

自動運転、レベル4とレベル5の違いは?実用化状況は?(2024年最新版)

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4の実用化が海外で加速している。国内でも車内無人化を実現する技術開発と環境整備が進められている中、法改正によって自動運転レベル4(高度運転自動化)が解禁され、各地の実証も新たなフェーズを迎え...

ライドシェア、解禁5年でオワコン化か 安価な自動運転タクシーの普及で

ライドシェア解禁をめぐる議論が熱を帯びている。タクシー事業者の介在なく一般ドライバーが移動サービスを提供できるようにすべきか否か……が主な争点で、この論点の決着は長期化する恐れもある。 その動向に注目したいところだが、長い目で...

トヨタの中古車サブスク、全国展開へ号砲!?KINTOが発表、3都県に拡大

トヨタが中古車サブスクサービスとして展開している「KINTO ONE 中古車」の対象エリアが拡大した。これまでは東京都と愛知県のみの展開だったが、新たに長野県が加わった。住んでいる場所と車両を使う場所が長野県であることなどが...

LUUP(ループ)を【仙台】で利用!ポートの場所・クーポン情報まとめ

首都圏を中心に利用者急増中の「LUUP(ループ)」。電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開しており、2024年2月28日から宮城県仙台市でもサービスの提供がスタートした。 初めての人は...

イーロン・マスク流で地下に?日本政府、「物流向け自動運転道」実現へ 夏にルー...

物流課題の解決に資する新たな高規格道路ネットワークの形成に向け、道路空間をフル活用した「自動物流道路」構築に向けた動きが進み始めた。いわゆる物流向け自動運転専用道路だ。 国土交通省所管の「自動物流道路に関する検討会」が発足し、...

自動運転タクシーの世界市場、2030年に15兆円規模!年65%成長と驚異的伸...

自動運転タクシー(ロボタクシー)の市場規模は、2030年までに986億ドル(約14兆8,000億円)に達するという市場調査が発表された。2023〜2030年のCAGR(年平均成長率)は65%と、驚異的な伸びを見せるようだ。 こ...

LUUP(ループ)とは?料金・サブスクプラン・展開エリアは?登録方法は?

LUUP(ループ)は、電動キックボードと電動アシスト自転車など「電動マイクロモビリティ」のシェアリングサービスで、いまや日本で最もユーザー数が多いアプリだ。 2020年5月に電動アシスト自転車、2021年4月に...

LUUP(ループ)は【東京】のどこで使える?渋谷・池袋・新宿・港区にポートは...

電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービス「LUUP(ループ)」。シェアは国内トップだ。LUUPは東京で使えるのか、どこの区で使えるのか。23区外でも利用することは可能なのか。 この記事では東京...

LUUP(ループ)のよくある質問集!料金は?歩道で乗れる?サブスクはある?

電動マイクロモビリティのシェアリングサービスの中で一際口コミの評判がいいのが「LUUP(ループ)」だ。大都市圏を中心に電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開している。 LUUPの利用に...

LUUP(ループ)設置・導入で得られる収入は?メリットは?申込窓口は?

電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開している「LUUP」。日本でNo.1の電動マイクロモビリティのアプリだ。 同社によると、すでに5,600以上のポートが設置されているという。なおポ...

LUUP(ループ)のサブスク、月額料金はいくら?登録方法は?お得なの?

電動マイクロモビリティのシェアリングサービスといえば「LUUP」が大人気だ。大都市圏を中心に展開されており、電動キックボードや電動アシスト自転車を気軽に利用できる。このLUUPをお得に利用できる新サブスクプランがいよいよスタ...

Uber Eatsの配送ロボ、「安全大国ニッポン」でも襲撃の標的に?

Uber Eats Japanと三菱電機が日本国内でのロボットデリバリー事業に着手する。米スタートアップCartken(カートケン)のロボットを導入し、2024年3月中に東京都内の一部地域でサービスを開始する計画だ。 本家の米...

LUUPやKINTOが人材募集!自動運転&MaaS、気になる求人4選【202...

2024年に入り、日本ではライドシェア導入に向けての検討が本格化してきた。実用化を視野に入れた自動運転車による実証実験も各地で行われているなど、モビリティ関連のニュースが多くなってきた。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事...

【2024年2月の自動運転ラボ10大ニュース】トヨタがついに自動運転サービス...

国内ではライドシェアをめぐる議論が過熱の一途をたどっている。徐々に議論の中身が明らかになり始めており、今後数カ月間は目を離せない状況となりそうだ。自動運転関連では、大本命のトヨタに動きがあったようだ。 2024年2月の10大ニ...

KINTOで「レクサス」に乗る!価格・納期は?トヨタのサブスク

「KINTO(キント)」は、クルマにまつわる費用が全て込みの月々定額で利用できるサブスクリプションサービスだ。気軽にクルマに乗ることができるため、着実に利用者数を増やしている。 トヨタグループの株式会社KINTOが運営...

GOタクシー、ついに「あと2県」で全国制覇!残すは島根と鳥取

タクシー配車アプリ「GO」の対応エリアが45都道府県まで拡大しており、全国制覇まであと2県となっている。残すは島根県と鳥取県だ。 ■島根県と鳥取県以外は全て網羅 GOの公式サイト、現在の対応エリアは以下の通りとな...

GOタクシーアプリの使い方・クーポン情報を徹底解説!

皆さんはタクシー配車アプリは何を使っているだろうか。最大手かつ人気急上昇中なのが「GO(ゴー)」だ。各種調査によると、ダウンロード数や利用者数、利用率でDiDiやUber Taxiを抜き、トップに君臨している。現在は全国45...

ライドシェアの仕事、「したい」わずか8.2%!主婦・主夫層向け調査

株式会社ビースタイル ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)が運営する調査機関「しゅふJOB総研」が、「ライドシェアの仕事」をテーマに、仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層を対象にアンケート調査を実施し、53...

トヨタも参入?ライドシェア解禁の「ビッグウェーブ」に乗る企業は?

新たなマーケットへの参入は、早ければ早いほど先行者利益を得やすい。そのためには、市場の形成期に事業をスタートさせることが非常に重要になり、もっと言えば、新たな有望市場が形成され始めた兆候をしっかりとキャッチできなければならな...

KINTOで「プリウス」に乗る!価格・納期は?トヨタのサブスク

クルマのサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」は、保険や税金、車検、メンテナンスなどクルマにかかる費用がコミコミで月々定額で利用できる。 利用者数が年々着実に増加しているKINTOだが、人気の「プリウス」に...

過去の死傷事故、「自動運転車同士」なら回避率89.5% 国交省調査

ドライバーに依存しない無人走行を可能にする自動運転技術。職業ドライバー不足の解消や道路交通の安全向上に資する技術として、開発と社会実装が世界で本格化している。 では、自動運転技術が大きく普及した将来において交通事故はどれほど削...

ドバイの公共交通、25%を自動運転化へ!2030年目標、約9,000億円の経...

アラブ首長国連邦(UAE)の中心都市であるドバイでは、2030年までに公共交通機関の25%を自動運転にするという計画がある。 これはUAE政府が策定した「ドバイ自動運転交通戦略」の一部で、ドバイ道路交通局(RTA)がすでに立て...

Google、事故後に自動運転ソフトを自主リコール 違法状態の牽引車両と接触...

米Google系の自動運転開発企業であるWaymoは2024年2月20日までに、接触事故の発生により旧ソフトウェアを自主的にリコールしたことを発表した。すでにアップデートを完了している。 報道発表によれば、以前Waymoの車両...

ライドシェア運転手、配車拒否ならタクシー会社が「指導」 国の想定案判明

ライドシェア解禁に向けた国の議論に動きが出た。国土交通省の交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会で自家用有償旅客運送制度の見直しなどに関する意見聴取や審議が行われ、現時点における国土交通省の考え方・方針が示された。 2024年...

中国人白タク、撲滅へ!ライドシェア解禁に合わせ取締り強化

ライドシェア解禁に向けた議論が話題を呼んでいるが、これと並行してタクシー規制緩和に向けた取り組みも着々と進められている。すでに第二種免許取得に係る要件の緩和や白タク仲介アプリの取り締まり強化など動き出しているものもある。 特に...

LiDAR(ライダー)とは?(2024年最新版)自動運転向けセンサー

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

やはりトヨタが大本命!ついに「自動運転レベル4」、お台場で展開か

トヨタが自動運転サービス実現に向け大きく動き出したようだ。報道によると、東京都内のお台場エリアで2024年7月にもサービス実証に着手するという。自動車業界ではホンダが自動運転タクシー実装計画を具体化しているが、いよいよ業界のドンも本...

自動運転用LiDAR、サイバー攻撃で「景色が改ざんされる」脆弱性

慶應義塾大学はこのほど、自動運転用LiDARセンサーに対する網羅的なセキュリティー調査を世界で初めて実施し、ハッカーによる攻撃に対する新たな脆弱性を発見したという。 LiDARはよく「自動運転の目」と称される自動運転車のコアセ...

ライドシェアとは?(2024年最新版) 仕組みは?参入企業は?

菅義偉元首相らの発言を機に導入に向けた議論が一気に進み始めた有償ライドシェア。急転直下で「日本型ライドシェア」導入に向けた方針が固められ、2024年4月にもサービスが開始されることとなった。タクシー業界などの反発は依然として...

Google自動運転車への襲撃、セブンイレブンも過去に類似の被害

Google系Waymoの自動運転タクシーが米サンフランシスコの中華街で襲撃された。春節ムードの中で群衆が興奮し、車両の破壊行為に及んだ。最終的には車両は炎上し、このニュースは波紋を広げた。 この出来事の重大度は決して小さくは...

S.RIDE(エスライド)タクシーアプリのダウンロード・インストール方法は?...

「S.RIDE(エスライド)」は、利用者が急増中のタクシー配車アプリだ。ソニーグループが保有するAI(人工知能)とIT技術を活用して開発しており、首都圏を中心にサービスを展開している。 2023年9月に累計20...

テスラはオオカミ少年?真の「自動運転」実現なら覇者返り咲きか

2023年第4四半期におけるBEV(バッテリー式電気自動車)販売で、米テスラがついに首位から陥落した。代わってトップに立ったのは中国BYD(比亜迪)だ。 年間販売数ではテスラに軍配が上がったものの、2024年は年間販売数でも逆...

タクシーアプリGOのダウンロード・インストール方法は?

「GO(ゴー)」は、タクシー配車関連アプリにおける日本国内ダウンロード数ナンバーワンを誇るタクシーアプリだ。現在45都道府県でサービスを展開している。 この記事では、まだGOを利用したことがない人向けに公式アプ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平がフジテレビ「めざまし8」に出演しました

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年2月14日(水)放送のフジテレビのニュース番組「めざまし8」(毎週月〜金曜 午前8:00〜9:50放送)に出演いたしましたので、お知ら...

自動運転トラックと貨物鉄道、「コンテナ規格」統一化へ 三井物産系ベンチャー

貨物鉄道と自動運転トラックの「コンテナ規格」を統一化する取り組みが始まる。三井物産が設立したT2が日本貨物鉄道(JR貨物)とともにプロジェクトを開始する。システム面での連携も推進し、輸送キャパシティの維持・拡大と安定的な輸送の実現に...

LUUP(ループ)アプリのダウンロード・インストール方法は?

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」(ループ)。現在、東京・大阪・京都・横浜・宇都宮・神戸・名古屋・広島で電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアサービスを展開している。 まだ利用したこ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平がフジテレビ「Live News イット!」に出演...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年2月13日(火)放送のフジテレビのニュース番組「Live News イット!」(毎週月〜金曜 午後3:45〜7:00放送)に出演いたし...

テスラの自動運転技術、米国人の62%が懸念 大規模リコール後

フォーブスアドバイザーが実施した調査によれば、米EV大手テスラの最近の大規模リコールのあと、アメリカ人の62%がテスラの自動運転技術の安全性と信頼性に懸念を示していたことが判明した。 ■アメリカ人2,000人を対象に実施 ...

元メルカリ幹部、新会社でライドシェア事業!最高年収1,200万円で人材募集

タクシー事業者やプラットフォーマーらが相次いでライドシェア事業への参入を表明する中、2024年に設立されたばかりのスタートアップも動き出した。元メルカリ幹部が設立したnewmoだ。 具体的な事業形態などは不明だが、こうした新興...

ローソン×KDDI、リアル店舗網が自動運転時代の配送拠点に?

KDDIがローソンに対し株式公開買付け(TOB)を行う方針であることが発表された。ローソンの筆頭株主である三菱商事と持ち分・議決権を折半し、3社の結び付きを強化してリアル×デジタルの取り組みなどを促進していく狙いだ。 こうした...

トヨタの純利益4兆円、「自動運転時代」に向けたグループ解体・再編の原資に?

トヨタ自動車は、2024年3月期第3四半期決算を発表した。4~12月の3四半期における営業利益は4兆2,402億円となり、過去最高を記録した。通期見通しでは、ダイハツの出荷停止を受け前回の見通しから販売台数の減少を予想しているものの...

完全自動運転の車内、20〜30代「飲食したい」最多!シニアは「景色楽しみたい...

完全自動運転車の車内でどのように過ごしたいか──。こうしたことについて聞いた興味深い調査結果が発表された。20〜30代では「飲食したい」、シニアでは「景色を楽しみたい」が最多だった。 この調査を行ったのは、トヨタグループでクル...

自動運転バス、「危険感じた」14% 福島県田村市が実証結果を公表

福島県田村市の公道で2023年12月に自動運転バスの実証運行が実施され、乗車後のアンケート結果が公表された。乗車後に「危険を感じた」と回答した人は13.9%で、危険を感じたシーンとしては「停車時」が29.3%、「右左折時」が22.0...

部活動の送り迎えが大変・・・その課題、「相乗りタクシー」が解決

保護者の部活動の送迎の負担を減らすため、相乗りの仕組みを使った「部活MaaS」×「EVタクシー」のプロジェクトが始動。IT企業の株式会社REA(本社:東京都中央区/代表取締役社長:坂田敬次郎)は北海道帯広市のTKタクシーと共同で、実...

トヨタが自動運転ミニカーバトル!学生向けに実施、優勝者を本社へ招待

優勝者がトヨタ自動車の本社へ招待されるというイベントが開催された。一般社団法人42 Tokyoとトヨタは共同で「自動運転ミニカーバトル」を2024年1月26日に開催した。学生のキャリアの選択肢を広げることを目的としたレースだ。 ...

自動配送ロボット事業で活用可能な助成・支援制度一覧

道路交通法の改正などにより、サービス実装が可能となった自動運転技術。ただ、技術水準はまだまだ開発途上にあり、またサービス実装にはパートナー企業や自治体などの存在も欠かせないため、本格実用化にこぎつけた例は少ないのが現状だ。 届...

ソフトバンクG決算、Armに劣らず「自動倉庫」投資も好調 5四半期ぶりの黒字...

ソフトバンクグループ(SBG)は2024年2月8日午後、2024年3月期第3四半期の連結決算を発表した。ビジョンファンド事業の投資損益は6,007億円となり、前年同期の7,300億円の赤字から大きく改善した。 最近の株式相場の...

トヨタが「デジタル乗車券」ビジネスに参入!?自社製アプリで機能提供

にしてつグループはこのほど、トヨタのスマホ向けMaaSアプリ「my route(マイルート)」を使って「有明エリアのりのり2DAYきっぷ~大牟田・柳川・みやま~」を2024年2月9日から300枚限定で販売することを発表した。 ...

自動運転関連の法律・ガイドライン一覧(2024年最新版) 施行・改正情報まと...

道路交通法(道交法)の改正などにより、自動運転を解禁する動きが加速している。その結果、自動運転レベル3の市販車をホンダが発売し、「誘導型」ではあるもののレベル4の移動サービスも登場した。建機や農機の自動運転化の取り組みも前進している...

ホンダの自動運転戦略(2024年最新版) レベル3車両発売、無人タクシー計画...

世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めた。米GM、Cruise(クルーズ)との協業により、自動運転タクシーを日本で展開する計画も...

万博の跡地、トヨタによる「大阪版Woven City」への期待感

2025年開催予定の大阪・関西万博。開催の是非をめぐる論争が巻き起こっているが、その一方で会場跡地の利活用に向けた市場調査もすでに進められているのをご存じだろうか。 大阪府・市が2023年夏に発表したサウンディング型市場調査結...

Googleの自動運転部門、インターンにも年収2,000万円提示

Google系の自動運転開発企業である米Waymoが、インターンを募集中だ。10万5,000〜12万5,000ドル(約1,600〜1,900万円)という高額な年収が提示されている。この年収を得られる正社員すらほとんどいない日本企業と...

自動運転、一番進んでいるメーカーは?(2024年最新版)

米国、中国を中心に本格実用化が始まっている自動運転サービス。日本などでも法整備が進み、徐々に社会実装の輪が世界に広がり始めた。 黎明期を迎えた自動運転。急拡大する市場をリードし、覇権争いを展開する開発企業14社をピックアップし...

ADASとは?(2024年最新版) 自動運転レベル1〜2に相当

自動車メーカーから昨今発売される新車には、「自動ブレーキ機能標準装備」や「レーンキープアシスト搭載」といった機能が搭載されているのが珍しくなくなってきた。こうしたドライバーの運転を支援する機能は「ADAS」と呼ばれる。 最近は...

拝啓トヨタ 豊田章男会長。不正問題は自動運転強化の好機です

拝啓トヨタ様。2023年のグループ別新車グローバル販売台数が4年連続で世界一となりましたこと、心よりお祝い申し上げます。 半導体供給の回復や為替変動、資材高騰、紛争などさまざまな要因の影響を受けつつも、グループが一丸となって競...

米ロボマート、「自動運転コンビニ」をトヨタより先に展開へ

完全自動運転モビリティを使ったモバイルコンビニのプロジェクト「Robomart Smart Shop」が、米カリフォルニア州でいよいよ本格的に動き出すようだ。実験的に商用展開を開始するのは、同州に拠点を置くRobomartだ。 ...

トヨタ、Xデーは2月6日!?ついに自動運転技術を商用展開か

トヨタ自動車の2024年3月期第3四半期決算の発表が近づいてきた。2月6日に発表される予定だ。 2023年はグローバル販売・生産ともに過去最高を記録するなど業績面で文句はないものの、日野に続きダイハツ、豊田自動織機とグループ各...

良品計画が自動運転バス!ただし「反テスラ」的な誘導式で走行

無印良品を展開する株式会社良品計画(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:堂前宣夫)は2024年2月4日までに、自動運転モビリティ「GACHA(ガチャ)」のリニューアルを発表した。 これまで行った実証実験を生かし、日本の都市交通...

自動運転、シニアの利用意向は「ネット利用時間」と相関関係

シニアを対象とした調査で、インターネット利用時間が長い人ほど、自動運転の利用意向が高いことが判明した。この調査を行ったのは、NTTドコモの社会科学系の研究所であるモバイル社会研究所だ。 調査によれば、インターネット利用時間が「...

自動運転ベンチャー、技術者に最高年収2,000万円提示 人材獲得競争、本格化...

転職サイト「ビズリーチ」は2024年2月2日までに、2023年に企業の採用担当者がレジュメ(職務経歴書)を検索する際に使用したキーワードを集計し、自動運転関連ワードの順位が急上昇したことを明らかにした。 今後、自動運転関連技術...

批判殺到!ライドシェア「1乗車20キロ以内」案 タクシー団体が検討か

2024年度にも解禁が予定されている日本版ライドシェア。タクシー事業者による運行管理のもと、一般ドライバーによる自家用車を活用したサービスの提供が可能になる見込みだ。 日経新聞によると、東京ハイヤー・タクシー協会(川鍋一朗会長...

タクシー会社限定ライドシェア、UberとDiDi「裏方役」で苦渋の参入

2024年4月からライドシェアがタクシー会社に限定して解禁される。タクシー会社以外はサービスを展開できない形で、ライドシェアの世界的大手企業であるUberやDiDiを実質的に締め出すような解禁と言える。 そんな中、UberとD...

注目の国産自動運転バス、価格は__万円!調べてみたら・・・

自動運転OSの開発を手掛ける日本のティアフォーが開発する自動運転バス「Minibus(ミニバス)」の販売がスタート。販売を手掛けるアイサンテクノロジーも、製品ホームページをこのほど公開した。 世界的に自動運転バスは欧州勢が強い...

NASAが宣言!「完全自律型」の空飛ぶタクシーを実現へ

米航空宇宙局(NASA)は2024年1月31日までに、ドローンを自律飛行させることに成功したと発表した。こうした取り組みを通じ、いずれは完全自律型の「空飛ぶタクシー」を実現させる。今回は人間の介入無しで複数のドローンが離発着や飛行を...

