自動運転/MaaS セミナー特集

自動運転やMaaS業界で事業開発や技術開発などに携わっている方や、最新の業界動向・潮流などキャッチアップされたい方向けに、関連セミナーの情報を厳選して紹介します。

【6月23日最新】クルマのサブスク・リース、14社を徹底比較!料金・口コミ・...

クルマに関する考え方が「所有」から「利用」へと変化しつつある。そんな中、自動車を購入せずに定額で利用するサブスクサービスやリースの人気が急上昇中だ。自動車メーカーなど多数の企業がサービスを展開しているが、取り扱い車種や契約内...

【6月23日最新】タクシーアプリ7社を徹底比較!GO、S.RIDE、Uber...

タクシー配車アプリはすでにかなりの数がある。GOやS.RIDE、Uberなどだ。一方、利用のしやすさや料金・手数料体系、キャッシュレス決済利用の可否、展開エリアは異なる。そして重要な比較項目の一つが「クーポンの種類が豊富か」...

【6月23日最新】Uberタクシーのクーポン情報まとめ!初回割引コードや友達...

タクシー配車アプリで人気上位となっているアプリの一つに「Uber Taxi」(ウーバータクシー)がある。展開エリアも拡大中で、お得に利用したいなら、必ずUber Taxiのクーポン情報やキャンペーン情報を見逃さないようにした...

【6月23日最新】GOタクシーのクーポン情報まとめ!新規登録500円、友達紹...

日本でも最もサービス提供エリアが多く、国内最大手のタクシー配車アプリの一つとして人気なのが「GO(ゴー)」だ。このGOを新たにインストールして使い始めるなら、さまざまなクーポンやキャンペーンを見逃すことなくお得に利用するよう...

【6月23日最新】タクシーアプリのクーポン情報まとめ!GO、S.RIDE、U...

GOやS.RIDE、Uber Taxiのように、すでに数多く展開されているタクシー配車アプリ。数が多いため、どのアプリが使い勝手が良くてお得なのかなど、分かりにくいのが現状だ。選ぶ際にポイントとなる重要な要素の一つが、クーポ...

【6月23日最新】LUUPのクーポン情報まとめ!初回30分無料や2,000円...

電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングなら、「LUUP」(ループ)が日本最大手のサービスだ。利用可能エリアも拡大する中、気軽に低価格で利用でき、サブスクプランも登場した。そして、クーポンを使えばさらにお得に利用す...

【6月23日最新】S.RIDE(エスライド)タクシーのクーポン情報!初回1,...

タクシー配車アプリ「S.RIDE」(エスライド)は、主に都市圏を中心に展開エリアを拡大中で、ワンアクションでタクシーを簡単にすぐに呼ぶことができ、ユーザー満足度も高い。そんなS.RIDEをお得に利用したいなら、クーポンやキャ...

テスラ、本社を中国に移転か 自動運転のテスト認可で現実味

米EV(電気自動車)大手のテスラのADAS(先進運転支援システム)である「FSD(Full Self-Driving)」が、中国・上海で走行テストを行う許可を取得したようだ。米メディアが報じている。 同社のCEO(最高経営責任...

KINTOのメリット・デメリットは?トヨタのサブスク・リース

トヨタやレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービス「KINTO」(キント)。諸費用コミコミで月額1万円台から気軽に新車を利用できることから、利用者が増加中だ。 KINTOでは、クルマのサブスク「KINTO ONE...

NVIDIAやUberも出資!カナダのWaabi、完全自動運転トラックを発売...

カナダの自動運転スタートアップであるWaabi(ワービ)は、シリーズBラウンドにおいて2億ドル(約315億円)を調達したことを2024年6月20日までに発表した。2025年の完全自動運転のトラック発売に向けての資金調達になる。出資企...

ニコノリの「審査」について徹底解説!クルマのサブスク・リース

クルマのサブスク・カーリースで業界最安と言われるのが「ニコノリ」だ。月々5,500円から新車に乗ることができる。 「ニコニコレンタカー」を運営する株式会社MICがサービスを提供しており、お得な月額のほか、最短2週間での...

【2024年最新】ニコノリの評判・口コミ・デメリットは?車のサブスク・リース...

新車が月額5,500円から利用できるカーリース・クルマのサブスクがある。業界最安と言われている「ニコノリ」だ。しかも、契約終了後はクルマがもらえる仕組みになっており、契約者が急増中のサービスとなっている。 どの...

ついに「空飛ぶクルマ」に改名論!ぱっと見「ヘリ」「ドローン」の声多数

2025年開催予定の大阪・関西万博で大々的にお披露目される予定の空飛ぶクルマ。万博までに実用域に到達すべく開発各社が取り組みを加速している真っ只中だ。 ただ、進捗としては余裕があるとは言えない状況のようだ。報道によると、開発陣...

タクシー配車アプリランキング、1位は?GOやS.RIDE、Uber Taxi...

各社から展開されているタクシー配車アプリ。一番多く利用されているのは、どこのアプリだろうか。 ICT総研の調査によると、タクシー配車アプリ利用者数トップは「GO(ゴー)」であったという。2位は「DiDi(ディディ)」、...

日野の自動運転戦略(2024年最新版) 建機やトラックの無人化に着手

トラックやバスを主力とする商用車メーカーの日野。トヨタの連結子会社として日本の商用車市場をけん引する1社だ。人の移動を担うバスや物流を担うトラックは自動運転化への需要が高く、乗用車メーカー同様開発動向が気になるところだ。 この...

日本のある島で「自動運転スクーター」の実証が実施されてた

愛知県西尾市の佐久島で2021年、ちょっと変わった自動運転実証が行われていたことをご存じだろうか。自動運転バスでもタクシーでもない。「自動運転スクーター」だ。国土交通省のICTなどの新技術を離島地域への実装を図る取り組み「スマートア...

Googleの自動運転、全672台がリコール!電柱との衝突事故を受け

米Google系の自動運転開発企業であるWaymo。同社製の自動運転車のリコールが明らかになった。2024年5月にアリゾナ州フェニックスで発生した衝突事故を受けてのものだ。同社はフェニックスのほかカリフォルニア州サンフランシスコなど...

スズキの自動運転戦略(2024年最新版)

軽自動車を主力に自動車業界で大きなシェアを誇るスズキ。近年はトヨタをはじめとする業界の連携を促進し、来たるべきCASE時代に向けた戦略を進めている印象だ。2024年に入ってからは、自動運転OSを開発するティアフォーとの資本業務提携に...

自動運転タクシー、自動車メーカーの「単独参入」可能に!規制緩和の方針判明

自動運転タクシー実用化に向け、運行管理に関する規制が緩和されるようだ。現行の規制ではタクシーの運行管理は事実上タクシー事業者に限定されているが、自動運転の専門性を持つものであれば、タクシー事業の許可を有していなくてもその管理を受託し...

サウジ、自動飛行の中国製「空飛ぶタクシー」実用化へ!巡礼者向けに計画

サウジアラビアで、イスラム教徒の「ハッジ(大巡礼)」のために自動飛行の空飛ぶタクシー(エアタクシー)を実用化する計画が明らかになった。車両は中国製を使用。ハッジとは、世界中のイスラム教徒が年に1度サウジアラビア西部のメッカにある聖地...

LiDAR(ライダー)とは?「自動運転」向けセンサーとして注目

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

MaaS(マース)とは?次世代交通の象徴として注目

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2024年に入ってもその勢いは衰える...

ライドシェア、反対勢力の「言い分」パターン集

タクシー会社しか運行主体になれない「自家用車活用事業」(通称:日本版ライドシェア)に続き、Uberなどの非タクシー会社もサービスの展開が可能になる本格版ライドシェア解禁に向けた議論が白熱している。 少し前までは「ダメ!ゼッタイ...

Uber Eats 配達パートナーの稼働可能エリアは?都道府県・市町村別

フードデリバリーサービスの代表的存在であるUber Eats(ウーバーイーツ)。デリバリーを担う配達パートナーがあってこそ成り立つサービスだ。 現在Uber Eats では配達パートナーを募集中だ。稼働可能なエリアのほ...

eVTOL(電動垂直離着陸機)とは?「空飛ぶクルマ」の類型の一つ

eVTOLとは「electric Vertical Take-Off and Landing」の略で、「イーブイトール」と読む。直訳すると「電動垂直離着陸機」で、文字通り地面から垂直に離着陸可能な機体のことを示す。 eVTOL...

空飛ぶクルマとは?日本や世界の開発企業・実用化状況は?

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL(電動垂直離着陸機)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進んでおり、すでに実用化や機体販売を始めた企業も出始め...

トヨタWoven City、準備整い次第「訪問者」を募集へ

トヨタが開発するWoven City(ウーブン・シティ)が、街を訪れる人の募集について、準備が整い次第ウェブサイトなどで案内することが明らかになった。 静岡県裾野市で建設が進むWoven Cityは、この夏にも第1期エリアの工...

年収アップ1位は「組み込みエンジニア」!自動運転開発が上昇要素に

職種別の「年収上昇幅」ランキングにおいて、1位となったのは「技術職(組み込みソフトウェア)」──。2022年度の510万円から2023年度には524万円と、14万円のアップとなった。 パーソルキャリア株式会社が運営する転職サー...

自動運転バスが「1,000便無事故無違反」達成!ティアフォーが発表

自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤真平)は2024年6月12日までに、同社が運行している石川県の自動運転バスが定常運行1,000便無事故無違反を達成したことを、公式SNSアカ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、フジテレビ「Live News イット!」に出...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年6月12日(水)放送のフジテレビのニュース番組「Live News イット!」(毎週月〜金曜 午後3:45〜7:00放送)に出演いたし...

Uber Eats の配達のやり方・方法は?アプリの使い方も解説

「ギグワーカー」として、フードデリバリーサービスの配達を仕事にしている人が急増中だ。業界大手のUber Eats(ウーバーイーツ)でも配達パートナーを募集している。 Uber Eats の配達をする場合、どのように稼働...

Wolt(ウォルト)配達パートナーの稼働可能エリアは?都道府県・市町村別

かなり浸透してきたフードデリバリーサービス。フードデリバリー大手「Wolt(ウォルト)」では、料理のほか食料品や日用品のデリバリーも行っており、そのデリバリーを担う配達パートナーを随時募集中だ。 では配達パート...

【2024/6最新】Wolt(ウォルト)配達パートナー、登録方法・報酬・服装...

フードデリバリー大手「Wolt(ウォルト)」の配達パートナーになって、自由な働き方で稼ぐ人が急増している。初めて配達パートナーになる人は、仕事内容や登録方法、報酬、服装のルール、配達バッグは有料か無料かなど、気になる人が多い...

Wolt(ウォルト)配達パートナーの特典一覧!レストランが割引に、ガソリンも...

フードデリバリー大手のWolt(ウォルト)では、配送を担う「配送パートナー」を募集中だ。Woltでは実は、配達パートナー向けに、さまざまな特典を用意している。 主な特典の一つには、Woltパートナーレストランな...

Wolt(ウォルト)配達パートナーの登録方法・手順は?応募はどこから?

フードデリバリー需要が高まっている。人気のサービスの一つにWolt(ウォルト)があるが、Woltの配達パートナーになるにはどういう登録手続きをすればいいのだろうか。この記事では登録方法を手順を追って詳しく説明する。 ...

Wolt(ウォルト)配達パートナーの時給は?どれくらい報酬は得られる?

料理などのデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」では、デリバリーを担当する「配達パートナー」を募集している。この配達パートナーはどのくらいの報酬を得ることができるのだろうか。時給換算ではどうなる?詳しく調べてみた。 ...

Wolt(ウォルト)配達パートナー、報酬の仕組みは?ウィークリーハントとは?...

フードデリバリー大手「Wolt(ウォルト)」では、商品の配達を担う配達パートナーを募集している。好きな場所で好きな時間に稼働でき、現代の新しい働き方の1つとして人気だ。 この記事では配送パートナーの報酬体系や仕...

時代を先取り!日本初、大学に「自動運転専攻」が誕生 埼玉工業大が発表

埼玉工業大学は、工学部に新たに「自動運転専攻」を2025年4月から開設する。自動運転専攻が設立されるのは国内初だという。自動運転の実現に必要な知識や技術をハードウェア・ソフトウェア両面から習得したエンジニアを目指す分野となる。 ...

万博の自動運転バス、国内新興EVメーカーが「全ルートで採用」の快挙

2025年に開催予定の大阪・関西万博で導入される自動運転バスの全ルートで、EVモーターズ・ジャパン(EV Motors Japan)製のEVバスが使用されることが明らかになった。国内新興EVメーカーとしては大抜擢と言える。 万...

トヨタ製SUV、Amazonが自動運転タクシーに採用!実証エリアを拡大

米Amazon傘下の自動運転開発企業Zoox(ズークス)は2024年6月11日までに、自動運転タクシーにトヨタ製車両を採用し、テキサス州オースティンとフロリダ州マイアミでも走行テストを行うことを発表した。 同社は、ネバダ州ラス...

地味に重要!BMWの自動運転車、「救急車の音」検知機能を実装

音声認識ソリューリョンの開発で知られる米Cerence(セレンス)は、自社開発した緊急車両検知システム「Cerence EVD」がBMWグループに採用されたと発表した。 パトカーなどの緊急車両を検知するシステムで、BMWは自動...

Uber Eats 配達パートナーの「時給」は?どれくらい報酬を稼げる?

フードデリバリーサービスの代表格であるUber Eats(ウーバーイーツ)。現在、デリバリーを行う配達パートナーを募集しているが、気になるのがUber Eats で配達パートナーになった場合の「時給」ではないだろうか。 ...

ライドシェア解禁、「反対勢力」一覧

自家用車活用事業、通称「日本版ライドシェア」がスタートして2カ月が経過した。この日本版ライドシェアでは、サービスの運行が許されているのはタクシー会社のみで、極めて限定的なライドシェア制度と言わざるを得ない状況だ。 では、タクシ...

株価93%下落の中国NIO、「自動運転レベル3」の試験許可を取得

中国政府はこのほど、株価が過去最高値から約93%下落している新興EV(電気自動車)メーカーNIOらに自動運転技術のテスト許可を与えた。 これにより、特定の道路においてレベル3の自動運転で試験走行が可能になり、ドライバーはハンド...

KINTOで「レクサス」に乗る!月額価格・納期は?トヨタのサブスク・リース

「KINTO(キント)」は、クルマにまつわる費用が全て込みの月々定額で利用できるサブスクリプションサービスだ。気軽にクルマに乗ることができるため、着実に利用者数を増やしている。 トヨタグループの株式会社KINTOが運営...

【2024/6最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、月額料金・対...

トヨタやレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービス「KINTO」(キント)。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇中だ。最...

KINTOで「プリウス」に乗る!月額価格・納期は?トヨタのサブスク・リース

クルマのサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」は、保険や税金、車検、メンテナンスなどクルマにかかる費用がコミコミで月々定額で利用できる。 利用者数が年々着実に増加しているKINTOだが、人気の「プリウス」に...

KINTOで「アルファード」に乗る!月額価格・納期は?トヨタのサブスク・リー...

「KINTO(キント)」は、トヨタとレクサスの車両を定額で利用できるサブスクリプションサービスだ。選べる車種は多数あるが、この記事では高級ミニバン「アルファード」を利用する際の費用や納期などについて説明する。 ...

【2024/6最新】トヨタKINTOの取り扱い車種一覧!月額価格は?車のサブ...

トヨタ系のクルマのサブスク「KINTO(キント)」は、クルマにまつわる費用が全てコミコミ定額のサービスだ。車両代や登録費用はもちろん、税金や保険、車検、メンテナンス代、修理代、消耗品などが全て月々の支払い料金に含まれている。...

【2024/6最新】KINTO FACTORY(キントファクトリー)とは?ト...

トヨタ自動車とKINTOが開始したオーナーカー向けの新サービス「KINTO FACTORY」(キントファクトリー)が注目を集めている。ハードウェア・ソフトウェア問わず購入後のマイカーを進化させるサービスで、対象車種やエリア、...

トヨタWoven Cityに外国人殺到か?富士山効果で「映え」確実

いよいよこの夏に第1期の建物が完成予定のトヨタの実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。トヨタやトヨタ関係者から段階的に入居し、まずは約360人が居住する計画になっている。 Woven Cityが建つ場所は、富士...

倉庫自動化支援のラピュタ、赤字縮小も純損失20億円 第10期決算

物流倉庫ロボットなどを開発するRapyuta Robotics株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役CEO:モーハナラージャー・ガジャン)=ラピュタロボティクス=の第10期(2023年1〜12月)決算が、このほど官報に掲載された。...

自動運転化、エヌビディアは「だれが勝っても」儲かる説

米国・中国企業を筆頭に開発競争が続く自動運転分野。グーグル系Waymoに代表されるテクノロジー企業やスタートアップ、自動車メーカーらが業界の主導権を手にするべく日夜しのぎを削っている。 果たしてどの企業が勝者となるのか競争の行...

中国が「世界最速」の画像処理チップ!自動運転車や軍用向けに

中国で「世界最速」の画像処理チップが開発されたという。開発したのは北京にある清華大学の科学者で、人間の脳にヒントを得たものになるようだ。海外メディアが報じている。 このビジョンチップ「Tianmouc」は、自動運転車や軍用車向...

自動運転とは?(2024年版)レベル別の開発状況・業界動向まとめ

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。日本のホンダが自動運転レベル3の市販車を発売し、メルセデスもレベル3機能の提供をスタートさせた。アメリカや中国ではレベル4の自動運転タクシーが街中を走行し始めている。 こうした状況の中、日本...

JALとANA、「空飛ぶクルマ」でもライバルに!両社の動きは?

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)、いわゆる「赤組」と「青組」の戦いは、当然のことながら航空旅客運送がメインフィールドだ。国内線・国際線における路線拡大やシェア獲得に向け、長年にわたって良きライバルとして切磋琢磨してきた。 ...

ライドシェア求人、前月比20.6%増の357件 2024年5月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年5月末時点の「ライドシェア」関連求人案件数をまとめた。「ライドシェア」と検索してヒットした求人案件(主要求人...

Uber Eats 配達パートナー、報酬の仕組み・よくある質問を徹底解説!

料理のデリバリーサービスが人気だ。その代表格がUber Eats(ウーバーイーツ)。利用者の増加とともに、デリバリーを担う配達パートナーとして働く人も増えてきている。 Uber Eats では配達パートナーを随時募集し...

メルカリ、ライドシェア参入!研修参加者の募集スタート

メルカリは空き時間おしごとサービス「メルカリハロ」において、newmo(ニューモ)が大阪でのライドシェア事業開始に向けて実施する研修への参加者の求人募集を開始したことをこのほど発表した。メルカリはnewmoに出資している。 n...

Googleの自動運転企業「最も影響力のある企業100社」に選出

米国のニュース雑誌である「TIME」が発表した「2024年 世界で最も影響力のある100社」に、Google系の自動運転開発企業である米Waymoが選出された。 100社は「Leaders(リーダー)」「Disrupters(...

自動運転求人、前月比68.2%増の1万8,882件 2024年5月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年5月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 【参考】関...

自動運転、AIと「人間の意思」をつなげるハンドル!トヨタG企業に論文賞

ステアリングシステム開発などで高い実績を誇るトヨタグループの株式会社ジェイテクト(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:佐藤和弘)の論文が、IEEEカンファレンスで最高位となる「Best Paper Award(論文賞)」を受賞した。 ...

テスラのインターン給与、トヨタの正社員超え!自動運転部門で募集

EV(電気自動車)大手米テスラのインターンが破格の待遇となっているようだ。AI(人工知能)開発系の報酬は年収ベースで「10万~15万ドル(約1,500万~2,300万円)+福利厚生」となっており、トヨタの社員の平均年収を軽く超えてい...

Woven City、ついに入居開始へ!トヨタ関係者から段階的に

トヨタ自動車が静岡県裾野市に建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」の工事が順調に進んでいるようだ。 予定通りなら、2024年夏に第1期の建物が完成する。公式サイトでは街の完成イメージ図がアップされており、...

SDV(ソフトウェア定義型自動車)の意味は?自動運転化の「最低条件」

自動車業界で今、ソフトウェア重視の開発がスタンダードとなりつつある。ソフトウェアをアップデートすることで各機能の改善・向上を図っていく前提で設計する「ソフトウェア・ディファインド・ビークル(SDV)」の標準化だ。 開発の在り方...

