日産(Nissan)

日産の自動運転戦略については「日産の自動運転・ADAS技術を解説」から確認することが可能です。

【5月20日最新】クルマのサブスク・リース、全14社を徹底比較!料金・口コミ...

クルマは「所有」から「利用」へと変化しつつある昨今、自動車を購入せずに利用するサブスクやリースの需要が高まっている。自動車メーカーをはじめとした多数の企業がサービスを展開しているが、取り扱い車種や契約内容、料金にはどのような...

トヨタGW明け決算、今度こそ「自動運転タクシー」参入表明か

ゴールデンウイーク(GW)が空けて間もなく、2024年5月8日(水)の午後に、トヨタ自動車の2024年3月期(2023年4月〜2024年3月)の通期決算が発表される。 決算発表は取引時間中となる見込みだ。2023年3月期の通期...

ガストのロゴ、ホンダ車が「進入禁止」と勘違い

ファミレスチェーン「ガスト」の看板を、ホンダ車が「進入禁止」の標識だと誤認識するケースが、SNSや車両の口コミで報告されている。 ホンダ車に関しては最近、ラーメンチェーン「天下一品」のロゴを進入禁止の道路標識と誤認識してしまっ...

100均のセリアのロゴ、日産車が「100キロ制限」と誤認識

100円ショップのセリア(Seria)の看板を車のセンサー機能が誤認識する事例が、X(旧Twitter)などで投稿されている。 100の数字を「制限速度100キロ」の標識と誤って認識しているケースがあり、Xでは日産車やマツダ車...

トヨタ参入に壁!自動運転タクシー、運行は「タクシー事業者」限定か

自動運転タクシー実現に向けた規制の在り方に関する議論が徐々に本格化し始めている。国の規制改革推進会議・地域産業活性化ワーキンググループでは、自動運転タクシーに関する規制改革ニーズの事業者ヒアリングの結果が示されたようだ。 本格...

トヨタ社長、今年の入社式で「自動運転」に言及なしか

新年度を迎え、未来を担う新入社員が各社を賑わせている。自動車業界も一斉に入社式を迎え、トップから熱いエールが送られたようだ。 佐藤新体制となって2年目を迎えたトヨタ自動車では、入社式に新入社員1,892人が参加し、佐藤恒治社長...

自動運転レベル2の要件や定義、機能を解説

市販車の競争は依然として自動運転レベル2(部分運転自動化)ベースに行われている。 一見すると開発競争が停滞していると思われがちだが、自動運転レベル2における機能も着々と高度化が図られており、システムが機能する速度域の広がりやレ...

ダイナミックマップとは?(2024年最新版) 自動運転に有用

自動運転業界では、一定条件下で自動運転が可能なレベル3の市販車が発売され、いよいよ自動運転時代の幕開けといった様相を呈している。レベル3はまだ運転手を必要とするが、次のフェーズであるレベル4では特定エリアでAI(人工知能)が全ての運...

部分的自動運転、トヨタ・レクサスのみ「合格圏」 米IIHS調査

自動車メーカー9社の14の部分的自動運転システムについての評価が米国で行われた。合格点を獲得したシステムは1つのみという結果となった。 この評価を行ったのは米道路安全保険協会(IIHS)で、自動車メーカーがより強固な安...

Over The Air(OTA)技術とは?(2024年最新版)

コネクテッドカーの登場により自動車業界で飛躍的に注目度が高まっている「OTA(Over the Air)」。聞きなれない言葉かもしれないが、スマートフォンなどで当たり前に使用されている技術で、自動車への普及も今後加速度的に進...