MaaSとは?意味・定義は?(2024年最新版)

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2024年に入ってもその勢いは衰える...

拝啓Google様。自動運転タクシーの日本事業の「秘策」あります

拝啓Google様。拝啓Waymo様。 あなたが道を切り開いた自動運転開発は世界に波及し、自動車メーカーからスタートアップまで非常に多くの企業があなたの背を追いかけ、技術水準を飛躍的に高める結果となりました。その功績は大変大き...

S.RIDE(エスライド)タクシーアプリの使い方・予約方法・エリアは?クーポ...

利用者が急増中の「S.RIDE(エスライド)」は、ソニーグループが保有するAI(人工知能)とIT技術を活用して開発したタクシー配車アプリだ。 ワンアクションでタクシー配車ができることを強みにしており、現在9つの都道府県...

拝啓Apple様。まず1台だけ自動運転タクシーをローンチしては?

拝啓アップル様。あなたが自動運転開発を始めてから早10年が過ぎようとしています。紆余曲折を経ながらも水面下で開発を続け、この間、憶測を含むさまざまな情報が飛び交いました。 近々では、2028年ごろにレベル2+の自家用車を発売す...

GOタクシーでの領収書のもらい方は?インボイスは対応済み?チケットは使える?...

タクシー配車アプリで人気急上昇中なのが「GO(ゴー)」だ。GOの利用にあたり、領収書はどのような流れで受け取るのだろうか。また、タクシーチケットは使用できるのだろうか。ビジネスでタクシーを利用するシーンも想定しつつ、詳しく説...

自動運転バス・シャトルの車種一覧(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が世界で加速している。タクシーやデリバリーなどさまざまな用途に向けた開発が進められているが、早くから実用化が進んでいるのがバスやシャトルサービスだ。 この記事では、2024年現在で日本を含む世界で開発が進め...

手放し運転(ハンズオフ)が可能な車種一覧(2024年最新版)

自動運転技術の進化が著しいが、一般乗用車におけるADAS(先進運転支援システム)もしっかりと進化を遂げている。現在、目玉となっているのは高度なレベル2に相当するハンズオフ機能だ。 この記事では2024年時点の情報をもとに、主要...

【2024年1月の自動運転ラボ10大ニュース】車載半導体開発が国内でも加速

官民ITS構想・ロードマップが初めて策定された2014年から丸10年となる2024年。この10年間で自動運転を取り巻く状況は大きく変わった。 この勢いは新年を迎えてもとどまることはなく、国内では自動運転実証や半導体開発に関する...

自動運転車、事故多発は「仕方ない?」 3カ月で相次ぎ4件発生

2024年1月17日、愛知県常滑市で自動運転車の事故が起きた。自動運転車両の事故は2023年10月と11月、そして今年に入り1月初旬にも起きており、これで昨年秋からの約3カ月で4件発生したことになる。 自動運転車の実証実験の加...

運転代行アプリ開発企業、「日本型ライドシェア」に参入!スグクルが発表

運転代行予約サービスを手掛けるスグクル株式会社(本社:福井県坂井市/代表取締役:安達正之)は2024年1月26日までに、日本型ライドシェアへの参入を表明した。 同社は、2023年11月にリリースした運転代行配車アプリ「スグクル...

運転手が早起きを嫌うので、ソウル市が「自動運転」で超早朝バスを運行

韓国のソウル市では、路上清掃員やオフィス警備員などから早朝バスの運行の要望が出ているものの、バス運転手は早番勤務を嫌がっており、午前4時までの便を運行できていなかった。 そこでソウル市は自動運転バスを使い、午前3時半からバスの...

トヨタとNVIDIA、急接近か!ともにREADY Roboticsとの協業

トヨタと米半導体大手NVIDIAの距離が一段と縮まりそうだ。産業用ロボット向けのプラットフォーム開発に取り組む米スタートアップREADY Roboticsを通じて、3社で製造・設計現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速...

実証担当者など募集!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2024年1月】

日本でも自動運転技術の実用化に向けた取り組みが本格化した2023年。2024年は各社が実証実験や関連システムの開発に一層力を入れるとみられる。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2024年1月版では、各社が公開している案...

空飛ぶクルマ業界、二極化の様相 A.L.I.は破綻、SkyDriveは大型I...

空飛ぶホバーバイクの開発に取り組んでいたA.L.I.Technologiesが、このほど破綻した。東京地裁に破産申請を行い、すでに破産開始決定を受けた。開発費用の拡大で赤字が年々増え、2022年12月期は約19億4,000万円まで損...

タクシーアプリGOの迎車料金・手配料金は?キャンセル料はかかる?

国内ナンバーワンのタクシー配車アプリと言えば「GO(ゴー)」だ。日本交通とDeNAが出資するモビリティテクノロジー企業GOが運営しており、全国規模でサービスを展開している。 GOの利用ではどんな料金が加算されるのだろう...

自動運転の事故責任、誰が負う?(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの普及が始まり、ホンダやメルセデスは自動運転レベル3の機能をすでに商用展開している。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残って...

Googleの自動運転タクシー、ついに「高速道」でも運行開始へ

Google系の自動運転開発企業である米Waymoは、自動運転タクシーを高速道路でも展開する計画を発表した。まず自動運転タクシーを最初に展開し始めたアリゾナ州フェニックスでテスト走行を実施する。 ■まずは従業員向けに試験展...

無人の自動運転パトカー、北京で試験導入 24時間稼働、360度センサーを搭載...

中国・北京市でこのほど、自動運転パトカーの路上走行試験がスタートした。自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の車内無人のパトカー15台が、北京市の警察官と連携して24時間体制で警官業務を行う。 この自動運転車は公道走行試験の認...

GOタクシー、5人6人乗りは可能?2台呼ぶ方法は?

「GO(ゴー)」は日本最大級のタクシー配車アプリだ。すでに45都道府県で展開している。 通常のタクシーは助手席を含め4人まで乗車できるが、大人数で移動したい場合は、どのような方法でタクシー配車を行えばいいのだろうか。5...

CASEの意味は?(2024年最新版) コネクテッドや自動運転を示す自動車業...

自動車関係のトピックスで最近耳にする機会が増えてきたワードの一つに「CASE(ケース)」がある。自動車産業の今後の動向を示す重要なキーワードであり、自動車メーカー各社の事業の方向性を示す指針にもなり得るキーワードだ。 「CAS...

EVモーターズ、創業4年で「万博向け自動運転バス」採用の快挙

2025年開催予定の大阪・関西万博。国内外から大勢の来場が見込まれ、その数は1日あたり10~20万人と予想される。こうした来場者の足として、Osaka Metro Group(大阪メトロ)が導入するのがEVバスだ。同社は150台のE...

自動運転銘柄に「上場廃止ドミノ」の兆し 苦戦続くTuSimple、非公開化へ...

自動運転トラック開発を手掛ける中国系企業TuSimple(図森未来)が2024年1月、上場廃止する方針を発表した。上場企業であり続けるメリットがコストに合わないと判断し、非公開へと移行するようだ。 自動運転分野では有力企業の一...

モビリティとは?意味・定義・種類は?(2024年最新版)

モビリティサービス、スマートモビリティ、モビリティカンパニー――。近年、「モビリティ」(Mobility)という言葉を耳にする機会が多くなった。当サイトでも頻出するスタンダードなワードだ。 しかし、その定義は意外と曖昧で、漠然...

日本版ライドシェア、運転手バイト「時給1,600円〜」!タクシー会社が募集開...

日本政府は、2024年4月からライドシェアを部分的に解禁することを2023年12月に決定した。タクシー会社が運行を管理し、車両不足が深刻な地域や時間帯に絞って限定で解禁するという内容で、運転手はタクシー会社が雇用する。 ...

沖縄の離島に自動運転対応の道路!?検討業務で入札実施

沖縄県総合事務局が「令和5年度沖縄県内における自動運転の道路インフラに関する検討業務」に関する入札の公示を行っている。 業務内容は、離島における道路空間の問題点を試験走路で再現し、車両走行による技術検証を行い、結果をまとめるこ...

光ったら「自動運転バスが接近!」の合図 積水樹脂、実証向けに試作品展開

化学メーカーの積水樹脂(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:馬場浩志)は、広島県呉市で行われる自動運転の実証実験で、「スマート道路鋲」と「LED表示板(オプトマーカー)」を提供する。 これらは、同社がトヨタや光波と共同開発した...

GOタクシーの支払い方法は?現金は使える?迎車料金はいくら?

タクシー配車サービスで口コミ・評判ともに良いのが「GO」だ。基本のタクシー配車のほか、指定の時間にタクシーを手配する「AI予約」、混雑時間帯に自動手配する「優先パス」、空港定額サービスなどを展開している。 GOを利用す...

GO、タクシー会社の「ライドシェア運転手」採用を支援

タクシー配車アプリ最大手の「GO」を展開するGO株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:中島宏)は2024年1月18日までに、「日本型ライドシェア」の導入を検討するタクシー事業者に対し、ライドシェア運転手の採用支援などを開始する...

赤字続くKINTO、トヨタのサブスクが申込10万件突破!取り扱い30車種超に...

トヨタグループでクルマのサブスクサービスやMaaS事業を展開する株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社⻑:小寺信也)は、2024年1月11日で設立5周年を迎えた。クルマのサブスク「KINTO ONE」の累計申し込み数...

【計画判明】大阪メトロ、万博で自動運転バス計10台を運行!総ルート長は8.1...

2025年開催予定の大阪・関西万博における自動運転車の運行計画概要が、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)の資料から明らかになった。会場外3.3キロ、会場内4.8キロのルートを大型・小型の自動運転バスで運行するという。総運行ルートは合計...

自動運転のApple Car、水面下で再び開発強化か テスト要員がにわかに増...

アメリカの自動運転開発をリードしている企業は、文句なくGoogleだ。傘下のWaymo(ウェイモ)は完全無人の自動運転タクシーを有料展開し、Uberとの取り組みもスタートしている。 こうした状況の中、2014年から秘密裏に自動...

自動運転が可能な車種一覧(2024年最新版)

自家用車における「自動運転レベル3」の搭載をはじめ、レベル4移動サービスの実用化も世界各地で進展している。市販車ベースのものからオリジナル車両まで多彩なモデルが出揃い始めた。 この記事では、実証を含む自動運転サービスなどに用い...

NVIDIA株、一段高へ期待感!車載半導体、自動運転向けで採用加速

米半導体大手NVIDIAは2024年1月、自動運転向けの次世代SoC(システムオンチップ)「NVIDIA DRIVE Thor」が中国EV(電気自動車)メーカーLi Autoの次世代EVに採用されたと発表した。自動車の高機能化に伴い...

国産自動運転バス、「国内最長」36kmを運行!WILLERとティアフォーが実...

新潟県佐渡市で、全長約36キロの「国内最長ルート」を自動運転するという実証実験が2024年1月12日〜21日に実施中だ。 自動運転サービス導入を見据えたもので、高速バス大手のWILLERと自動運転スタートアップであるティアフォ...

空飛ぶクルマとは?(2024年最新版) 開発企業・実用化状況まとめ

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL(電動垂直離着陸機)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進んでおり、すでに実用化や機体販売を始めた企業も出始め...

ホンダの新EVコンセプトは「ハンドルあり」 自動運転レベル4は当分先か

ホンダは2024年1月、米ラスベガスで開催されたCES2024でグローバル展開を目指す次世代EV(電気自動車)「Honda 0(ゼロ)シリーズ」を公開した。北米市場を皮切りに2026年から市場化を促進する計画だ。 ホンダのイノ...

自動運転、刑事責任の「免責規定」が焦点に デジタル庁、有識者から意見聴取

自動運転車による事故発生時などの責任の在り方や社会的ルール整備に向けた議論が本格化し始めたようだ。デジタル庁はこのほど、「モビリティ・ロードマップ2024(仮称)」策定を進めるモビリティワーキンググループの下に、自動運転車の社会的ル...

習い事の送迎、「負担感じる」8割!相乗りタクシーMaaSで解決

愛知県刈谷市で交通と教育をつなぐ「MaaS」の実証実験が始まる。交通に別の要素を掛け合わせた次世代モビリティサービスと言えるプロジェクトで、小学校や習い事先、自宅を相乗りタクシーでつなぐ。 刈谷市では保護者の約8割が習い事への...

スズキ、空飛ぶクルマ企業SkyDriveとますます「蜜月」に!追加出資を発表...

空飛ぶクルマ開発で国内最大手の株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2024年1月12日までに、シリーズCにおける追加資金調達を実施したことを発表した。 スズキを引受先とした第三者割当増資...

日産、非常に難しい「市街地での自動運転」に挑戦!研究人材を募集中

日産自動車が市街地の一般道における自動運転の実現のため、車載知能化システムの開発やプロトタイプ車両による自動運転走行実験を実施することが判明した。同社の求人情報から明らかになった。 市街地の一般道での自動運転は、実現が特に難し...

自動運転車の事故一覧(2024年最新版) 日本・海外の事例を総まとめ

自動運転に関する死亡事故は、2023年時点でアメリカでこれまでに3件発生している。テスラが2回、ウーバーが1回起こしている。日本では自動運転車による死亡事故は起きていないが、実証実験が盛んになった2019年以降、複数の事故や接触事案...

トヨタe-Paletteを「手動運転」で使用!豊田市、自治体初の「乗客あり」...

トヨタが開発中のEV(電気自動車)「e-Palette(イーパレット)」を用いた自治体初の「乗客あり」での走行実証は、「手動運転」で行われるようだ。 愛知県豊田市で、e-Paletteを鞍ケ池公園のパークトレイン用車両として走...

自動運転レベルとは?定義や実用化状況は?(2024年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2024年現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運転タクシ...

自動運転、2024年の主役銘柄を大予想!日本株&米国株10選

自動運転技術やサービスがどこまで拡大するか注目が集まる2024年。新進気鋭のスタートアップの活躍をはじめ、自動車メーカーやテクノロジー企業など既存プレイヤーの巻き返しにも注目したいところだ。 2024年はどのような企業が台頭す...

国内初!公道で「連節バス」が自動運転 広島県東広島市

広島県東広島市における⾃動運転・隊列⾛⾏BRTの実証実験に注目だ。この実証では、「国内初」の取り組みが2つ行われる。大型バスよりも大きな「連節バス」が公道で自動運転を行うことと、2台の自動運転バスが隊列走行することだ。 この取...

トヨタの自動運転戦略(2024年最新版)

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2024年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...

Mapboxはなぜ、トヨタを惹きつけれたのか?デジタル地図開発で採用

地図×AI(人工知能)技術でソリューションの幅を広げる米Mapboxの技術が、トヨタの新しいカーナビゲーション・システムに採用された。デジタル地図のカスタム開発と高速レンダリングにより、カーナビの操作や機能、デザインなどの改善・向上...

WHILLの自動運転クルマ椅子、「累計利用20万回」を達成

次世代型パーソナルモビリティによる「WHILL自動運転サービス」の累計利用回数が、20万回を超えた。このサービスを提供するWHILLがこのほど、これまでの取り組みを数字やデータで振り返るインフォグラフィクスを公開し、判明した。 ...

自動運転時代、中古車ビジネス崩壊か 搭載センサー、数年で時代遅れに

着実な進化とともにサービス提供エリアを拡大し続ける自動運転技術。市場拡大とともに量産化に向けた体制も整い始め、世に送り出される自動運転車の数は大きく伸び始めている。 自家用車向けの自動運転レベル3の実装やレベル4開発も進んでお...

分割式の空飛ぶクルマ、中国XPengが2025年Q4に量産開始

中国のEV(電気自動車)ベンチャーであるXPeng Motors(小鵬汽車:シャオペン)はこのほど、グループ会社のXPENG AEROHT(小鵬匯天)と提携し、空飛ぶクルマ開発に乗り出すことを発表した。詳しくは後述するが、独特な「分...

【国別】自動運転、2024年の業界展望&超重要トピックス一覧

着々と社会実装の域を広げる自動運転。数年前に各国企業が発表した目算からは遅れているものの、じわりじわりと技術を向上させ、実証や実用化の波はしっかりと押し寄せている。 2024年は各国でどのような動きがあるのか。業界展望に触れて...

小糸製作所、「クルマの意図」の視覚化に挑戦 自動運転時代見据え

自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都品川区/取締役社長:加藤充明)が、自動運転時代を見据え、クルマの意図を視覚化して外部に伝える技術を開発しているようだ。 同社は米国子会社であるノース・アメリカン・ライティン...

岐阜市の自動運転バス、レベル4実現「5年間以内」

岐阜県岐阜市で2023年11月から、自動運転バスの運行がスタートしている。2028年3月まで5年間の継続運行という長期計画となっている。 運行期間を長期の「5年」と最初に明言している点からは岐阜市の覚悟を感じるが、もう1つの注...

自動運転、トヨタ・日産・ホンダらが「一時休戦」!半導体SoCを共同開発

自動車メーカーや半導体関連企業など12社はこのほど、高性能デジタル半導体である「SoC」(System on Chip)の車載化研究開発を行う「自動車用先端SoC技術研究組合」(Advanced SoC Research for A...

乗り捨てレンタカー展開のPathfinder、自動運転時代へ「最適配置アルゴ...

MaaS関連サービスを手掛けるPathfinder株式会社(本社:東京都板橋区/代表取締役:小野崎悠介)は、自動運転社会見据えて「最適配置アルゴリズム」を開発しており、2024年1月4日までに開発加速に向けて資金調達を行った。 ...

自動運転関連の主な団体一覧(2024年最新版)

世界各国で加速する自動運転開発。熾烈な競争に勝ち残るため各社が研究開発でしのぎを削っている。その一方、業界全体における開発やビジネス化を促進すべく協調体制を構築する動きも活発で、業種の垣根を超えて設立されたさまざまな団体・組織が活躍している...

英国が出遅れ!市販車の自動運転レベル3、早くても2026年実現か

英国で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の市販車による公道走行が実現するのは、早くても2026年末になりそうだ。英運輸長官が見通しを示した。イギリスでは現在、自動運転車に関する法整備を進めている最中だ。 自動運転レベル3の...

米加州の無人自動運転タクシー、違反の「免除」状態続く 車内無人で切符切れず

米カリフォルニア州において、車内無人(ドライバーレス)の自動運転タクシーが交通違反をした場合でも、警察が違反切符を切ることができない状況となっており、波紋が広がっている。 現在の規則では、車両の中に運転手がいないと切符を切れな...

自動運転とは?(2024年版) レベル別の実用化・開発状況まとめ

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。日本のホンダが自動運転レベル3の市販車を発売し、メルセデスもレベル3機能の提供をスタートさせた。アメリカや中国ではレベル4の自動運転タクシーが街中を走行し始めている。 こうした状況の中、この...

ANA、東京・大阪圏で空飛ぶタクシー展開へ 全国で数百機展開も

ANAホールディングス(以下ANA)が、パートナーシップを結ぶ米Joby Aviation(ジョビー・アビエーション)とともに空飛ぶクルマを活用した「空飛ぶタクシーサービス」を東京圏と大阪圏で展開する計画を進めていることが明らかとな...

Turing、完全自動運転EV「2030年10,000台」宣言 半導体チップ...

完全自動運転車の開発・生産に挑むTuring株式会社(本社:千葉県柏市/代表取締役:山本一成)=チューリング=が、半導体チップと車載LLMアクセラレーターの開発チームを立ち上げたと発表した。 「2030年に完全自動運転EV10...

自動運転ロープウェイ、沖縄県豊見城市が導入計画 国交省に要望書

自動運転の自走式ロープウェイを導入するため、開発企業のZip Infrastructure(本社:神奈川県秦野市/代表取締役:須知高匡)と沖縄県豊見城市が連携協定を締結し、豊見城市が国土交通省に要望書を提出した。 提出したのは...

LUUP(ループ)のポート・設置場所の探し方!電動キックボードの利用方法

最近話題の電動キックボードは、特に大都市圏においてはシェアリングサービスでの利用も活発に行われている。シェアリングサービス最大手は「LUUP」で、電動キックボードのほか電動アシスト自転車も利用可能となっている。 ...

自動運転タクシー、日本第1号は「米国から7年遅れ」濃厚に 最短で2026年か...

2025年をめどに50カ所で自動運転サービスを実現する目標を掲げる日本。目標達成に向け、各所で自動運転バス実用化に向けた取り組みが加速している。 一方、自動運転タクシーは遅れをとっている印象が強く、実現に向け継続的かつ大掛かり...