Uber日本撤退の引き金に?ライドシェア完全解禁、「棚上げ」決定

日本政府が割れている。6月にライドシェアの全面解禁について一定の方向性を示す考えだったが、閣僚内で意見が分かれ、結論を先送りする格好となった。いわゆる「棚上げ状態」になったわけだ。 政府・与党においては、規制改革担当大臣である...

エヌビディアCEO、自動運転「最先端はテスラ」と明言

「自動運転の分野を最もリードしているのはテスラだ」。米半導体大手NVIDIA(エヌビディア)のCEO(最高経営責任者)であるジェン・スン・フアン氏は、メディアのインタビューでこう強調した。 テスラの自動運転技術についてフアンC...

運転中の睡魔「危険感じた」69%!待たれる自動運転化

「運転中の睡魔に関するアンケート調査」によると、69.5%が運転中の眠気により危険を感じたことがあると回答したという。情報メディアを運営するしんげん社がプレスリリースで発表した。 実に7割のドライバーが危険を感じたことがあると...

ブリヂストン、自動運転車に「空気なし」タイヤ!公道実証も実施

自動運転車の技術開発が進むとともに、スマートタイヤなど自動運転向けタイヤの開発も進んでいる。ブリヂストンは、空気充填が不要な次世代タイヤ「AirFree(エアフリー)」を開発。パンクしないという特徴を生かし、タイヤの重要性がより高く...

テスラ、幹部を解雇し「最大年収5,600万円+α」で自動運転人材を募集

上級幹部を含むレイオフ(一時解雇)に踏み切った米EV(電気自動車)大手のテスラだが、ここ最近、新たな自動運転関連求人が掲載され始めている。 一部職種の最高年収は36万ドル(約5,600万円)で、さらにこれに現金・株式報奨や手当...

Google、自動運転車の事故で虚偽報告か 米当局、未報告事案を確認

米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)はこのほど、Google系の自動運転開発企業であるWaymoの自動運転タクシーによる事故が、報告よりも多く発見されたことをこのほど明らかにした。 2024年5月始めに調査を開始した当初の...

ADAS/エーダスとは?(2024年最新版) 自動運転レベル1〜2に相当

自動車メーカーから昨今発売される新車には、「自動ブレーキ機能標準装備」や「レーンキープアシスト搭載」といった機能が搭載されているのが珍しくなくなってきた。こうしたドライバーの運転を支援する機能は「ADAS」(エーダス)と呼ばれる。 ...

ホンダセンシング、標識の「勘違い事例」をまとめてみた

ADAS(先進運転支援システム)の一機能「標識認識機能」がSNS上で小さなお祭り状態となっている。ホンダセンシングがラーメンチェーン「天下一品」の企業ロゴを「車両進入禁止」の道路標識に誤認識したことに端を発し、「うちのクルマは〇〇を...

あっ、危ない!Googleの自動運転車、通学児童の列に突入寸前

自動運転タクシーの導入が進む米カリフォルニア州サンフランシスコで最近、通学途中の児童が交差点でGoogleの無人自動運転車にひかれそうになるという事例が相次いでいるようだ。同州のテレビ局による調査で明らかになった。 NBCベイ...

ライドシェアとは?(2024年最新版)日本の解禁状況や参入企業一覧

菅義偉元首相らの発言を機に導入に向けた議論が一気に進み始めた有償ライドシェア。急転直下で「日本型ライドシェア」導入に向けた方針が固められ、2024年4月に新制度となる「自家用車活用事業」が開始された。 今後は本格ライドシェア導...

【2024年5月の自動運転ラボ10大ニュース】自動運転の審査期間、大幅短縮へ...

国内における自動運転機能の審査期間を大幅短縮し、これまで11カ月を要していたが2カ月での審査完了を目指すようだ。改正道路交通法によりレベル4が解禁されてから1年が経過したが、レベル4認可は4件、サービスを提供する特定自動運行 ...

トヨタ、自動運転技術を「月面」で強化へ!月をテストフィールド化

「トヨタの自動運転技術は宇宙で進化する?」──。月面探査モビリティの開発を進めるトヨタ。地球とは異なる環境下でのオフロード性能をはじめ、遠隔操作や自動運転、エネルギーマネジメントなど研究すべき領域は広いが、こうした技術は月面探査で終...

あわや大惨事!テスラ車、電車に突っ込む1秒前 自動運転中

アメリカである動画が話題になっている。米EV(電気自動車)大手テスラの車両のドライブレコーダーに記録されていた映像で、テスラ車が電車横断中の線路に突き進み、衝突1秒前になって何とか右に逸れて事故を回避したという動画だ。 この動画の提供...

自動運転、開発車種の「一本化」加速!Googleはタクシー、トヨタはシャトル...

自動運転業界では、単独の企業がバスやタクシー、無人配送ロボットというように、複数の製品を開発するケースが多く見られるが、ここに来て「選択と集中」、すなわち事業の一本化が進んでいる。Googleは無人タクシー、ルノーは公共交通向けのバ...

自動運転要員やライドシェア運転手!自動運転&MaaS、気になる求人4選【20...

日本版ライドシェアが先行エリアで始動してから1カ月以上が経過した。最近ではライドシェアドライバーの求人も増えている印象だ。 自動運転車のテスト走行の際のドライバーやオペレーターの求人も増えている。開発にあたる技術者の求人も引き...

ライドシェア、大阪の有識者会議に「有識者」不在!Uberから出席なし

「第3回大阪府・大阪市ライドシェア有識者会議」が2024年5月17日に開催され、大阪における自家用車活用事業(日本版ライドシェア)の参入見込みのほか、大阪・関西万博期間中の移動需要などについての議論が行われた。 「有識者会議」...

東京に自動運転タクシー!トヨタ車で11月事業化へ ティアフォー発表

自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤真平)は2024年5月23日までに、特定条件下で完全自動運転を実現する「レベル4」水準の自動運転タクシーによるサービス実証を開始することを発...

いすゞ、米国で攻勢!ミドルマイル自動運転車を2027年量産開始へ

自動運転バスやタクシーなどの移動サービスに比べ、商用展開の面で遅れが目立つ自動運転トラック。そんな業界において、いすゞ自動車が攻勢に出た。いすゞは米スタートアップGatik AIに出資し、自動運転トラック量産化に向けパートナーシップ...

仏ルノー、一般車の自動運転化「棚上げ」決定 無人バス開発に注力

フランスの多国籍自動車メーカーであるルノーグループが、公共交通機関向けにレベル4の自動運転バスを間もなくリリースする。同社は自動運転戦略について、今後数年間は乗用車と公共交通機関のニーズを切り分けてアプローチすることを決定したと20...

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー、始め方・登録方法や報酬...

人気のフードデリバリーサービスの代表格といえばUber Eats(ウーバーイーツ)。最近はそのUber Eats の配達パートナーになり、本業や副業としてお金を稼ぐ人も増えてきた。 この記事では、Uber Ea...

中国企業、自動運転トラックで「1億キロ安全走行」達成を宣言

トラック向けの自動運転技術開発を手掛ける中国のInceptio Technology(インセプティオ・テクノロジー)はこのほど、同社のシステムを搭載した大型の自動運転トラックが2024年4月末までで1億キロの商業走行を達成したことを...

自律型AI、2036年に80兆円市場へ!自動運転など実用化加速へ

自律型AI(人工知能)や自律型エージェントの市場規模は、2023年の400億ドル以上(約6兆円)から2036年までに5,080億ドル(約80兆円)に達するという調査レポートが発表された。 このレポートは米調査会社Researc...

今後も続出?近ツーの「バス未確保」問題、自動運転化されてれば・・・

KNT-CTホールディングス傘下の近畿日本ツーリストが、中学校など2校向けの修学旅行用のバスを確保できない事態が起き、大きな注目を集めている。バス会社に手配を依頼したが最終的に全て断られた格好だ。運転手不足という根本的な原因により、...

自動運転トラックの開発企業・メーカー一覧(2024年最新版)

高まり続ける物流需要を背景に、世界的にドライバー不足が深刻化している。その救世主として期待されているのが自動運転技術だ。ADAS(先進運転支援システム)導入による運転負担軽減や隊列走行、自動運転レベル4(高度運転自動化)による無人化...

自動運転中、運転手ができること(2024年最新版)

ドライバーレス走行を可能にする自動運転レベル4(高度運転自動化)。従来自動車に付きものだった運転手は必要なくなり、タクシーやバス、トラックなどの商用車から運転手が姿を消すことになる。また、コンシューマー向けの自家用車へのレベル4搭載...

大幅短縮!自動運転の審査期間、平均11カ月を「2カ月」に ついに国も本腰?

自動運転の社会実装に必要な審査手続が大きく改善されるようだ。自動運転レベル4の審査は、これまで平均で約11カ月かかっていたが、審査の円滑化を図り今後は2カ月での完了を目指すという。 これまで「11カ月」を要していたことに驚きを...

自動運転系IPO、ついにトヨタ出資のMomentaも?2〜3億ドル調達か

中国の自動運転スタートアップMomentaが、米国で新規株式公開(IPO)に向けた申請手続きを進めているという。米ブルームバーグが報じている。 Momentaはトヨタが出資する有力スタートアップの1社として知られており、米調査...

ライドシェアで自民党分裂!タクシー会社限定に幹事長「おかしい」

与党・自民党の幹事長である茂木敏充氏が、自家用車活用事業、いわゆる日本型ライドシェア事業に噛みついた。 ライドシェアの部分的解禁に踏み切った自民党だが、茂木氏はネットメディアで「(運行可能なのがタクシー会社限定は)おかしいと思...

GW中、83%が「タクシー乗れない経験」!ライドシェア全面解禁は必要不可欠か...

今年のゴールデンウィーク(GW)中に京都など主要観光4都市を訪れた人で、タクシーを利用しようとした人のうち83%が、タクシーがつかまらないことがあったと回答したという調査結果が、2024年5月19日までに明らかになった。 内閣...

トヨタG出資のNearMe、赤字倍増の純損失7.4億円 第7期決算

次世代型モビリティサービスの開発に注力する株式会社NearMe(本社:東京都中央区/代表取締役:髙原幸一郎)=ニアミー=の第7期(2023年1〜12月)決算が、このほど官報に掲載された。同社は、トヨタグループのトヨタ紡織も出資する注...

ライドシェア「性犯罪歴の確認を」 法整備へ有識者が意見

内閣府のワーキンググループにおいて、ライドシェアの法律制度に関し、性犯罪歴を確認する制度とすべきとの意見が出ていたことが、2024年5月17日までに判明した。 意見が出たのは、5月15日に開催された規制改革推進会議における「地...

Googleの自動運転タクシー、すでに「週5万回規模」運行 3都市での実績値...

米Google系の自動運転開発企業であるWaymo(ウェイモ)は2024年5月17日までに、同社のドライバーレスの自動運転タクシーが、サンフランシスコなどの3つの都市において毎週5万件以上の有償走行を行っていることを発表した。1分間...

日本初!別なバス会社が「一緒に」自動運転実証

京浜急行バス、東急バス、東急の3社は、共同で自動運転の実証実験を2024年5月28日〜6月3日に神奈川県で行う。 バス事業者2社による実証実験はバス業界初だという。これまで、バス事業者などの交通事業者による自動運転の実証実験は...

「ブレインオフ」とは?自動運転レベル4に相当(2024年最新版)

自家用車におけるADAS(先進運転支援システム)機能の1つとして、手放し運転を可能にする「ハンズオフ」が浸透し始めてきた。また、このハンズオフ技術をいっそう進化させ、よそ見が可能になる「アイズオフ」も市場化を始めている。 この...

完全解明!自動運転×半導体、世界の有力企業11社一覧

自動運転のコア技術とされるAI(人工知能)。センサーが捉えたデータからさまざまな情報を読み込み、それぞれのシチュエーションに応じた判断を瞬時に下す脳の役割を担っている。 自動運転開発=AI開発と言っても過言ではないほどだが、こ...

米で「絶対に倒れないバイク」開発中!自動バランス機能を搭載

絶対に倒れない「自動バランス」機能を搭載したバイクを開発している企業がある。米サンフランシスコに拠点を置くLit Motorsだ。2010年に設立後、資金調達の課題に直面したが、ここ数年で活動を再開し、クラウドファンディングで500...

Googleの自動運転車、米当局が捜査開始へ 22件の事故・違反疑い

米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)がGoogle系Waymoの無人自動運転車に関し、事故もしくは交通違反の疑いがあるとして、22件の事案について予備調査を開始したことが、2024年5月15日までに明らかになった。本格的な捜査の...

自動運転における「世界初」の取り組み一覧(2024年最新版)

人の移動や物の移動にイノベーションを起こすと言われる自動運転技術。新たな技術の導入が世界各地で始まり、道路交通に変化を及ぼし始めている。 こうした最先端技術の開発や社会実装に付きものなのが「世界初」の称号だ。この5年、10年で大き...

広島のKGモーターズ、「超小型車」を自動運転化へ!阪大と共同研究

超小型モビリティの開発を手掛けるKGモーターズ(本社:広島県東広島市/代表取締役CEO:楠一成)が自動運転開発を本格化させつつある。大阪大学大学院基礎工学研究科と提携し、超小型モビリティ(ミニマムモビリティ)に特化した自動運転用デー...

テスラ、「自動運転の松葉杖」呼ばわりしたLiDARの購入発覚!方針転換か

「自動運転の目」と呼ばれるLiDARを取り入れない方式での自動運転車開発を行ってきた米EV(電気自動車)大手テスラ。しかし、方針転換することにしたようだ。米Luminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)から21...

激レア!?Uberタクシーの「お詫びクーポン」、25%オフに

タクシー配車アプリのUberは、頻繁にお得なプロモーションやクーポンを提供している。その中には、タクシーを配車できなかったため次回の乗車が割引になるという「お詫びクーポン」もあるようだ。 Uberタクシーを賢く利用する...

【2024/5最新】SOMPOで乗ーるの料金・評判・口コミ・デメリットは?中...

「SOMPOで乗ーる」は、DeNA SOMPO Carlifeが運営するクルマのサブスクリプションサービス(カーリース)だ。 自動車メーカーやレンタカー会社、自動車販売店などが主体となったサブスクが多い中で、S...

Googleの自動運転車、公道を逆走!Xで目撃投稿

グーグル系Waymoの自動運転車が道路を逆走し、SNS上でプチ炎上しているようだ。場所は不明だが、SNS「X(旧Twitter)」にアップされた動画を見る限り、確かにWaymoの車両が道路を逆走している。 自動運転車に関する事...

SOMPOで乗ーるの「自賠責」「任意保険」を徹底解説!車のサブスク・リース

「SOMPOで乗ーる」は、DeNA SOMPO Carlifeが運営するクルマのサブスクリプションサービス(カーリース)だ。クルマのサブスクは、購入せずにクルマを利用できる新しい仕組みとして、最近注目が高まっている。 ...

自動運転車にLED攻撃、標識の認識を「無効化」 脆弱性が浮上

シンガポールの南洋理工大学などに所属する技術者らが、自動運転車に道路標識を無視させる敵対的攻撃が行われる可能性を指摘し、警鐘を鳴らしている。 具体的には、LEDを使って道路標識に特定のパターンの光を当て、車両に搭載された画像認...

SOMPOで乗ーるの「審査」は厳しい?条件・申込の流れは?車のサブスク・リー...

月々定額でクルマを利用できるとして人気上昇中のクルマのサブスクリプションサービ(カーリース)。中でも「SOMPOで乗ーる」は、豊富な車種ラインアップや丁寧なサポートなどを武器にカーリースのイメージ調査で3冠を受賞するなど、高...

実はみんな欲しい?「制限速度内」でしか走れない車

高速道路における大型自動車などの最高速度が、2024年4月に時速90キロに引き上げられた。物流2024年問題対策としての施策の一つだ。近年、高速道路の一部区間において一般乗用車の最高速度が120キロに引き上げられるなど、高速道路の「...

SOMPOで乗ーるで「車をもらえる」裏ワザを解説!クルマのサブスク・リース

クルマのサブスクリプションサービス(カーリース)「SOMPOで乗ーる」の人気が高まっている。頭金などまとまった費用を用意しなくても月々定額で気軽に新車に乗ることができるため、若い人のほか、さまざまなメーカー・車種に乗ってみたい人、転...

自動運転、天敵は「路上駐車」!手動介入要因の47% 鳥取で実証

高速バス大手のWILLERはこのほど、鳥取県鳥取市内で2024年1~2月に行った自動運転実証の成果報告書を発表した。ティアフォーと連携した取り組みで、循環バスの自動運転化に向け総走行距離410キロに及ぶ公道実証を実施した。 そ...

SOMPOで乗ーるのデメリット・メリットは?法人契約可?車のサブスク・リース...

クルマのサブスク(カーリース)「SOMPOで乗ーる」は、気軽にクルマを利用できるとして近ごろ人気上昇中のサービスだ。 しかし、クルマは「購入」がまだ一般的であるため、サブスクやカーリースを利用したことがある人は...

自動運転車、実証後の利用意向「95.7%」 浜松市が発表

静岡県浜松市で実施された「浜松自動運転やらまいかプロジェクト」において、第4回実証実験が2023年11月〜2024年2月に行われた。この実証後、今後も利用したいという声が多くを占めるという調査報告が発表された。 試乗後のアンケ...

SOMPOで乗ーるの評判・口コミは?車のサブスク・リース

「SOMPOで乗ーる」は、DeNA SOMPO Carlifeが運営するクルマのサブスクリプションサービス(カーリース)だ。今後利用を検討している人にとっては、利用者の評判・口コミを知りたい人が多いのではないか。この記事では...

トヨタの成長投資、5,000億円増の「1.7兆円規模」に AIや自動運転開発...

トヨタ自動車は2024年5月8日午後、2024年3月期(2023年4月〜2024年3月)の通期決算を発表した。売上高は前期比21.4%増の45兆953億円、営業利益は同96.4%増の5兆3,529億円、当期利益は同103.4%増の5...

神奈川県、「自動運転ロープウェイ」導入を模索 開発企業と連携協定

神奈川県が「自動運転式ロープウェイ」を導入する可能性が出てきた。開発企業のZip Infrastructureと連携協定を締結したことが、2024年5月7日までに明らかになった。 Zip Infrastructureは福島県南...

自動運転企業Motional、韓国Hyundaiの700億円投入へ 存続に危...

自動運転開発企業の米Motional(モーショナル)に対し、韓国の自動車メーカーである現代自動車(Hyundai)が約4億4,800万ドル(約700億円)の追加投資を行うことが、2024年5月7日までに明らかになった。 Mot...

似てる?マツダ車、道路の番号標識を「制限速度」と勘違い

先進運転支援システムの搭載車が、道路の番号標識を制限速度の標識と勘違いする事例が起きている。X(旧Twitter)でそうした投稿がある。国道や都道府県道の標識は、速度標識と色や形は違うものの、両方とも洋数字が書かれており、システムに...

自動運転レベル3、マスク氏負ける!メルセデス、米ですでに65台販売

高級自動車メーカーの独メルセデス社が、2023年12月から米国内で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が可能な車両の販売を既に開始しており、現時点でカリフォルニアとネバダの2州で計65台がDMV(道路管理局)に販売登録されているこ...

ライドシェア求人、主要6求人サイトで296件ヒット 2024年4月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年4月末時点の「ライドシェア」関連求人案件数をまとめた。 「ライドシェア」と検索してヒットした求人案件(...

無人航空機の衝突回避、「日本案」が国際標準化

無人航空機の世界でも、日本の研究が国際社会の発展に役立っているようだ。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業のもと、日本無線と三菱総合研究所が取りまとめた無人航空機の衝突回避技術に関する国際標準化機構(ISO)の技術報...

自動運転トラック、新東名高速で「高精度地図なし」実証 ティアフォー

ティアフォーが、高速道路におけるトラック向けの自動運転システム開発に乗り出した。2024年度から新東名高速道路で実証に着手する。 これだけでも話題性十分だが、取り組みにはさらなる注目ポイントが眠っている。独スタートアップの技術...

