【特集】最前線「自動運転×スマートシティ」

日本・海外の取り組みの最前線に迫る



2021年は日本そして海外で「スマートシティ」の動きがさらに加速する。その理由の1つが、AI(人工知能)を活用した自動運転技術やMaaS、そして次世代通信規格「5G」さらには「6G」の実証実験の場に関するニーズが、各国政府や各国企業の中で高まっているからだ。







先端技術の実証実験には特区的な規制フリーな環境が最適であるほか、インフラから先端技術に最適化させることで、より高レベルの技術の検証が可能になる。こうしたことを実現するのがスマートシティというわけだ。

特集「最前線『自動運転×スマートシティ』」では、日本や海外におけるスマートシティの最新の取り組みを、特に自動運転の視点から分析していきたい。

■第1回:技術の活用、医療や防犯でも!【最前線「自動運転×スマートシティ」 】

世界各地でスマートシティ化に向けた取り組みが広がっている。国内でも取り組みは加速しており、国の「スマートシティ官民連携プラットフォーム」には2020年12月現在約180のプロジェクトが登録されている。

テーマは多岐に渡るが、自動運転に関するプロジェクトも多く見受けられる。大半は交通課題の解決に向けたプロジェクトだが、将来的にはさまざまな分野への応用に期待が持たれる。

スマートシティにおいて自動運転技術がどのように活躍するのか。具体例を交えながら解説していく。

■第2回:官民連携で取り組み加速!【最前線「自動運転×スマートシティ」 】

国の音頭のもと、スマートシティ化に向けた取り組みが全国で加速している。取り組みの多くは交通課題の解決に向けた事業を盛り込んでおり、MaaS(Mobility as a Service)をはじめ自動運転技術の導入を目指す動きも活発だ。

この記事では、国の「スマートシティモデル事業(プロジェクト)」に選定されたエリアの中から、明確に自動運転の導入を図る事業を盛り込んだプロジェクトをピックアップし、紹介する。

■第3回:トヨタWoven Cityが革新牽引【最前線「自動運転×スマートシティ」 】
出典:トヨタ自動車プレスリリース

まもなく着工を迎えるトヨタ主導の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。着工は2021年2月23日となる可能性が高く、その前後から徐々にまちの概要が明かされていくものと思われる。

Woven Cityでは自動運転関連の取り組みをはじめ、あらゆるモノがつながり生活の質を向上するスマートシティとしての取り組みも盛んに行われることが予想される。

Woven Cityでは実際どのような実証が行われるのか。計画概要に基づいて推測し、その将来像に迫ってみよう。

■第4回:海外でも大規模計画が続々【最前線「自動運転×スマートシティ」 】

国内でスマートシティ化に向けた取り組みが加速しているが、欧州を筆頭に先行する海外でも大小さまざまなプロジェクトが進行している。

この記事では、自動運転技術の導入を視野に入れた海外スマートシティプロジェクトをピックアップし、紹介していく。

 

ほかのスマートシティ関連記事

トヨタの実証都市Woven City、「第1期」工事がスタート!

トヨタが静岡県裾野市に建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」で、最初に...

動き出すトヨタのWoven City!2022年は「水素」な1年

トヨタが静岡県裾野市で建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」は、202...

自動運転と大阪の現状(2022年最新版)

IR(統合型リゾート)誘致やスマートシティ・スーパーシティ構想、そして2025年開催予定の大...

トヨタが作るスマートシティ、いよいよ2024年にも実証開始

トヨタが富士山のふもと静岡県裾野市で建設中の実証都市「Woven City」(ウーブン・シテ...

トヨタ社長の長男、「未来都市」作りに挑む

トヨタ自動車の現社長は豊田章男氏だ。その章男氏の長男・大輔氏は、トヨタが建設中の実証都市「W...

海外にも照準!日本工営、ベトナム初の自動運転公道実証を実施

建設コンタルタント大手の日本工営。日本においてもさまざまな自動運転実証に関わっているが、「海...

関係者必読!「自動運転」関連、2023年度概算要求まとめ

国土交通省はこのほど、2023年度予算概算要求概要を公表した。自動運転レベル4サービス実現に...

トヨタWoven City、「バーチャル版」も作成へ

トヨタが静岡県裾野市で建設中のコネクティッドシティ「Woven City」(ウーブン・シティ...

Woven City、第1期は2024年開業か 初期住民は360人

トヨタの実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」が、早ければ2024年にも第1期...

増収増益続くトヨタコネクティッド!純利益36%増の49億円

トヨタコネクティッド株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:山本圭司)の第22期(2...

MaaSの旗振り役に!?1,000団体近い「巨大組織」がある

スマートシティやMaaSのプロジェクトを推進している官民連携組織がある。「スマートシティ官民...

さいたま市のAI交通、市民絶賛「今後も利用したい」

国内外でスマートシティに向けた取り組みが着々と進められており、埼玉県さいたま市も例外ではない...

造成工事進む!トヨタWoven City、地鎮祭から1年経過

トヨタが建設中のスマートシティ「Woven City」。2021年2月23日の地鎮祭から1年が経ち、...

親和性抜群!自動運転×デジタルツイン、仮想の現実世界で自由に実証

近年、IoT技術の進化によってさまざまな分野でデジタルツインへの注目が高まっている。...

トヨタWoven City、初期住民は8種類!自動運転を試す実証都市、いつオープン?

トヨタ自動車がすでに静岡県裾野市で建設を開始したコネクティッドシティ「Woven City」...

>>「スマートシティ」関連記事を全て表示

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事