WHILLの自動運転クルマ椅子、羽田空港「全ターミナル制覇」を達成

海外旅行やインバウンド需要が高まる中、国際線が離発着する羽田空港第3ターミナルで、車いす型の1人乗りモビリティを利用した自動運転移動サービスが始まった。 近距離モビリティサービスを提供するWHILL株式会社(本社:東京都品川区...

新たな自動運転銘柄「LDTC」がナスダック上場 カナダ企業のLeddarTe...

自動運転向けの車載ソフトウェア開発やセンサーフュージョン開発を手掛けるカナダのLeddarTech(レダーテック)が米ナスダック市場に上場し、ティッカーシンボル「LDTC」で2023年12月22日から取引を開始した。 同社はテ...

外車の自動運転EVバス、羽田で2車種展開!BOLDLYが発表

ソフトバンク子会社で自動運転事業を展開するBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:佐治友基)は、羽田空港に隣接した大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(HICity)」で、エストニアの...

関係者必読!自動運転、2024年度の国交省関連予算の全容

2024年度予算が閣議決定された。それを受け、国土交通省は予算概要を発表した。注目は自動運転関連予算だ。経済産業省とともに自動運転実現に向けた各種事業を実施しており、自動車や道路を所管する重要省庁として自動運転と密接に関連している。...

スズキ工場で2024年春、日本製「空飛ぶクルマ」の製造開始へ

開発が進む「空飛ぶクルマ」。2024年の注目点の1つとして、春からスズキの工場で機体の製造が開始される見込みであることが挙げられる。 日本を代表する空飛ぶクルマ開発企業である株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取...

Googleの自動運転車、人間比で衝突率57%減 走行データ分析で判明

Google系の自動運転開発企業である米Waymoは、同社の自動運転システム「Waymo Driver」が人間による運転より安全性が高いという調査結果を発表した。 それによると、Waymo Driverは人間の運転と比較し衝突...

家具商社も参入!自動運転市場、ビジネスチャンスは無限大

家具の総合商社である株式会社関家具(本社:福岡県大川市/代表取締役社長:関正)が開発したシートがこのほど、新型自動運転モビリティに採用された。 久留米工業大学、同大学発のベンチャーLe DESIGN、パーソルクロステクノロジー...

自動運転、2024年度に一般道20カ所以上で通年運行 政府目標

日本政府は2024年度、一般道20カ所以上で自動運転サービスを通年運行させる計画だ。 自動運転については、2025年度をめどに50カ所程度、2027年度には100カ所以上実現するという目標がある。国土交通省が2023年10月に...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が「日経モーニングプラスFT」に出演しました

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2023年12月27日(水)放送(朝7:05〜7:55)のBSテレ東の報道番組「日経モーニングプラスFT」にスタジオ出演いたしましたので、お知ら...

トヨタWoven City、2024年に第1期の建物完成へ 実証は2025年...

トヨタ自動車が静岡県裾野市に建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。2024年夏に第1期の建物が完成予定で、2025年の実証実験の一部開始に向けて準備が進んでいるようだ。 トヨタはモビリティカンパニーへの...

タクシー配車大手GO、IPOへ準備中!ライドシェア解禁、逆に追い風に

日本交通とDeNAが出資するモビリティテクノロジー企業であるGO株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:中島宏)がIPO(新規株式公開)の準備を進めている。同社は、タクシーアプリ「GO」を運営している。上場時期は未定だが、すでに...

トヨタレクサスのADAS、進化再び!新型UX、交差点衝突回避を支援

トヨタの高級車ブランド「レクサス」が、ADAS(先進運転支援システム)を進化させた新型「UX」の国内仕様車を2023年12月25日までに発表した。 新型UXでは最新の予防安全技術「Lexus Safety System +」の...

ライドシェア、対価の目安「タクシーの80%」 変動価格制導入も

デジタルの力で公共サービスの維持・強化や社会変革実現を目指すデジタル行財政改革会議の中間とりまとめが発表された。教育、交通、介護、子育て・児童福祉など他分野に及ぶ課題認識と今後の取り組み方針が示されている。 交通分野では、タク...

【2023年12月の自動運転ラボ10大ニュース】日本政府のライドシェア方針に...

2023年もいよいよ師走を迎えた。モビリティ関連ではここにきてライドシェア議論が再燃し、政府が一定の指針を示した。最終的にどのような結末を迎えるのか、今から注目だ。 自動運転関連では中国に動きがあり、政府が自動運転サービス向け...

ダイハツ、自動運転開発レースから脱落か 全社出荷停止で影響も

ダイハツの全車種出荷停止により、同社は自動運転開発どころじゃなくなる可能性が出てきた。世界規模で自動運転開発競争が進む現在、開発の出遅れはこの世界レースからの脱落を意味することになりかねない。 ダイハツに関しては車両の認証試験...

自動運転レベル3、メルセデスが「青緑色の光」を作動中の目印に

ドイツの高級車メーカーであるメルセデス・ベンツは2023年12月22日までに、米国の2つの州で自動運転用特殊エクステリアマーカーライトの使用許可を世界で初めて取得したことを発表した。 カリフォルニア州とネバダ州にて、「ターコイ...

ライドシェア制度、OECD諸国の34%が今も未整備 日本を含む13カ国

OECD諸国38カ国のうち、日本を含む13カ国でライドシェア制度が未整備であることが、2023年12月22日までに分かった。パーセンテージにすると、未整備率は34%だ。 内閣府の規制改革推進会議の「第4回 地域産業活性化ワーキ...

ついに2024年、トヨタが「自動運転レベル3」で沈黙破るのか

2023年も残すところわずかとなった。この1年、レベル4自動運転サービスは世界で地道な拡大を見せ、米Waymoに続く新興勢の実証も盛んに行われてきた。 一方、自家用車では、ホンダ、メルセデス・ベンツに続きBMWも2024年春に...

米May Mobility、トヨタ車で「完全無人」自動運転サービス 毎秒何千...

自動運転ベンチャーの米May Mobilityは2023年12月21日までに、ドライバーレスの自動運転サービスのアーリーライダープログラムを開始した。 このサービスは米アリゾナ州フェニックス近郊の「Sun City」(サンシテ...

注目案件、続々と登場!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2023年12月...

自動運転車の実証実験や試験運用がますます増えた2023年。2024年は自動運転の実装がさらに加速すると予想される。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年12月版では、各社が公開している案件から、特に注目したい自動...

政府のライドシェア解禁案、ホリエモン「うんこ改革レベル」

実業家であるホリエモンこと堀江貴文氏が、ニュースアプリNewsPicksにて「うんこ改革レベル」とコメントした。コメントした対象の記事は、日本政府のライドシェア解禁の方針について報じた読売新聞の記事だ。 ▼「ライドシェア」来年...

インド道路相「自動運転は解禁しない」 ドライバーの雇用保護を優先

インドのニティン・ガッカーリ道路交通大臣は2023年12月18日、自動運転車はインドで導入・解禁させない方針を明らかにした。人間のドライバーの雇用が大幅に減少することを防ぐための措置だという。自動車関連イベントで語った。 ガッ...

自動運転ベンチャー、未上場企業一覧(2023年最新版)

新興勢の台頭が著しい自動運転業界。開発から実用化のフェーズに移行し、米Aurora InnovationやTuSimpleなどの先行勢は早々に株式上場を果たしている。 もちろん、スタートアップの多くは開発と実用化の状況を冷静に...

中国政府、自動運転バスの車内音声「リアルタイム共有」を義務化

中国政府は2023年12月18日までに、自動運転車の国家安全ガイドラインを発表した。中国ではこれまで各地方当局に自動運転に関する規制が委ねられていたが、今回発表したガイドラインは全国統一型のガイドラインとなる。 ガイドラインの...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、損保総研の2023年度特別講座にて講演いたしま...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、公益財団法人「損害保険事業総合研究所」(損保総研)の2023年度損害保険特別講座にて講演することが決まりましたので、お知らせいたします。 ...

モビリティ系の非上場企業、重要決算2023年末振り返り

自動運転をはじめとしたCASEの波が押し寄せるモビリティ業界。自動車メーカーを軸としたこれまでの業界地図は姿を変え、新進気鋭のスタートアップやメーカー新設企業らが活躍する場面が増えてきた。 イノベーションに向けた取り組みが進行...

BMW、上海で自動運転レベル3の走行試験認可を獲得 ホンダを出し抜く?

ドイツ自動車大手のBMWグループが2023年12月17日までに、上海の高速道路上でレベル3(条件付運転自動化)の自動運転車を試験走行するための認可を、中国当局から得たことが明らかになった。 現時点で自動運転レベル3の機能を市販...

自動運転レベル、誰が決めた?

「自動運転レベル」は、運転の主体や走行可能エリアなどによって6段階にレベル分けされている。「一体誰が決めたのか」と気になる人はいないだろうか。 答えは、研究者や技術者などモビリティの専門家を会員とするアメリカの「自動車技術会」...

【2023年ランキング】自動運転ラボ、読まれた記事トップ10

2023年もいよいよ師走を迎え、終わりを告げようとしている。レベル4法施行などさまざまな動きがあった自動運転分野で、より読者の興味を引いたニュースは何だったのか。 アクセス回数をもとに、2023年によく読まれた記事トップ10を...

LUUP(ループ)の口コミ・評判は?電動キックボード・自転車の使い勝手は?

日本で急速に普及している電動キックボード。2023年7月に施行された改正道路交通法により、特定の区分の電動キックボードが公道でも走行できるようになった。 電動キックボードのシェアリングサービス国内最大手であるL...

Google、GMの苦境に乗じ自動運転タクシー事業を拡大 夜間の空港にも配備...

Google系の自動運転開発企業である米Waymo(ウェイモ)が、GM傘下のCruiseが苦境に陥っているこのタイミングで、事業強化を図っているようだ。 Waymoは、アリゾナ州フェニックス市内にある国際空港「Phoenix ...

電動キックボードの事故・違反状況まとめ

「特定小型原動機付自転車」として新ルールのもと公道走行が可能になった電動キックボード。一定要件を満たした電動キックボードは、運転免許なし・ヘルメット未着用(努力義務)で走行可能となり、条件を満たせば歩道を走行することもできる...

自動運転バス導入「6,500万〜1億円」 デジタル庁、費用例を記載

デジタル庁のモビリティワーキンググループがこのほど公表した資料において、自動運転バスの導入に係る費用の一例が紹介されている。車両費用は1台あたり最大8,000万円、その他初期費用が1カ所あたり最大2,000万円かかり、約6,500万...

ロボット運転型で自動運転実現!堀場製作所、ドイツでアワード受賞

ある日本企業が開発した自動運転システムが、国際的なデザイン賞を受賞した。「自動運転システム」と聞くと一般的にソフトウェアによる自動運転をイメージするが、同社の自動運転システムはロボットに運転させるスタイルだ。(※ただし、試験向けのシ...

ANA、空飛ぶクルマの離発着場を開発か 米Jobyと覚書締結

ANAが空飛ぶクルマ向けの離発着場を開発する可能性が高まった。空飛ぶクルマを開発する米Joby Aviationと野村不動産の3社で、日本においてのeVTOL(電動垂直離着陸機)の離着陸場(バーティポート)開発に向けた共同検討に関す...

ソフトバンクの自動車・自動運転事業まとめ(2023年最新版)

CASE分野におけるソフトバンクの存在感がますます高まりそうだ。同社はアイルランドのIoTプラットフォーマーCubic Telecomに出資・子会社化し、コネクテッドカーやソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV:Softwar...

個人投資家の期待度、首位は「知能化技術(AI・自動運転車など)」

スパークス・アセット・マネジメント株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:阿部修平)は、「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2023」をインターネットで投資経験者1,000人を対象に実施し、調査結果を発表した。 ...

ライドシェア「タクシー会社による雇用が条件」 政府方針、骨抜きの解禁か

ライドシェア解禁に向けて機運が高まる中、政府が2023年度中に新たに創設する仕組みの方針を固めたことが、2023年12月13日までに判明した。NHKなどが報じた。 ライドシェアで働く人は、タクシー会社によって雇用されて...

Uberが株価50%急騰!自動運転タクシーの展開発表が起点 最高値更新へ

配車サービス大手の米Uber Technologiesの株価が急騰中だ。株価急騰の起点となったのが、自動運転タクシーの展開だ。 Uberは、Google系Waymoの自動運転タクシーの配車が可能になったことを2023年10月2...

米Kodiak、軍事用にフォードF-150を自動運転化 国防総省に納品へ

米Kodiak Robotics(コディアック・ロボティクス)はこのほど、軍事用に自動運転技術を搭載したフォードのピックアップトラックF‐150を、米国防総省に納品することを発表した。Kodiak Roboticsは、輸送用トラック...

自動運転レベル4特化の中国WeRide、米国上場へ 6,400億円の評価額、...

中国の自動運転ベンチャーWeRide(文遠知行)が、米国市場に上場予定だ。2023年9月にIPOの認可を取得し、米ニューヨーク市場もしくはナスダック市場への上場準備に入っている段階だという。 同社は、米民間調査会社のCBインサ...

トヨタやいすゞ、イスラエルの自動運転企業に120億円出資

イスラエルの自動運転関連企業であるForetellix(フォーテリックス)は2023年12月11日までに、シリーズCの資金調達ラウンドで8,500万ドル(約123億円)を調達したことを発表した。 この資金調達ラウンドは英国のベ...

自動運転ラボ、フジテレビ「日曜報道THE PRIME」への取材協力のお知らせ...

株式会社ストロボ(本社:東京都港区/代表取締役:下山哲平、以下弊社)が運営する「自動運転ラボ」が、フジテレビ及びFNN系列各局で放送されている「日曜報道THE PRIME」において取材協力をさせて頂きましたので、お知らせいたします。...

空飛ぶクレーン、80kg載せて飛行に成功!狙うは米国上場

ドローンやセンサーの開発などを行う株式会社ワールドスキャンプロジェクト(本社:東京都新宿区/代表取締役CEO:上瀧良平)は2023年12月10日までに、開発中の「空飛ぶEVクレーン」の試作機で、機体重量(70キロ)よりも重い80キロ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、福井商工会議所主催の講演会に登壇いたします

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、福井商工会議所(流通第二部会)主催の講演会「流通革命~自動運転技術が切り拓く未来~」に登壇することが決まりましたので、お知らせいたします。 ...

自動運転、AIがAIを制御!NTT DATAの世界観

「AIがAIを制御し、自動運転の実現を加速」──。NTTデータグループが描く自動運転開発に向けたアプローチだ。判断軸が異なる二つのAIをベースに、最終的な判断を別のAIが下す「Hybrid AI=ハイブリッドAI」を採用し、複雑な道...

株式投資の人気テーマランキング、「自動運転車」が5位 みんかぶと株探が集計

株式投資の人気テーマランキングで、「自動運転車」が5位にランクインするという調査結果が発表された。株などの金融商品情報に関するメディア「みんかぶ」と「株探」が集計したものだ。 自動運転車は企業のほか政府や自治体なども実用化に取...

事故で停止の自動運転実証、BOLDLYが再開発表 システムは想定通りに機能

ソフトバンク子会社で自動運転事業を展開するBOLDLY(ボードリー)は2023年12月8日、接触事故の発生により運行を停止していた自動運転車両「MiCa(ミカ)」について、同日から運行を再開することを発表した。 事故原因の調査...

【解説】空飛ぶクルマの離発着場「バーティポート」の整備指針

国土交通省航空局はこのほど、空飛ぶクルマの離着陸場となるバーティポートの整備指針を発表した。国際基準が規格化されるまでの暫定的ガイダンスとして、国内開発・整備を推進する狙いだ。 大阪・関西万博を旗印に実用化に向けた取り組みが進...

KDDIスマートドローン決算、純損失8.3億円 売上は13億円計上

ドローン事業を展開するKDDIスマートドローン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:博野雅文)の第2期決算公告(2023年3月現在)が、官報に掲載されている。第2期の当期純損失は、前期の当期純損失321万円から大幅に赤字額を増...

空飛ぶクルマ最大手のSkyDrive、赤字額が40億円突破 第5期決算

空飛ぶクルマ開発で国内最大手の株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)の第5期決算公告(2023年6月現在)が、このほど官報に掲載された。 第5期の当期純損失は、前期から赤字額を131%増やし...

中国WeRide、北京で「有料×完全無人」の自動運転タクシー展開へ

中国の自動運転ベンチャーWeRide(文遠知行)はこのほど、北京で完全無人の自動運転タクシー(ロボタクシー)の有料サービスの提供準備が整ったことを発表した。車内に安全要員を乗車させない「自動運転レベル4」の水準でサービスを近く開始す...

トヨタ、自動運転技術で「車両自ら移動する生産ライン」確立へ

トヨタ自動車が自動運転技術で「製品が自ら動く生産ライン」の実現を目指していることが、2023年12月5日までに分かった。同社の求人情報などから判明した。 求人要項には「自動運転技術で製品が自ら動く生産ラインの実現を目指し、クル...

空飛ぶクルマ関連で「航空法施行規則」を改正 知っておきたい8項目

国土交通省航空局は、空飛ぶクルマが関連する「航空法施行規則の一部を改正する省令」を2023年11月30日付で公布、同年12月31日に施行する。空飛ぶクルマにおける救命胴衣の装備義務などについて記載されている省令となる。 この省...

”くるまからモビリティへ”の技術展2023 ONLINE、無料開催中!12月...

「”くるまからモビリティへ”の技術展2023 ONLINE」が2023年12月15日(金)にかけて無料開催中だ。将来のモビリティ社会を支える多様な技術や製品が紹介されており、自動運転分野などでビジネスや技術開発に携わっている人は、講...

自動運転化で必要無くなる「資格・免許」は?

JR九州が、運転士不在の鉄道運行を早ければ2024年3月に開始する。自動運転技術を活用することで、従来の運転士に求められる要件をコンピュータ化が担い、コンピュータ化が担いきれない部分を「自動運転乗務員」が担う形だ。 極論だが、...

市販の家具、自動運転で動かせます!Preferred Networks子会社...

自律移動ロボットを開発する株式会社Preferred Robotics(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:礒部達)=プリファードロボティクス=は、市販の家具を載せられる台車「カチャカベース」を2023年12月1日から販売開始し...

支持率急降下の岸田首相、切り札は「自動運転メガネ」化

「増税メガネ」という蔑称が定着してしまった岸田文雄首相。やることなすことが批判の対象となり、さらには政務三役の相次ぐ辞任など身内にも足を引っ張られ、内閣としては行き詰まった印象を受ける。 支持率低迷から解散に踏み切ることもでき...

「透明のバス停」あちこちに仮想設置!どこでもバス、取り組み開始

福島県会津若松市で、仮想バス停でデマンドバスに乗降できる実証運行が2023年12月1日からスタートした。 「MyRideどこでもバス」と名付けられた取り組みで、システムの地図上に数多くの仮想バス停をきめ細かく設定することで、利...

ライドシェア、日本人の大半「乗らず嫌い」 利用経験あると賛成35%→84%に...

民間調査会社のMM総研はこのほど、ライドシェアに関する社会受容性を調査した結果を公表した。調査結果を読み解くと「日本人の大半は、乗ったことがないからライドシェアに反対している」という仮説が成り立つ。日本人はライドシェアに関しては「乗...

シャープ、自動運転市場に参入 車載視野に衛星アンテナを開発

シャープが自動運転市場に参入する。小型で軽量の衛星通信アンテナを開発して自動車に搭載し、高速大容量通信により車両の自動運転化に貢献することなどを目指す。 同社がこのほど発表した内容から明らかになった。LEO(低軌道)・MEO(...

自動運転バス、攻めの「5年間通年運行」宣言 岐阜市で運行スタート

ソフトバンク子会社のBOLDLYはこのほど、自動運転バスの運行を岐阜市内でスタートした。自動運転バスの運行は短期間で実験的に展開されるケースも少なくないが、通年運行でしかも5年間継続することを最初に掲げるのは珍しい。攻めの姿勢と言え...

安全な「空の道」を提供!トルビズオンが株式投資型クラファンを実施へ

ドローン関連事業を手掛ける株式会社トルビズオン(本社:福岡県福岡市/代表取締役:増本衛)は、2023年12月2日から株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」にて、募集による投資申込みの受付を開始...

空飛ぶクルマは「クルマじゃない」!?万博前に呼称変更か

初めて「空飛ぶクルマ」と聞いたとき、どのようなモビリティを頭の中に描いただろうか。おそらく、多くの人は陸上を走行する「クルマ」が空を飛ぶ姿を思い浮かべたのではないだろうか――。 2025年開催の大阪・関西万博を重要なマイルスト...