自動運転求人、前月比1.9%減の1万1,225件 2024年4月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年4月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

ライドシェアの車両、これどうなるの?「タクシーを除く」の標識

自家用車活用事業、通称日本版ライドシェアがスタートして約1カ月が経過した。東京エリアでは利用数が数千回を数えるなど、出足はまずまずのようだ。 新サービスとして徐々に浸透し始めた同事業だが、その使用車両をめぐる疑問がSNS「X」...

鳩山元首相の長男、Uberに「渋滞税」構想 タクシー革命を提言

本格ライドシェア解禁の是非を巡る議論が過熱している。推進派と否定派の思惑が一致することは基本的になく、推進派が強硬策に出るのか、それを否定派が阻止するのか、あるいは落としどころを見出せるのかなど、議論の行方に注目が集まっている。 ...

トヨタGW明け決算、今度こそ「自動運転タクシー」参入表明か

ゴールデンウイーク(GW)が空けて間もなく、2024年5月8日(水)の午後に、トヨタ自動車の2024年3月期(2023年4月〜2024年3月)の通期決算が発表される。 決算発表は取引時間中となる見込みだ。2023年3月期の通期...

自動運転求人、前月比62.2%減の1万1,448件 2024年3月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年3月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

トヨタ、日本未発売車「シエナ」を自動運転化!東京都イベントで展示

東京都が開催する未来の都市モデルを発信する国際イベント「SusHi Tech Tokyo 2024」で、トヨタが自動運転タクシー向けに開発した「シエナAutono-MaaS」などが出展される。 この車両は、トヨタが北米などに向...

Googleの自動運転車、Tシャツの「STOP」絵柄に騙される

アメリカである動画が波紋を広げている。「STOP」(ストップ)という道路標識をプリントしたTシャツを着た人物がGoogleの自動運転車の前に突然姿を現し、車両がどういう反応をするのか試してみた、という動画だ。 結果はなんと、G...

ガストのロゴ、ホンダ車が「進入禁止」と勘違い

ファミレスチェーン「ガスト」の看板を、ホンダ車が「進入禁止」の標識だと誤認識するケースが、SNSや車両の口コミで報告されている。 ホンダ車に関しては最近、ラーメンチェーン「天下一品」のロゴを進入禁止の道路標識と誤認識してしまっ...

トヨタKINTO、解約金無料プランの再契約無料化!クルマのサブスク

トヨタ系のクルマのサブスク「KINTO(キント)」では、レクサスを利用できる「KINTO for LEXUS」も用意されている。このレクサス向けのプランが2024年秋にリニューアルされ、ユーザーの多様なニーズにさらにきめ細か...

自動運転バス・シャトルの移動サービス一覧(2024年最新版)

2023年4月に改正道路交通法が施行され、自動運転レベル4の運行が可能になった。許可制で無人移動サービスの提供が可能になったのだ。2025年を目途に無人移動サービスを50カ所で実現するという政府目標のもと、民間各社の取り組みも徐々に...

相乗りや自動運転、「女性専用」が標準仕様に?密室内の安全確保へ

タクシー業界などで「子ども専用」や「女性専用」といったサービスが増加傾向にあるようだ。相乗りサービスやライドシェア(自家用車活用事業)サービスの開始などに伴い、こうした専用サービスで安全・安心感を前面に押し出し、付加価値を創出してい...

ライドシェアの求人、検索数が解禁後29倍に!Indeed調査

ライドシェア関連の求人情報の検索数は、「日本版ライドシェア」解禁が表明された2023年12月以降、29倍になるという急上昇を見せている。求人情報サービスを手掛けるIndeed Japan株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:大八木紘之)が...

Uber Eatsのロボット配達、料理は冷めちゃわないの?

Uber Eats Japanのプラットフォームを活用したロボットデリバリーサービスが東京都内の日本橋エリアで始まった。2024年4月には大手飲食チェーン系列のガスト日本橋店が取り扱いを開始し、ロボットデリバリーは現在3店舗で行われ...

【2024年4月の自動運転ラボ10大ニュース】日本版ライドシェア事業がスター...

国内では自家用車活用事業がスタートし、ライドシェア関連の話題が熱気を帯びている。この熱は今しばらく冷めることなく続きそうだ。海外では、Waymoや中国勢に新たな動きが出ている。着々と自動運転サービスの幅を拡大しているようだ。 ...

Google製の自動運転車、火をつけたのは「14歳少年」疑い

米カリフォルニア州サンフランシスコで今年2月、自動運転開発企業であるGoogle系Waymoの自動運転タクシーが火を付けられた。警察の調べでは、現在、14歳の少年が容疑者となっている。米メディアが報じた。 米国では、ドライバー...

ライドシェア求人が続々!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2024年4月...

新年度が始まり、モビリティ関連企業の事業方針などが発表されている。4月からライドシェアサービスが一部解禁となる「日本版ライドシェア」がスタートし、関連求人も急増中だ。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2024年4月版で...

タクシー会社、ライドシェア潰しで「流し」強化 「内々にお達し」と運転手証言

今月解禁されたばかりの「日本版ライドシェア」に関し、タクシー会社がライドシェアの運行エリア・時間帯に合わせ、流しの営業を強化するよう「内々のお達し」を出している、と一部のドライバーが証言した。自動運転ラボの独自取材で明らかになった。...

自動運転車、高速道での合流「成功率100%」達成 国総研

自動運転車による高速道路の合流で「成功率100%」を達成──。国土交通省の国土技術政策総合研究所(国総研)が自動運転車向けの「合流支援情報提供システム」を開発し、このシステムを用いた合流支援の実証実験で見事な成果を出した。 同...

住友商事出資のEVモーターズ、驚異の売上高44倍!黒字転換も達成 第5期決算...

商用EV(電気自動車)の製造・販売などを手掛ける株式会社EVモーターズ・ジャパン(本社:福岡県北九州市/代表取締役社長:佐藤裕之)の第5期(2023年1〜12月)決算が、このほど官報に掲載された。 第5期の売上高は44億7,0...

相乗りタクシー、「子ども専用」で展開!hab、5,000万円調達を発表

子ども専用相乗りタクシー配車アプリ開発を手掛けるhab株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役:豊田洋平)は、合計5,000万円の資金調達を実施したことをこのほど発表した。 Link Capital合同会社を引受先とするJ-...

自動運転、ヒューマンエラーによる事故パターン(2024年最新版)

国内外で社会実装が進み始めている自動運転技術。交通事故を減らし、また人手不足を補う技術として早期普及に期待が寄せられている。 実用化が始まったばかりの現在においては、自動運転システムは未完であり、まだまだ改良の余地がある。実用...

ミリ波レーダーと自動運転技術(2024年最新版)

自動運転において目の役割を果たすセンサー類。次々と新技術が開発される車載カメラやLiDAR(ライダー)に比べ、「ミリ波レーダー」の話題は意外と少ない印象を受ける。しかし、市場規模は確実に拡大が見込まれており、ミリ波レーダーも有望市場...

空飛ぶクルマ向けインフラ一覧(2024年最新版) 離発着場やエアマップなど

「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた機運が高まりを見せている。主体となるeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に注目が集まりがちだが、近年はインフラ整備に参入する企業も相次いでおり、開発の裾野がどんどん広がっている印象だ。 この記事...

100均のセリアのロゴ、日産車が「100キロ制限」と誤認識

100円ショップのセリア(Seria)の看板を車のセンサー機能が誤認識する事例が、X(旧Twitter)などで投稿されている。 100の数字を「制限速度100キロ」の標識と誤って認識しているケースがあり、Xでは日産車やマツダ車...

岸田首相、支持率50%回復の秘策は「ライドシェア全面解禁」!?

岸田文雄首相は2024年4月22日に開催されたデジタル行財政改革会議において、タクシー事業者以外の者が行うライドシェア事業に関する法制度について、論点整理を行い、5月中に規制改革推進会議に報告するよう指示した。ライドシェアの全面解禁...

自動搬送ロボット「AGV」「AMR」の違いは?(2024年最新版)

工場や倉庫における作業の省人化・無人化において、近年は「AGV」(自動搬送ロボット)の導入が加速しており、開発を手掛けるベンチャー企業も国内・国外問わず増えている印象だ。 この記事ではAGVの基礎知識について解説していき、似た...

モビリティサービスの事例・種類(2024年最新版)

移動や輸送の変革期を迎え、多様化が進むモビリティサービス。モビリティそのものの種類が増し、付随するサービスもIoTやAI(人工知能)技術の進化を背景に多様化が進んでいる。 この記事では最新情報をもとに、モビリティサービスをあら...

自動運転と駐車(2024年最新版)

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。 ODD(運行設計領域)設定が複雑で、エリアや条件によっては手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが...

トヨタ参入に壁!自動運転タクシー、運行は「タクシー事業者」限定か

自動運転タクシー実現に向けた規制の在り方に関する議論が徐々に本格化し始めている。国の規制改革推進会議・地域産業活性化ワーキンググループでは、自動運転タクシーに関する規制改革ニーズの事業者ヒアリングの結果が示されたようだ。 本格...

カナダで「自動運転禁止」州が誕生 レベル3以上で懲役刑も

カナダで自動運転が禁止の州が誕生した。ブリティッシュ・コロンビア州は2024年4月、同州の自動車条例(Motor Vihicle Act)の一部改正を行い、レベル3以上の自動運転車を禁止した。安全に対する証明が行われていないことが理...

ライドシェアの法律・制度の世界動向(2024年最新版)

2024年4月に日本版ライドシェア「自家用車活用事業」が始まり、条件付きながら日本国内でもライドシェアサービスがスタートした。現在は本格版ライドシェア導入に向けた議論が進められているが、業界団体の猛反発は必至の状況で、どのような結論...

天下一品のロゴ、ホンダ車が「進入禁止」と再び誤認識

ホンダのADAS「Honda SENSING(ホンダセンシング)」による「天一騒動」が再燃しているようだ。ホンダセンシングが、ラーメンチェーン「天下一品」の企業ロゴを「車両進入禁止」の道路標識に誤認識してしまう案件だが、ローソンが「...

自動運転タクシーは「やめとけ」ってほんと?

米国や中国ですでに商用化され、市民にとっては走行している姿も見慣れたものになりつつある自動運転タクシー(ロボタクシー)。無人走行技術はすごい勢いで進歩しており、もし日本国内の実証実験や海外で試乗できるチャンスがあるなら、積極的に試し...

タイミー、ライドシェア参入か 労使の「直接契約」が前提

「働きたい時間」と「働いて欲しい」時間をマッチングするスキマバイト募集サービス「タイミー」。働き手側としては隙間時間を有効に使え、企業側は繁忙期・時間帯の人材確保ができるツールとして、いま利用者が急上昇中だ。 内閣府が公表して...

テスラ株に暗雲!ロボタクシー事業、「極めてリスキー」と判断

年初来で約40%も株価が下落している米EV大手テスラ(TSLA)。同社の株価にさらなる暗雲が立ちこめ始めた。 ドイツ銀行のアナリストがテスラが進める自動運転タクシー(ロボタクシー)事業に対して「極めてリスキー」という分析結果を...

トヨタ社長、今年の入社式で「自動運転」に言及なしか

新年度を迎え、未来を担う新入社員が各社を賑わせている。自動車業界も一斉に入社式を迎え、トップから熱いエールが送られたようだ。 佐藤新体制となって2年目を迎えたトヨタ自動車では、入社式に新入社員1,892人が参加し、佐藤恒治社長...

自動運転業界、「理数系」の平均年収1,600万円!米調査

アメリカの自動運転業界において、理数系人材が就くエンジニア職の平均年収がかなり高額になっている。調査データを分析すると、その額は平均約1,600万円にも上ることが明らかになった。 自動運転技術の開発競争が本格化すると同時に関連...

ライドシェア運転手、まさかの「シフト制」!それで10万人も確保可能?

タクシー事業者に雇用されて自家用車で客を有償で運ぶ「日本版ライドシェア」が解禁された。運行エリアや運行時間が限定され、かつ、働くドライバーはタクシー事業者に雇用されることから、基本的には事前に働く時間が決まる「シフト制」で働く格好と...

損保ジャパン、「空飛ぶクルマ」の賠償保険を発売

次世代モビリティの開発が進むにつれ、保険会社のサービスも進化している。すでに自動運転車に対応した保険は提供されているが、「空飛ぶクルマ」向けの保険も登場している。 損害保険ジャパン(損保ジャパン)は「空飛ぶクルマ事業者専用賠償...

自動運転とAI(人工知能)の関係性解説(2024年最新版)

この数年ほどで大幅な進化を遂げた自動運転技術。グーグルを筆頭に2010年代に開発が大きく加速し、一部ではすでに実用域と呼べるほどの技術水準に達している。 この進化を支えているのがAI(人工知能)だ。ディープラーニング(深層学習...

自動運転に力を入れる「大学」一覧(2024年最新版)

最先端技術の研究開発に優秀な人材は欠かせない。自動運転開発もしかりで、世界屈指の技術を有するエンジニアが次々と企業を背負って台頭している。 こうした人材の宝庫であり、育成の場が大学だ。近年はAI(人工知能)需要を背景に自動運転...

自動運転とEV(電気自動車)の関係性解説(2024年最新版)

コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化――。いわゆる「CASE」の波が自動車業界に押し寄せている。Connectedの「C」、Autonomousの「A」、Sharing/Serviceの「S」、Electricの「...

自動運転AIの「トロッコ問題」とは?(2024年最新版)

自動運転の根幹を成すともいわれるAI(人工知能)。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーや米Google系Waymoなど、世界の既存の大手企業からスタートアップ・ベンチャー企業などがこぞって開発に力を入れている。 そもそもAI...

自動運転の「メリット・利点」一覧(2024年最新版)

移動サービスの分野で自動運転技術の社会実装が始まった。まだまだ実証を重ねる必要がある開発段階ではあるものの、着実に進化を遂げ成果を出し始めている。 進化の過程にある自動運転は今後、人や社会にどのような恩恵をもたらすのか。この記...

自動運転の「トラブル事例」一覧(2024年最新版)

自動運転車の実用化に向けた取り組みが世界各地で加速している。米国や中国では実用段階に入っており、一部地域で有料サービスが始まっている。日本をはじめとした各国も今後この動きに追随していくことが予想される。 社会実装が本格化し始め...

自動運転AI、アメリカの免許試験に合格!韓国Hyundaiが快挙

自動運転車が、米国の運転免許試験と同様の試験に合格する様子が公開された。試験をパスした自動運転車は、韓国最大手の自動車メーカーであるHyundai Motor(ヒョンデ)と自動運転技術開発を手掛ける米Motionalが共同開発したも...

自動運転、米国だけで最大45万人超の雇用創出!今後15年間で

米国では自動運転車の導入により、最大で45万5,000人の雇用が創出されるというレポートが発表された。 米国のハイテク業界連合「Chamber of Progress」によると、自動運転車の開発や生産などに関連する人材とし...

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2024年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

自動運転、レベル2とレベル3の違いは?(2024年最新版)

自家用車で普及が進む「自動運転レベル2」。高度なレベル2はハンズオフ運転が可能となるなど、運転操作に一定のゆとりをもたらす。 一方、一定条件下で自動運転を行うレベル3車両の市場化も進み始めた。現状は高嶺の花的存在だが、技術の高...

発注元はトヨタ濃厚か?小糸製作所の自動運転用LiDAR、レベル4車で採用

自動車用照明機器の開発などを手掛ける小糸製作所が、グローバルOEMメーカーから短距離LiDARの新規受注を獲得したと発表した。 発注先メーカーが気になるところだが、同社は世界の主要メーカーと取引があるため、特定は困難だ。ただし...

三菱地所、空飛ぶクルマ市場に参入!空陸兼用コンセプトを発表

三菱地所子会社の三菱地所設計はこのほど、次世代エアモビリティのデザインや運用システムに関わる提案を発表した。都市計画や建築・設計を手掛ける同社ならではの「都市×建築×次世代エアモビリティ」案だ。 同社は近年、モビリティ関連のア...

自動運転の「セカンダリアクティビティ」とは?(2024年最新版)

日本で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が解禁され、世間で「自動運転」への関心はより一層高まった。ホンダがレベル3の市販車を2021年3月に発売し、自動運転への注目度はますます高まっている。 レベル3の段階ではまだ運転手は...

自動運転のODD(運行設計領域)とは?(2024年最新版)

実証実験などに登場する自動運転レベルの高度化に伴い、「ODD」という言葉を目にする機会が増えてきた。今後、このODDは各社が開発する自動運転システムの能力を評価するうえでも明確な指標となるため、しっかりと理解しておきたいところだ。 ...

高速道、「AIカメラ」で落下物検知へ 自動運転実現に向け

自動運転実現に向け、高速道路における研究や実証も盛んになり始めている。NEXCO3社はそれぞれAI(人工知能)カメラを活用した実証などに着手し、次世代対応の高規格道路の進化に向け取り組みを加速している。 一方、国においても高速...

ライドシェアの闇?米国「ご自由に」日本「タクシー会社だけね」

営利目的の有償ライドシェアが日本で解禁されたが、あくまで「一部解禁」にとどまり、今のところタクシー事業者しか運行主体になれない。 つまり、アメリカでは配車アプリを通じて個人がギグワーカー的に働くことができるが、日本ではタクシー...

LUUPを【横浜】で使う!ポートとクーポン情報まとめ

国内最大手の電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」。大都市圏を中心に、電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開している。 東京都や大阪府などで利用できるLuupだが、神...

ついに「量産型」の自動運転タクシー!中国で来年製造スタート

中国のライドシェア最大手で自動運転開発も手掛けるDiDi Chuxing(滴滴出行)が、自動車メーカー大手の広州汽車集団(GACグループ)とタッグを組み、自動運転レベル4の自動運転タクシー(ロボットタクシー)開発に取りかかっている。...

ピタクルの評判・口コミ・審査について解説!クルマのリース・サブスク

車検や税金などがコミコミの「ピタクル」。素早い審査と最短3週間の納車が特長で、気軽にクルマを利用したい人に人気のカーリース(クルマのサブスク)だ。三菱グループの三菱オートリースにより運営されている。 この記事で...

テスラ、Appleの自動運転技術を「0円買収」か ロボタクシー事業の利益還元...

米EV(電気自動車)大手テスラを率いるイーロン・マスク氏が、ロボタクシーに言及した。詳細は明かしていないものの、SNS「X」に4月6日付で「Tesla Robotaxi unveil on 8/8(テスラロボタクシーが8月8日に明ら...

ライドシェア運転手、海外では「月収100万円超」ってほんと?

2024年4月から、エリアや時間帯を限定したライドシェアサービスが日本でも始動した。タクシー事業者が人材の採用や研修、車両の管理などを全て担うといったもので、「日本版ライドシェア」などと呼ばれている。 タクシー配車アプリを提供...

GM、自動運転タクシー再開へ「手動運転」でデータ収集開始

米自動車メーカー大手のGMは2024年4月10日までに、全米で営業停止していた自動運転タクシーのサービス再開に向け、「手動運転」によるデータ集めを一部都市で再開すると発表した。 同社の公式ブログによれば、まずアリゾナ州フェニッ...

Googleが「二刀流」!自動運転タクシーでUber Eatsも配達

米アリゾナ州フェニックスで2024年4月10日までに、Google系Waymoの自動運転タクシーによるUber Eatsのデリバリーが開始された。自動運転車による「二刀流」のスタートだ。 車両はジャガーのEV(電気自動車)「I...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、TBSのnews23にてライドシェアの解説でパ...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年4月8日(月)放送のTBSテレビの報道番組「news23」にて、このほど解禁されたライドシェアについての解説でパネル協力をいたしました...

ライドシェア解禁、「女性は絶対乗るな」ってほんと?

東京23区などで2024年4月8日から、日本で初となる有償ライドシェアがスタートした。最初は地域や時間帯を限定して運行され、今後サービス展開を拡大していく計画だ。「日本版ライドシェア」などと称されている。 海外では一般的なライ...

LiDARの「MEMS式」「Solid State式」解説(2024年最新版...

自動運転車に欠かせない「目」の役割を担うセンサー類。その中でも近年開発競争が激化しているのがLiDAR(ライダー)だ。上場企業も出てきた。当初は自動運転開発用が主流で高価だったが、市販車への実用化を模索する中でさまざまな技術が導入さ...

