【特集】最前線「自動運転×スマートシティ」

日本・海外の取り組みの最前線に迫る



2021年は日本そして海外で「スマートシティ」の動きがさらに加速する。その理由の1つが、AI(人工知能)を活用した自動運転技術やMaaS、そして次世代通信規格「5G」さらには「6G」の実証実験の場に関するニーズが、各国政府や各国企業の中で高まっているからだ。







先端技術の実証実験には特区的な規制フリーな環境が最適であるほか、インフラから先端技術に最適化させることで、より高レベルの技術の検証が可能になる。こうしたことを実現するのがスマートシティというわけだ。

特集「最前線『自動運転×スマートシティ』」では、日本や海外におけるスマートシティの最新の取り組みを、特に自動運転の視点から分析していきたい。

■第1回:技術の活用、医療や防犯でも!【最前線「自動運転×スマートシティ」 】

世界各地でスマートシティ化に向けた取り組みが広がっている。国内でも取り組みは加速しており、国の「スマートシティ官民連携プラットフォーム」には2020年12月現在約180のプロジェクトが登録されている。

テーマは多岐に渡るが、自動運転に関するプロジェクトも多く見受けられる。大半は交通課題の解決に向けたプロジェクトだが、将来的にはさまざまな分野への応用に期待が持たれる。

スマートシティにおいて自動運転技術がどのように活躍するのか。具体例を交えながら解説していく。

■第2回:官民連携で取り組み加速!【最前線「自動運転×スマートシティ」 】

国の音頭のもと、スマートシティ化に向けた取り組みが全国で加速している。取り組みの多くは交通課題の解決に向けた事業を盛り込んでおり、MaaS(Mobility as a Service)をはじめ自動運転技術の導入を目指す動きも活発だ。

この記事では、国の「スマートシティモデル事業(プロジェクト)」に選定されたエリアの中から、明確に自動運転の導入を図る事業を盛り込んだプロジェクトをピックアップし、紹介する。

■第3回:トヨタWoven Cityが革新牽引【最前線「自動運転×スマートシティ」 】
出典:トヨタ自動車プレスリリース

まもなく着工を迎えるトヨタ主導の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。着工は2021年2月23日となる可能性が高く、その前後から徐々にまちの概要が明かされていくものと思われる。

Woven Cityでは自動運転関連の取り組みをはじめ、あらゆるモノがつながり生活の質を向上するスマートシティとしての取り組みも盛んに行われることが予想される。

Woven Cityでは実際どのような実証が行われるのか。計画概要に基づいて推測し、その将来像に迫ってみよう。

■第4回:海外でも大規模計画が続々【最前線「自動運転×スマートシティ」 】

国内でスマートシティ化に向けた取り組みが加速しているが、欧州を筆頭に先行する海外でも大小さまざまなプロジェクトが進行している。

この記事では、自動運転技術の導入を視野に入れた海外スマートシティプロジェクトをピックアップし、紹介していく。

 

ほかのスマートシティ関連記事

自動運転車×パーソナルモビリティで診察受付機まで!高齢者の移動支援

つくばスマートシティ協議会は、2020年度の国土交通省スマートシティモデル事業の採択を受け、...

トヨタのWoven City着工!自動運転やAI技術の「ショーケース」にもなる!?

トヨタ自動車とウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年2月23日、静岡県裾野市の東...

「トヨタ×CASE」最新の取り組み&戦略まとめ 自動運転、コネクテッド…

自動車業界でCASEの波がスタンダードとなりつつある。C(コネクテッド)、A(自動運転)、S...

【全文】トヨタ・ウーブン新体制のオープニング式典、スピーチの内容

2021年1月29日、Woven Planet Group(ウーブン・プラネット・グループ)...

自動運転シャトル、e-Palette、Origin、ARMAの国内バトル勃発へ

ホンダは2021年1月20日、米Cruise(クルーズ)・GMと日本における自動運転モビリテ...

NTTが「自動運転」に照準!モビリティ分野の取り組みに多方面で参画

モビリティ分野に100年に1度の変革が訪れているように、情報通信分野にも変革が求められる時代...

トヨタのウーブン新体制、自動運転やWoven Cityでアクセル全開 ライブ配信でオープニングイベン...

トヨタ自動車の自動運転関連ソフトウェアやスマート・シティなどの新領域を手掛けるWoven P...

トヨタのWoven Planet Group、1月29日に重大発表!?ウェブライブ開催

トヨタ自動車の自動運転関連ソフトウェアやスマート・シティなどの新領域を手掛けるWoven P...

最高年収1,400万円!新年早々、トヨタから自動運転関連求人 Woven City関連も

トヨタ自動車の人事部が新年早々元気だ。2021年1月から新たに自動運転向けのシステム設計エン...

スマートシティのマーケ担当も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2020年12月】

本格的な自動運転時代やMaaS時代の到来を前に、求人市場においてはエンジニア職以外にも今後の...

ラストワンマイルの課題解決!NTT西がオンデマンド型乗合バス実証

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市/代表:小林充佳)=NTT西日本=と京都府、精華町...

元祖MaaSアプリ「Whim」に迫る!ウェビナーにCEO登場、ヴァーチャル海外視察も

元祖MaaSアプリと呼ばれる「Whim(ウィム)」を展開し、MaaSの先駆者として一躍有名と...

英ジャガー、自動運転を試験する「スマートシティHUB」開設へ

高級車メーカー大手の英ジャガー・ランドローバーは2020年11月26日までに、アイルランドの...

自動運転で「究極」謳うスマートシティ、NZで爆誕!?ハイテク企業がコラボ

現在、ニュージーランドのオークランドで、大規模な住宅開発プロジェクトとして「Paerata ...

スマートシティや自動運転!地方創生の最前線をウェビナーで紹介

人口減少や少子高齢化が進み、さまざまな課題を抱えている地方都市。その課題を自動運転やロボット...

>>「スマートシティ」関連記事を全て表示

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事