「空の物流」開発のエアロネクスト、純損失増加2.3億円 第6期決算

エアモビリティの開発を手掛ける株式会社エアロネクスト(本社:東京都渋谷区/代表取締役:田路圭輔)の第6期決算公告(2022年12月現在)が、このほど官報に掲載された。 第6期の当期純損失は、前期から赤字額を29%増やし2億3,...

2023年は自動運転の「事故元年」に?ソフトバンク系も接触事案

自動運転開発が本格化し、実用化例も増えてきた。そんな中で、2023年は自動運転車両の事故が日米で目立っており、「今年はまるで自動運転の事故元年だ」という声も聞こえてくる。 11月25日には、ソフトバンク子会社で自動運転サービス...

空港での草刈りを自動運転化!「熟練度による個人差」の課題解消へ

国土交通省は、「航空機運航のDX推進に向けた検討会」を2021年9月から開催している。航空交通・運航関連データの利活用を通じた生産性向上や利便性向上を図るため、幅広い関係者が情報共有と相互連携を行い、データの利活用に必要な取り組みな...

ヒョンデ製自動運転タクシー、米国で2024年サービス開始へ

韓国最大手の自動車メーカーである現代自動車(ヒョンデ)はこのほど、米国で自動運転タクシー(ロボタクシー)の商用サービスを2024年から展開することを発表した。 ヒョンデと米Motionalが共同開発したEV(電気自動車)「Mo...

自動運転レベル3でできること(2023年最新版)スマホ・飲酒・睡眠は可能?

ホンダ「LEGEND(レジェンド)」を皮切りに自動運転レベル3搭載車種が増加の様相を呈している。メルセデスがホンダに続き、BMWも2024年3月からレベル3機能を一部車種にオプションで搭載することを発表した。 自家用車における...

中国企業、センサー付き自動運転車を「スパイ」として活用か

米連邦議会の超党派議員団が自国内における中国企業の自動運転走行に待ったをかけたようだ。ロイター通信によると、機密情報収集の恐れから開発各企業に情報の取り扱いについて回答を求める書簡を送ったという。 自動運転車は、搭載した各種セ...

ライドシェア推進派の政治家一覧(2023年最新版)

解禁に向けた議論が大きく加速しているライドシェア。国は規制改革推進会議を中心に本格議論に着手し、国会議員の中にも超党派勉強会を立ち上げるなど取り組みが熱を帯び始めた。 依然として慎重な姿勢を崩さない政治家も多いが、前向きに議論...

【2023年11月の自動運転ラボ10大ニュース】米Cruiseが無人タクシー...

国内では、自動運転の社会実装に向けた取り組みが再加速し始めた。先行する米中に追い付くべく、国が取り組み促進に向けた動きを強めている印象だ。民間も、アイサンテクノロジーなどが自動運転バスの広域展開に向けた取り組みに本格着手している。 ...

NTTと東大発ベンチャー、除雪車の自動運転に挑戦 まず遠隔操作実証に成功

約400キロ離れた場所から除雪車を遠隔操作する実証実験が、2023年11月26日までに実施された。この実証を行ったのは、NTTコミュニケーションズと、東京大学発スタートアップのARAVだ。 両社は、建機遠隔操作システムに加えて...

GM、自動運転タクシー再開は「まず1都市」で 専用車両、2024年は生産なし...

GMの自動運転部門であるCruise(クルーズ)は現在、アメリカ国内13都市で有料展開していた自動運転タクシーの運行を全面的に停止している。そのCruiseの従業員向けのメールで、運行再開の際はまず1都市での展開になることが記載され...

自動運転レベル3機能、「世界3番目」はBMW濃厚 来年3月から提供

ドイツの自動車大手BMWは2023年11月24日までに、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)機能を搭載した車種を2024年3月からリリースすることを発表した。同社の新型「7シリーズ」にオプションとして搭載され、まずはドイツ国内限定...

中国、一般向け自動運転車のレベル3〜4公道テストを許可

中国で一般向けの自動運転車の走行テストがスタートする。この自動運転車は、中国で「インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)」と呼ばれており、指定された都市内を自動運転レベル3〜4で試験走行できるようになるという。 今後...

大手かベンチャーか、選ぶべきは?自動運転&MaaS、気になる求人4選【202...

実用化に向けた開発が本格的になってきた自動運転やMaaS。大手自動車メーカーのほか、ベンチャー企業でも採用が増えてきている。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年11月版では、各社が公開している案件から、特に注目...

ライドシェア解禁後、Uberに勝てる日本企業は存在するのか

配車サービス大手の米Uber Technologies(以下ウーバー)を率いるダラ・コスロシャヒCEO(最高経営責任者)が、日本でのライドシェアサービスに意欲を示したようだ。 国内では現在、ライドシェア導入の是非をめぐる議論が...

トヨタ、自動運転実証で「車外の画像データ」取得 e-Palette搭載センサ...

トヨタが自動運転機能の開発のため、自動運転シャトルなどで実証走行中に「車外画像データ」を取得していることが、このほど分かった。自動運転シャトル「e-Palette(イーパレット)」や自動運転試験用「Lexus LS」に搭載した画像セ...

電動キックボード、保険加入は義務?必須?

2023年7月に施行された改正道路交通法により、特定の区分の電動キックボードが公道でも走行できるようになった。 公道走行可能になったのは「特定小型原動機付自転車」に分類される電動キックボードで、16歳以上であれば運転免...

ホンダの新ADAS「Honda SENSING 360+」の実力は?

ホンダは2023年11月22日までに、最新のADAS(先進運転支援システム)「Honda SENSING 360+(ホンダ・センシング・サンロクマル・プラス)」を発表した。車両周辺の死角をカバーし、交通事故の回避やドライバーの運転負...

空いた時間に「タクシー運転手」に!ライドシェアの仕組み、いらないかも?

ライドシェアは空いた時間に副業できる便利な仕組みであり、このことから海外でも普及が進んだ。しかし、もし空いた時間で「タクシードライバー」として副業が可能なら、そもそもライドシェアの仕組みはいらないかも。こうしたことを感じさせる報道発...

自動運転、日本政府の実現目標は?(2023年最新版) セグメント別に解説

社会実装に向けた取り組みが加速し続ける自動運転技術。国は2015年度から「官民ITS構想・ロードマップ」を策定し、早期実現に向けた計画のもと官民協働体制で事業を推し進めている。 2023年時点で、計画の進捗状況はどうなっているのか。こ...

ひろゆき氏、自動運転「事故ったら損害賠償は国」モデルを提唱

実業家でコメンテーターとしても活躍するひろゆき氏(西村博之氏)が、YouTubeで展開されているビジネス動画メディア「ReHacQ(リハック)」の中で自動運転開発に言及した。 「お台場で完全自動運転で事故った場合、損害賠償は国...

ホンダに激震!自動運転の提携先、米国で「人間同乗型」すら走行停止

米GM傘下のCruiseは2023年11月21日までに、人間同乗型での自動運転走行を一時停止することを発表した。同社は相次ぐトラブルや事故を受け、すでに米国全土でのドライバーレスの自動運転タクシーの運行を一時停止することを発表してお...

電動キックボード大手Luupが上場準備 累計調達額127億円に

電動キックボードなどのシェアリングサービスを展開する株式会社Luup(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:岡井大輝)が、上場に向けた準備を始めていることが分かった。 同社は総額約36億円の資金調達を行ったことを2023年11...

電動キックボードはナンバー・ヘルメットは必要・不要?

改正道路交通法の施行により、新ルールでの運用がスタートした電動キックボード。若い世代を中心に利用が拡大し、サービス提供エリアも徐々に広がりを見せている。 ただ、走行ルールなどが浸透していないため危険性を指摘する声も大き...

月の「永久陰」で自動運転!模擬試験で建機の複数稼働に成功

鹿島建設は2023年11月20日までに、自動遠隔建設機械による月面環境での作業を想定した模擬試験を行ったことを発表した。 自動運転と遠隔操作により複数の機械を同時に稼働させることなどにより、月面での「永久陰」領域などでの施工に...

運転手の視線を「非接触」で計測!自動運転レベル3で有用

東陽テクニカが販売する非接触式視線計測システム「Smart Eye Pro DX システム」に注目が集まりそうだ。運転手の頭部の自然な動きや視線などを計測でき、例えば一部条件付きの自動運転である「レベル3」などにおいて、AI(人工知...

関西電力、空飛ぶクルマ向け充電事業に参入か SkyDriveの試験場に設備導...

関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市/取締役代表執行役社長:森望)が、空飛ぶクルマの充電事業への参入を視野に入れていることが、このほど明らかになった。 空飛ぶクルマの充電インフラ事業への参入を見据え、関西電力が開発を進める充電...

ゴルフ場の芝刈り、「自動運転レベル4」実現で完全無人化

芝刈り機はついにここまで進化した。セミ完全自動運転の水準に相当する「自動運転レベル4」の機能を搭載した無人芝刈り機が、ゴルフ場向けに開発された。IHIのグループ会社である株式会社IHIアグリテックがこのほど発表した。 この無人...

モビリティDX展開のWill Smart、純損失2.8億円 第11期決算

AI(人工知能)やIoT関連のソリューションを提供する株式会社Will Smart(本社:東京都江東区/代表取締役社長:石井康弘)の第11期決算公告が、同社公式サイトに掲載されている。 当期純損失は2億8,733万円であった。...

電動キックボードのおすすめシェアサービス・メーカーは?

改正道路交通法の施行により、身近な存在となり始めた電動キックボード。「特定小型原動機付自転車」という新たな区分が設けられ、従来の原動機付自転車と比べ気軽な利用が可能になった。 さまざまな移動手段を一元化するMaaSにお...

「陸海空」の次世代モビリティ、東京ベイエリアで相互連携へ

空飛ぶクルマ(eVTOL:電動垂直離着陸機)用浮体式ポートを核とした、陸海空のマルチモーダルMaaS実現に向けたシステムの構築と運行実証がスタートする。陸(自動運転車)、海(自律航行船)、空(空飛ぶクルマ)における複数の移動手段が相...

電動キックボードに免許は必要?公道走行は可能?法律最新情報

ここ数年でよく目にするようになった「電動キックボード」。近距離での移動が便利なことで注目を浴びている反面、事故やトラブルに関するニュースも目に付く。 2023年7月1日に施行された改正道路交通法には、電動キックボードに...

テスラのFSD訴訟、「自動運転」未実現で購入費を払い戻し

米EV(電気自動車)大手テスラに関し、同社のADAS(先進運転支援システム)「FSD(Full Self-Driving)」について機能を満たしていないと訴えられ、その後、和解するという事例があったようだ。 同社の「モデル3」...

日本初レベル4の自動運転事故、「追加学習」で来年3月再開へ

「日本初のレベル4」としてスタートした福井県永平寺町の自動運転移動サービスが、2023年10月に事故を起こした。自動運転車両が人が乗っていない駐輪中の自転車と接触し、その後、運行が停止された。 同町はこの事故について、原因調査...

トヨタ出資の米May、上場決定の予感 自動運転事業の加速へ新規調達

自動運転開発スタートアップの米May Mobility(メイ・モビリティ)は2023年11月14日までに、シリーズDの資金調達を行ったことを発表した。一般的に、シリーズDラウンドはイグジット(IPOやM&A)が視野に入った段...

地域ライドシェアを「Uberアプリ」で配車!人口4,500人の町で独創的試み...

ライドシェアの代名詞的存在である米Uber。北米をはじめ世界各地でライドシェアサービスを展開する第一人者だ。しかし、日本ではマイカーを活用した有償ライドシェアは「白タク行為」とみなされるため、タクシー事業者と連携したタクシー配車機能...

自動運転タクシー、「Google一強時代」に逆戻り GMの全台リコールで

無人自動運転走行を全面的に停止していたGM系Cruiseが、自動運転ソフトウェアのリコールを発表した。2023年10月に発生した人身事故を受けたもので、システム改善により安全性強化を図る狙いだ。 米国ではグーグル系Waymoと...

自動運転のリーダー職、日米で「年収格差3倍」状態 トヨタでさえ800万円台

トヨタ自動車は、自動運転MaaS向け新規ビジネスの企画・開発のチームリーダーを担う人材を募集している。予定年収は765万~891万円とされており、最終的な給与は経験・能力を考慮の上で決定すると説明されている。 将来の有望性に注...

ライドシェアの法律・制度の世界動向(2023年最新版)

ライドシェア導入の可否をめぐる議論が国内で過熱し始めた。業界団体や一部の与野党議員から強い反発を受けるのは必至で、どういった結論を迎えるかは不透明な状況だ。 世界においても各国で賛否を巻き起こし、規制を設けた上で導入を許可する...

自動運転、世界GDP総額を360兆円押し上げ 英調査を元に試算

自動運転の商用化は世界全体のGDP(国内総生産)を2.4兆ドル(約360兆円)拡大するポテンシャルを持っているかもしれない。英国で発表されたある調査結果を基に試算してみた結果だ。 その調査によると、英国では自動運転ビジネスによ...

成長性トップ評価のスタートアップ、「モビリティ」分野が最多 帝国データバンク...

最も成長性が高いスタートアップ企業のビジネス領域は「モビリティ」──。民間調査会社の帝国データバンクが実施した調査で、このようなことが明らかになった。 帝国データバンクは、成長性のレベルを10段階にした成長性予測モデル「SP」...

ついに「国産自動運転バス」が全国展開!アイサン、ティアフォー製を各地で

測量技術を武器に自動運転分野で活躍するアイサンテクノロジーは2023年11月10日までに、自動運転小型EVバスの運行を全国各地でスタートさせることを発表した。 展開する車両は、自動運転スタートアップであるティアフォーが開発する...

自動運転絡みで年収400万〜500万円!国交省が「交通技術行政職」募集

国土交通省は現在、「交通技術行政職」というポジションで働く人材を募集している。 さまざまな産業で利用されている航空や自動車、船舶といった交通分野の制度・ルールを作りその実施を図ることで、日本の安全を守ったり、新技術の実用化に向...

「空飛ぶ軽トラ」開発のプロドローン、純損失1.3億円 第8期決算

産業用ドローンや「空飛ぶ軽トラ」の開発を手掛ける株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:戸谷俊介)の第8期決算公告が、このほど官報に掲載された。当期純損失は1億3,175万円であった。 官報では第6〜7期の...

ソフトバンクGの交通投資、累計損失2兆円規模 「大化け投資先」誕生に期待

ソフトバンクグループ(SBG)は2023年11月9日、2024年3月期第2四半期(2023年7〜9月)の決算説明会を行った。 ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)における「トランスポーテーション」(交通)分野の累計損失は...

ライドシェアでの性的暴行、米国で年間約1,000件 発生率、日本のタクシーの...

国内でライドシェア導入の是非をめぐる議論が過熱し始めている。過去、国会ではライドシェア導入を認めない方針が決議されているが、移動サービスの需給不均衡などを背景に一部の有力国会議員らが議論の必要性を訴え始めたのだ。 ライドシェア...

自動運転向けLiDAR企業、株価90%安も「今が買い時」説

「自動運転の目」と言われるLiDARの市場規模は、今後大きく拡大することが予想されている。しかし、LiDAR開発企業各社の株価は奈落の底まで転げ落ちた状態となっている。中には最高値から90%以上安くなっている銘柄もある。 ここ...

米国初!トヨタ提携のAurora、自動運転トラック用「商用ルート」開設

トヨタとも提携している自動運転開発企業の米Aurora Innovation(オーロラ・イノベーション)は2023年11月8日までに、自動運転トラックの商用ルートを開設したことを発表した。こうした商用ルートの開設は「米国初」だとして...

空飛ぶクルマ向けインフラ一覧(2023年最新版) 離発着場やエアマップなど

「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた機運が高まりを見せている。主体となるeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に注目が集まりがちだが、近年はインフラ整備に参入する企業も相次いでおり、開発の裾野がどんどん広がっている印象だ。 この記事...

自動運転化した「牽引」、人間介入頻度が大幅減 JAL、空港で実証

国土交通省は「空港制限区域内における自動走行の実現に向けた検討委員会」を設立し、2018年から同委員会を開催している。 2023年10月5日に第15回委員会が開催され、「令和4、5年度 自動運転トーイングトラクター実証実験 結...

ゴミ収集車を自動運転化!石川県加賀市で来年実証スタート

デジタル人材育成機関である株式会社デジタルカレッジKAGA(本社:石川県加賀市/代表者:齋藤和紀)は2023年11月7日までに、ゴミ収集車の自動運転化に向けた地域課題プロジェクト「KAGA ecomobi」のコンセプトデザインを公開...

レベル4自動運転バス、万博終了後「レベル2格下げ」で転用案

2025年開催予定の大阪・関西万博。事業に向け、会場内外ではレベル4相当の自動運転バスが運行される計画だ。 開発の進捗状況に注目が集まるところだが、ここにきて興味深いトピックが持ち上がった。万博終了後、自動運転バスを大阪府内の...

あの人材大手も!?自動運転「意外な参入企業」10社

実用化に向け黎明期を迎えた自動運転技術。社会実装・サービス化を通じて技術向上を加速するフェーズに突入し、開発競争もいっそう激化している。 自動運転分野が本格的に花を咲かせるのはもう少し先になりそうだが、新産業としての注目度は高...

自動運転車「事故発生=人間より危険」は、情弱のレッテル貼り 普及の阻害要因に...

米国や中国などを筆頭に実用化が始まっている自動運転技術。米カリフォルニア州などでは自動運転タクシーが商用化され、車道を無人走行する姿を見かけることも珍しいものではなくなった。 一方、こうした自動運転車の増加によりトラブルも増加...

目撃談相次ぐ!自動運転バス、Xboxのコントローラーで手動操作!?

家庭用ゲーム機「Xbox」のコントローラーが、自動運転バスの手動操作に使われている──。こうした目撃談が、SNSなどで話題になっている。果たして本当なのか。情報はフェイクなのか。 ■調べた結果……「真実」! その目撃談は...

河野氏ご満悦の「やぶくる」って何だ?特区ライドシェアに「非常に快適」

「いまもう非常に快適」「全く問題なく」──。デジタル大臣の河野太郎氏がこのほど体験してご満悦となった移動サービスがある。「やぶくる」だ。その名称だけではどんなサービスなのか想像がつかないかもしれないが、5年前から展開されているライド...

三菱重工、海外での「全自動運転列車」ビジネスが絶好調

三菱重工業株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長CEO:泉澤清次)は2023年11月3日までに、米フロリダ州のオーランド国際空港向けに、全自動無人運転車両システム(APM:Automated People Mover)既存2路線...

道、ときどき空へ!「空飛ぶ軽トラ」コンセプトモデルが画期的

産業用ドローン開発を手掛ける株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:戸谷俊介)は、「空飛ぶ軽トラ」のコンセプトモデルである新機体「SORA-MICHI」をこのほど発表した。 SORA-MICHIは、50キロ...

京セラが車道実証!自律走行の「配送ロボ軍団」編成に挑戦

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都府京都市/代表取締役社長:黒瀬善仁)=KCCS=はこのほど、オペレーターが1人で複数台の自動配送ロボットを遠隔監視・操作し配送サービスを行う実証に着手した。車道を同時走行する複数台...

12億、35億…からの7億!自動運転企業T2、資金調達すごい勢い

自動運転技術を活用した次世代物流システムの構築を進める株式会社T2(本社:千葉県市川市/代表取締役CEO:森本成城)はこのほど、シリーズA追加ラウンドにて7億円の資金調達を実施したことを発表した。 2022年8月に設立されたば...

自動運転レベル4、日本が国を挙げて「出遅れ解消」へ新組織立ち上げ

経済産業省と国土交通省はこのほど、「レベル4モビリティ・アクセラレーション・コミッティ」を立ち上げることを発表した。2023年11月頃から開始予定としている。 これは2025年度までの新たな自動運転移動サービス実現に向けた環境...

ついにUberが自動運転タクシー展開!Google製車両を採用、業界の大本命...

米ライドシェア最大手のUber(ウーバー)は2023年11月1日までに、自動運転タクシーサービスをアメリカ国内で開始した。アリゾナ州フェニックスで、Uberアプリを通じてGoogle系Waymoの自動運転タクシーの配車が可能になった...

「しゃべる自動運転車」実現 ティアフォー、生成AI技術を活用

自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤真平)は、クルマが考えて人間と対話することを可能にする自動運転インターフェース「CT3」を開発したことを、このほど発表した。 つまり「...