自動運転の課題(2024年最新版) 事故責任は誰に?ハッキング対策は?

今や人間の社会生活になくてはならない存在となった自動車。急速に発展を遂げる「自動運転技術」により、この自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。 多くのメリットがあるからこそ業界をあげての開発競争が進んでいるわけだが、ま...

自動運転の難易度、要件・技術レベル別に徹底解説(2024年最新版)

市販車の自動運転レベル3(条件付き運転自動化)に続き、バス・シャトルでの適用を想定した自動運転レベル4(高度運転自動化)も解禁された。日本はすでに自動運転元年をすでに迎え、商用展開・実用化のフェーズに突入したと言えよう。 今後...

タクシー会社「倒産ドミノ」か ライドシェア、全面解禁の検討へ

帝国データバンクによると、2023年度に倒産したタクシー事業者は33件となり、過去10年で最多を記録したという。 コロナ禍を乗り越え各社の業績は上向きに感じられるが、何らかのひずみが生じているのだろうか。苦しい台所事情が想定さ...

自動運転レベル3でできることは?(2024年最新版)スマホ・飲酒・睡眠は可能...

ホンダ「LEGEND(レジェンド)」を皮切りに自動運転レベル3搭載車種が増加の様相を呈している。メルセデスがホンダに続き、BMWも2024年3月からレベル3機能を一部車種にオプションで搭載することを発表した。 自家用車における...

自動運転用のセンサー一覧(2024年最新版) LiDAR、ミリ波レーダー、ミ...

自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラのほか、光の先進技術を活用したレーザーレーダーである「LiDAR」(ライダー)などのセンサーを活用し、システム側が車両周辺の環境を認識する。 AI(人工知能)が自動運転車...

自動運転、日本政府の実現目標は?(2024年最新版) セグメント別解説

社会実装に向けた取り組みが加速し続ける自動運転技術。国は2014年度から「官民ITS構想・ロードマップ」を策定し、早期実現に向けた計画のもと官民協働体制で事業を推し進めている。 同ロードマップは現在その役割を終え、新たな指針と...

OpenAI支援の米Ghost、自動運転事業「黒字化断念」で会社清算

OpenAIが支援する米スタートアップのGhost Autonomy(ゴースト・オートノミー)が、会社の清算をしたことがこのほど判明した。2024年4月3日をもって全世界での事業を停止し、会社を解散させた。 同社は高速道路に特...

Uberタクシーのよくある質問集!キャンセル料や事前予約など

日本でも人気の米国発タクシー配車アプリ「Uber Taxi(ウーバータクシー)」。まだ全ての都道府県で展開しているわけではないため、利用したことのない人も多いかもしれない。 この記事ではUberタクシーについて...

英ベントレー、自動運転レベル3を見送りか 手動切り換えを危険視

高級車メーカーの英ベントレーは、自動運転の初期商用水準となる「レベル3」の展開を見送る方針のようだ。 同社のエイドリアン・ホールマークCEO(最高経営責任者)が自動運転レベル3について「the most risky phase...

Uberタクシーアプリの使い方・予約方法・対応エリアは?

タクシー配車アプリで人気上位なのが「Uberタクシー」だ。この記事では、まだUberタクシーを利用したことがない人向けに、料金や手数料、利用方法、対応エリアなどについてまとめて説明する。 まずはアプリをインスト...

配送ロボ、市場規模40倍で「超ドル箱」化へ 2030年に4,000億円予測

市場調査を手掛ける富士経済はこのほど、デリバリーロボットの世界市場に関する調査結果を発表した。屋外におけるデリバリーロボット市場は右肩上がりで成長することが見込まれ、2030年に4,000億円規模に達すると予測している。 大き...

ライドシェア解禁!・・・沈黙貫くトヨタ、参入見送りか

日本版ライドシェアが2024年4月から始動するにあたり、大手企業もライドシェアビジネスへの参入を次々に発表している。 大手電気機器メーカーのオムロンのグループ会社であるオムロンソーシアルソリューションズ(OSS)は、全国の自治...

音喜多氏、河野大臣に「それはライドシェアではありません」

日本維新の会の音喜多駿政調会長が、X(旧Twitter)での河野太郎規制改革相によるライドシェア解禁に関するポストに反論している。 河野太郎氏は4月2日昼、今月からタクシー事業者が運営主体となってライドシェアを提供できるように...

中国の自動運転車?ダミー人形、衝突で吹っ飛びこなごなに

X(旧Twitter)である映像が投稿され、波紋を広げている。 投稿では中国のEVメーカー「Li Auto」の自動ブレーキテストの様子だと説明されているが、真偽のほどは定かではない。しかし、改めて自動運転技術を不安視する声が高...

ライドシェア、「女性専用」で展開!沖縄企業、安心度を重視

女性専用のライドシェアサービスが2024年4月1日から沖縄県でスタートした。 この取り組みは、沖縄で交通情報サービスなどを展開する株式会社オキジモ(本社:沖縄県南風原町/代表取締役:上地佑来)により、「利用者・ドライバー共に安...

自動運転、都民に理解促せるなら「先着で1,000万円」 東京都が発表

東京都で、自動運転の実装に向けた社会受容性向上に寄与する取り組みに対しての新たな支援がスタートした。 幅広い世代に向けて、自動運転に関する体験や学びの機会を提供する取り組みなどの実施に必要な経費として、最大1,000万円を補助...

NY市長、「中途半端」に自動運転解禁!車内無人を認めず

米国のニューヨーク市で、安全要員(セーフティドライバー)付きでのみ自動運転車のテスト走行が許可されることになった。ただし、車内無人のドライバーレスでの走行は認めない。なんとも中途半端な解禁だ。 カリフォルニア州やアリゾナ州では...

自動運転レベル2の要件や定義、機能を解説

市販車の競争は依然として自動運転レベル2(部分運転自動化)ベースに行われている。 一見すると開発競争が停滞していると思われがちだが、自動運転レベル2における機能も着々と高度化が図られており、システムが機能する速度域の広がりやレ...

自動運転に関する専門用語(2024年最新版)

ホンダなどによって自動運転レベル3の市販車が発売され、レベル4の自動運転タクシーもアメリカや中国ですでに商用展開がスタートしている。自動運転分野では次々と新しい技術や発想が生み出されており、それに伴って聞きなれない用語も増えてきた。...

テスラ株急落!180万円の自動運転ソフト、無料提供で復活模索か

栄枯盛衰。自動車業界に新風を吹き込んだ米EV(電気自動車)メーカーのテスラ。業績は堅調とも言えるが、一時隆盛を極めた株価は急落も含む下落傾向が続き、その企業価値はGAFAMから再び離され始めている。市場からは、EVメーカーとしての活...

空港での「手荷物ぶん投げ」問題、自動搬送ロボ導入で解決へ

海外のショッキング映像で、空港に預けた手荷物が雑に扱われているのを見たことはないだろうか。係員がベルトコンベヤーに手荷物をぶん投げたり、高所から投げ下ろしたりする映像だ。まるでハードケースの耐久性能を確かめているようだ。 しか...

自動運転車に「信号無視」の特権 「道路AI法」制定の可能性

「自動運転車は信号を無視してもOKです」──と聞けば、おそらく大半の人は「ふざけるな!」「そんなわけない!」といったリアクションを見せるのではないだろうか。 しかし将来的に本格的な自動運転社会が到来した時に「自動運転車は信号を...

自動搬送EVのeve autonomy、赤字7.8億円は「外販強化」の証?

自動搬送ソリューションを手掛ける株式会社eve autonomy(本社:静岡県袋井市/代表取締役CEO:星野亮介)=イヴオートノミー=の第4期決算公告(2023年12月現在)が、このほど官報に掲載された。 第4期の当期純損失は...

自動運転バスに「イケメンAI車掌」!ChatGPT活用して返答

自動運転バスにAI車掌を導入するという取り組みが、2024年4月1日から始まる。 サービス設計やキャラクター企画開発を行ったのは、株式会社TRIBALCON.(本社:東京都渋谷区/代表取締役: 生本訓昭)=トリバルコン=だ。同...

カーシェア満足度、トヨタが3年連続1位!「不動の首位」確立か

カーシェアリングサービスに関する調査で、トヨタの「TOYOTA SHARE」が顧客満足度ナンバーワンを獲得した。 この調査はコンサルティング機関の株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区/代表取締役社長:山本浩二)...

超小型モビリティ、自動運転化を視野!KGモーターズ、3.8億円の資金調達

KGモーターズ株式会社(本社:広島県東広島市/代表取締役CEO:楠一成)は、自動運転化を視野に超小型モビリティを開発している。2025年にオリジナルの超小型モビリティを量産販売し、自動運転によるMaaSの展開を目指しているという。 ...

自動運転、次は東北で「なんちゃってレベル4」認可 汎用性に課題感

国土交通省・東北運輸局は2024年3月、JR東日本らがBRT路線で取り組む自動運転バスについて、レベル4の認可を行ったと発表した。国内4例目で、東北地方では初のレベル4となる。 今回の自動運転のポイントは、走行速度と車両サイズ...

ポチモの評判・料金・審査の厳しさは?新車・中古車のサブスク・リース

数あるクルマのサブスクリプションサービス(サブスク)で人気上位なのが、出光のカーリース「ポチモ」だ。 自動車メーカーやレンタカー会社、中古車販売店、保険会社など、さまざまな業界の企業により展開されているクルマのサブスク...

半導体大手Armが宣言!AI自動運転車「開発を最大2年短縮」

ソフトバンクグループ傘下の半導体設計大手である英Arm(アーム)はこのほど、最新のArm Automotive Enhanced(AE)プロセッサー群とオートモーティブ向けの新しいバーチャルプラットフォームを発表した。AI(人工知能...

三井物産系の自動運転ベンチャー、第1期は9.3億円赤字 T2、続々と資金調達...

自動運転技術を活用した次世代物流システムの構築を進める株式会社T2(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:森本成城)の第1期決算公告(2023年3月現在)が、官報に掲載されている。 損益計算書(2022年8月30日〜2023...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、MBSの経済番組で自動運転について解説しました...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年3月20日放送のMBS(毎日放送)の経済バラエティ番組「風さん桶さん〜たどった先に儲けの秘密が!〜」に出演し、自動運転ビジネスについて...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、J-WAVEのラジオ番組でライドシェアについて...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が2024年3月26日、東京のFMラジオ局「J-WAVE」の情報エンタメプログラム「STEP ONE」に出演し、日本版ライドシェアについて解説しまし...

ライドシェア大手Uber、タクシー運転手に270億円 減収分を補填へ

配車サービス大手の米Uber Technologiesが、オーストラリアのタクシードライバーら8,000人に減収分の補償として計2億7,180万豪ドル(約270億円)支払うことに合意した。原告側弁護団が明らかにしている。 ウー...

三井物産系ベンチャーも募集!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2024年...

自動運転・MaaS関連の技術開発が急速に進んでいる。今年はさらに高レベルでの自動運転の実証が各地で行われる予定で、実用化に取り組む自治体なども多い。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2024年3月版では、各社が公開して...

【2024年3月の自動運転ラボ10大ニュース】アップルが自動運転開発を断念

海外では、アップルがついに自動運転開発を断念するという衝撃のニュースが飛び交った。スマートモビリティを一から開発するのは、天下のアップルでも簡単なことではなかったようだ。 一方、国内ではライドシェア関連の話題や自動配送ロボット...

トヨタ出資の米Nuro、配送ロボで食料品の配達開始へ NVIDIAともタッグ...

自動配送ロボットの開発を手掛ける米Nuroが、ミニサイズの「R3」でスナック菓子などを移動販売するサービスを開始する。米カリフォルニア州とテキサス州で2024年後半から稼働させる予定だ。 Nuroは、トヨタも出資する注目の自動...

Uber Eatsの配送ロボ、開発者はGoogle出身!Cartkenの知ら...

法改正により実用化フェーズに突入した自動配送ロボット。本格的な商用化フェーズを見据え、各社が開発やサービス実証を加速している。 日本では、Uber Eats Japanと三菱電機が手を組み、ロボットデリバリーサービスに着手した...

クルマのサブスクと購入、どっちが得?徹底検証

クルマは「所有から利用へ」がトレンドになっている現在、多数の企業がクルマのサブスクリプションサービスに参入している。それでは、サブスクと購入では、どちらがお得なのだろうか。 具体的なサブスクサービスの費用と、車両を購入...

ライドシェア運転手、「給料2倍」条例が可決 Uber、米ミネアポリスから撤退...

米ミネソタ州ミネアポリスでこのほど、ライドシェアのドライバーの給与を2倍にするという新条例が可決された。米メディアが報じた。 可決は2024年3月7日付。条例は5月1日に施行予定で、米ライドシェア大手のUberとLyftは施行...

クルマのサブスク「やめとけ」ってホント?

クルマのサブスクサービスが人気だ。自動車メーカーや保険会社、レンタカー会社、石油会社など、さまざまな業界の企業が参入し、サービスを展開している。具体的には、KINTOやSOMPOで乗ーる、ポチモ、ニコノリなどが人気だ。 ...

三菱商事、自動運転事業に参入!総合商社の新たな成長エンジンに

三菱商事は2024年3月、自動運転開発スタートアップのティアフォーに出資すると発表した。協業を通じて自動運転システムの社会実装を推進していく狙いだ。 三菱商事は近年、自動運転をはじめとしたCASE領域における取り組みを加速して...

空飛ぶクルマ×自動飛行をダブル実現!パソナが淡路島で

空飛ぶクルマによる関西圏初の無操縦者航空機での有人飛行実証が行われた。この実証は、人材大手の株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区/代表取締役グループ代表:南部靖之)が兵庫県淡路市、一般社団法人MASCと連携し、2024年3月...

自動運転は「ダンプ」から!?日野自動車と大林組、ダムで実証実施

自動運転技術といえば乗用車やタクシー、バスへの搭載に注目が集まっているが、搭載先の選択肢としてはダンプトラックも考えられる。 日野自動車と大林組は、自動自律建機などとレベル4相当の自動運転ダンプのDX施工に向けた実証実験を、実...

自動運転、アジアの最新事情(2024年最新版)

世界各地で実用化に向けた取り組みが進む自動運転技術。アジアでは、中国を筆頭に開発が加速し、技術水準は先行する米国に肩を並べる域に達している。日本でも自動運転レベル3の市販車をホンダが発売し、ホンダや日産が自動運転タクシーの実現目標を...

自律走行ロボットの種類は?(2024年最新版)

開発と実用化に向けた取り組みが大きく加速する自動配送ロボット。すでに倉庫内などで実用化が進む自動搬送ロボットをはじめ、歩道を走行するモデルや車道走行モデルなど、さまざまな種類が登場している。 この記事では最新情報をもとに、自動...

自動運転推進派の政治家・議員・知事一覧(2024年最新版)

国内でも実用化がスタートしている自動運転サービス。米国・中国と比較すると内容に差はあるものの、着実に前進していることは間違いない。 こうした前進をリードするのは、開発企業だけではない。施策の方向性を定める政治家や、受け入れ先と...

ライドシェア推進派の政治家一覧(2024年最新版)

解禁に向けた議論が大きく加速しているライドシェア。国は規制改革推進会議を中心に本格議論に着手し、2024年3月の一部解禁も決定。国会議員の中にも超党派勉強会を立ち上げるなど取り組みが熱を帯び始めた。 依然として慎重な姿勢を崩さ...

ライドシェア世界最大手Uber、ついに日本で「本業」を本格展開へ

配車プラットフォーマーのUber Japanは2024年3月、石川県加賀市と包括連携協定を交わし、加賀市版ライドシェアの本格運行を開始したと発表した。2023年12月に行われた自家用有償旅客運送の規制緩和以降、同社が初めて自治体と協...

自動運転時代、信号機に「白」追加を 米研究チーム、「4つ目の色」を提言

アメリカの大学の研究チームが来たるべき自動運転の時代を前に、信号機の基本デザインに新たに第四の色として「白」を加えるアイデアを提言していることが、大きな話題になっている。 ▼Advancing the white ph...

クルマのサブスク、Z世代「検討したい」80%超!都内認知層、2年で倍増

「クルマのサブスク」を認知しているZ世代(18〜25歳)のうち、利用を検討している人は年々増加傾向にある。都内の認知層のうち「検討したい」と回答したのは2022年は41.2%だったが、2024年には80.7%にまで倍増した。 ...

ダイナミックマップとは?(2024年最新版) 自動運転に有用

自動運転業界では、一定条件下で自動運転が可能なレベル3の市販車が発売され、いよいよ自動運転時代の幕開けといった様相を呈している。レベル3はまだ運転手を必要とするが、次のフェーズであるレベル4では特定エリアでAI(人工知能)が全ての運...

自動運転、飲酒死傷事故の「ゼロ化」可能に 2023年は435件発生

警察庁はこのほど、2023年に発生した交通事故の状況をまとめた。交通事故死者数は前年から68人増の2,678人となり、8年ぶりに増加に転じた。 重大事故につながりやすい飲酒運転による事故も前年比8.3%増の2,346件で、この...

ライドシェア、料金変動制で「運賃最大3倍」案 業界団体、国交省に意見

2024年度に開始予定の自家用車活用事業。後の本格ライドシェアにつながる事業として注目を集めているが、運賃をめぐりダイナミックプライシングを導入すべきかどうか――といった観点でも賛否が分かれているようだ。 意見公募ではダイナミ...

英半導体大手Arm、自動運転分野でティアフォーと協業

自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤真平)は2024年3月18日までに、新しい自動車技術で半導体設計大手の英Arm(アーム)と協業することを発表した。 Armは半導体やソ...

自動運転、実証実験の結果一覧(2024年最新版)

自動運転技術の実用化に向けた実証が各地で進められている。一部は実用化域に達しつつあり、法改正によるレベル4解禁とともに、取り組みはますます加速していく見込みだ。 年々進化を遂げている研究開発現場では、どのような成果が上がり、ま...

5年後の日本、配送ロボが歩道を埋め尽くす懸念 Uber Eatsが口火

2023年4月に届け出制のもとサービス実装が可能になった自動配送ロボット。制度開始からまもなく1年を迎える。実用化をめぐる競争が激化すると思いきや、意外とおとなしい立ち上がりとなった。社会受容性などを背景に、各社とも様子見しているの...

LUUPを【福岡】で使う!ポートと料金・クーポン情報まとめ

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス最大手がLUUPだ。電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開しており、2024年3月27日からは福岡県福岡市でもスタートすることが発表された。 ...

部分的自動運転、トヨタ・レクサスのみ「合格圏」 米IIHS調査

自動車メーカー9社の14の部分的自動運転システムについての評価が米国で行われた。合格点を獲得したシステムは1つのみという結果となった。 この評価を行ったのは米道路安全保険協会(IIHS)で、自動車メーカーがより強固な安...

トヨタ出資先の中国系Pony.ai、自動運転で欧州圏上陸

トヨタも出資する中国の自動運転スタートアップPony.ai(小馬智行)が、ヨーロッパのルクセンブルクに進出するようだ。 2024年3月6日にルクセンブルク政府と、自動運転モビリティ開発を推進するための覚書を交わしたという。中国...

完全自動運転車に乗らない理由、「運転が好き」61%で首位

自分で運転するのが好きだから、完全自動運転車に乗りたくない──。こう思う人が多いという調査結果が発表された。 調査を行ったのは、駐車場運営などを手掛けるパーク24だ。完全自動運転車に乗りたくない理由の1位が「自分で運転するのが...

バスから運転手さんが消える・・・!?いすゞ、自動運転化に挑戦

いすゞ自動車がレベル4の自動運転バスの開発に取りかかる。資本業務提携したティアフォーの技術を活用し、自動運転シャトルを開発する海外勢などに真っ向勝負を挑む。 いすゞと自動運転スタートアップであるティアフォーは2024年3月6日...

Over The Air(OTA)技術とは?(2024年最新版)

コネクテッドカーの登場により自動車業界で飛躍的に注目度が高まっている「OTA(Over the Air)」。聞きなれない言葉かもしれないが、スマートフォンなどで当たり前に使用されている技術で、自動車への普及も今後加速度的に進...

