MaaS

「自動運転」関連求人、前年比60%増の4万333件 2022年3月末調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2022年3月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

MaaSアプリ「MONET」が、自治体の移動革命を下支え

トヨタとソフトバンクが共同出資して設立されたMONET Technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:宮川潤一)が、MaaSアプリとして「MONET」をすでに展開していることをご存じだろうか。 このM...

さいたま市のAI交通、市民絶賛「今後も利用したい」

国内外でスマートシティに向けた取り組みが着々と進められており、埼玉県さいたま市も例外ではない。「大宮駅周辺・さいたま新都心周辺地区」「美園地区」を先行モデル地区として、スマートシティ関連の取り組みを推進している。 さいたま市の...

自動運転と不動産(2022年最新版)

実用化に向けた取り組みが加速する自動運転技術。自動運転システムの開発事業者や交通事業者を中心とした取り組みに注目が集まりがちだが、不動産×自動運転技術の取り組みも徐々に裾野を広げ、実用化を見据えた実証が活発化している。 この記...

「自動運転は不安」「黒字化に壁」 離島×自動運転・MaaSの課題は?

国土交通省の「スマートアイランド実証調査事業」の2021年度の結果がこのほど公表された。公共交通の維持や観光客の足の確保に関する課題が少なくない日本の離島。同事業には自動運転やMaaSに関する取り組みも含まれており、自動運転ラボも注目してき...

自動運転、「RoAD to the L4」とは?

官民が一体となり 自動運転技術の社会実装を推進する新たなプロジェクトが2021年度にスタートした。「RoAD to the L4(自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト)」だ。 2022年度以降...

2021年度のスマートモビリティチャレンジ、得られた知見は?

経済産業省は、2021年度に実施された「スマートモビリティチャレンジ」事業の成果や課題を取りまとめた知見集を作成し、2022年4月5日に公表した。 同年度は先進パイロット地域に14地域が選定され、自動運転をはじめとした新モビリティやM...

青梅・奥多摩の観光型MaaS、スマホで計画・移動・食事・体験を網羅

京王電鉄と京王エージェンシーはこのほど、青梅市内・奥多摩町内で観光型MaaS「TAMa-GO(たま・ごー)青梅・奥多摩」を2022年4月27日〜6月20日に実施すると発表した。実証によって西多摩地域における観光客の利便性向上を図ると...

自動配送ロボットが次のフェーズへ!2022年4月の自動運転ラボ10大ニュース...

新年度を迎え、新たな1年の技術進展に期待を膨らませる時期が到来した。前年度の総決算とともに新たな事業計画をベースとした取り組みが今後徐々に明かされていくことになる。 国内では、大阪・関西万博に向けた自動運転実証が本格化の兆しを...

知財・特許職も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2022年4月】

実証から実用化の段階へと徐々にフェーズが移り、ますます盛り上がっている自動運転・MaaS業界。求人も増加傾向だ。自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2022年4月版では、各社が公開している案件の中から、特に注目したい案件をピック...