トヨタ、設備投資「年間2兆円」間近 自動運転などの先進技術開発を重視か

トヨタ自動車は2023年11月1日午後、2024年3月期第2四半期(2023年7〜9月)の決算発表会を開催した。今期の設備投資額の通期見通しを前四半期時点の1兆8,600億円から1兆9,700億円へと積み増し、「年間2兆円」到達は間...

無人発電ボット、太陽光を求めて自律走行!米電源メーカーが構想発表

米国発のポータブル電源メーカーであるJackery(ジャクリ)は、太陽光を自動追跡して発電量を最大化する「Jackery Solar Mars Bot(ジャクリ・ソーラー・マーズ・ボット)」をこのほど公開した。 AI(人工知能...

次世代の子どもは「自動運転ネイティブ世代」!紙芝居で仕組み学び、体験乗車も

「デジタルネイティブ世代」という言葉がある。インターネット普及後に生まれた世代を指す。話を自動運転に当てはめてみると、少し先の未来の子どもたちは自動運転に小さいころから接することになるため、将来的には「自動運転ネイティブ世代」と呼ば...

人間タクシー「運転手ガチャ」にはこりごり!自動運転化に期待の声

「運転手ガチャに失敗」「運転手ガチャ、大外れだった」──。最近、タクシーに関する失敗談で、「運転手ガチャ」という言葉が使われるケースをSNSなどでよく見かける。 たしかに、乗車したタクシーの運転手が道をよく知らなかったり、態度...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、「オートモーティブ・ソフトウエア・エキスポ」で...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2023年11月15〜17日にかけてパシフィコ横浜で開催される「オートモーティブ・ソフトウエア・エキスポ」において、スペシャルセッションで登壇・...

自動運転タクシー、普及急ぐウサギ(米国)が失速 カメ(日本)に勝機到来?

自動運転タクシー実用化で先行する米国と中国。一部エリアではすでにドライバー無人の営業運行を行っている。一方、日本は運転席無人の公道走行をルートを限定して実証できるかな……といったレベルだ。まるでウサギ(米中)とカメ(日本)だ。 ...

自動運転、一気に事故リスク露呈 日本初レベル4が運行中止、米国でもGMに停止...

自動運転移動サービスの事故リスクが一気に露呈している。日本では、「日本初の自動運転レベル4」の触れ込みで始まった福井県永平寺町の自動運転モビリティが10月29日に接触事故を起こし、運行中止が発表された。アメリカではGM系の自動運転タ...

自動運転開発の米Mobileye、第3四半期売上18%増の3.5億ドル!受注...

米インテル傘下で自動運転技術の開発を行うイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)は2023年10月30日までに、2023年第3四半期(2023年7〜9月)の決算を発表した。 第3四半期の売上高は、前年同期から18%増の5...

営業停止に至ったGMの自動運転タクシー、「事故率は人間以下」は嘘だった?

カリフォルニア州道路管理局(DMV)と同州公共事業委員会(CPUC)は2023年10月24日、同州内で自動運転タクシーサービスを行っているGM傘下Cruiseの営業停止と無人走行試験許可の即時停止を発表した。 相次ぐトラブルで...

自動運転ゴルフカー開発のヤマハ子会社、純利益16%減の15億円

ヤマハ発動機グループのヤマハモーターパワープロダクツ株式会社(本社:静岡県掛川市/代表取締役社長:池谷智及)の第100期決算公告(2022年12月現在)が、官報に掲載されている。同社は「自動運転ゴルフカー」とも呼べそうな車両を開発し...

DiDiの自動運転部門、最大220億円の巨額出資獲得!広州汽車集団から

自動運転事業を展開する中国企業DiDi Autonomous Drivingは2023年10月29日までに、同国の自動車メーカー大手である広州汽車集団(GACグループ)から出資を受けたことを発表した。 DiDi Autonom...

ホンダ、タクシー会社の「ライバル」化 自動運転移動サービスの展開で火花

自動運転タクシー事業化に向けた動きを鮮明にした自動車メーカーのホンダ。合弁を立ち上げ、2026年にも東京都内で自動運転タクシーサービスを開始する計画を公表した。 直営する形で自らタクシー事業を行うのかは不明だが、この場合、既存...

海外製の「ハンドルなし」自動運転EV、日本のナンバープレート初取得

ハンドルなしの自動運転シャトル「MiCa(ミカ)」が、海外製として初めて日本のナンバープレートを取得したことが明らかになった。 ナンバープレートを取得したのは、ソフトバンク子会社のBOLDLYがエストニア企業Auve Tech...

日立Astemo、安全優先主義の自動運転車「乗り心地最悪」問題で解決策

日立Astemo株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:竹内弘平)は、「6自由度車両姿勢制御技術」のプロトタイプを開発したことを2023年10月26日までに発表した。 この技術は、自動運転車両特有の乗り心地を損なう課題を克...

自動運転バス、「ガラスのアンテナ」で通信環境を最強化!日本電気硝子が発表

日本電気硝子株式会社(本社:滋賀県大津市/代表取締役社長:岸本暁)が開発した特殊ガラスを用いた「レンズアンテナ」が、滋賀県内で実施されたバスの自動運転・隊列走行の実証実験で採用されたという。このほど同社が発表した。 このレンズ...

【2023年10月の自動運転ラボ10大ニュース】北米でレベル3まもなく始動

海外では、北米でもついに自動運転レベル3の商用利用がメルセデスによって始まるようだ。レベル4サービスが先行する中、オーナーカーにおける自動運転がどのように進化していくのか注目だ。 対する日本国内では、米中との差を懸念する声が一...

鴻海系MIH、自動運転レベル2〜4対応のEVコンセプトカーを発表

世界規模での展開を掲げるEV開発プラットフォーム「MIHコンソーシアム」は2023年10月25日、自動運転レベル2〜4にカスタマイズ可能なEV(電気自動車)コンセプトカー「Project X」を発表した。 Project Xは...

自動運転における「世界初」の取り組み一覧(2023年最新版)

人の移動や物の移動にイノベーションを起こすと言われる自動運転技術。新たな技術の導入が世界各地で始まり、道路交通に変化を及ぼし始めている。 こうした最先端技術の開発や社会実装に付きものなのが「世界初」の称号だ。この5年、10年で大き...

ホンダの自動運転タクシー、Googleすら未実現の「運転席なし」

ついに自動運転専用設計のオリジナル車両によるタクシーサービスが始まりそうだ。米GM、Cruiseと協業するホンダが、2026年にも「クルーズ・オリジン」を用いた自動運転タクシーサービスを東京都心部で開始するという。 自動運転タ...

新規企業&ベンチャー求人に注目!自動運転&MaaS、気になる求人4選【202...

政府も本腰を入れて取り組む自動運転やMaaS。実用化に向けて、より高度な研究開発のためのエンジニアの求人も増えてきている。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年10月版では、各社が公開している案件から、特に注目し...

自動運転レベル4、関東初認可は「決められたルート」型

国土交通省は2023年10月24日までに、関東初のレベル4自動運転車の認可を行ったことを発表した。道路運送車両法に基づき、保安基準の適合性が確認されたため、走行環境条件の付与を行い、運転者を必要としないレベル4の自動運転車として認可...

LiDARのMEMS式とSolid State式(2023年最新版)自動運転...

自動運転車に欠かせない「目」の役割を担うセンサー類。その中でも近年開発競争が激化しているのがLiDAR(ライダー)だ。当初は自動運転開発用が主流で高価だったが、市販車への実用化を模索する中でさまざまな技術が導入され、低価格化も進んで...

米NVIDIAと台湾Foxconn、自動運転向け「AI専用データセンター」を...

米半導体大手NVIDIAと電子機器メーカーである台湾Foxconn(フォックスコン/鴻海科技集団)が、スマートカーの開発・量産化に向け新たなデータセンター「AIファクトリー」の構築を進めていくと発表した。 「インテリジェントソ...

空飛ぶクルマ製造のEHang、中国当局から初の「型式証明」取得

中国の空飛ぶクルマ開発大手EHang(イーハン)は2023年10月23日までに、eVTOL(電動垂直離着陸機)「EH216-S」の型式証明書を中国民用航空局(CAAC)から正式に取得完了したことを発表した。 これにより、同機は...

自動運転タクシー、「苦情の98%」がGM関連 米オースティン

米テキサス州オースティンではドライバーレスの自動運転タクシーサービスが展開されているが、自動運転車に対する苦情が多く寄せられているようだ。2023年7月以降、同市の交通局には43件の苦情が寄せられているという。米メディアが報じている...

自動運転の難易度、要件・技術レベル別解説(2023年最新版)

市販車の自動運転レベル3(条件付き運転自動化)に続き、バス・シャトルでの適用を想定した自動運転レベル4(高度運転自動化)も解禁された。日本はすでに自動運転元年をすでに迎え、商用展開・実用化のフェーズに突入したと言えよう。 今後...

トヨタの自動運転開発、販売済み車両の「車載カメラ映像」活用

トヨタ自動車は、一部の販売済み車両から取得する車外画像データを自動運転・先進安全・地図関連技術のための研究開発などに利用している。 車外画像データには、ユーザーが実際に車両を運転する道路・交通環境の情報が含まれており、これは試...

前澤友作氏「ヘリタクシーを当たり前に」 新興企業に10億円投入

エアモビリティ関連事業を手掛けるSpace Aviation株式会社(本社:京都府京都市/代表取締役社長:保田晃宏)=スペースアビエーション=は、ZOZO元社長の前澤友作氏が設立した前澤ファンドを引受先とする第三者割当増資を実施し、...

住友ゴムが「自家発電するタイヤ」!センサー向けに電力供給

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:山本悟)は、「タイヤ内発電技術」の進化により、幅広い速度域で安定した電力を得ることに成功したと2023年10月11日に発表した。 これは関西大学・谷弘詞教授と共同で行っ...

トヨタ章男氏、ウーブン株の売却リターン「たった2%」の1億円 企業価値低迷か...

ウーブン・バイ・トヨタに新たな動きがあったようだ。トヨタが豊田章男会長個人からウーブン株を買い取り、完全子会社化するのだ。その買取額は51億円という。 章男氏が特別な思いを込めて私財を投じたウーブン。同氏「個人」の手を離れるこ...

人材大手パーソル、自動運転ビジネスに参入 「ベンチ型」を子会社が開発

総合人材サービスを展開するパーソルグループが、自動運転事業に参入した。グループとして自動運転関連のソフトウェア技術者の募集などをしていたことが知られていたが、このほど子会社がベンチ型自動運転モビリティの設計開発をした。 テクノ...

日産、対面式座席にできる「完全自動運転カー」を発表!運転席と助手席は360度...

日産自動車は2023年10月20日までに、EV(電気自動車)コンセプトカーの第3弾となる「ニッサンハイパーツアラー」を発表した。 この車両には、「完全自動運転技術」が搭載されているという。運転席と助手席が360度回転するため、...

自動運転バス、福岡市が「妥協型レベル4」提案 救急車接近時は人間が介入

福岡県福岡市はこのほど、無人バスの自動運転レベルに関して「妥協型レベル4」とも呼べそうな案を提案した。「国家戦略特別区域会議」の第35回福岡市・北九州市合同区域会議において新規提案されたものだ。 0〜5の6段階で示される自動運...

MaaS Tech Japan、純損失1.6億円超に 自治体などの「交通DX...

MaaSの社会実装を推進する株式会社MaaS Tech Japan(本社:東京都千代田区/代表取締役:日高洋祐)の第4期決算公告(2022年10月31日現在)が、このほど官報に掲載された。 当期純損失は前期から赤字額を62.7...

ティアフォーの自動運転/Autoware戦略(2023年最新版)

名古屋大学発の自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤真平)。オープンソースの自動運転OS(基本ソフト)「Autoware(オートウェア)」に重点を置いた戦略で、自動運転シーンをリ...

中国で開通した「自動運転できる高速道」はカメラだらけ!?全長56キロと発表

中国でこのほど、自動運転レベル4(高度運転自動化)向けに設計された全長56キロのスマート高速道路の運用が開始された。レベル4は、特定域内において人間の介入を一切必要としない自動運転の水準を指す。 現地メディアによると、この高速道路は中...

GM、自動運転の「夜間一律5ドルタクシー」を展開!顧客獲得へ独自PR戦略

米GM(ゼネラルモーターズ)傘下のCruiseは2023年10月18日までに、米テキサス州ヒューストンでドライバーレスの自動運転タクシーサービスを開始した。 このサービスは、期間限定ながら全区間一律5ドル(約750円)の乗車運...

関空の自動運転車椅子、1年で利用1万回超え!WHILLが展開

WHILL株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:杉江理)は2023年10月17日までに、関西国際空港で導入の「WHILL自動運転サービス」の利用回数が、導入から1年で1万回を突破したことを発表した。 「自動運転車いす」...

トヨタ、「道路埋込型センサー」の研究開始 自動運転時代に先駆け

トヨタ自動車の研究組織「未来創生センター」が、自動運転時代の到来を想定し、路上センシングについての開発を行っていることが明らかになった。 同社の公式サイトで紹介されているもので、「道路上にいるすべての人とモノの居場所がわかる魔...

UAE、自動運転技術の振興で「原油頼み」の経済から脱却へ

アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビでこのほど、自動運転分野のためのセンターを設立する計画が発表された。空・陸・海でのドライバーレス車両を開発する拠点になるようだ。 現地メディアの報道によると、このプロジェクトはUAEの航...

物流2024年問題、頼みの綱は「自動運転化」と「トラックGメン」 緊急対策を...

物流環境の整備に向け、政府はこのほど「物流革新緊急パッケージ」を閣議決定した。自動運転トラックや物流施設の自動化をはじめ、荷主・消費者の行動変容や商慣行の見直しに至るまで言及した内容となっている。 2024年問題が迫る中、即効...

BOLDLY(ボードリー)の自動運転戦略(2023年最新版) ソフトバンク子...

世界で実用化の波が押し寄せる自動運転技術。数多くのスタートアップを擁する米国・中国が市場をリードしているが、日本にもその波は押し寄せている。 日本国内の社会実装をけん引しているのが、ソフトバンク子会社のBOLDLY(本社:東京...

鹿島建設の自動運転事業(2023年最新版) 建機・現場の自動化に挑む

建設業大手の鹿島建設。独自システム「A4CSEL」による建設現場の自動化をはじめ、近年はインフラ開発技術を生かした道路交通のスマート化などにより、自動運転分野でもその名を聞くことが多くなった。 同社はどのような自動化技術を有し...

空飛ぶクルマ、スズキの工場で2024年春から製造開始へ SkyDriveと子...

空飛ぶクルマの開発などを手がける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2023年10月15日までに、自動車メーカー大手のスズキグループの工場を活用し、年間最大100機の空飛ぶクルマの製造が可能に...

決め手は「愛嬌」!?ソフトバンク出資の配膳ロボにグッドデザイン賞

中国のKEENON Roboticsの日本法人であるKEENON Robotics株式会社(本社:東京都中央区)が販売する自律走行配送ロボット「DINERBOT T8」が、2023年度グッドデザイン賞を受賞した。 KEENON...

ケニアでライドシェア向け融資!日の丸ベンチャー、15億円を新規調達

アフリカ・ケニアで事業を展開する株式会社HAKKI AFRICA(本社:東京都港区/代表取締役:小林嶺司)は2023年10月13日までに、SBIホールディングスをリード投資家とした資金調達ラウンドシリーズBのファーストクローズにおい...

Googleが「GPSも地図もいらない」自動運転に挑戦か 非公開で英新興Ox...

自動運転ソフトウェア開発企業の英Oxa(旧:Oxbotica)=オクサ=が、米Googleから出資を受けていることが、このほど明らかになった。海外メディアが報じている。 Oxaが企業登記局に提出した書類によると、Googleは...

国交省「最大1/2補助します」 新モビリティサービス推進なら

国土交通省はこのほど、最大で対象経費の2分の1を補助する「新モビリティサービス推進事業に係る追加公募」について発表した。公募の締切は10月20日。対象事業によって、補助対象者が異なり、主に交通事業者や地方自治体、関連協議会などとなっ...

ネット配送、自動走行ロボ「大量導入倉庫」で代行!STOCKCREWが新拠点

株式会社STOCKCREW(本社:東京都中央区/代表取締役社長:中村慶彦)は2023年10月12日までに、ネットショップの発送に特化した自動化物流センターを開設したことを発表した。 千葉県八千代市の大型物流施設「プロロジスパー...

自動運転レベル3、米国初展開は独メルセデス!テスラのメンツ丸つぶれ

ドイツの高級車メーカーであるメルセデス・ベンツはこのほど、米国で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)機能の搭載を2023年内にスタートさせることを発表した。 レベル3の認可を受けた上で搭載するもので、米国でメルセデスが初とな...

自動運転推進派の政治家・議員・知事一覧(2023年最新版)

国内でも実用化がスタートしている自動運転サービス。米国・中国と比較すると内容に差はあるものの、着実に前進していることは間違いない。 こうした前進をリードするのは、開発企業だけではない。施策の方向性を定める政治家や、受け入れ先と...

中国の「自動運転指針」、百度・アリババ・華為が策定に参画

中国政府は2023年10月10日、「自動運転を支援する高速道路設備に関する技術ガイドライン」を発表した。 中国メディアの報道によれば、この技術ガイドラインの策定に参画した企業としては、百度(Baidu)の自動運転部門、アリババ...

フィンランド、6Gと自動運転の融合を検証 データ転送の効率化など探求

フィンランドで「6G」技術と自動運転車の融合を検証する研究プロジェクトが開始された。海外メディアの報道によると、「6G Visible」と名付けられたこのプロジェクトは2026年5月まで行われる予定だという。 【参考】関連...

トヨタ、パリ五輪で自動運転車の「リベンジ運行」見送りか CO2排出量削減に重...

トヨタ自動車は2023年10月10日までに、2024年開催のパリ五輪で「持続可能なモビリティ」を提供することを発表した。東京五輪では自動運転シャトル「e-Palette(イーパレット)」を走行させたが、パリ五輪でも自動運転車を提供す...

BOLDLY、EVシャトルで「自動運転率99.3%」 ソフトバンク子会社、体...

ソフトバンク子会社のBOLDLY(ボードリー)は2023年10月10日、一般向けの自動運転EV(電気自動車)シャトルの体験試乗会において、自動運転率が99.3%に達したことを発表した。同社は「自動運転レベル4相当での運行に成功した」...

自動運転の課題(2023年最新版) 事故責任は誰が追う?ハッキング対策は?

今や人間の社会生活になくてはならない存在となった自動車。急速に発展を遂げる「自動運転技術」により、この自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。 多くのメリットがあるからこそ業界をあげての開発競争が進んでいるわけだが、ま...

日本の自動運転「なんちゃってレベル4」で出遅れ鮮明 下山哲平の現状解説

世界各地で実用化の波が押し寄せている自動運転。米国や中国では無人の自動運転タクシーが商用化され、有料サービスを提供している。 一方、日本でも一部で自動運転レベル4の商用無人サービスがスタートしたが、これは米中の自動運転サービス...

建設費5兆円!自動運転専用の「スイス地下トンネル」計画、総延長は500キロ

世界の自動車保有台数をご存じだろうか?2020年末時点で乗用車11.1 億台、バスやトラック4.2億台、計15.3億台に及ぶという。途上国を中心に右肩上がりを続けており、この10年間でその数は約1.5倍に達している。 この自動...

自動運転車用センサー一覧(2023年最新版) LiDAR、ミリ波レーダー、カ...

自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラのほか、光の先進技術を活用したレーザーレーダーである「LiDAR」(ライダー)などのセンサーを活用し、システム側が車両周辺の環境を認識する。 AI(人工知能)が自動運転車...

河野太郎氏、自動運転の規制に苦言「利益が出る状況じゃない」

ライドシェア発言などで注目を集めるデジタル大臣の河野太郎氏。規制改革の旗頭として、自動運転技術の実用化・普及を推進する役割にも大きな期待が寄せられている。 早期実現が求められるところだが、日経新聞の取材において河野氏は「(自動...

座長はトヨタから!国の「自動運転支援道WG」、構成員を分析

経済産業省が立ち上げた「デジタルライフライン全国総合整備実現会議」のアーリーハーベストプロジェクトにおいて、「自動運転支援道ワーキンググループ(WG)」が設置されている。 このWGでは、同プロジェクトの1つとして位置付けられる...

2035年、自動運転レベル3搭載は3%、レベル4搭載は6% S&P...

米コンサルティング会社のS&P Global Mobilityによれば、2035年までに世界の新車販売台数のうち自動運転レベルの「レベル2+」と「レベル3」が占める割合は31%になるが、「レベル4」の機能を搭載した車両はわず...

日本最強ユニコーンPreferred Networks、損失30億円超 第9...