自動運転レベル3とは?(2024年最新版)

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。ハンズフリー運転を可能にする高度な自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2020年に国内で改正道路交通法などが施行され、アイズオフ(アイズフリー)が可能となるレベル3...

歩車分離式信号の「渋滞誘発のジレンマ」、自動運転車が解決へ

交通安全に一定の効果があるとされる歩車分離式信号。この20年で設置個所は微増し続け、その数は全国で1万基を超えた。車両と交差点を横断する歩行者が交錯することがないため、交差点における歩行者の安全確保に一定の効果を発揮する。 一...

自動運転バスの事故、原因は「人間」 千葉県横芝光町で踏切遮断機と接触

自動運転バスの実証実験中に接触事故が発生した。ただし自動運転バスは「手動運転中」で、けが人や物損はないという軽微なものであった。 接触事故は、2024年3月7日に千葉県横芝光町での自動運転バスの実証実験中に起こった。JR横芝駅...

自動車のサブスクとリース、違いは?

クルマが「所有から利用へ」と変化しつつあるいま、サブスクリプションサービスやカーリースの需要は増加しており、多くの企業がサービスを展開している。 それでは、サブスクとカーリースに違いはあるのだろうか?それぞれの特徴と違いについ...

アメリカの自動運転最新事情(2024年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

トヨタの自動運転特許、10年で3%→5%の微増にとどまる

自動車メーカー各社が自動運転移動サービスを見据えた取り組みを加速している。トヨタもついにお台場エリアで実証に着手するようだ。 トヨタの自動運転開発がどのレベルまで進んでいるかは謎の部分が多いが、水面下で進められている研究開発は...

AIが観光船を操縦!エイトノットが発表、自律航行技術を導入

船の自動運転技術開発を行うスタートアップである株式会社エイトノット(本社:大阪府堺市/代表取締役:木村裕人)は、瀬戸内海の事業者が運航する観光船へ自律航行プラットフォーム「エイトノット AI CAPTAIN」を導入したことをこのほど...

米Nuroと英Arm、自動運転レベル4で提携!注目の2社がタッグ

自動配送ロボットの開発を手掛ける米Nuroと、半導体設計大手の英Armが自動運転技術の高度化に向けタッグを組んだ。低電力で動作可能なArm製品でエッジ側ソリューションを構築し、性能向上や商用化を促進していく狙いだ。 自動運転業...

自動車のサブスク、向いてる人は?メリットは?

クルマの「所有から利用へ」がトレンドになっている現在、サブスクリプションサービス(カーリース)が活況を呈している。トヨタ系「KINTO」やSOMPOとDeNAによる「SOMPOで乗ーる」、出光の「ポチモ」、レンタカー事業も行...

S.RIDE、「流しは拒否」のアプリ専用タクシーを展開!東京23区などで

ソニー系のタクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」はこのほど、「アプリ配車専用車」の運行を開始した。流しの客のためではないタクシー車両だ。グリーンキャブ、国際自動車、大和自動車交通と共同で、東京23区および武蔵野市、...

自動運転レベル4とは?車種一覧、市販車はある?いつ実用化?

グーグル系Waymo(ウェイモ)が自動運転タクシーの商用サービスで口火を切った「自動運転レベル4」(高度運転自動化)。世界各地の開発企業がウェイモに追随し、米国や中国では無人の自動運転サービスが珍しいものではなくなりつつある。 ...

自動運転車の市場調査・レポート一覧(2024年最新版)

2010年代からADAS(先進運転支援システム)の普及が本格化し、2020年代に入るとレベル3以上の自動運転市場の形成も始まった。ADAS、自動運転システムとも引き続き右肩上がりの成長を遂げていくことが予想されている。 この記...

Uber Eatsの自動配送ロボ、いよいよ日本で稼働!最高時速は「早歩き」程...

Uber Eatsがいよいよ自動配送ロボットの稼働開始を発表した。配送ロボットを使ったフードデリバリーの取り組みはアメリカに次いで2カ国目。日本の道路は世界的にもしっかりと整備がされており、配送ロボットがトラブルなく自動走行をしてい...

自動運転ラボ主宰の下山哲平がUber Eatsの自動配送について、TBS「N...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年3月5日放送のTBSの報道・情報番組「Nスタ」にて取材協力を行いましたので、お知らせいたします。 ■サービス提供、「いかに早く、より...

Googleの自動運転タクシーを盗もうとした男、手動操作できず御用

米カリフォルニア州ロサンゼルスのダウンタウンでGoogle系の自動運転タクシーを盗もうとした男が、窃盗未遂容疑で逮捕された。ロサンゼルス市警がこのほど明らかにした。 ■シフトレバーを「ドライブ(D)」に入れたが・・・ 事...

私服OK!GO、ライドシェア運転手の募集開始 車両も貸し出し可

国内最大手のタクシー配車アプリを展開するGOは、2024年4月に一部解禁されるライドシェアの運転手を募集している。自家用車を保有していない人には貸し出しを行い、私服で働くことも可能だという。 ■固定給+歩合制も、時給制も ...

日産の自動運転戦略(2024年最新版) プロパイロットの技術力、Easy R...

日産自動車は、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を「Pro PILOT(プロパイロット)2.0」として、一部市販車に搭載している。高速道路でのハンズオフ運転を可能にする機能で、2019年9月から搭載がスタートしている。 ...

トヨタが言い出しっぺ!自動運転バスの接近、光で知らせる道路鋲

広島県呉市で2024年1月18~21日にかけ、自動運転シャトルを使った「次世代モビリティ導入に向けた交通社会実験」が実施され、その中で使われた次世代道路鋲「Smart Road Stud(スマート・ロード・スタッド)」が活用された。...

LUUP、「必ず」交通ルールを再通知 電動キックボードのライド前に

電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを展開するLUUP(ループ)はこのほど、電動キックボードのライドの前に必ず「注意事項」の再通知を行うことを発表した。 アプリ内で電動キックボードに関する交通ルールのテストを出...

LUUPを【仙台】で使う!ポートとクーポン情報まとめ

首都圏を中心に利用者急増中の「LUUP(ループ)」。電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開しており、2024年2月28日から宮城県仙台市でもサービスの提供がスタートした。まず60カ所のポートが設置さ...

自動運転業界のスタートアップ一覧(2024年最新版)

AI(人工知能)やセンサーをはじめとした最新技術が結集する自動運転業界。新進気鋭のスタートアップも次々と登場し、業界を賑わせている。 この記事では、CASE(C=コネクテッド、A=自動運転、S=シェアリング・サービス、E=電動...

自動運転ベンチャー、未上場企業一覧(2024年最新版)

新興勢の台頭が著しい自動運転業界。開発から実用化のフェーズに移行し、米Aurora Innovationなどの先行勢は早々に株式上場を果たしている。 もちろん、スタートアップの多くは開発と実用化の状況を冷静に見極め、上場による...

トヨタ、自動運転タクシーの参入見送りか 日産は2027年、ホンダは2026年...

自動運転サービス実装をめぐる自動車メーカーの動きが活発化し始めた。ホンダに次ぎ、日産も自動運転モビリティサービス事業化に向けた新たなロードマップを公表したのだ。 ホンダは2026年に自動運転タクシー、日産は2027年度に自動運...

Appleが開発中止した自動運転技術、「数十億ドル」で売却・現金化か 

自動運転開発を水面下で進めてきた米Apple(アップル)が、ついに開発プロジェクトを断念したようだ。米ブルームバーグが報じている。 事実であれば、数十億ドルと言われる巨額の資金を投じて10年間続けてきた大型プロジェクトを放棄す...

ライドシェア解禁、Uber Eatsとの「二刀流」で高収入は可能?

2024年4月スタート予定の自家用車活用事業(仮)に向け、タクシー事業者による一般ドライバーの求人が増加傾向にある。 タクシー事業者管理のもとサービスを提供する形式であり、一般ドライバー視点ではさまざまな制限が設けられるためド...

トヨタ、コネクテッドカー販売の世界シェア首位!CASE領域で存在感

テクノロジー・メディア・通信業界に特化した国際的な調査会社であるCounterpoint Technology Market Research(カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ)はこのほど、コネクテッドカーに関...

自動運転求人、前月比18.7%増の3万293件 2024年2月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年2月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

完全自動運転のトヨタ車、インドで目撃か モディ政権と対立も

インドで完全自動運転かもしれないトヨタ車が目撃される──。現地メディアなどの報道によれば、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARセンサーを搭載したトヨタのクロスオーバーSUV「RAV4」が、インド国内で8番目に人口が多いプネーの公道を...

イーロン、自動運転EV断念のAppleに「敬礼とタバコ」 テスラに追い風、感...

米Appleが自動運転EV(電気自動車)の開発を断念したことが、大きな話題になっている。人員の一部を生成AI(人工知能)の開発に充て、10年間続けてきた取り組みに終止符が打たれる。 このニュースが報じられたあと、テスラのCEO...

自動運転、レベル4とレベル5の違いは?実用化状況は?(2024年最新版)

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4の実用化が海外で加速している。国内でも車内無人化を実現する技術開発と環境整備が進められている中、法改正によって自動運転レベル4(高度運転自動化)が解禁され、各地の実証も新たなフェーズを迎え...

ライドシェア、解禁5年でオワコン化か 安価な自動運転タクシーの普及で

ライドシェア解禁をめぐる議論が熱を帯びている。タクシー事業者の介在なく一般ドライバーが移動サービスを提供できるようにすべきか否か……が主な争点で、この論点の決着は長期化する恐れもある。 その動向に注目したいところだが、長い目で...

トヨタの中古車サブスク、全国展開へ号砲!?KINTOが発表、3都県に拡大

トヨタが中古車サブスクサービスとして展開している「KINTO ONE 中古車」の対象エリアが拡大した。これまでは東京都と愛知県のみの展開だったが、新たに長野県が加わった。住んでいる場所と車両を使う場所が長野県であることなどが...

イーロン・マスク流で地下に?日本政府、「物流向け自動運転道」実現へ 夏にルー...

物流課題の解決に資する新たな高規格道路ネットワークの形成に向け、道路空間をフル活用した「自動物流道路」構築に向けた動きが進み始めた。いわゆる物流向け自動運転専用道路だ。 国土交通省所管の「自動物流道路に関する検討会」が発足し、...

自動運転タクシーの世界市場、2030年に15兆円規模!年65%成長と驚異的伸...

自動運転タクシー(ロボタクシー)の市場規模は、2030年までに986億ドル(約14兆8,000億円)に達するという市場調査が発表された。2023〜2030年のCAGR(年平均成長率)は65%と、驚異的な伸びを見せるようだ。 こ...

LUUP(ループ)とは?料金・サブスクプラン・展開エリアは?登録方法は?

LUUP(ループ)は、電動キックボードと電動アシスト自転車など「電動マイクロモビリティ」のシェアリングサービスで、いまや日本で最もユーザー数が多いアプリだ。 2020年5月に電動アシスト自転車、2021年4月に...

LUUP(ループ)は【東京】のどこで使える?渋谷・池袋・新宿・港区にポートは...

電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービス「LUUP(ループ)」。シェアは国内トップだ。LUUPは東京で使えるのか、どこの区で使えるのか。23区外でも利用することは可能なのか。 この記事では東京...

LUUP(ループ)のよくある質問集!料金は?歩道で乗れる?サブスクはある?

電動マイクロモビリティのシェアリングサービスの中で一際口コミの評判がいいのが「LUUP(ループ)」だ。大都市圏を中心に電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開している。 LUUPの利用に...

LUUP(ループ)設置・導入で得られる収入は?メリットは?申込窓口は?

電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開している「LUUP」。日本でNo.1の電動マイクロモビリティのアプリだ。 同社によると、すでに5,600以上のポートが設置されているという。なおポ...

LUUP(ループ)のサブスク、月額料金はいくら?登録方法は?お得なの?

電動マイクロモビリティのシェアリングサービスといえば「LUUP」が大人気だ。大都市圏を中心に展開されており、電動キックボードや電動アシスト自転車を気軽に利用できる。このLUUPをお得に利用できる新サブスクプランがいよいよスタ...

Uber Eatsの配送ロボ、「安全大国ニッポン」でも襲撃の標的に?

Uber Eats Japanと三菱電機が日本国内でのロボットデリバリー事業に着手する。米スタートアップCartken(カートケン)のロボットを導入し、2024年3月中に東京都内の一部地域でサービスを開始する計画だ。 本家の米...

LUUPやKINTOが人材募集!自動運転&MaaS、気になる求人4選【202...

2024年に入り、日本ではライドシェア導入に向けての検討が本格化してきた。実用化を視野に入れた自動運転車による実証実験も各地で行われているなど、モビリティ関連のニュースが多くなってきた。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事...

【2024年2月の自動運転ラボ10大ニュース】トヨタがついに自動運転サービス...

国内ではライドシェアをめぐる議論が過熱の一途をたどっている。徐々に議論の中身が明らかになり始めており、今後数カ月間は目を離せない状況となりそうだ。自動運転関連では、大本命のトヨタに動きがあったようだ。 2024年2月の10大ニ...

GOタクシー、ついに「あと2県」で全国制覇!残すは島根と鳥取

タクシー配車アプリ「GO」の対応エリアが45都道府県まで拡大しており、全国制覇まであと2県となっている。残すは島根県と鳥取県だ。 ■島根県と鳥取県以外は全て網羅 GOの公式サイト、現在の対応エリアは以下の通りとな...

GOタクシーアプリの使い方・クーポン情報を徹底解説!

皆さんはタクシー配車アプリは何を使っているだろうか。最大手かつ人気急上昇中なのが「GO(ゴー)」だ。各種調査によると、ダウンロード数や利用者数、利用率でDiDiやUber Taxiを抜き、トップに君臨している。現在は全国45...

ライドシェアの仕事、「したい」わずか8.2%!主婦・主夫層向け調査

株式会社ビースタイル ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)が運営する調査機関「しゅふJOB総研」が、「ライドシェアの仕事」をテーマに、仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層を対象にアンケート調査を実施し、53...

トヨタも参入?ライドシェア解禁の「ビッグウェーブ」に乗る企業は?

新たなマーケットへの参入は、早ければ早いほど先行者利益を得やすい。そのためには、市場の形成期に事業をスタートさせることが非常に重要になり、もっと言えば、新たな有望市場が形成され始めた兆候をしっかりとキャッチできなければならな...

過去の死傷事故、「自動運転車同士」なら回避率89.5% 国交省調査

ドライバーに依存しない無人走行を可能にする自動運転技術。職業ドライバー不足の解消や道路交通の安全向上に資する技術として、開発と社会実装が世界で本格化している。 では、自動運転技術が大きく普及した将来において交通事故はどれほど削...

ドバイの公共交通、25%を自動運転化へ!2030年目標、約9,000億円の経...

アラブ首長国連邦(UAE)の中心都市であるドバイでは、2030年までに公共交通機関の25%を自動運転にするという計画がある。 これはUAE政府が策定した「ドバイ自動運転交通戦略」の一部で、ドバイ道路交通局(RTA)がすでに立て...

Google、事故後に自動運転ソフトを自主リコール 違法状態の牽引車両と接触...

米Google系の自動運転開発企業であるWaymoは2024年2月20日までに、接触事故の発生により旧ソフトウェアを自主的にリコールしたことを発表した。すでにアップデートを完了している。 報道発表によれば、以前Waymoの車両...

ライドシェア運転手、配車拒否ならタクシー会社が「指導」 国の想定案判明

ライドシェア解禁に向けた国の議論に動きが出た。国土交通省の交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会で自家用有償旅客運送制度の見直しなどに関する意見聴取や審議が行われ、現時点における国土交通省の考え方・方針が示された。 2024年...

中国人白タク、撲滅へ!ライドシェア解禁に合わせ取締り強化

ライドシェア解禁に向けた議論が話題を呼んでいるが、これと並行してタクシー規制緩和に向けた取り組みも着々と進められている。すでに第二種免許取得に係る要件の緩和や白タク仲介アプリの取り締まり強化など動き出しているものもある。 特に...

やはりトヨタが大本命!ついに「自動運転レベル4」、お台場で展開か

トヨタが自動運転サービス実現に向け大きく動き出したようだ。報道によると、東京都内のお台場エリアで2024年7月にもサービス実証に着手するという。自動車業界ではホンダが自動運転タクシー実装計画を具体化しているが、いよいよ業界のドンも本...

自動運転用LiDAR、サイバー攻撃で「景色が改ざんされる」脆弱性

慶應義塾大学はこのほど、自動運転用LiDARセンサーに対する網羅的なセキュリティー調査を世界で初めて実施し、ハッカーによる攻撃に対する新たな脆弱性を発見したという。 LiDARはよく「自動運転の目」と称される自動運転車のコアセ...

Google自動運転車への襲撃、セブンイレブンも過去に類似の被害

Google系Waymoの自動運転タクシーが米サンフランシスコの中華街で襲撃された。春節ムードの中で群衆が興奮し、車両の破壊行為に及んだ。最終的には車両は炎上し、このニュースは波紋を広げた。 この出来事の重大度は決して小さくは...

S.RIDE(エスライド)タクシーアプリのダウンロード・インストール方法は?...

「S.RIDE(エスライド)」は、利用者が急増中のタクシー配車アプリだ。ソニーグループが保有するAI(人工知能)とIT技術を活用して開発しており、首都圏を中心にサービスを展開している。 2023年9月に累計20...

テスラはオオカミ少年?真の「自動運転」実現なら覇者返り咲きか

2023年第4四半期におけるBEV(バッテリー式電気自動車)販売で、米テスラがついに首位から陥落した。代わってトップに立ったのは中国BYD(比亜迪)だ。 年間販売数ではテスラに軍配が上がったものの、2024年は年間販売数でも逆...

タクシーアプリGOのダウンロード・インストール方法は?

「GO(ゴー)」は、タクシー配車関連アプリにおける日本国内ダウンロード数ナンバーワンを誇るタクシーアプリだ。現在45都道府県でサービスを展開している。 この記事では、まだGOを利用したことがない人向けに公式アプ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平がフジテレビ「めざまし8」に出演しました

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年2月14日(水)放送のフジテレビのニュース番組「めざまし8」(毎週月〜金曜 午前8:00〜9:50放送)に出演いたしましたので、お知ら...

自動運転トラックと貨物鉄道、「コンテナ規格」統一化へ 三井物産系ベンチャー

貨物鉄道と自動運転トラックの「コンテナ規格」を統一化する取り組みが始まる。三井物産が設立したT2が日本貨物鉄道(JR貨物)とともにプロジェクトを開始する。システム面での連携も推進し、輸送キャパシティの維持・拡大と安定的な輸送の実現に...

LUUP(ループ)アプリのダウンロード・インストール方法は?

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」(ループ)。現在、東京・大阪・京都・横浜・宇都宮・神戸・名古屋・広島で電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアサービスを展開している。 まだ利用したこ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平がフジテレビ「Live News イット!」に出演...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年2月13日(火)放送のフジテレビのニュース番組「Live News イット!」(毎週月〜金曜 午後3:45〜7:00放送)に出演いたし...

テスラの自動運転技術、米国人の62%が懸念 大規模リコール後

フォーブスアドバイザーが実施した調査によれば、米EV大手テスラの最近の大規模リコールのあと、アメリカ人の62%がテスラの自動運転技術の安全性と信頼性に懸念を示していたことが判明した。 ■アメリカ人2,000人を対象に実施 ...

元メルカリ幹部、新会社でライドシェア事業!最高年収1,200万円で人材募集

タクシー事業者やプラットフォーマーらが相次いでライドシェア事業への参入を表明する中、2024年に設立されたばかりのスタートアップも動き出した。元メルカリ幹部が設立したnewmoだ。 具体的な事業形態などは不明だが、こうした新興...

ローソン×KDDI、リアル店舗網が自動運転時代の配送拠点に?

KDDIがローソンに対し株式公開買付け(TOB)を行う方針であることが発表された。ローソンの筆頭株主である三菱商事と持ち分・議決権を折半し、3社の結び付きを強化してリアル×デジタルの取り組みなどを促進していく狙いだ。 こうした...

トヨタの純利益4兆円、「自動運転時代」に向けたグループ解体・再編の原資に?

トヨタ自動車は、2024年3月期第3四半期決算を発表した。4~12月の3四半期における営業利益は4兆2,402億円となり、過去最高を記録した。通期見通しでは、ダイハツの出荷停止を受け前回の見通しから販売台数の減少を予想しているものの...

