トヨタ(Toyota)

トヨタの自動運転戦略については「トヨタの自動運転戦略」から最新情報を確認することが可能です。

【2024年最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、月額料金・対応...

トヨタとレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービスである「KINTO」。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇中だ。最近は...

【4月21日最新】クルマのサブスク・リース、おすすめ14社を徹底比較!料金・...

クルマは「所有」から「利用」へと変化しつつあるいま、サブスクやリースの需要が高まっている。自動車メーカーをはじめとした多数の企業がサービスを展開しているが、取り扱い車種や契約内容、料金にはどのような違いがあるのだろうか。 ...

トヨタ社長、今年の入社式で「自動運転」に言及なしか

新年度を迎え、未来を担う新入社員が各社を賑わせている。自動車業界も一斉に入社式を迎え、トップから熱いエールが送られたようだ。 佐藤新体制となって2年目を迎えたトヨタ自動車では、入社式に新入社員1,892人が参加し、佐藤恒治社長...

自動運転AIの「トロッコ問題」とは?(2024年最新版)

自動運転の根幹を成すともいわれるAI(人工知能)。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーや米Google系Waymoなど、世界の既存の大手企業からスタートアップ・ベンチャー企業などがこぞって開発に力を入れている。 そもそもAI...

自動運転の「トラブル事例」一覧(2024年最新版)

自動運転車の実用化に向けた取り組みが世界各地で加速している。米国や中国では実用段階に入っており、一部地域で有料サービスが始まっている。日本をはじめとした各国も今後この動きに追随していくことが予想される。 社会実装が本格化し始め...

発注元はトヨタ濃厚か?小糸製作所の自動運転用LiDAR、レベル4車で採用

自動車用照明機器の開発などを手掛ける小糸製作所が、グローバルOEMメーカーから短距離LiDARの新規受注を獲得したと発表した。 発注先メーカーが気になるところだが、同社は世界の主要メーカーと取引があるため、特定は困難だ。ただし...

ライドシェア解禁!・・・沈黙貫くトヨタ、参入見送りか

日本版ライドシェアが2024年4月から始動するにあたり、大手企業もライドシェアビジネスへの参入を次々に発表している。 大手電気機器メーカーのオムロンのグループ会社であるオムロンソーシアルソリューションズ(OSS)は、全国の自治...

自動運転レベル2の要件や定義、機能を解説

市販車の競争は依然として自動運転レベル2(部分運転自動化)ベースに行われている。 一見すると開発競争が停滞していると思われがちだが、自動運転レベル2における機能も着々と高度化が図られており、システムが機能する速度域の広がりやレ...

カーシェア満足度、トヨタが3年連続1位!「不動の首位」確立か

カーシェアリングサービスに関する調査で、トヨタの「TOYOTA SHARE」が顧客満足度ナンバーワンを獲得した。 この調査はコンサルティング機関の株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区/代表取締役社長:山本浩二)...

【2024年3月の自動運転ラボ10大ニュース】アップルが自動運転開発を断念

海外では、アップルがついに自動運転開発を断念するという衝撃のニュースが飛び交った。スマートモビリティを一から開発するのは、天下のアップルでも簡単なことではなかったようだ。 一方、国内ではライドシェア関連の話題や自動配送ロボット...