日本を代表するユニコーン企業で、自動運転関連技術の開発も手掛けるAI(人工知能)開発企業の株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:西川徹)。同社の第9期決算公告(2022年2月〜2023...

20〜30代女性、使ってみたいAI機能「自動運転」が2位 最新調査結果

20〜30代の女性に聞いた「使ってみたいAI(人工知能)機能」で、自動運転が2位にランクインした。匿名SNS「GRAVITY」のユーザーに対するアンケート調査の結果だ。調査は、同SNSを提供するHiClub株式会社(本社:東京都港区...

コネクテッドカーの機能一覧(2023年最新版)トヨタ・日産・ホンダなど

コネクテッドカーの普及が徐々に始まり、「つながるクルマ」が市民権を得始めた。通信によって車両の状態を管理したり、地図情報を更新したり、アプリを活用したりするシーンが当たり前になりつつある。 次世代移動通信システム「5G」も実用...

ライドシェア解禁、河野太郎氏にタクシー業界が激怒!「断固阻止」を決議

デジタル大臣を務める河野太郎氏ら有力議員の間でライドシェア導入を模索する動きが活発化し始めている。河野氏率いるデジタル庁では、ライドシェアが正式に議論の俎上に載せられる見込みだ。 ライドシェアに関し、河野氏はどのような青写真を...

ついに登場!自動運転バスの「見守り」の仕事、時給は1,400円

自動運転移動サービスの提供が、一部自治体ですでに始まっている。また、改正道路交通法が2023年4月に施行され、レベル4の走行が解禁されたことにより、さらに実用化に向けて盛り上がりつつある。それに伴い、こうした自動運転移動サービス関連...

GM Cruise、ドバイで自動運転タクシーを「料金3割増」で展開へ

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでも2023年12月から、完全無人の自動運転タクシーサービスがスタートする。アメリカや中国に続く動きで、「自動運転先進国」の仲間入りを果たすことになるのか、注目を集めそうだ。 2023年9月に...

自動運転車向け保険一覧(2023年最新版) 損保各社の開発状況や内容は?

自動運転開発が加速し、公道において利用者を乗せて走行する場面が実証実験・商用サービスを含めて急増する中、新たな保険商品の開発にも世界的な注目が高まってきた印象だ。自動運転向けの保険に関しては、交通事故が起きたときにどのようなサポート...

GMの自動運転車、ひき逃げされた女性を下敷きに 無人走行中に避けきれず

GM傘下の無人タクシー企業Cruise(クルーズ)の自動運転車が2023年10月2日夜、別な車両にひき逃げされた女性をひいて下敷きにする事故を起こした。事故が起きたのは米カリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウン。女性は命に関わ...

自動運転向け保険が続々!解禁された「レベル4バス」に商機

NECファシリティーズ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役執行役員社長:橋谷直樹)と三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長:舩曵真一郎)は、自動運転レベル4のバス運行に関連する保険の共同開発に着手したことを...

AIが「崩しそう」と想像する能力を獲得!倉庫ロボへの応用に期待感

国立研究開発法人「産業技術総合研究所」(産総研)は2023年10月3日までに、「視覚情報から物体間に働く力を想起する能力」をAI(人工知能)が再現することに成功したと発表した。 この技術は、視覚情報のみから「崩しそう」「つぶし...

物流倉庫ロボ開発のRapyuta Robotics、損失大幅増の23億円規模...

物流倉庫ロボットなどを開発するRapyuta Robotics株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役CEO: モーハナラージャー・ガジャン)=ラピュタロボティクス=の第9期決算公告が、官報に掲載されている。 当期純損失は、前...

東芝、自動運転の目「LiDAR」の物体追跡で精度99.9%実現!世界初の快挙...

大手総合電機メーカーの株式会社東芝(本社:東京都港区/代表執行役社長CEO:島田太郎)は2023年10月2日までに、精度99.9%で物体を追跡するLiDAR技術を開発したことを発表した。 さらに、LiDARの取得データのみで精...

無人化の極み!水上タクシーを自動運転化、しかもソーラー充電式

世界初の自動運転水上タクシーが、フィンランドの首都ヘルシンキでサービスを開始する。ボートを開発したのは水上モビリティを開発するフィンランド企業のCallboatsで、自動運転による水上タクシーの商業サービスをヘルシンキ周辺の島間で開...

自動運転「責任の所在明確化を」 日本学術会議が提言

日本学術会議がこのほど、「自動運転の社会実装と次世代モビリティによる社会デザイン」と題した提言を発表した。 同会議はこれまで、2017年に「自動運転のあるべき将来に向けて -学術界から見た現状理解-」、2020年に「自動運転の...

ライドシェア、解禁派は主に「意識高い系」?全体では賛成45%にとどまる

アフターコロナの観光客増加でタクシー需要は回復したものの、ドライバー不足などによるタクシーの供給不足は深刻な問題になっている。そこで「ライドシェアを解禁しては?」という意見もネットなどでは散見されており、最近は政府要人による解禁の意...

トヨタが「知能化加速」宣言!先進部門ウーブンを完全子会社化

トヨタ自動車は2023年10月1日までに、先進技術を研究する同社の国内拠点であるウーブン・バイ・トヨタを完全子会社化することを発表した。「クルマの知能化」などを加速させる狙いがある。 社会システムやクルマへのソフトウェアの実装...

茨城県境町の自動運転バス、経済効果30億円規模に 2020年11月に定常運行...

「茨城県境町における自動運転バス実用化の経済効果は27億9,600万円」――。BOLDLYがこのほど明らかにした数字だ。 衰退する公共交通を自動運転技術でカバーすることに留まらず、サービスを通じていかに地域における経済...

東大発の自動倉庫ベンチャーRENATUS、米国上場に挑戦 「超高効率」に強み...

東京大学発の物流ロボティクスベンチャーであるRENATUS ROBOTICS株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:大澤琢真)=レナトスロボティクス=は2023年9月29日までに、米ナスダック市場への上場に向け、米国での事業展...

日産の自動運転戦略(2023年最新版) プロパイロット2.0の技術力は?

日産自動車は、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を「Pro PILOT(プロパイロット)2.0」として、一部市販車に搭載している。高速道路でのハンズオフ運転を可能にする機能で、2019年9月から搭載がスタートしている。 ...

自動運転と除雪(2023年最新版) 各地で実証実験、実用化は可能?

除雪作業に関して各地方で人手不足などが深刻な問題になっている。こうした課題を解決するため、自動運転技術を取り入れるという試みが全国で行われている。この記事では、各地で実施されている実証実験を紹介しよう。現在どこまで技術的なレベルは向...

インテル、自動運転技術で再び巨額売上確定へ 中国FAWと提携

自動運転技術を開発する米インテル傘下のイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)は2023年9月28日までに、中国の自動車メーカー最大手のFAWグループ(第一汽車集団)と、自動運転における戦略的提携を締結したことを発表した。 ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平がNHKラジオで、ライドシェアについて解説しました...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、NHKラジオにて2023年9月27日放送の「Nらじ」に出演いたしましたので、お知らせいたします。 下山は、同日放送のNらじの午後6時からの...

【2023年9月の自動運転ラボ10大ニュース】自動運転支援道の先行導入地域が...

国内全体が記録的猛暑に見舞われ、なお残暑が続いた9月。自動運転業界も、依然として熱気を帯びた取り組みが続いている。 Armの上場が目玉となったほか、デジタル庁の取り組みにも注目が集まった印象だ。2023年9月の10大ニュースを...

西新宿の自動運転実証、「グーグル級」には届かず?運転手搭乗型のレベル2で実施...

東京の西新宿エリアで、自動運転バスが運行する。運転手搭乗型の「自動運転レベル2」(部分運転自動化)の技術水準で走行する。 アメリカではGoogle傘下のWaymo(ウェイモ)が、すでに完全無人の「自動運転レベル4」(高度運転自...

日産リーフ、イギリスの公道で自動運転走行へ 専用コース試験後に実証

電気自動車(EV)の日産リーフが、イギリス国内の公道で実証的に自動運転走行する見通しとなった。それに先立って今後数カ月間、専用テストトラックで試験が行われる。仮想シミュレーション環境下でのバーチャル自動運転も行い、開発に活かす。 ...

Made in USAの空飛ぶクルマ、その翼の生産に「日の丸企業」の技術

空飛ぶクルマを開発する米Joby Aviationが、生産設備設計製作を日本企業に発注していたことが判明した。 Joby Aviationに採用されたのは、株式会社タマディック(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:森實敏彦)で...

自動運転の掃除ロボに「ビル1棟まるごと」任せてみる!野村不動産が実証に着手

オフィスビル1棟全体で掃除ロボットとエレベーターが連携し、自律自動の清掃業務を行う実証実験がスタートしている。これを行うのは、野村不動産ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:新井聡)とオフィス家具大手の株式会...

Google、自動運転タクシーの「試乗ツアー」!正式展開前に「信用獲得」狙う...

Google系の自動運転開発企業である米Waymoが、完全無人の自動運転車に試乗できるツアーを米カリフォルニア州ロサンゼルスで開始する。 同社はすでにロサンゼルスで自動運転タクシーサービス「Waymo One」の走行テストをス...

空飛ぶクルマ、しかも自動運転!ダブル革命に挑む韓国Supernal

「空飛ぶクルマ」と「自動運転」の2つを掛け合わせた空飛ぶタクシー(エアタクシー)の開発に挑戦している企業がある。韓国の現代(ヒョンデ)自動車グループがアーバンエアモビリティ部門として設立したSupernal(スーパーナル)だ。 ...

ルート最適化AI開発のオプティマインド、損失35%増の4.5億円 第8期決算...

ラストワンマイルのルート最適化サービス「Loogia」を開発する株式会社オプティマインド(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:松下健)の第8期決算公告(2023年5月現在)が、このほど官報に掲載された。 当期純損失は、前期か...

自動運転専用道路・レーン導入の最新動向(2023年最新版)

経済産業大臣が議長を務める「デジタルライフライン全国総合整備実現会議」の中で「自動運転支援道」に関する取り組みが明らかとなり、自動運転向け道路への注目がにわかに高まっている。 自動運転の精度や安全性向上には、路側インフラとの協...

シェアモビリティ大手OpenStreet、売上増も損失11億円超に 自動運転...

OpenStreet株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:工藤智彰)の第7期決算公告(2023年3月現在)が、このほど官報に掲載された。第7期の売上高は、前期比35.3%増の19億4,841万円。当期純損失は、赤字額を前期から...

GM Cruise、車いす対応の自動運転シャトルを発表!2024年にデビ...

米GM(ゼネラルモーターズ)傘下のCruiseが、車いすに対応する自動運転シャトルのコンセプトカーを発表した。2024年までにデビューする予定だという。 この車両は、Cruise、GM、ホンダの3社が共同開発している自動運転モ...

佐川急便、「関東〜関西間」から自動運転トラック導入 有人・無人を切り替え運用...

国の新たな指針となるデジタルライフライン全国総合整備計画の策定が進められている。自動運転やAI(人工知能)をはじめとしたイノベーションを線・面で社会実装し、デジタルとリアルの融合を図っていく取り組みだ。 自動運転関連では、レベ...

自動車メーカーの直採用案件多数!自動運転&MaaS、気になる求人4選【202...

実用化が進む自動運転・MaaS分野。技術者を派遣する企業による求人も活発だが、自動車メーカーによる直接採用案件も多い。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年9月版では、各社が公開している案件から、特に注目したい自...

空飛ぶクルマ開発のSkyDrive、韓国から最大100億円分の注文獲得か

空飛ぶクルマの開発などを手がける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)が、また大型契約を受注したようだ。 同社は韓国の航空機リース会社のSolyu Companyと、空飛ぶクルマの商用機「S...

ミリ波レーダーと自動運転技術(2023年最新版)

自動運転において目の役割を果たすセンサー類。次々と新技術が開発される車載カメラやLiDAR(ライダー)に比べ、「ミリ波レーダー」の話題は意外と少ない印象を受ける。しかし、市場規模は確実に拡大が見込まれており、ミリ波レーダーも有望市場...

トヨタ、完成車の運搬を自動運転化!ロボットがタイヤを挟んで持ち上げて…

トヨタ自動車の工場で2023年9月から、完成車を自動運転で搬送するロボットの運用がスタートした。 工場では、ドライバーが広大な敷地に並んだ車両を歩いて取りに行き、積載場に停めたキャリアカー(※車両を運搬するためのトラックのこと...

近畿大の熱中症対策が凄い!自動搬送ロボで冷たい飲料を配布

自動配送ロボットの開発を手掛ける株式会社Hakobot(本社:宮崎県宮崎市/代表取締役:大山純)はこのほど、屋外走行可能な新型自動配送ロボットを活用した共同研究を、近畿大学と開始した。古殿幸雄教授(経営学部経営学科)のゼミと取り組む...

日産、「モップ」を自動運転化!手放し運転技術を活用

バレーボールの国際大会「FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023」が、2023年9月16日に日本で開幕した。その開幕イベントで、なんと「自動運転モップ」なるものが披露されたという。 これを開発したのは日産自動車で、同...

自動運転支援道、茨城県日立市の一般道で「先行導入」へ

インフラ側から自動運転をサポートする「自動運転支援道」の先行導入地域が、このほど明らかになった。 経済産業大臣が議長を務める「デジタルライフライン全国総合整備実現会議」によると、高速道路においては「新東名高速道路」や「東北自動...

自動運転の「連節バス」、公道デビューへ!ソフトバンクが実験実施

自動運転の「連節バス」などを使う公道での実証実験がスタートする。これを手掛けるのはソフトバンクと西日本旅客鉄道(JR西日本)だ。 両社は自動運転と隊列走行技術を用いたBRTの開発プロジェクトにおいて、滋賀県野洲市の専用テストコ...

エストニア製自動運転EV、日本上陸!神戸市で体験試乗会

神戸市で、一般市民を対象にした「自動運転レベル4」に対応できる小型バスの体験乗車会が行われる。使用される自動運転車両は、エストニア企業のAuve Tech(オーブテック)製「MiCa」だ。MiCaの体験試乗会は日本初のことだという。...

自動配送ロボ、「中速・中型」クラスも法整備へ 経産省が調査開始

自動運転車と小型自動配送ロボットは、社会実装を進めるためすでに日本国内で法整備が行われているが、その中間的な存在である「中速・中型」の自動運転配送ロボットについては、まだ固有の定義も設けられていない。 そうした中、経済産業省が...

「人間には見えない塗料」でバスを自動運転化!栃木県日光市で実証

自動運転車の安全な走行のため、新たなアプローチでルートを指定する仕組みが開発された。 工業製品などの塗料を手掛ける日本ペイント・インダストリアルコーティングス株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:塩谷健)は、栃木県日光...

アサヒ飲料、「動く自動販売機」展開へ ソフトバンクの自動配送ロボを活用

アサヒ飲料とソフトバンクが、東京都内の竹芝で開催されるイベントで「動く自動販売機」のサービス実証を行うと発表した。自律走行ロボットを活用した注目の取り組みだ。 開発プレイヤーをはじめ、サービス化に向け自動配送ロボットの活用を模...

Arm上場後20分間の「爆騰」の正体 自動運転事業の有望性に投資家殺到

ソフトバンクグループ傘下の半導体設計企業である英Arm Holdings(アーム)が2023年9月、米ナスダック市場に上場した。株価は取引開始直後から急騰を見せ、さながら市場全体が自動運転をはじめとしたAI(人工知能)時代を歓迎して...

GMの自動運転タクシー、ハンマーで破壊 容疑者が逃走中

自動運転タクシーが実用化されている米カリフォルニア州サンフランシスコで、ドライバーレスの自動運転タクシーが襲撃されるという事件が起こった。X(旧Twitter)にその様子が投稿され、アメリカ国内で波紋が広がっている。 自動運転...

自動運転移動サービス、驚異の「満足率95.7%」!人口2,600人の街で大活...

95.7%が自動運転サービスに満足したというアンケート結果が出た自治体がある。国土交通省近畿地方整備局が「自動運転レポート」として公開しているもので、その中で和歌山県の太地町(たいじちょう)で実装された自動運転車について報告されてい...

警察官困った!自動運転車が指示を無視 米テキサス州で報告

世界に先駆けて自動運転タクシーの実用化が進む米国。自動運転技術が進化していく反面、交通トラブルもたびたび起こしており、サービス拡大に反対する抗議活動なども行われている。 そんな中、米テキサス州オースティンは2023年9月に自動...

清水建設、無人搬送フォークリフトで新会社!無人荷積みシステムなどと連携

清水建設株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:井上和幸)と他2社は、AGF(無人搬送フォークリフト)関連ソリューションを提供する「リードテック株式会社」を2023年6月に設立し、事業運営を開始したことをこのほど発表した。 ...

自動運転、ヒューマンエラーによる事故パターン(2023年最新版)

国内外で社会実装が進み始めている自動運転技術。交通事故を減らし、また人手不足を補う技術として早期普及に期待が寄せられている。 実用化が始まったばかりの現在においては、自動運転システムは未完であり、まだまだ改良の余地がある。実用...

トヨタの自動運転技術、宇宙で展開へ!GPSが使えない環境に挑む

自動運転車や空飛ぶクルマの開発が国内外で進んでいるが、地球ではなく月面で自動運転を実現しようという取り組みも進んでいる。 トヨタは2019年7月にJAXA(宇宙航空研究開発機構)と共同で、月面での有人探査活動に必要な有人与圧ロ...

JAXA、空飛ぶクルマの「騒音低減」に協力 SkyDriveと共同研究

空飛ぶクルマの開発を手掛ける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2023年9月14日までに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と騒音低減に向けた共同研究に開発に関わる契約を締結したことを発表した...

【報告書分析】東京五輪のトヨタ自動運転車事故「人為的ミスが重なった」

東京オリンピック・パラリンピックの選手村で発生したe-Palette(イー・パレット)の接触事故に関する「自動運転車事故調査報告書」が、このほど公表された。自動運転車事故調査委員会(交通事故総合分析センター)が取りまとめた。 ...

MaaSとMaaSが連携!トヨタ製アプリ採用の実証、愛知でスタートへ

愛知県は、MaaSの社会実装に向けた実証実験を2023年9月15日から開始する。 愛知県では2020年度から、ジブリパーク開園で国内外から多くの観光客が訪れる名古屋東部丘陵地域を中心とする地域を対象に、MaaSの社会実装に向けた取り組...

国交省、「空飛ぶクルマ」などの安全対策に2億円!来年度予算の概算要求

国土交通省はこのほど、来年度の2024年度予算の概算要求の内容を発表した。航空局関係においては、空飛ぶクルマ・ドローンなどに関する予算も計上されている。 「航空イノベーションの推進」という項目で計上されているもので、2024年...

トヨタ系ウーブン、新社長の得意分野は「自動運転」!?10月付で就任

トヨタ子会社として先進モビリティ技術などを開発するウーブン・バイ・トヨタは、役員体制の変更を2023年9月12日までに発表した。これまで代表取締役CEO(最高経営責任者)を務めていたジェームス・カフナー氏が退任し、新たに隈部肇(くま...

アマゾン、自動運転用クラウドで「次の一攫千金」へ Googleとの競争過熱

独自動車メーカーのBMWグループが、自動運転プラットフォーム実現に向けAWSを推奨クラウドプロバイダーに採用した。AWSは、米アマゾン子会社のAmazon Web Services(AWS)が展開するクラウドサービスだ。 コネ...

ソフトバンクGがパトロン!閉鎖されたArgo AI、自動運転トラックで新会社...

2022年10月に事業閉鎖を発表した自動運転開発企業のArgo AI。その創業者らが新しいスタートアップを立ち上げた。自動運転トラックを開発する「Stack AV」だ。 そしてそのStack AVを日本のソフトバンクグループが...

内閣改造、河野&菅氏のダブル入閣で「自動運転&ライドシェア」推進加速か

報道によると、近々岸田文雄首相が内閣改造・党役員人事を行う方針という。次期選挙や2024年の党総裁選に向け、どのような人事で臨むのか注目が集まるところだ。 当サイトとしては、自動運転をはじめとした次世代モビリティを推進する旗振...

自動運転企業の筆頭格!ティアフォー、売上8%増の7.8億円 損失は39億円に...

自動運転OSの開発などを手掛ける株式会社ティアフォー(本社:東京都品川区/代表取締役社長:加藤真平)の最新決算(2021年10月〜2022年9月)が、同社の公式サイトでこのほど公開された。 売上高は前期比8.6%増の7億8,3...