完全自動運転の車内、20〜30代「飲食したい」最多!シニアは「景色楽しみたい...

完全自動運転車の車内でどのように過ごしたいか──。こうしたことについて聞いた興味深い調査結果が発表された。20〜30代では「飲食したい」、シニアでは「景色を楽しみたい」が最多だった。 この調査を行ったのは、トヨタグループでクル...

自動運転バス、「危険感じた」14% 福島県田村市が実証結果を公表

福島県田村市の公道で2023年12月に自動運転バスの実証運行が実施され、乗車後のアンケート結果が公表された。乗車後に「危険を感じた」と回答した人は13.9%で、危険を感じたシーンとしては「停車時」が29.3%、「右左折時」が22.0...

部活動の送り迎えが大変・・・その課題、「相乗りタクシー」が解決

保護者の部活動の送迎の負担を減らすため、相乗りの仕組みを使った「部活MaaS」×「EVタクシー」のプロジェクトが始動。IT企業の株式会社REA(本社:東京都中央区/代表取締役社長:坂田敬次郎)は北海道帯広市のTKタクシーと共同で、実...

トヨタが自動運転ミニカーバトル!学生向けに実施、優勝者を本社へ招待

優勝者がトヨタ自動車の本社へ招待されるというイベントが開催された。一般社団法人42 Tokyoとトヨタは共同で「自動運転ミニカーバトル」を2024年1月26日に開催した。学生のキャリアの選択肢を広げることを目的としたレースだ。 ...

自動配送ロボット事業で活用可能な助成・支援制度一覧

道路交通法の改正などにより、サービス実装が可能となった自動運転技術。ただ、技術水準はまだまだ開発途上にあり、またサービス実装にはパートナー企業や自治体などの存在も欠かせないため、本格実用化にこぎつけた例は少ないのが現状だ。 届...

ソフトバンクG決算、Armに劣らず「自動倉庫」投資も好調 5四半期ぶりの黒字...

ソフトバンクグループ(SBG)は2024年2月8日午後、2024年3月期第3四半期の連結決算を発表した。ビジョンファンド事業の投資損益は6,007億円となり、前年同期の7,300億円の赤字から大きく改善した。 最近の株式相場の...

トヨタが「デジタル乗車券」ビジネスに参入!?自社製アプリで機能提供

にしてつグループはこのほど、トヨタのスマホ向けMaaSアプリ「my route(マイルート)」を使って「有明エリアのりのり2DAYきっぷ~大牟田・柳川・みやま~」を2024年2月9日から300枚限定で販売することを発表した。 ...

自動運転関連の法律・ガイドライン一覧(2024年最新版) 施行・改正情報まと...

道路交通法(道交法)の改正などにより、自動運転を解禁する動きが加速している。その結果、自動運転レベル3の市販車をホンダが発売し、「誘導型」ではあるもののレベル4の移動サービスも登場した。建機や農機の自動運転化の取り組みも前進している...

ホンダの自動運転戦略(2024年最新版) レベル3車両発売、無人タクシー計画...

世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めた。米GM、Cruise(クルーズ)との協業により、自動運転タクシーを日本で展開する計画も...

万博の跡地、トヨタによる「大阪版Woven City」への期待感

2025年開催予定の大阪・関西万博。開催の是非をめぐる論争が巻き起こっているが、その一方で会場跡地の利活用に向けた市場調査もすでに進められているのをご存じだろうか。 大阪府・市が2023年夏に発表したサウンディング型市場調査結...

Googleの自動運転部門、インターンにも年収2,000万円提示

Google系の自動運転開発企業である米Waymoが、インターンを募集中だ。10万5,000〜12万5,000ドル(約1,600〜1,900万円)という高額な年収が提示されている。この年収を得られる正社員すらほとんどいない日本企業と...

自動運転、一番進んでいるメーカーは?(2024年最新版)

米国、中国を中心に本格実用化が始まっている自動運転サービス。日本などでも法整備が進み、徐々に社会実装の輪が世界に広がり始めた。 黎明期を迎えた自動運転。急拡大する市場をリードし、覇権争いを展開する開発企業14社をピック...

拝啓トヨタ 豊田章男会長。不正問題は自動運転強化の好機です

拝啓トヨタ様。2023年のグループ別新車グローバル販売台数が4年連続で世界一となりましたこと、心よりお祝い申し上げます。 半導体供給の回復や為替変動、資材高騰、紛争などさまざまな要因の影響を受けつつも、グループが一丸となって競...

米ロボマート、「自動運転コンビニ」をトヨタより先に展開へ

完全自動運転モビリティを使ったモバイルコンビニのプロジェクト「Robomart Smart Shop」が、米カリフォルニア州でいよいよ本格的に動き出すようだ。実験的に商用展開を開始するのは、同州に拠点を置くRobomartだ。 ...

トヨタ、Xデーは2月6日!?ついに自動運転技術を商用展開か

トヨタ自動車の2024年3月期第3四半期決算の発表が近づいてきた。2月6日に発表される予定だ。 2023年はグローバル販売・生産ともに過去最高を記録するなど業績面で文句はないものの、日野に続きダイハツ、豊田自動織機とグループ各...

良品計画が自動運転バス!ただし「反テスラ」的な誘導式で走行

無印良品を展開する株式会社良品計画(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:堂前宣夫)は2024年2月4日までに、自動運転モビリティ「GACHA(ガチャ)」のリニューアルを発表した。 これまで行った実証実験を生かし、日本の都市交通...

自動運転、シニアの利用意向は「ネット利用時間」と相関関係

シニアを対象とした調査で、インターネット利用時間が長い人ほど、自動運転の利用意向が高いことが判明した。この調査を行ったのは、NTTドコモの社会科学系の研究所であるモバイル社会研究所だ。 調査によれば、インターネット利用時間が「...

自動運転ベンチャー、技術者に最高年収2,000万円提示 人材獲得競争、本格化...

転職サイト「ビズリーチ」は2024年2月2日までに、2023年に企業の採用担当者がレジュメ(職務経歴書)を検索する際に使用したキーワードを集計し、自動運転関連ワードの順位が急上昇したことを明らかにした。 今後、自動運転関連技術...

批判殺到!ライドシェア「1乗車20キロ以内」案 タクシー団体が検討か

2024年度にも解禁が予定されている日本版ライドシェア。タクシー事業者による運行管理のもと、一般ドライバーによる自家用車を活用したサービスの提供が可能になる見込みだ。 日経新聞によると、東京ハイヤー・タクシー協会(川鍋一朗会長...

タクシー会社限定ライドシェア、UberとDiDi「裏方役」で苦渋の参入

2024年4月からライドシェアがタクシー会社に限定して解禁される。タクシー会社以外はサービスを展開できない形で、ライドシェアの世界的大手企業であるUberやDiDiを実質的に締め出すような解禁と言える。 そんな中、UberとD...

自動運転求人、前月比10.9%減の2万5,512件 2024年1月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年1月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

注目の国産自動運転バス、価格は__万円!調べてみたら・・・

自動運転OSの開発を手掛ける日本のティアフォーが開発する自動運転バス「Minibus(ミニバス)」の販売がスタート。販売を手掛けるアイサンテクノロジーも、製品ホームページをこのほど公開した。 世界的に自動運転バスは欧州勢が強い...

NASAが宣言!「完全自律型」の空飛ぶタクシーを実現へ

米航空宇宙局(NASA)は2024年1月31日までに、ドローンを自律飛行させることに成功したと発表した。こうした取り組みを通じ、いずれは完全自律型の「空飛ぶタクシー」を実現させる。今回は人間の介入無しで複数のドローンが離発着や飛行を...

拝啓Google様。自動運転タクシーの日本事業の「秘策」あります

拝啓Google様。拝啓Waymo様。 あなたが道を切り開いた自動運転開発は世界に波及し、自動車メーカーからスタートアップまで非常に多くの企業があなたの背を追いかけ、技術水準を飛躍的に高める結果となりました。その功績は大変大き...

S.RIDE(エスライド)タクシーアプリの使い方・予約方法・エリアは?クーポ...

利用者が急増中の「S.RIDE(エスライド)」は、ソニーグループが保有するAI(人工知能)とIT技術を活用して開発したタクシー配車アプリだ。 ワンアクションでタクシー配車ができることを強みにしており、現在9つの都道府県...

拝啓Apple様。まず1台だけ自動運転タクシーをローンチしては?

拝啓アップル様。あなたが自動運転開発を始めてから早10年が過ぎようとしています。紆余曲折を経ながらも水面下で開発を続け、この間、憶測を含むさまざまな情報が飛び交いました。 近々では、2028年ごろにレベル2+の自家用車を発売す...

GOタクシーでの領収書のもらい方は?インボイスは対応済み?チケットは使える?...

タクシー配車アプリで人気急上昇中なのが「GO(ゴー)」だ。GOの利用にあたり、領収書はどのような流れで受け取るのだろうか。また、タクシーチケットは使用できるのだろうか。ビジネスでタクシーを利用するシーンも想定しつつ、詳しく説...

自動運転バス・シャトルの車種一覧(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が世界で加速している。タクシーやデリバリーなどさまざまな用途に向けた開発が進められているが、早くから実用化が進んでいるのがバスやシャトルサービスだ。 この記事では、2024年現在で日本を含む世界で開発が進め...

手放し運転(ハンズオフ)が可能な車種一覧(2024年最新版)

自動運転技術の進化が著しいが、一般乗用車におけるADAS(先進運転支援システム)もしっかりと進化を遂げている。現在、目玉となっているのは高度なレベル2に相当するハンズオフ機能だ。 この記事では2024年時点の情報をもと...

【2024年1月の自動運転ラボ10大ニュース】車載半導体開発が国内でも加速

官民ITS構想・ロードマップが初めて策定された2014年から丸10年となる2024年。この10年間で自動運転を取り巻く状況は大きく変わった。 この勢いは新年を迎えてもとどまることはなく、国内では自動運転実証や半導体開発に関する...

自動運転車、事故多発は「仕方ない?」 3カ月で相次ぎ4件発生

2024年1月17日、愛知県常滑市で自動運転車の事故が起きた。自動運転車両の事故は2023年10月と11月、そして今年に入り1月初旬にも起きており、これで昨年秋からの約3カ月で4件発生したことになる。 自動運転車の実証実験の加...

運転代行アプリ開発企業、「日本型ライドシェア」に参入!スグクルが発表

運転代行予約サービスを手掛けるスグクル株式会社(本社:福井県坂井市/代表取締役:安達正之)は2024年1月26日までに、日本型ライドシェアへの参入を表明した。 同社は、2023年11月にリリースした運転代行配車アプリ「スグクル...

運転手が早起きを嫌うので、ソウル市が「自動運転」で超早朝バスを運行

韓国のソウル市では、路上清掃員やオフィス警備員などから早朝バスの運行の要望が出ているものの、バス運転手は早番勤務を嫌がっており、午前4時までの便を運行できていなかった。 そこでソウル市は自動運転バスを使い、午前3時半からバスの...

トヨタとNVIDIA、急接近か!ともにREADY Roboticsとの協業

トヨタと米半導体大手NVIDIAの距離が一段と縮まりそうだ。産業用ロボット向けのプラットフォーム開発に取り組む米スタートアップREADY Roboticsを通じて、3社で製造・設計現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速...

実証担当者など募集!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2024年1月】

日本でも自動運転技術の実用化に向けた取り組みが本格化した2023年。2024年は各社が実証実験や関連システムの開発に一層力を入れるとみられる。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2024年1月版では、各社が公開している案...

空飛ぶクルマ業界、二極化の様相 A.L.I.は破綻、SkyDriveは大型I...

空飛ぶホバーバイクの開発に取り組んでいたA.L.I.Technologiesが、このほど破綻した。東京地裁に破産申請を行い、すでに破産開始決定を受けた。開発費用の拡大で赤字が年々増え、2022年12月期は約19億4,000万円まで損...

タクシーアプリGOの迎車料金・手配料金は?キャンセル料はかかる?

国内ナンバーワンのタクシー配車アプリと言えば「GO(ゴー)」だ。日本交通とDeNAが出資するモビリティテクノロジー企業GOが運営しており、全国規模でサービスを展開している。 GOの利用ではどんな料金が加算される...

自動運転の事故責任、誰が負う?(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの普及が始まり、ホンダやメルセデスは自動運転レベル3の機能をすでに商用展開している。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残って...

Googleの自動運転タクシー、ついに「高速道」でも運行開始へ

Google系の自動運転開発企業である米Waymoは、自動運転タクシーを高速道路でも展開する計画を発表した。まず自動運転タクシーを最初に展開し始めたアリゾナ州フェニックスでテスト走行を実施する。 ■まずは従業員向けに試験展...

無人の自動運転パトカー、北京で試験導入 24時間稼働、360度センサーを搭載...

中国・北京市でこのほど、自動運転パトカーの路上走行試験がスタートした。自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の車内無人のパトカー15台が、北京市の警察官と連携して24時間体制で警官業務を行う。 この自動運転車は公道走行試験の認...

GOタクシー、5人6人乗りは可能?2台呼ぶ方法は?

「GO(ゴー)」は日本最大級のタクシー配車アプリだ。すでに45都道府県で展開している。 通常のタクシーは助手席を含め4人まで乗車できるが、大人数で移動したい場合は、どのような方法でタクシー配車を行えばいいのだろ...

CASEの意味は?(2024年最新版) コネクテッドや自動運転を示す自動車業...

自動車関係のトピックスで最近耳にする機会が増えてきたワードの一つに「CASE(ケース)」がある。自動車産業の今後の動向を示す重要なキーワードであり、自動車メーカー各社の事業の方向性を示す指針にもなり得るキーワードだ。 ...

EVモーターズ、創業4年で「万博向け自動運転バス」採用の快挙

2025年開催予定の大阪・関西万博。国内外から大勢の来場が見込まれ、その数は1日あたり10~20万人と予想される。こうした来場者の足として、Osaka Metro Group(大阪メトロ)が導入するのがEVバスだ。同社は150台のE...

自動運転銘柄に「上場廃止ドミノ」の兆し 苦戦続くTuSimple、非公開化へ...

自動運転トラック開発を手掛ける中国系企業TuSimple(図森未来)が2024年1月、上場廃止する方針を発表した。上場企業であり続けるメリットがコストに合わないと判断し、非公開へと移行するようだ。 自動運転分野では有力企業の一...

モビリティとは?意味・定義・種類は?(2024年最新版)

モビリティサービス、スマートモビリティ、モビリティカンパニー――。近年、「モビリティ」(Mobility)という言葉を耳にする機会が多くなった。当サイトでも頻出するスタンダードなワードだ。 しかし、その定義は意外と曖昧...

日本版ライドシェア、運転手バイト「時給1,600円〜」!タクシー会社が募集開...

日本政府は、2024年4月からライドシェアを部分的に解禁することを2023年12月に決定した。タクシー会社が運行を管理し、車両不足が深刻な地域や時間帯に絞って限定で解禁するという内容で、運転手はタクシー会社が雇用する。 ...

沖縄の離島に自動運転対応の道路!?検討業務で入札実施

沖縄県総合事務局が「令和5年度沖縄県内における自動運転の道路インフラに関する検討業務」に関する入札の公示を行っている。 業務内容は、離島における道路空間の問題点を試験走路で再現し、車両走行による技術検証を行い、結果をまとめるこ...

光ったら「自動運転バスが接近!」の合図 積水樹脂、実証向けに試作品展開

化学メーカーの積水樹脂(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:馬場浩志)は、広島県呉市で行われる自動運転の実証実験で、「スマート道路鋲」と「LED表示板(オプトマーカー)」を提供する。 これらは、同社がトヨタや光波と共同開発した...

GOタクシーの支払い方法は?現金は使える?迎車料金はいくら?

タクシー配車サービスで口コミ・評判ともに良いのが「GO」だ。基本のタクシー配車のほか、指定の時間にタクシーを手配する「AI予約」、混雑時間帯に自動手配する「優先パス」、空港定額サービスなどを展開している。 GO...

GO、タクシー会社の「ライドシェア運転手」採用を支援

タクシー配車アプリ最大手の「GO」を展開するGO株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:中島宏)は2024年1月18日までに、「日本型ライドシェア」の導入を検討するタクシー事業者に対し、ライドシェア運転手の採用支援などを開始する...

赤字続くKINTO、トヨタのサブスクが申込10万件突破!取り扱い30車種超に...

トヨタグループでクルマのサブスクサービスやMaaS事業を展開する株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社⻑:小寺信也)は、2024年1月11日で設立5周年を迎えた。クルマのサブスク「KINTO ONE」の累計申し込み数...

【計画判明】大阪メトロ、万博で自動運転バス計10台を運行!総ルート長は8.1...

2025年開催予定の大阪・関西万博における自動運転車の運行計画概要が、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)の資料から明らかになった。会場外3.3キロ、会場内4.8キロのルートを大型・小型の自動運転バスで運行するという。総運行ルートは合計...

自動運転のApple Car、水面下で再び開発強化か テスト要員がにわかに増...

アメリカの自動運転開発をリードしている企業は、文句なくGoogleだ。傘下のWaymo(ウェイモ)は完全無人の自動運転タクシーを有料展開し、Uberとの取り組みもスタートしている。 こうした状況の中、2014年から秘密裏に自動...

自動運転が可能な車種一覧(2024年最新版)

自家用車における「自動運転レベル3」の搭載をはじめ、レベル4移動サービスの実用化も世界各地で進展している。市販車ベースのものからオリジナル車両まで多彩なモデルが出揃い始めた。 この記事では、実証を含む自動運転サービスな...

NVIDIA株、一段高へ期待感!車載半導体、自動運転向けで採用加速

米半導体大手NVIDIAは2024年1月、自動運転向けの次世代SoC(システムオンチップ)「NVIDIA DRIVE Thor」が中国EV(電気自動車)メーカーLi Autoの次世代EVに採用されたと発表した。自動車の高機能化に伴い...

国産自動運転バス、「国内最長」36kmを運行!WILLERとティアフォーが実...

新潟県佐渡市で、全長約36キロの「国内最長ルート」を自動運転するという実証実験が2024年1月12日〜21日に実施中だ。 自動運転サービス導入を見据えたもので、高速バス大手のWILLERと自動運転スタートアップであるティアフォ...

ホンダの新EVコンセプトは「ハンドルあり」 自動運転レベル4は当分先か

ホンダは2024年1月、米ラスベガスで開催されたCES2024でグローバル展開を目指す次世代EV(電気自動車)「Honda 0(ゼロ)シリーズ」を公開した。北米市場を皮切りに2026年から市場化を促進する計画だ。 ホンダのイノ...

自動運転、刑事責任の「免責規定」が焦点に デジタル庁、有識者から意見聴取

自動運転車による事故発生時などの責任の在り方や社会的ルール整備に向けた議論が本格化し始めたようだ。デジタル庁はこのほど、「モビリティ・ロードマップ2024(仮称)」策定を進めるモビリティワーキンググループの下に、自動運転車の社会的ル...

習い事の送迎、「負担感じる」8割!相乗りタクシーMaaSで解決

愛知県刈谷市で交通と教育をつなぐ「MaaS」の実証実験が始まる。交通に別の要素を掛け合わせた次世代モビリティサービスと言えるプロジェクトで、小学校や習い事先、自宅を相乗りタクシーでつなぐ。 刈谷市では保護者の約8割が習い事への...

スズキ、空飛ぶクルマ企業SkyDriveとますます「蜜月」に!追加出資を発表...

空飛ぶクルマ開発で国内最大手の株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2024年1月12日までに、シリーズCにおける追加資金調達を実施したことを発表した。 スズキを引受先とした第三者割当増資...

日産、非常に難しい「市街地での自動運転」に挑戦!研究人材を募集中

日産自動車が市街地の一般道における自動運転の実現のため、車載知能化システムの開発やプロトタイプ車両による自動運転走行実験を実施することが判明した。同社の求人情報から明らかになった。 市街地の一般道での自動運転は、実現が特に難し...

自動運転車の事故一覧(2024年最新版) 日本・海外の事例を総まとめ

自動運転に関する死亡事故は、2023年時点でアメリカでこれまでに3件発生している。テスラが2回、ウーバーが1回起こしている。日本では自動運転車による死亡事故は起きていないが、実証実験が盛んになった2019年以降、複数の事故や接触事案...