ドローンと自動運転車の「最強タッグ」!連携して農産物輸送へ

ドローンと自動運転車の連携による農産物輸送の実証実験が、2023年9月22日に愛知県幸田町で行われる。 この実証は国土交通省が公募した「無人航空機等を活用したラストワンマイル配送実証事業」に採択されており、愛知県と幸田町、名古...

HIS、空飛ぶクルマの「適正価格」を分析へ 万博後に商品販売

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が、空飛ぶクルマの運航ルートの提案や市場における適正価格の調査と分析に乗り出す。関西での公募事業の一環として、大阪・関西万博後に関西エリアでの空飛ぶクルマ運航事業の推進体制の整備・構築を見据えて...

米アマゾン、日本の自動運転EVベンチャーTuringを支援

自動運転EV(電気自動車)の開発に取り組むTuring株式会社(本社:千葉県柏市/代表取締役:山本一成)=チューリング=が、米Amazonのクラウドサービス「Amazon Web Services」(AWS)の開発支援プログラムに採...

Googleの自動運転車、数字で「安全」を証明!物損事故、手動運転より約8割...

Google傘下の自動運転開発企業である米Waymo(ウェイモ)は2023年9月7日までに、自動運転車と手動運転車の物損事故率について調べた調査結果を公表した。 調査はスイスの再保険大手スイス・リーとともに実施された。Goog...

打倒テスラ狙うTuring、自動運転EV「100台生産」へ5.2億円を追加調...

自動運転EV(電気自動車)の開発に取り組むTuring株式会社(本社:千葉県柏市/代表取締役CEO:山本一成)=チューリング=は2023年9月7日までに、プレシリーズAラウンドとして合計5.2億円の資金調達を実施したことを発表した。...

トヨタ、自動運転車発表は「おあずけ」!ラグジュアリー路線を優先か

トヨタ自動車は2023年9月6日に新型車発表会を行い、ショーファーカー「センチュリー」の新モデルを公開した。これまでセダンタイプのみの設定であったセンチュリーだが、今回発表されたのはSUV(多目的スポーツ車)タイプになる。 期...

デジタル庁、自動運転サービスなどカタログ化!運行管理は年6,000万円が相場...

デジタル庁はこのほど、デジタル実装の優良事例となるサービス・システムをまとめたカタログを発表した。デジタル田園都市国家構想の採択事業のうち、マイナンバーカードを利活用するサービス・システム(マイナンバーカード利用横展開事例創出型採択...

自動生成できる仮想都市で自動運転実証!ゲーム会社ヒストリアが開発

地図から街を自動生成する技術と、物理挙動を伴いながら指定したルートで車両を自動走行させる新技術が開発された。 開発したのは、Unreal Engine専門のソフトウェア開発を手掛けるゲーム会社の株式会社ヒストリア(本社:東京都...

ダイナミックマッププラットフォーム、純損失47億円 自動運転向け地図など作製...

ダイナミックマッププラットフォーム株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長CEO:吉村修一)の第7期(2023年3月現在)決算公告が発表されている。第7期の売上高は13億4,300万円、当期純損失は47億4,000万円であった。...

自動運転×物流に挑む三井物産系「T2」、シリーズAで35億円を資金調達

自動運転技術を活用した次世代物流システムの構築を進める株式会社T2(本社:千葉県市川市/代表取締役CEO:下村正樹)は2023年9月5日までに、シリーズAラウンドで総額35億円の資金調達を実施したことを発表した。 引受先は、宇...

テスラの完全自動運転ソフト、「名前負け」で突然20%値下げ?

米EV(電気自動車)大手テスラは2023年9月5日までに、「完全自動運転ソフト」として展開しているFSD(Full Self-Driving)のアメリカにおける販売価格を、1万5,000ドル(約220万円)から1万2,000ドル(約...

自動運転配送ロボ、不安要素は「商品の損傷」が1位

自動配送ロボットの利用で最も不安なのは「商品の破損」──。こうしたことが最新調査により判明した。 この調査を行ったのは、市場調査会社の株式会社アスマーク(本社:東京都渋谷区/代表取締役:町田正一)。全国の20~60代男女800...

中国の大学生は「怠け者」?自動配送ロボに荷物を運ばせる

中国の大学生が自動運転配送ロボットに荷物を運んでもらっており、話題になっている。中国メディアが報じている。 航空機開発や宇宙開発分野において中国をリードする南京航空航天大学(NUAA)で2023年8月末にスタートした取り組みで...

トヨタ、自動運転車をあす発表か!レベル3搭載でホンダに対抗?

トヨタ自動車が2023年9月6日に実施する新車発表会。どんな車両が発表されるのかはベールに包まれているが、自動運転車の市販車の発売開始が発表される可能性もある。 もしそうだとすれば、自動運転レベル3の機能を搭載した新型「レジェ...

半導体大手Armの自動運転戦略(2023年最新版)

米ナスダック市場への上場申請が明らかとなった半導体設計企業の英Arm(アーム)。ソフトバンクグループ傘下となった2016年以来、7年ぶりの上場となる。 IoT分野を席捲する同社だが、今後は自動運転をはじめとした新領域での躍進に...

中国で300万円の自動運転EV!トヨタ・プリウスより低価格に

中国のEV(電気自動車)ベンチャーであるXPeng Motors(小鵬汽車:シャオペン)が、新たな自動運転EVを発売する計画を立てている。 同社は2024年に新しいEVブランドを立ち上げるため、中国のライドシェア最大手であるD...

10兆円企業のArm、自動運転業界の「影の覇者」へ!孫正義氏の救世主になるか...

ソフトバンクグループ傘下の半導体設計企業・英Arm(アーム・ホールディングス)が米ナスダック市場に上場申請した。早ければ9月中にも再上場を果たす。孫正義会長肝いりの戦略だ。上場時の時価総額は、最大でおよそ700億ドル(約10兆円)に...

自動運転警備ロボのSEQSENSE、赤字増え4億円超 明治大学発ベンチャー

明治大学発ロボティクスベンチャーSEQSENSE株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役:中村壮一郎)の第6期決算公告(2022年9月現在)が、このほど官報に掲載された。 当期純損失は、前期の3億7,659万円から赤字額を17...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、「北九州自動運転推進ネットワーク総会・講演会」...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2023年9月4日(月)14:00〜17:00に開催される「北九州自動運転推進ネットワーク総会・講演会」にて講師として登壇いたしますので、お知ら...

船の自動運転に挑む!Groke Technologies日本支社、利益30万...

フィンランドのGroke Technologies(グローク・テクノロジーズ)の日本支社(Japan Branch)の2022年12月期決算公告が、このほど官報に掲載された。2022年12月期の当期純利益は、30万円であった。 ...

無人ドローンの航行、NEC発の「自動交渉AI」で安全かつ効率的に

「自動交渉AI」を活用した無人航空機運行管理システムを開発するIntent Exchange株式会社(本社:東京都目黒区/代表取締役:中台慎二)は2023年8月31日までに、新株予約権による資金調達を実施したことを発表した。 ...

インテルの自動運転技術、Polestarの高級EVに搭載へ!新規顧客を獲得

米インテルが自動運転技術の売り先を増やしている。インテル傘下のイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)は2023年8月31日までに、スウェーデンの高級EVメーカーのPolestar(ポールスター)に、自動運転システムを提供する...

自動運転、河野大臣が「24時間自由化」示唆 米国に先越され危機感

デジタル大臣を務める河野太郎氏がテレビ番組に出演し、ライドシェアや自動運転の導入に意欲を見せた。次世代モビリティの在り方について議論を進めるデジタル庁の旗振り役の発言として、大きな注目を集めている。 河野氏の発言をなぞりながら...

国内初の「量産型」自動運転EVバス、長野県塩尻市で走行試験

国内初の「量産型」の自動運転EVバスが、長野県塩尻市で走行試験に挑む。開発したのは、自動運転OS(基本ソフト)を開発するベンチャーのティアフォーだ。走行試験を経て、自動運転移動サービスを2025年度に本格導入することを目指す。 ■...

中国初!空港と都市を結ぶ「無人自動運転シャトル」実用化

中国の空港でドライバーレスの自動運転シャトルサービスが始まっている。IT大手のBaidu(百度)が、湖北省武漢市の武漢天河国際空港で展開している。中国で初の空港と都市の間を結ぶ無人移動サービスだ。 ■2023年9月までに一...

建機の自動運転化に挑戦!東大発DeepX、赤字拡大4.1億円超に

建機などの自動化に取り組む株式会社DeepX(本社:東京都文京区/代表取締役:那須野薫、冨山翔司)の第7期決算公告(2023年3月現在)が、このほど官報に掲載された。 当期純損失は、前期比9.3%増の4億1,531万円であった...

倉庫で「ダブル自動運転」!日野子会社NLJ、赤字増え5億円超

日野自動車子会社のNEXT Logistics Japan株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:梅村幸生)=NLJ=の第5期決算公告(2023年3月現在)が、官報に掲載されている。 当期純損失は、前期の4億4,700万円か...

GM、上海で「自動運転レベル4」のテスト許可取得!Momentaと技術開発

米自動車大手GM(ゼネラルモーターズ)は、同社のレベル4の自動運転車が中国・上海で路上テストを行うための許可を取得したことを2023年8月24日に発表した。 これにより、GMは初めて中国の公道で自動運転車を走行させることができ...

自動運転、国交省が「トロッコ問題」の解決などに予算2.4億円計上

国土交通省が2024年度の予算概算要求で、自動運転の「トロッコ問題」の解決に向け、予算を割いていることがこのほど判明した。 トロッコ問題とは「本来亡くなるはずの5人を救うために、別な1人を犠牲にするのは許されるのか」といった倫...

自動運転AIに新たな懸念:「暗い肌の色」だと検出精度7.5%低下

自動運転車で用いられるソフトウェアが歩行者を検知する際、肌の色により検知精度に開きが出るという研究結果が、このほど発表された。 英国のキングス・カレッジ・ロンドンと中国の北京大学の研究者が発表した論文によると、「light-s...

どうせ無くなるライドシェア、菅氏の「解禁論」は遅すぎた?

オーナーカーを活用したライドシェア解禁に向けた動きが再燃しそうだ。菅義偉前首相が地方講演の中でライドシェア解禁に向けた議論の必要性に言及した。 過去、国会を含めさまざまな場面で議論が繰り広げられながらも、業界団体の反発や安全性...

自動運転レベル1〜2、ADAS機能の搭載ランキング!1位は?

自動車へのADAS(先進運転支援システム)の搭載が加速している。自動車メーカー各社が発表する新型車には、こういった機能をアピールしている車種も多い。 ADAS機能については、最近はほとんどの人が知っているかと思うが、では具体的...

EV向け「ワイヤレス充電」、自動運転社会見据え日本で展開か

現在のEV(電気自動車)の充電方式は、充電ケーブルをコンセントとクルマのそれぞれに接続して行うという方法が一般的だが、このプロセスを自動化する取り組みが始まった。 エネルギーテック企業であるENECHANGE(エネチェンジ)株...

【2023年8月の自動運転ラボ10大ニュース】トヨタが中国で自動運転車量産へ...

全国的な猛暑が続く2023年8月、自動運転業界も変わらず熱いニュースが飛び交った。米国や中国、そしてエストニア企業の活躍が目立つ内容だ。一方、自動運転実装に影を落とすような事案も散見される。過渡期特有の事案とも言えるが、その内容は―...

試験スタッフの募集も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2023年8月】...

実用化に向け、具体性を帯びてきた自動運転やMaaS開発。参入各社の中には自動運転車両の点検・実証に重きをおき、試験スタッフの募集に乗り出しているケースも出てきた。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年8月版では、...

自動運転EVバス、観光名所から市街地へも展開拡大!岩手県陸前高田市

岩手県陸前高田市で2023年9月に、高田松原津波復興祈念公園とその周辺市街地において自動運転走行実証実験が行われる。陸前高田市の委託を受け、測量大手のアイサンテクノロジー、自動運転OSの開発などを手掛けるティアフォー、損害保険ジャパ...

エアモビリティ社、純損失1.6億円計上 空飛ぶ車向けインフラ事業を展開

空飛ぶクルマ関連のインフラプラットフォームの開発などを手掛けるエアモビリティ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社⻑:浅井尚)の第4期決算公告(2022年9月時点)が、このほど官報に掲載された。当期純損失は1億6,326万円であ...

フォークリフト&搬送ロボが「ダブル自動運転」!荷下ろし自動化を実現

日野自動車子会社のNEXT Logistics Japan株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:梅村 幸生)=NLJ=はこのほど、自動運転フォークリフトと自律走行搬送ロボットの連携による荷役作業の自動化を2023年7月から開始し...

自動運転・無人配送とクイックコマース(2023年最新版)

堅調に右肩上がりの成長を続けるEC市場。中でも近年注目を集めているのが即時配達を行う「クイックコマース」だ。 注文を受け次第直ちに配達を行うクイックコマースは、ラストマイルを担う労働力不足や送料などの課題を抱えるものの、それ故...

自動運転から手動運転への切替、「目を閉じ休憩中」が最も遅い

オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)がこのほど公開した「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)に関する調査によれば、自動運転レベル3で走行中のドライバーの行為として「目を閉じて休憩すること」が、比較対象の中も危険...

ニデックモビリティ絶好調!純利益3.7倍の95億円超 自動運転にも注力

ニデックモビリティ株式会社(本社:愛知県小牧市/代表取締役社長執行役員:和田克弘)の第13期決算公告(2023年3月時点)が、官報に掲載されている。 当期純利益は前期比265%増の95億4,700万円で、3期連続の黒字となった...

警察、クルマの「自動運転化」に賛成!

自動車での走行を取り締まる立場にいる警察。自動運転車が増えれば徴収する反則金は減るが、警察はクルマの自動運転化に前向きな姿勢を示しているのだろうか。それとも警察自体は自動運転化に反対なのだろうか。 結論を書くと、警察は自動運転...

GMの自動運転タクシー、消防車と衝突!その代償は「車両数半減」

カリフォルニア州車両管理局(DMV)は2023年8月22日までに、米GM傘下のCruiseに対し、ドライバーレスの自動運転タクシーを半減するよう要請した。米メディアが報じた。 前日にCruiseの自動運転タクシーが、サンフランシスコの...

人と働く自動運転ロボ、その行動をAIで「最適化」!凸版印刷らが研究開始

印刷大手の凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:麿秀晴)は、人と協働するロボットの行動を最適化するAI(人工知能)の開発をスタートさせる。東京農工大学との共同研究になる。このほど発表した。 この共同研究を通じ、...

自動運転、アジアの最新事情(2023年最新版)

世界各地で実用化に向けた取り組みが進む自動運転技術。アジアでは、中国を筆頭に開発が加速し、技術水準は先行する米国に肩を並べる域に達している。 この記事では、日本を含むアジア各国の取り組み状況について解説していく。 ...

「中国のGoogle」が新自動運転ブランド!独自充電網も開発か

中国のIT大手である百度(バイドゥ)は、中国最大の検索サービスや地図サービスを展開していることから、「中国のGoogle」とも呼ばれている。 そんな百度と中国自動車大手のGeely(浙江吉利控股集団)は2023年8月21日まで...

自動運転「日本初レベル4」のZENコネクト、第6期は赤字転落

自動運転移動サービスなどを手掛ける、まちづくり株式会社ZENコネクト(本社:福井県吉田郡永平寺町/代表取締役:山田秀幸)の第6期決算公告(2023年3月31日現在)が、官報に掲載された。 今期はわずかに赤字に転落し、当期純損失...

自律走行ロボットの種類は?(2023年最新版)

開発と実用化に向けた取り組みが大きく加速する自動配送ロボット。すでに倉庫内などで実用化が進む自動搬送ロボットをはじめ、歩道を走行するモデルや車道走行モデルなど、さまざまな種類が登場している。 この記事では2023年時点の情報を...

トヨタシティ、選ばれし「初期住民360人」になるための攻略法

トヨタが静岡県裾野市の工場跡で建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。未来のモビリティと都市、生活の在り方を模索すべく、さまざまな先進的取り組みが行われる予定だ。 どのような実証が行われるか注目が集まると...

GM系の自動運転タクシー、舗装途中のアスファルトに埋まる

米GM傘下のCruise(クルーズ)の自動運転車が、またトラブルを起こしたようだ。同社の自動運転タクシー(ロボタクシー)の1台が、米カリフォルニア州サンフランシスコの公道で、舗装工事中の乾いていないアスファルトにはまってしまったという。米メ...

運転手の異変察知で「半自動運転」に切り替え!事故防止の切り札に?

ドライバーの体調急変を察知したら「半自動運転」に切り替わり、システムが自動で車両を路肩に安全に停車させる──。こうした新たな事故防止システムの開発が始まる。 MEDIROM MOTHER Labs(マザーラボ)とHW ELEC...

自動運転技術の軍事・防衛・戦争利用(2023年最新版)

世界では絶えず紛争が起こり、国内では防衛費の増額が賛否の的となっている。こうした紛争や軍事・防衛と密接に関連するのが科学技術だ。火薬や爆薬、製鉄、造船、航空、核など、各時代の最新技術は軍事に転用され、また軍事をきっかけに発展していく...

SIP自動運転を引き継ぐV-Drive、第1期決算は1.2億円の赤字

自動運転シミュレーションプラットフォームを手掛けるV-Drive Technologies株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:宮地寿昌)の第1期決算公告(2023年3月時点)が、このほど官報に掲載された。当期純損失は1億2...

タクシー配車事業のDiDi日本法人、売上倍増20億円超!今期で黒字達成か

タクシー配車アプリ事業を手掛けるDiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:和久山大輔)の第6期決算(2022年4月〜2023年3月)が、このほど官報に掲載された。 売上高は前期比203%増の20億1,1...

SoftBank子会社、自動運転バスの累計乗車「10万人突破」目前

ソフトバンク子会社として自動運転サービスの開発・提供を手掛けるBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治友基)=ボードリー=は、自動運転バスの社会実装のため、実運行サービスのほか実証実験などに多数参画している。 ...

レクサスと自動運転(2023年最新版)

トヨタは高級車ブランド「レクサス」において高度な運転支援機能を展開している。「Lexus Safety System +」には、プリクラッシュセーフティや緊急時操舵支援といったさまざまな機能が含まれ、将来的にレクサスに自動運転機能を...

Googleの自動運転タクシー、「24時間営業」解禁でマネタイズに道筋

米カリフォルニア州サンフランシスコで、ついにドライバー不在の無人自動運転タクシーの終日商用運行が始まる見通しとなった。カリフォルニア公共事業委員会(CPUC)がGoogle系WaymoとGM Cruiseの2社に対し新たな権限を付与...

イギリスで「空飛ぶクルマ」が墜落!丸紅の提携先、無人飛行中に

「空飛ぶタクシー」の開発を進めている英国企業Vertical Aerospace(バーティカル・エアロスペース)の試作機が墜落していたことが、2023年8月16日までに明らかになった。 Vertical Aerospaceの5...

フロリダで自動運転バス実用化!州が1.7億円投入、中国ばりの「太っ腹」

米フロリダ州郊外のアルタモンテ・スプリングス市でこのほど、自動運転シャトルサービスが開始された。運営は、フロリダ州と自動運転ソリューション開発を手掛ける米Beep(ビープ)が共同で行う。 毎日運行され、利用者は4つの停留所で乗...

上場した落合陽一氏のピクシーダスト、車イス自動運転化でも注目!

筑波大学准教授でメディアアーティストの落合陽一氏が代表取締役を務めるピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区)が、2023年8月1日に米ナスダック市場に上場した。 同社は音や光を活用したインタフェース技術を用...

テキサス州で「郵便」が自動運転化!食料品デリバリーも実現へ

自動運転モビリティを開発しているエストニア企業Clevon(クレボン)は、配送サービスなどを手掛ける米PostNet Northlakeと共同で、商用での自動運転ロボットによる郵便物の配送を米テキサス州ノースレイクで開始する。 ...

ソフトバンクビジョンファンドとは?(2023年最新版)

投資会社としての色を年々濃いものへと変えていくソフトバンクグループ。その投資事業をけん引するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)に対する注目度は高い。 2022年の世界的な株安によってSVFは大ダメージを被ったが、202...

セブンイレブンの自動運転ロボ、L.A.で襲撃される

TikTokである動画がバズっている。セブンイレブンのロゴとカラーがペイントされた自動運転配送ロボットが米ロサンゼルスで襲われ、中に入っていた食料品と思われるものが奪われる動画だ。大容量のサイレンが鳴り、食料品を奪った男は逃げていく...

Uberが大株主!自動配送ロボ開発の米Serve社、SPAC上場を発表

自動配送ロボットを開発する米Serve Robotics(サーブ・ロボティクス)は2023年8月14日までに、アメリカ市場におけるSPAC(特別買収目的会社)上場についての発表を行った。 SPAC企業との合併はすでに今月終えて...

アビダビ、観光島で自動運転タクシー&バスを「ダブル」導入

アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビの2つの島における自動運転タクシー(ロボタクシー)と自動運転バスの導入について、自治体交通局「Department of Municipality and Transport(DMT)」が20...

自動運転と大学(2023年最新版)

最先端技術の研究開発に優秀な人材は欠かせない。自動運転開発もしかりで、世界屈指の技術を有するエンジニアが次々と企業を背負って台頭している。 こうした人材の宝庫であり、育成の場が大学だ。近年はAI(人工知能)需要を背景に自動運転...

ホリエモン参画のHakobot、新型の自動配送ロボ!2026年バイアウトへ前...

自動配送ロボットの開発を進める国内スタートアップの株式会社Hakobot(本社:宮崎県宮崎市/代表取締役:大山純)が、新型モデルの開発を進めていることが判明した。創業から5年が経過し、機体開発とともに事業化に向けた取り組みも進展して...

有望事業なぜ手放す!?NIDEC子会社、自動配送ロボ事業を譲渡

自動車部品メーカーの武蔵精密工業株式会社(本社:愛知県豊橋市/代表取締役社長:大塚浩史)は2023年8月13日までに、ニデックドライブテクノロジー株式会社(本社:京都府向日市/代表取締役社長執行役員:島野光次)と、無人搬送台車の製造...

空飛ぶクルマ、ホバリング成功で「売上70億円」が現実に!?

空飛ぶクルマを開発する米ASKA(アスカ)は、公道走行が可能な4人乗りeVTOL(電動垂直離着陸機)「ASKA A5」のフルスケール機の飛行テストを開始し、安定した空中停止飛行(ホバリング)にも成功したことを、このほど発表した。 ...

自動運転求人、大幅増!前月比52.8%の3万6,047件 2023年7月調査...

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2023年7月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

JAXA参画!後のせ自動運転レベル4で「市場最安値」に挑戦

東海クラリオンなどが開発を進める後のせ自動運転システム「YADOCAR-i(ヤドカリ)ドライブ」の取り組みに、国立研究開発法人「宇宙航空研究開発機構」(JAXA)が加わった。JAXAの高精度な測位補強信号を活用することで、測位の精度...

Uberのライバルが宣言!2023年後半にデリバリー自動運転化 北欧エストニ...

フードデリバリーや配車アプリなどを手掛けるエストニア企業Bolt(ボルト)がこのほど、自動運転配送ロボットを活用したデリバリーサービスを2023年後半から開始することを宣言した。 Boltは、同じくエストニア発の自動運転配送ロ...

自動運転EVバスに挑戦中のEVモーターズ、純損失2.9億円計上 第4期決算

商用EV(電気自動車)の製造・販売などを手掛ける株式会社EVモーターズ・ジャパン(本社:福岡県北九州市/代表取締役社長:佐藤裕之)の第4期(2022年4〜12月)決算が、官報に掲載されている。 決算期間9カ月間での売上高は7,...

自動ブレーキ、搭載率は「3人に1人以上」に 普及進むADAS

自動運転レベル1〜2に相当する「ADAS」(先進運転支援システム)の搭載が進むが、実際にはADASの各機能の普及率はどれほどなのだろうか。こうした視点で興味深い実態調査の結果がこのほど発表された。 調査はソニー損害保険株式会社...

自動運転のレーダー技術、「高齢者の見守り」で貢献

ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:小嶋智彰)と米Tellus You Careは2023年8月10日までに、家族の健康を見守る非接触デバイス「POM(ポム)」の国内販売において協業することを発表した。 ...

トヨタ、中国で自動運転タクシーを本格量産へ Pony.aiと合弁設立

自動運転開発スタートアップの中国Pony.aiは2023年8月4日、トヨタの中国統括企業と広汽トヨタとともに合弁を設立すると発表した。新会社がトヨタブランドのBEVをPony.aiに提供し、自動運転タクシーを量産化していく方針だ。 ...

出前館、ついにデリバリーの最終工程を「自動運転」化!配送ロボを活用

日本最大級のデリバリーサービス「出前館」は2023年8月9日までに、三井不動産が管理する東京ミッドタウン八重洲で、配送ロボットによるデリバリーサービスに参画することを発表した。8月1日からの配送開始により、国内外から大きな注目を集め...

船の自動運転化で海外進出も!エイトノット、累計調達2.9億円に

水上モビリティの自動運転技術開発を手掛けるスタートアップである株式会社エイトノット(本社:大阪府堺市/代表取締役:木村裕人)はこのほど、2023年7月に第三者割当増資によるプレシリーズAファーストクローズを完了し、総額1.1億円の資...

自動運転車の市場調査・レポート一覧(2023年最新版)

2010年代からADAS(先進運転支援システム)の普及が本格化し、2020年代に入るとレベル3以上の自動運転市場の形成も始まった。ADAS、自動運転システムとも引き続き右肩上がりの成長を遂げていくことが予想されている。 この記...

NTT西日本、自動運転の社会実装を「全力支援」!自治体対象に

NTT西日本、NTTビジネスソリューションズ、マクニカは2023年8月8日までに、次世代地域交通システムの社会実装実現を目指し、提携することを発表した。 物流分野における「2024年問題」で懸念されるドライバー不足による路線バ...

高さわずか18cmの自動配送ロボ!手動搬送機材の下へ楽々

ロボット開発や画像認識技術などを手掛ける株式会社GEクリエイティブ(本社:愛知県名古屋市/代表取締役:畠山丈洋)はこのほど、自動運転搬送ロボット「超低床AMR-180(仮)」の開発情報を公式ウェブサイトで公開した。 このロボッ...

ソフトバンクGの命運握るArm、まさかの売上減!なのに株式価値は3.7兆円に...

ソフトバンクグループ(SBG)は2023年8月8日午後、2024年3月期第1四半期(2023年4〜6月)の決算説明会を行った。決算説明会は後藤芳光CFO(最高財務責任者)が担当した。 ソフトバンクビジョンファンド(SVF)が株...

自動運転タクシーのサービス拡大阻止へ、運転手組合がデモ行動 米カリフォルニア...

米カリフォルニア州サンフランシスコで、自動運転タクシーサービスの拡大に反対するデモが始まっている。 米メディアが報じているもので、このデモはサンフランシスコのタクシー労働者組合とその支援者らによって行われており、カリフォルニア...

米軍、約200億円で空飛ぶクルマを6機導入へ 軍事利用も視野に

空飛ぶクルマの開発を手掛ける米Archer Aviation(アーチャー・アビエーション)は2023年8月7日までに、米空軍と総額1億4,200万ドル(約200億円)の新規契約を締結し、米国防総省とのパートナーシップを大幅に拡大した...

自動運転ラボ主宰の下山哲平のインタビュー記事が、「くるまも」に掲載されました...

三井住友海上が運営するクルマ関連メディア「くるまも」に、自動運転ラボを主宰する株式会社ストロボの下山哲平へのインタビュー記事が掲載されましたので、お知らせいたします。 ▼完全自動運転になったらタクシーは無料で、免許証はなくなる...

自動運転車は「動くリビング」!車内清掃がビッグビジネスに

自動運転時代の新たなサービスを見越した求人が増加傾向にあるようだ。車の清掃スタッフを募集するある企業は、「自動運転が発達すると自動車は『移動するリビング』になる」と将来的なニーズをアピールし、求人増につなげている。 自動車の価...

自動運転船に挑戦中のエイトノット、純損失82%増の9,600万円

船の自動運転技術開発を手掛けるスタートアップである株式会社エイトノット(本社:大阪府堺市/代表取締役:木村裕人)の第2期(2023年2月28日現在)決算公告が、このほど官報に掲載された。 当期純損失は、前期の5,253万円から...

トヨタ「営業利益1兆円」の行き場は!?自動運転&Woven Cityに投資か...

トヨタが2024年3月期第1四半期(2023年4~6月)決算を発表した。営業利益は四半期ベースで初の1兆円超を記録するなど、業績は好調に推移しているようだ。 予断を許さないものの、四半期だけで1兆円超の利益を生み出したトヨタ。...

自動運転OS開発のティアフォー、世界的ユニコーンの一員に

自動運転OS(基本ソフト)の開発などを手掛ける株式会社ティアフォー(本社:東京都品川区/代表取締役社長:加藤真平)は、世界経済フォーラムの「Unicorn Community(ユニコーン・コミュニティ)」の活動に2023年8月から参...

河野大臣、自動運転化の遅れに「忸怩たる思い」 海外視察後に発言

河野太郎デジタル大臣がこのほど、日本の自動運転技術について、規制の問題をクリアにできないため開発が遅れていることについて、「忸怩たる思い」と語った。ニッポン放送のラジオ番組においての発言だ。 北欧のエストニアでケンタッキーフラ...

自動運転と駐車(2023年最新版)

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。 ODD(運行設計領域)設定が複雑で、エリアや条件によっては手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが...

Uberの自動運転車、「ながらスマホ」での死亡事故で有罪判決

米ライドシェア大手のUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)の自動運転車が2018年3月に米アリゾナ州で起こした死亡事故。この事故において、監視・補助を担当するテストドライバーに対する判決が、2023年8月3日...

第二青函トンネル、「自動運転専用道」が実現か

1988年に開業した青函トンネル。現在、「第二青函トンネル」の実現を目指すための新たなプロジェクトが動き出している。 2023年7月に「第二青函トンネル構想実現推進会議」が設立され、北海道側の福島町と青森県側の今別町の担当者が...

トヨタ、中国で自動運転開発に本腰!拠点集約で「知能化」推進

トヨタ自動車は2023年8月3日までに、中国市場での競争力強化に向けて5つの施策を実施し、「知能化」「電動化」の現地開発をさらに強化することを発表した。 それぞれの施策については後述するが、「知能化」については、より中国の実情...

タクシー業界のボス、日本交通の川鍋会長「自動運転は30年かかる」

タクシー大手・日本交通の川鍋一朗会長が「世田谷区の細い道を全部自動運転するには30年はかかる」との考えを示していたことが、このほど判明した。自社運営のYouTubeチャンネル「日本交通 人事担当」に川鍋会長が登場し、視聴者からの質問に回答す...

自動運転で無人配送、ケンタッキー(KFC)が北欧エストニアで実現

ファストフード世界大手のケンタッキーフライドチキン(KFC)がこのほど、北欧のエストニアで自動運転デリバリーサービスを実現させた。 エストニアのKFCと、同国で自動運転モビリティ開発を手掛けるClevon(クレボン)、フードデ...

DeNA SOMPO Carlife、4.4億円の赤字決算 クルマ定額サービ...

モビリティサービス事業を手掛ける株式会社DeNA SOMPO Carlife(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:水沼義尚)の第5期(2023年3月31日現在)決算公告が、このほど官報に掲載された。 当期純損失は、前期から赤字...

SkyDrive、空飛ぶクルマを大量輸出へ!ベトナムで続々とプレオーダー獲得...

空飛ぶクルマの開発を手がける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は、2022年11月にベトナムのディベロッパーであるPacific Groupと覚書を締結し、最大100機のプレオーダーの合意を獲...

MaaS関連の株式銘柄・投資信託(2023年最新版)

コネクテッド・IoT技術や自動運転技術の進展を背景に、MaaS(Mobility as a Service)に代表されるモビリティサービスが進化し続けている。関連事業を手掛ける企業の躍進が今後期待されており、投資ポートフォリオの一部...

自動運転関連求人の多様化顕著!6サイト計2万3,598件 2023年6月調査...

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2023年6月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

Waymo、自動運転化の対象から「トラック」除外!ロボタクシーの開発優先

Google系の自動運転開発企業である米Waymoは2023年7月31日までに、今まで進めてきた自動運転トラックの開発を一時停止し、自動運転タクシー(ロボタクシー)による配車サービス事業に注力することを発表した。 ▼Doubl...

NEXCO中日本、高速道の除雪を自動運転化へ

NEXCO中日本とNECは2023年7月31日までに、除雪車の「梯団(ていだん)走行」の自動運転化に向けた技術開発に共同で着手したことを発表した。2024年度内を目標に、自動運転技術や車間距離の保持技術の完成を目指し、試験走行や検証...

BMW、自動運転テスト施設に470億円投資!チェコ・ソコロフで完成

ドイツのBMWグループは2023年7月31日までに、ドイツ国境に近めのチェコのソコロフ(Sokolov)にて、自動運転技術がテスト可能な新施設「フィーチャ・モビリティ開発センター」(FMDC)を開設したことを発表した。 同施設...

快挙!日本発の「自動バレー駐車システム」、国際標準に

経済産業省は2023年7月27日、日本とドイツが共同開発した「自動バレー駐車システム」の国際標準が発行されたと発表した。駐車場内において自動運転レベル4相当の無人走行・無人移動を可能にする技術に係る要件だ。 明確に規格化された...

トヨタの自動運転シャトル、まずは「運転席があるタイプ」から

トヨタが開発中の自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」。このe-Paletteについて、まずは「運転席があるタイプ」から2020年代前半に実社会でのサービス提供をスタートする計画であることが明らかになった。 同社のオ...

自動運転に「切れない5G接続」を提供!複数回線を同時使用

自動運転技術は、通信回線の接続切れを想定して開発されるべきであるものの、一方、走行中にできる限り通信回線が遮断されないことに越したことはない。こうした視点で注目のプレスリリースがあったので、取り上げておきたい。 台湾のネットワ...

トヨタ、月面で「オフロード自動運転」実現へ

トヨタの宇宙事業が着実に進展しているようだ。トヨタと三菱重工業、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2023年7月、共同開発を進めている月面有人探査モビリティ「ルナ・クルーザー」などの進捗状況について発表した。 目標に据える20...

完全自動運転の1人乗りタクシー、広島のベンチャーが展開へ

2022年7月設立のベンチャー企業であるKGモーターズ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:楠一成)はこのほど、開発中の1人乗り超小型EV(電気自動車)を将来的に完全自動運転化し、ミニマムモビリティロボタクシーとして展開...

自動運転関連の投資信託・ETF一覧(2023年最新版)

VCなどが多額の資金を投じ始めている自動運転業界。次々と頭角を現すスタートアップやベンチャー企業への先行投資をはじめ、自動運転技術に関連した製品開発などを手掛ける上場企業にも投資の目は向けられており、近年は個人投資家向けに自動運転銘...

翼を畳めば公道も走行!米ASKAの空飛ぶクルマ、型式証明を申請

空飛ぶクルマを開発する米ASKAは2023年7月27日までに、公道走行が可能な4人乗りeVTOL(電動垂直離着陸機)「ASKA A5」が、米連邦航空局(FAA)の「型式証明」の手続きを正式に開始したことを発表した。 型式証明手...

地味に重要!異なる自動運転ロボが「エレベータ相乗り」 清水建設が技術確立

清水建設株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:井上和幸)は2023年7月27日までに、自動運転サービスロボットのエレベータ同乗技術を確立し、自社運営のオフィスビル「メブクス豊洲」に実装したことを発表した。 これは、施設...

Amazonの「車輪のついた自動運転ラウンジ」、ラスベガスデビューへ

米Amazon傘下の自動運転開発企業Zoox(ズークス)は、ネバダ州で「セーフティドライバー無し」での自動運転タクシーの公道テストの許可をこのほど取得した。ラスベガスでテストを開始する。 同社の担当者が米メディアに語ったところ...

【2023年7月の自動運転ラボ10大ニュース】Uberの配車プラットフォーム...

2023年も下半期に突入した。海外では、プラットフォーマーのUberや遠隔運転技術を武器にしたカーシェア事業などに動きがあり、次世代モビリティ導入に向けた新たな展開が始まったようだ。 その一方、自動運転を嫌う勢力の活動も改めて...

丸紅オートモーティブ、純利益50%増をさらに上回る好決算も!?

自動運転ビジネスでも注目されているMobileye(モービルアイ)。昨今の事業拡大には目を見張るものがあり、その輸入販売代理店でもある丸紅オートモーティブの動きにも関心が集まっている。 その丸紅オートモーティブは例年8月に決算...

パナソニックオートモーティブ、赤字100億円超&債務超過に 第3期決算

パナソニックグループの車載事業を担当するパナソニックオートモーティブシステムズ株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長執行役員:永易正吏)の第3期(2023年3月31日現在)決算公告が、このほど官報に掲載された。 第3期...

百貨店の裏側で「自動運転ロボ」がメール便を無人配送していた!

大阪の百貨店「阪急うめだ本店」のバックヤードで、自動運転配送ロボットを用いたメール便配送の実証実験が行われていたことが発表された。 実証は、株式会社ワールドサプライ(本社:東京都江東区/代表取締役社長:坂上公彦)と株式会社QB...

テスラの自動運転タクシー事業、潜在価値は100兆円超!カナダ投資銀が試算

米EV(電気自動車)大手テスラの自動運転タクシー事業の市場価値が、将来的に8,700億ドル(約123兆円)になるという予測が発表された。カナダの投資銀行「RBCキャピタル・マーケッツ」が試算したものだ。 発表によれば、自動運転...

別タイプの自動運転ロボ、最大100台を「群制御」!オムロンの先見性

自動運転ロボット開発が進む中、最近ではロボット開発そのものとともに、導入後の実運用における活用の効率性を高める視点も求められ始めている。 例えば、オムロン株式会社(本社:京都府京都市/代表取締役社長CEO:辻永順太)が開発した...

自動運転宅配の前哨戦!イオンの新ECスーパー、真の「勝負どころ」は?

イオンネクストは2023年7月、最先端AI(人工知能)やロボティクスをはじめとしたデジタル技術を活用したオンラインマーケット事業「Green Beans(グリーンビーンズ)」を本格稼働させた。イオングループが次世代ネットスーパー事業...

トヨタの自動運転シャトル、「初の定期運行」は新アリーナ濃厚か

トヨタ自動車はこのほど、多目的次世代アリーナ「TOKYO A-ARENA(仮称)」の起工式を2023年7月19日に執り行ったことを発表した。 TOKYO A-ARENAは、トヨタ自動車、トヨタ不動産、トヨタアルバルク東京の3社...

自動運転&MaaS、専門職の募集多数!気になる求人4選【2023年7月】

求人募集の職種のバリエーションが増えている自動運転市場とMaaS業界。その中でも、参入各社は研究・開発を支える人材の確保に特に注力している。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年7月版では、各社が公開している案件...

トヨタ出資先の自動運転AI、中国の「カオスな道路」ゆえの驚異的進化

トヨタはこのほど、オウンドメディア「トヨタイムズ」で中国における最新の自動運転事情を紹介した。トヨタと提携する自動運転開発企業Pony.aiが登場し、その走行能力をお披露目している。 今まで提携内容をほぼ明らかにしてこなかった...

自動運転企業の米Cruise、「人間は最悪の運転手」と全面広告

「人間は最悪の運転手」と新聞に全面広告を出した自動運転開発企業がある。米GM傘下のCruiseだ。広告では「42,795人のアメリカ人が昨年自動車事故で死亡した」と続く。 Cruiseが2023年7月13日にニューヨーク・タイ...

自動運転の道路清掃車、中国でWeRideが展開加速!深センでも試験許可

中国のベンチャー企業であるWeRideの道路清掃向け自動運転車「Robo Street Sweepers」がこのほど、深センで試験運用の許可を取得した。広州や北京、大連ですでに試験運用が開始されており、急ピッチで事業が拡大している状...

デンソー子会社のNSITEXE、赤字解消ならず 自動運転車向けプロセッサーな...

デンソー子会社の株式会社エヌエスアイテクス(本社:東京都港区/代表取締役社長:新見幸秀)=NSITEXE=の第6期(2023年3月31日現在)の決算公告が、このほど官報に掲載された。 第6期の当期純損失は第5期の10億7,78...

自動運転、アメリカも中国も「中東」でセールス強化 オイルマネーに照準

米国・中国を筆頭に実用化が進む自動運転。多くの開発企業は自国内での実用化を第一目標としているが、早くも世界展開を目指す動きも活発化している。そのターゲットとして注目度が高まっているのが中東だ。 開発各社はなぜ中東をビジネス対象...

自動運転タクシー、世界GDPを年26兆ドル上乗せ 2030年試算

自動運転タクシーはテクノロジーの歴史上、最もGDP(国内総生産)に影響を与えるかもしれないという調査結果が発表された。 投資運用会社の米ARK Investが発表した調査結果によれば、自動運転タクシー市場は2030年までに、世...