トヨタe-Paletteを「手動運転」で使用!豊田市、自治体初の「乗客あり」...

トヨタが開発中のEV(電気自動車)「e-Palette(イーパレット)」を用いた自治体初の「乗客あり」での走行実証は、「手動運転」で行われるようだ。 愛知県豊田市で、e-Paletteを鞍ケ池公園のパークトレイン用車両として走...

自動運転レベルとは?定義や実用化状況は?(2024年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2024年現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運...

自動運転、2024年の主役銘柄を大予想!日本株&米国株10選

自動運転技術やサービスがどこまで拡大するか注目が集まる2024年。新進気鋭のスタートアップの活躍をはじめ、自動車メーカーやテクノロジー企業など既存プレイヤーの巻き返しにも注目したいところだ。 2024年はどのような企業が台頭す...

国内初!公道で「連節バス」が自動運転 広島県東広島市

広島県東広島市における⾃動運転・隊列⾛⾏BRTの実証実験に注目だ。この実証では、「国内初」の取り組みが2つ行われる。大型バスよりも大きな「連節バス」が公道で自動運転を行うことと、2台の自動運転バスが隊列走行することだ。 この取...

トヨタの自動運転戦略(2024年最新版)

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2024年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺る...

Mapboxはなぜ、トヨタを惹きつけれたのか?デジタル地図開発で採用

地図×AI(人工知能)技術でソリューションの幅を広げる米Mapboxの技術が、トヨタの新しいカーナビゲーション・システムに採用された。デジタル地図のカスタム開発と高速レンダリングにより、カーナビの操作や機能、デザインなどの改善・向上...

WHILLの自動運転クルマ椅子、「累計利用20万回」を達成

次世代型パーソナルモビリティによる「WHILL自動運転サービス」の累計利用回数が、20万回を超えた。このサービスを提供するWHILLがこのほど、これまでの取り組みを数字やデータで振り返るインフォグラフィクスを公開し、判明した。 ...

自動運転時代、中古車ビジネス崩壊か 搭載センサー、数年で時代遅れに

着実な進化とともにサービス提供エリアを拡大し続ける自動運転技術。市場拡大とともに量産化に向けた体制も整い始め、世に送り出される自動運転車の数は大きく伸び始めている。 自家用車向けの自動運転レベル3の実装やレベル4開発も進んでお...

分割式の空飛ぶクルマ、中国XPengが2025年Q4に量産開始

中国のEV(電気自動車)ベンチャーであるXPeng Motors(小鵬汽車:シャオペン)はこのほど、グループ会社のXPENG AEROHT(小鵬匯天)と提携し、空飛ぶクルマ開発に乗り出すことを発表した。詳しくは後述するが、独特な「分...

【国別】自動運転、2024年の業界展望&超重要トピックス一覧

着々と社会実装の域を広げる自動運転。数年前に各国企業が発表した目算からは遅れているものの、じわりじわりと技術を向上させ、実証や実用化の波はしっかりと押し寄せている。 2024年は各国でどのような動きがあるのか。業界展望に触れて...

小糸製作所、「クルマの意図」の視覚化に挑戦 自動運転時代見据え

自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都品川区/取締役社長:加藤充明)が、自動運転時代を見据え、クルマの意図を視覚化して外部に伝える技術を開発しているようだ。 同社は米国子会社であるノース・アメリカン・ライティン...

岐阜市の自動運転バス、レベル4実現「5年間以内」

岐阜県岐阜市で2023年11月から、自動運転バスの運行がスタートしている。2028年3月まで5年間の継続運行という長期計画となっている。 運行期間を長期の「5年」と最初に明言している点からは岐阜市の覚悟を感じるが、もう1つの注...

自動運転、トヨタ・日産・ホンダらが「一時休戦」!半導体SoCを共同開発

自動車メーカーや半導体関連企業など12社はこのほど、高性能デジタル半導体である「SoC」(System on Chip)の車載化研究開発を行う「自動車用先端SoC技術研究組合」(Advanced SoC Research for A...

乗り捨てレンタカー展開のPathfinder、自動運転時代へ「最適配置アルゴ...

MaaS関連サービスを手掛けるPathfinder株式会社(本社:東京都板橋区/代表取締役:小野崎悠介)は、自動運転社会見据えて「最適配置アルゴリズム」を開発しており、2024年1月4日までに開発加速に向けて資金調達を行った。 ...

自動運転関連の主な団体一覧(2024年最新版)

世界各国で加速する自動運転開発。熾烈な競争に勝ち残るため各社が研究開発でしのぎを削っている。その一方、業界全体における開発やビジネス化を促進すべく協調体制を構築する動きも活発で、業種の垣根を超えて設立されたさまざまな団体・組織が活躍している...

英国が出遅れ!市販車の自動運転レベル3、早くても2026年実現か

英国で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の市販車による公道走行が実現するのは、早くても2026年末になりそうだ。英運輸長官が見通しを示した。イギリスでは現在、自動運転車に関する法整備を進めている最中だ。 自動運転レベル3の...

米加州の無人自動運転タクシー、違反の「免除」状態続く 車内無人で切符切れず

米カリフォルニア州において、車内無人(ドライバーレス)の自動運転タクシーが交通違反をした場合でも、警察が違反切符を切ることができない状況となっており、波紋が広がっている。 現在の規則では、車両の中に運転手がいないと切符を切れな...

ANA、東京・大阪圏で空飛ぶタクシー展開へ 全国で数百機展開も

ANAホールディングス(以下ANA)が、パートナーシップを結ぶ米Joby Aviation(ジョビー・アビエーション)とともに空飛ぶクルマを活用した「空飛ぶタクシーサービス」を東京圏と大阪圏で展開する計画を進めていることが明らかとな...

Turing、完全自動運転EV「2030年10,000台」宣言 半導体チップ...

完全自動運転車の開発・生産に挑むTuring株式会社(本社:千葉県柏市/代表取締役:山本一成)=チューリング=が、半導体チップと車載LLMアクセラレーターの開発チームを立ち上げたと発表した。 「2030年に完全自動運転EV10...

自動運転ロープウェイ、沖縄県豊見城市が導入計画 国交省に要望書

自動運転の自走式ロープウェイを導入するため、開発企業のZip Infrastructure(本社:神奈川県秦野市/代表取締役:須知高匡)と沖縄県豊見城市が連携協定を締結し、豊見城市が国土交通省に要望書を提出した。 提出したのは...

LUUP(ループ)のポート・設置場所の探し方!電動キックボードの利用方法

最近話題の電動キックボードは、特に大都市圏においてはシェアリングサービスでの利用も活発に行われている。シェアリングサービス最大手は「LUUP」で、電動キックボードのほか電動アシスト自転車も利用可能となっている。 ...

自動運転求人、前月比1.1%減の2万8,627件 2023年12月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2023年12月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運...

自動運転タクシー、日本第1号は「米国から7年遅れ」濃厚に 最短で2026年か...

2025年をめどに50カ所で自動運転サービスを実現する目標を掲げる日本。目標達成に向け、各所で自動運転バス実用化に向けた取り組みが加速している。 一方、自動運転タクシーは遅れをとっている印象が強く、実現に向け継続的かつ大掛かり...

WHILLの自動運転クルマ椅子、羽田空港「全ターミナル制覇」を達成

海外旅行やインバウンド需要が高まる中、国際線が離発着する羽田空港第3ターミナルで、車いす型の1人乗りモビリティを利用した自動運転移動サービスが始まった。 近距離モビリティサービスを提供するWHILL株式会社(本社:東京都品川区...

新たな自動運転銘柄「LDTC」がナスダック上場 カナダ企業のLeddarTe...

自動運転向けの車載ソフトウェア開発やセンサーフュージョン開発を手掛けるカナダのLeddarTech(レダーテック)が米ナスダック市場に上場し、ティッカーシンボル「LDTC」で2023年12月22日から取引を開始した。 同社はテ...

外車の自動運転EVバス、羽田で2車種展開!BOLDLYが発表

ソフトバンク子会社で自動運転事業を展開するBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:佐治友基)は、羽田空港に隣接した大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(HICity)」で、エストニアの...

関係者必読!自動運転、2024年度の国交省関連予算の全容

2024年度予算が閣議決定された。それを受け、国土交通省は予算概要を発表した。注目は自動運転関連予算だ。経済産業省とともに自動運転実現に向けた各種事業を実施しており、自動車や道路を所管する重要省庁として自動運転と密接に関連している。...

スズキ工場で2024年春、日本製「空飛ぶクルマ」の製造開始へ

開発が進む「空飛ぶクルマ」。2024年の注目点の1つとして、春からスズキの工場で機体の製造が開始される見込みであることが挙げられる。 日本を代表する空飛ぶクルマ開発企業である株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取...

Googleの自動運転車、人間比で衝突率57%減 走行データ分析で判明

Google系の自動運転開発企業である米Waymoは、同社の自動運転システム「Waymo Driver」が人間による運転より安全性が高いという調査結果を発表した。 それによると、Waymo Driverは人間の運転と比較し衝突...

家具商社も参入!自動運転市場、ビジネスチャンスは無限大

家具の総合商社である株式会社関家具(本社:福岡県大川市/代表取締役社長:関正)が開発したシートがこのほど、新型自動運転モビリティに採用された。 久留米工業大学、同大学発のベンチャーLe DESIGN、パーソルクロステクノロジー...

自動運転、2024年度に一般道20カ所以上で通年運行 政府目標

日本政府は2024年度、一般道20カ所以上で自動運転サービスを通年運行させる計画だ。 自動運転については、2025年度をめどに50カ所程度、2027年度には100カ所以上実現するという目標がある。国土交通省が2023年10月に...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が「日経モーニングプラスFT」に出演しました

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2023年12月27日(水)放送(朝7:05〜7:55)のBSテレ東の報道番組「日経モーニングプラスFT」にスタジオ出演いたしましたので、お知ら...

トヨタWoven City、2024年に第1期の建物完成へ 実証は2025年...

トヨタ自動車が静岡県裾野市に建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。2024年夏に第1期の建物が完成予定で、2025年の実証実験の一部開始に向けて準備が進んでいるようだ。 トヨタはモビリティカンパニーへの...

タクシー配車大手GO、IPOへ準備中!ライドシェア解禁、逆に追い風に

日本交通とDeNAが出資するモビリティテクノロジー企業であるGO株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:中島宏)がIPO(新規株式公開)の準備を進めている。同社は、タクシーアプリ「GO」を運営している。上場時期は未定だが、すでに...

トヨタレクサスのADAS、進化再び!新型UX、交差点衝突回避を支援

トヨタの高級車ブランド「レクサス」が、ADAS(先進運転支援システム)を進化させた新型「UX」の国内仕様車を2023年12月25日までに発表した。 新型UXでは最新の予防安全技術「Lexus Safety System +」の...

ライドシェア、対価の目安「タクシーの80%」 変動価格制導入も

デジタルの力で公共サービスの維持・強化や社会変革実現を目指すデジタル行財政改革会議の中間とりまとめが発表された。教育、交通、介護、子育て・児童福祉など他分野に及ぶ課題認識と今後の取り組み方針が示されている。 交通分野では、タク...

【2023年12月の自動運転ラボ10大ニュース】日本政府のライドシェア方針に...

2023年もいよいよ師走を迎えた。モビリティ関連ではここにきてライドシェア議論が再燃し、政府が一定の指針を示した。最終的にどのような結末を迎えるのか、今から注目だ。 自動運転関連では中国に動きがあり、政府が自動運転サービス向け...

ダイハツ、自動運転開発レースから脱落か 全社出荷停止で影響も

ダイハツの全車種出荷停止により、同社は自動運転開発どころじゃなくなる可能性が出てきた。世界規模で自動運転開発競争が進む現在、開発の出遅れはこの世界レースからの脱落を意味することになりかねない。 ダイハツに関しては車両の認証試験...

自動運転レベル3、メルセデスが「青緑色の光」を作動中の目印に

ドイツの高級車メーカーであるメルセデス・ベンツは2023年12月22日までに、米国の2つの州で自動運転用特殊エクステリアマーカーライトの使用許可を世界で初めて取得したことを発表した。 カリフォルニア州とネバダ州にて、「ターコイ...

ライドシェア制度、OECD諸国の34%が今も未整備 日本を含む13カ国

OECD諸国38カ国のうち、日本を含む13カ国でライドシェア制度が未整備であることが、2023年12月22日までに分かった。パーセンテージにすると、未整備率は34%だ。 内閣府の規制改革推進会議の「第4回 地域産業活性化ワーキ...

ついに2024年、トヨタが「自動運転レベル3」で沈黙破るのか

2023年も残すところわずかとなった。この1年、レベル4自動運転サービスは世界で地道な拡大を見せ、米Waymoに続く新興勢の実証も盛んに行われてきた。 一方、自家用車では、ホンダ、メルセデス・ベンツに続きBMWも2024年春に...

米May Mobility、トヨタ車で「完全無人」自動運転サービス 毎秒何千...

自動運転ベンチャーの米May Mobilityは2023年12月21日までに、ドライバーレスの自動運転サービスのアーリーライダープログラムを開始した。 このサービスは米アリゾナ州フェニックス近郊の「Sun City」(サンシテ...

注目案件、続々と登場!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2023年12月...

自動運転車の実証実験や試験運用がますます増えた2023年。2024年は自動運転の実装がさらに加速すると予想される。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年12月版では、各社が公開している案件から、特に注目したい自動...

政府のライドシェア解禁案、ホリエモン「うんこ改革レベル」

実業家であるホリエモンこと堀江貴文氏が、ニュースアプリNewsPicksにて「うんこ改革レベル」とコメントした。コメントした対象の記事は、日本政府のライドシェア解禁の方針について報じた読売新聞の記事だ。 ▼「ライドシェア」来年...

インド道路相「自動運転は解禁しない」 ドライバーの雇用保護を優先

インドのニティン・ガッカーリ道路交通大臣は2023年12月18日、自動運転車はインドで導入・解禁させない方針を明らかにした。人間のドライバーの雇用が大幅に減少することを防ぐための措置だという。自動車関連イベントで語った。 ガッ...

中国政府、自動運転バスの車内音声「リアルタイム共有」を義務化

中国政府は2023年12月18日までに、自動運転車の国家安全ガイドラインを発表した。中国ではこれまで各地方当局に自動運転に関する規制が委ねられていたが、今回発表したガイドラインは全国統一型のガイドラインとなる。 ガイドラインの...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、損保総研の2023年度特別講座にて講演いたしま...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、公益財団法人「損害保険事業総合研究所」(損保総研)の2023年度損害保険特別講座にて講演することが決まりましたので、お知らせいたします。 ...

モビリティ系の非上場企業、重要決算2023年末振り返り

自動運転をはじめとしたCASEの波が押し寄せるモビリティ業界。自動車メーカーを軸としたこれまでの業界地図は姿を変え、新進気鋭のスタートアップやメーカー新設企業らが活躍する場面が増えてきた。 イノベーションに向けた取り組みが進行...

BMW、上海で自動運転レベル3の走行試験認可を獲得 ホンダを出し抜く?

ドイツ自動車大手のBMWグループが2023年12月17日までに、上海の高速道路上でレベル3(条件付運転自動化)の自動運転車を試験走行するための認可を、中国当局から得たことが明らかになった。 現時点で自動運転レベル3の機能を市販...

自動運転レベル、誰が決めた?

「自動運転レベル」は、運転の主体や走行可能エリアなどによって6段階にレベル分けされている。「一体誰が決めたのか」と気になる人はいないだろうか。 答えは、研究者や技術者などモビリティの専門家を会員とするアメリカの「自動車技術会」...

【2023年ランキング】自動運転ラボ、読まれた記事トップ10

2023年もいよいよ師走を迎え、終わりを告げようとしている。レベル4法施行などさまざまな動きがあった自動運転分野で、より読者の興味を引いたニュースは何だったのか。 アクセス回数をもとに、2023年によく読まれた記事トップ10を...

LUUP(ループ)の口コミ・評判は?電動キックボード・自転車の使い勝手は?

日本で急速に普及している電動キックボード。2023年7月に施行された改正道路交通法により、特定の区分の電動キックボードが公道でも走行できるようになった。 電動キックボードのシェアリングサービス国内最大手であるL...

Google、GMの苦境に乗じ自動運転タクシー事業を拡大 夜間の空港にも配備...

Google系の自動運転開発企業である米Waymo(ウェイモ)が、GM傘下のCruiseが苦境に陥っているこのタイミングで、事業強化を図っているようだ。 Waymoは、アリゾナ州フェニックス市内にある国際空港「Phoenix ...

電動キックボードの事故・違反状況まとめ

「特定小型原動機付自転車」として新ルールのもと公道走行が可能になった電動キックボード。一定要件を満たした電動キックボードは、運転免許なし・ヘルメット未着用(努力義務)で走行可能となり、条件を満たせば歩道を走行することもできる...

自動運転バス導入「6,500万〜1億円」 デジタル庁、費用例を記載

デジタル庁のモビリティワーキンググループがこのほど公表した資料において、自動運転バスの導入に係る費用の一例が紹介されている。車両費用は1台あたり最大8,000万円、その他初期費用が1カ所あたり最大2,000万円かかり、約6,500万...

ロボット運転型で自動運転実現!堀場製作所、ドイツでアワード受賞

ある日本企業が開発した自動運転システムが、国際的なデザイン賞を受賞した。「自動運転システム」と聞くと一般的にソフトウェアによる自動運転をイメージするが、同社の自動運転システムはロボットに運転させるスタイルだ。(※ただし、試験向けのシ...

ANA、空飛ぶクルマの離発着場を開発か 米Jobyと覚書締結

ANAが空飛ぶクルマ向けの離発着場を開発する可能性が高まった。空飛ぶクルマを開発する米Joby Aviationと野村不動産の3社で、日本においてのeVTOL(電動垂直離着陸機)の離着陸場(バーティポート)開発に向けた共同検討に関す...

ソフトバンクの自動車・自動運転事業まとめ(2023年最新版)

CASE分野におけるソフトバンクの存在感がますます高まりそうだ。同社はアイルランドのIoTプラットフォーマーCubic Telecomに出資・子会社化し、コネクテッドカーやソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV:Softwar...

個人投資家の期待度、首位は「知能化技術(AI・自動運転車など)」

スパークス・アセット・マネジメント株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:阿部修平)は、「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2023」をインターネットで投資経験者1,000人を対象に実施し、調査結果を発表した。 ...

ライドシェア「タクシー会社による雇用が条件」 政府方針、骨抜きの解禁か

ライドシェア解禁に向けて機運が高まる中、政府が2023年度中に新たに創設する仕組みの方針を固めたことが、2023年12月13日までに判明した。NHKなどが報じた。 ライドシェアで働く人は、タクシー会社によって雇用されて...

Uberが株価50%急騰!自動運転タクシーの展開発表が起点 最高値更新へ

配車サービス大手の米Uber Technologiesの株価が急騰中だ。株価急騰の起点となったのが、自動運転タクシーの展開だ。 Uberは、Google系Waymoの自動運転タクシーの配車が可能になったことを2023年10月2...

米Kodiak、軍事用にフォードF-150を自動運転化 国防総省に納品へ

米Kodiak Robotics(コディアック・ロボティクス)はこのほど、軍事用に自動運転技術を搭載したフォードのピックアップトラックF‐150を、米国防総省に納品することを発表した。Kodiak Roboticsは、輸送用トラック...

自動運転レベル4特化の中国WeRide、米国上場へ 6,400億円の評価額、...

中国の自動運転ベンチャーWeRide(文遠知行)が、米国市場に上場予定だ。2023年9月にIPOの認可を取得し、米ニューヨーク市場もしくはナスダック市場への上場準備に入っている段階だという。 同社は、米民間調査会社のCBインサ...

トヨタやいすゞ、イスラエルの自動運転企業に120億円出資

イスラエルの自動運転関連企業であるForetellix(フォーテリックス)は2023年12月11日までに、シリーズCの資金調達ラウンドで8,500万ドル(約123億円)を調達したことを発表した。 この資金調達ラウンドは英国のベ...

自動運転ラボ、フジテレビ「日曜報道THE PRIME」への取材協力のお知らせ...

株式会社ストロボ(本社:東京都港区/代表取締役:下山哲平、以下弊社)が運営する「自動運転ラボ」が、フジテレビ及びFNN系列各局で放送されている「日曜報道THE PRIME」において取材協力をさせて頂きましたので、お知らせいたします。...

空飛ぶクレーン、80kg載せて飛行に成功!狙うは米国上場

ドローンやセンサーの開発などを行う株式会社ワールドスキャンプロジェクト(本社:東京都新宿区/代表取締役CEO:上瀧良平)は2023年12月10日までに、開発中の「空飛ぶEVクレーン」の試作機で、機体重量(70キロ)よりも重い80キロ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、福井商工会議所主催の講演会に登壇いたします

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、福井商工会議所(流通第二部会)主催の講演会「流通革命~自動運転技術が切り拓く未来~」に登壇することが決まりましたので、お知らせいたします。 ...

自動運転、AIがAIを制御!NTT DATAの世界観

「AIがAIを制御し、自動運転の実現を加速」──。NTTデータグループが描く自動運転開発に向けたアプローチだ。判断軸が異なる二つのAIをベースに、最終的な判断を別のAIが下す「Hybrid AI=ハイブリッドAI」を採用し、複雑な道...

株式投資の人気テーマランキング、「自動運転車」が5位 みんかぶと株探が集計

株式投資の人気テーマランキングで、「自動運転車」が5位にランクインするという調査結果が発表された。株などの金融商品情報に関するメディア「みんかぶ」と「株探」が集計したものだ。 自動運転車は企業のほか政府や自治体なども実用化に取...

事故で停止の自動運転実証、BOLDLYが再開発表 システムは想定通りに機能

ソフトバンク子会社で自動運転事業を展開するBOLDLY(ボードリー)は2023年12月8日、接触事故の発生により運行を停止していた自動運転車両「MiCa(ミカ)」について、同日から運行を再開することを発表した。 事故原因の調査...

【解説】空飛ぶクルマの離発着場「バーティポート」の整備指針

国土交通省航空局はこのほど、空飛ぶクルマの離着陸場となるバーティポートの整備指針を発表した。国際基準が規格化されるまでの暫定的ガイダンスとして、国内開発・整備を推進する狙いだ。 大阪・関西万博を旗印に実用化に向けた取り組みが進...

KDDIスマートドローン決算、純損失8.3億円 売上は13億円計上

ドローン事業を展開するKDDIスマートドローン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:博野雅文)の第2期決算公告(2023年3月現在)が、官報に掲載されている。第2期の当期純損失は、前期の当期純損失321万円から大幅に赤字額を増...

空飛ぶクルマ最大手のSkyDrive、赤字額が40億円突破 第5期決算

空飛ぶクルマ開発で国内最大手の株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)の第5期決算公告(2023年6月現在)が、このほど官報に掲載された。 第5期の当期純損失は、前期から赤字額を131%増やし...

中国WeRide、北京で「有料×完全無人」の自動運転タクシー展開へ

中国の自動運転ベンチャーWeRide(文遠知行)はこのほど、北京で完全無人の自動運転タクシー(ロボタクシー)の有料サービスの提供準備が整ったことを発表した。車内に安全要員を乗車させない「自動運転レベル4」の水準でサービスを近く開始す...

トヨタ、自動運転技術で「車両自ら移動する生産ライン」確立へ

トヨタ自動車が自動運転技術で「製品が自ら動く生産ライン」の実現を目指していることが、2023年12月5日までに分かった。同社の求人情報などから判明した。 求人要項には「自動運転技術で製品が自ら動く生産ラインの実現を目指し、クル...

空飛ぶクルマ関連で「航空法施行規則」を改正 知っておきたい8項目

国土交通省航空局は、空飛ぶクルマが関連する「航空法施行規則の一部を改正する省令」を2023年11月30日付で公布、同年12月31日に施行する。空飛ぶクルマにおける救命胴衣の装備義務などについて記載されている省令となる。 この省...

”くるまからモビリティへ”の技術展2023 ONLINE、無料開催中!12月...

「”くるまからモビリティへ”の技術展2023 ONLINE」が2023年12月15日(金)にかけて無料開催中だ。将来のモビリティ社会を支える多様な技術や製品が紹介されており、自動運転分野などでビジネスや技術開発に携わっている人は、講...

自動運転化で必要無くなる「資格・免許」は?

JR九州が、運転士不在の鉄道運行を早ければ2024年3月に開始する。自動運転技術を活用することで、従来の運転士に求められる要件をコンピュータ化が担い、コンピュータ化が担いきれない部分を「自動運転乗務員」が担う形だ。 極論だが、...

市販の家具、自動運転で動かせます!Preferred Networks子会社...

自律移動ロボットを開発する株式会社Preferred Robotics(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:礒部達)=プリファードロボティクス=は、市販の家具を載せられる台車「カチャカベース」を2023年12月1日から販売開始し...

支持率急降下の岸田首相、切り札は「自動運転メガネ」化

「増税メガネ」という蔑称が定着してしまった岸田文雄首相。やることなすことが批判の対象となり、さらには政務三役の相次ぐ辞任など身内にも足を引っ張られ、内閣としては行き詰まった印象を受ける。 支持率低迷から解散に踏み切ることもでき...

「透明のバス停」あちこちに仮想設置!どこでもバス、取り組み開始

福島県会津若松市で、仮想バス停でデマンドバスに乗降できる実証運行が2023年12月1日からスタートした。 「MyRideどこでもバス」と名付けられた取り組みで、システムの地図上に数多くの仮想バス停をきめ細かく設定することで、利...

ライドシェア、日本人の大半「乗らず嫌い」 利用経験あると賛成35%→84%に...

民間調査会社のMM総研はこのほど、ライドシェアに関する社会受容性を調査した結果を公表した。調査結果を読み解くと「日本人の大半は、乗ったことがないからライドシェアに反対している」という仮説が成り立つ。日本人はライドシェアに関しては「乗...

シャープ、自動運転市場に参入 車載視野に衛星アンテナを開発

シャープが自動運転市場に参入する。小型で軽量の衛星通信アンテナを開発して自動車に搭載し、高速大容量通信により車両の自動運転化に貢献することなどを目指す。 同社がこのほど発表した内容から明らかになった。LEO(低軌道)・MEO(...

自動運転求人、前月比24.6%増の2万8,934件 2023年11月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2023年11月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運...

自動運転バス、攻めの「5年間通年運行」宣言 岐阜市で運行スタート

ソフトバンク子会社のBOLDLYはこのほど、自動運転バスの運行を岐阜市内でスタートした。自動運転バスの運行は短期間で実験的に展開されるケースも少なくないが、通年運行でしかも5年間継続することを最初に掲げるのは珍しい。攻めの姿勢と言え...

安全な「空の道」を提供!トルビズオンが株式投資型クラファンを実施へ

ドローン関連事業を手掛ける株式会社トルビズオン(本社:福岡県福岡市/代表取締役:増本衛)は、2023年12月2日から株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」にて、募集による投資申込みの受付を開始...

空飛ぶクルマは「クルマじゃない」!?万博前に呼称変更か

初めて「空飛ぶクルマ」と聞いたとき、どのようなモビリティを頭の中に描いただろうか。おそらく、多くの人は陸上を走行する「クルマ」が空を飛ぶ姿を思い浮かべたのではないだろうか――。 2025年開催の大阪・関西万博を重要なマイルスト...

「空の物流」開発のエアロネクスト、純損失増加2.3億円 第6期決算

エアモビリティの開発を手掛ける株式会社エアロネクスト(本社:東京都渋谷区/代表取締役:田路圭輔)の第6期決算公告(2022年12月現在)が、このほど官報に掲載された。 第6期の当期純損失は、前期から赤字額を29%増やし2億3,...

2023年は自動運転の「事故元年」に?ソフトバンク系も接触事案

自動運転開発が本格化し、実用化例も増えてきた。そんな中で、2023年は自動運転車両の事故が日米で目立っており、「今年はまるで自動運転の事故元年だ」という声も聞こえてくる。 11月25日には、ソフトバンク子会社で自動運転サービス...

空港での草刈りを自動運転化!「熟練度による個人差」の課題解消へ

国土交通省は、「航空機運航のDX推進に向けた検討会」を2021年9月から開催している。航空交通・運航関連データの利活用を通じた生産性向上や利便性向上を図るため、幅広い関係者が情報共有と相互連携を行い、データの利活用に必要な取り組みな...

ヒョンデ製自動運転タクシー、米国で2024年サービス開始へ

韓国最大手の自動車メーカーである現代自動車(ヒョンデ)はこのほど、米国で自動運転タクシー(ロボタクシー)の商用サービスを2024年から展開することを発表した。 ヒョンデと米Motionalが共同開発したEV(電気自動車)「Mo...

中国企業、センサー付き自動運転車を「スパイ」として活用か

米連邦議会の超党派議員団が自国内における中国企業の自動運転走行に待ったをかけたようだ。ロイター通信によると、機密情報収集の恐れから開発各企業に情報の取り扱いについて回答を求める書簡を送ったという。 自動運転車は、搭載した各種セ...

【2023年11月の自動運転ラボ10大ニュース】米Cruiseが無人タクシー...

国内では、自動運転の社会実装に向けた取り組みが再加速し始めた。先行する米中に追い付くべく、国が取り組み促進に向けた動きを強めている印象だ。民間も、アイサンテクノロジーなどが自動運転バスの広域展開に向けた取り組みに本格着手している。 ...

NTTと東大発ベンチャー、除雪車の自動運転に挑戦 まず遠隔操作実証に成功

約400キロ離れた場所から除雪車を遠隔操作する実証実験が、2023年11月26日までに実施された。この実証を行ったのは、NTTコミュニケーションズと、東京大学発スタートアップのARAVだ。 両社は、建機遠隔操作システムに加えて...

GM、自動運転タクシー再開は「まず1都市」で 専用車両、2024年は生産なし...

GMの自動運転部門であるCruise(クルーズ)は現在、アメリカ国内13都市で有料展開していた自動運転タクシーの運行を全面的に停止している。そのCruiseの従業員向けのメールで、運行再開の際はまず1都市での展開になることが記載され...

自動運転レベル3機能、「世界3番目」はBMW濃厚 来年3月から提供

ドイツの自動車大手BMWは2023年11月24日までに、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)機能を搭載した車種を2024年3月からリリースすることを発表した。同社の新型「7シリーズ」にオプションとして搭載され、まずはドイツ国内限定...

中国、一般向け自動運転車のレベル3〜4公道テストを許可

中国で一般向けの自動運転車の走行テストがスタートする。この自動運転車は、中国で「インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)」と呼ばれており、指定された都市内を自動運転レベル3〜4で試験走行できるようになるという。 今後...

大手かベンチャーか、選ぶべきは?自動運転&MaaS、気になる求人4選【202...

実用化に向けた開発が本格的になってきた自動運転やMaaS。大手自動車メーカーのほか、ベンチャー企業でも採用が増えてきている。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2023年11月版では、各社が公開している案件から、特に注目...

ライドシェア解禁後、Uberに勝てる日本企業は存在するのか

配車サービス大手の米Uber Technologies(以下ウーバー)を率いるダラ・コスロシャヒCEO(最高経営責任者)が、日本でのライドシェアサービスに意欲を示したようだ。 国内では現在、ライドシェア導入の是非をめぐる議論が...

トヨタ、自動運転実証で「車外の画像データ」取得 e-Palette搭載センサ...

トヨタが自動運転機能の開発のため、自動運転シャトルなどで実証走行中に「車外画像データ」を取得していることが、このほど分かった。自動運転シャトル「e-Palette(イーパレット)」や自動運転試験用「Lexus LS」に搭載した画像セ...

電動キックボード、保険加入は義務?必須?

2023年7月に施行された改正道路交通法により、特定の区分の電動キックボードが公道でも走行できるようになった。 公道走行可能になったのは「特定小型原動機付自転車」に分類される電動キックボードで、16歳以上であれば運転免...

ホンダの新ADAS「Honda SENSING 360+」の実力は?

ホンダは2023年11月22日までに、最新のADAS(先進運転支援システム)「Honda SENSING 360+(ホンダ・センシング・サンロクマル・プラス)」を発表した。車両周辺の死角をカバーし、交通事故の回避やドライバーの運転負...

空いた時間に「タクシー運転手」に!ライドシェアの仕組み、いらないかも?

ライドシェアは空いた時間に副業できる便利な仕組みであり、このことから海外でも普及が進んだ。しかし、もし空いた時間で「タクシードライバー」として副業が可能なら、そもそもライドシェアの仕組みはいらないかも。こうしたことを感じさせる報道発...

ひろゆき氏、自動運転「事故ったら損害賠償は国」モデルを提唱

実業家でコメンテーターとしても活躍するひろゆき氏(西村博之氏)が、YouTubeで展開されているビジネス動画メディア「ReHacQ(リハック)」の中で自動運転開発に言及した。 「お台場で完全自動運転で事故った場合、損害賠償は国...

ホンダに激震!自動運転の提携先、米国で「人間同乗型」すら走行停止

米GM傘下のCruiseは2023年11月21日までに、人間同乗型での自動運転走行を一時停止することを発表した。同社は相次ぐトラブルや事故を受け、すでに米国全土でのドライバーレスの自動運転タクシーの運行を一時停止することを発表してお...

電動キックボード大手Luupが上場準備 累計調達額127億円に

電動キックボードなどのシェアリングサービスを展開する株式会社Luup(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:岡井大輝)が、上場に向けた準備を始めていることが分かった。 同社は総額約36億円の資金調達を行ったことを2023年11...

電動キックボードはナンバー・ヘルメットは必要・不要?

改正道路交通法の施行により、新ルールでの運用がスタートした電動キックボード。若い世代を中心に利用が拡大し、サービス提供エリアも徐々に広がりを見せている。 ただ、走行ルールなどが浸透していないため危険性を指摘する声も大き...

月の「永久陰」で自動運転!模擬試験で建機の複数稼働に成功

鹿島建設は2023年11月20日までに、自動遠隔建設機械による月面環境での作業を想定した模擬試験を行ったことを発表した。 自動運転と遠隔操作により複数の機械を同時に稼働させることなどにより、月面での「永久陰」領域などでの施工に...

運転手の視線を「非接触」で計測!自動運転レベル3で有用

東陽テクニカが販売する非接触式視線計測システム「Smart Eye Pro DX システム」に注目が集まりそうだ。運転手の頭部の自然な動きや視線などを計測でき、例えば一部条件付きの自動運転である「レベル3」などにおいて、AI(人工知...

関西電力、空飛ぶクルマ向け充電事業に参入か SkyDriveの試験場に設備導...

関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市/取締役代表執行役社長:森望)が、空飛ぶクルマの充電事業への参入を視野に入れていることが、このほど明らかになった。 空飛ぶクルマの充電インフラ事業への参入を見据え、関西電力が開発を進める充電...

ゴルフ場の芝刈り、「自動運転レベル4」実現で完全無人化

芝刈り機はついにここまで進化した。セミ完全自動運転の水準に相当する「自動運転レベル4」の機能を搭載した無人芝刈り機が、ゴルフ場向けに開発された。IHIのグループ会社である株式会社IHIアグリテックがこのほど発表した。 この無人...

モビリティDX展開のWill Smart、純損失2.8億円 第11期決算

AI(人工知能)やIoT関連のソリューションを提供する株式会社Will Smart(本社:東京都江東区/代表取締役社長:石井康弘)の第11期決算公告が、同社公式サイトに掲載されている。 当期純損失は2億8,733万円であった。...

電動キックボードのおすすめシェアサービス・メーカーは?

改正道路交通法の施行により、身近な存在となり始めた電動キックボード。「特定小型原動機付自転車」という新たな区分が設けられ、従来の原動機付自転車と比べ気軽な利用が可能になった。 さまざまな移動手段を一元化するMaaSにお...

「陸海空」の次世代モビリティ、東京ベイエリアで相互連携へ

空飛ぶクルマ(eVTOL:電動垂直離着陸機)用浮体式ポートを核とした、陸海空のマルチモーダルMaaS実現に向けたシステムの構築と運行実証がスタートする。陸(自動運転車)、海(自律航行船)、空(空飛ぶクルマ)における複数の移動手段が相...

電動キックボードに免許は必要?公道走行は可能?法律最新情報

ここ数年でよく目にするようになった「電動キックボード」。近距離での移動が便利なことで注目を浴びている反面、事故やトラブルに関するニュースも目に付く。 2023年7月1日に施行された改正道路交通法には、電動キックボードに...

テスラのFSD訴訟、「自動運転」未実現で購入費を払い戻し

米EV(電気自動車)大手テスラに関し、同社のADAS(先進運転支援システム)「FSD(Full Self-Driving)」について機能を満たしていないと訴えられ、その後、和解するという事例があったようだ。 同社の「モデル3」...

日本初レベル4の自動運転事故、「追加学習」で来年3月再開へ

「日本初のレベル4」としてスタートした福井県永平寺町の自動運転移動サービスが、2023年10月に事故を起こした。自動運転車両が人が乗っていない駐輪中の自転車と接触し、その後、運行が停止された。 同町はこの事故について、原因調査...

トヨタ出資の米May、上場決定の予感 自動運転事業の加速へ新規調達

自動運転開発スタートアップの米May Mobility(メイ・モビリティ)は2023年11月14日までに、シリーズDの資金調達を行ったことを発表した。一般的に、シリーズDラウンドはイグジット(IPOやM&A)が視野に入った段...

地域ライドシェアを「Uberアプリ」で配車!人口4,500人の町で独創的試み...

ライドシェアの代名詞的存在である米Uber。北米をはじめ世界各地でライドシェアサービスを展開する第一人者だ。しかし、日本ではマイカーを活用した有償ライドシェアは「白タク行為」とみなされるため、タクシー事業者と連携したタクシー配車機能...

自動運転タクシー、「Google一強時代」に逆戻り GMの全台リコールで

無人自動運転走行を全面的に停止していたGM系Cruiseが、自動運転ソフトウェアのリコールを発表した。2023年10月に発生した人身事故を受けたもので、システム改善により安全性強化を図る狙いだ。 米国ではグーグル系Waymoと...

自動運転のリーダー職、日米で「年収格差3倍」状態 トヨタでさえ800万円台

トヨタ自動車は、自動運転MaaS向け新規ビジネスの企画・開発のチームリーダーを担う人材を募集している。予定年収は765万~891万円とされており、最終的な給与は経験・能力を考慮の上で決定すると説明されている。 将来の有望性に注...

自動運転、世界GDP総額を360兆円押し上げ 英調査を元に試算

自動運転の商用化は世界全体のGDP(国内総生産)を2.4兆ドル(約360兆円)拡大するポテンシャルを持っているかもしれない。英国で発表されたある調査結果を基に試算してみた結果だ。 その調査によると、英国では自動運転ビジネスによ...

成長性トップ評価のスタートアップ、「モビリティ」分野が最多 帝国データバンク...

最も成長性が高いスタートアップ企業のビジネス領域は「モビリティ」──。民間調査会社の帝国データバンクが実施した調査で、このようなことが明らかになった。 帝国データバンクは、成長性のレベルを10段階にした成長性予測モデル「SP」...

ついに「国産自動運転バス」が全国展開!アイサン、ティアフォー製を各地で

測量技術を武器に自動運転分野で活躍するアイサンテクノロジーは2023年11月10日までに、自動運転小型EVバスの運行を全国各地でスタートさせることを発表した。 展開する車両は、自動運転スタートアップであるティアフォーが開発する...

自動運転絡みで年収400万〜500万円!国交省が「交通技術行政職」募集

国土交通省は現在、「交通技術行政職」というポジションで働く人材を募集している。 さまざまな産業で利用されている航空や自動車、船舶といった交通分野の制度・ルールを作りその実施を図ることで、日本の安全を守ったり、新技術の実用化に向...

「空飛ぶ軽トラ」開発のプロドローン、純損失1.3億円 第8期決算

産業用ドローンや「空飛ぶ軽トラ」の開発を手掛ける株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:戸谷俊介)の第8期決算公告が、このほど官報に掲載された。当期純損失は1億3,175万円であった。 官報では第6〜7期の...