国内ニュース

技術系ニュースから企業動向まで、日本国内における自動運転業界のさまざまなニュースを時系列で掲載しています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

自動運転、信号に革新は必要?警察庁、トヨタらにヒアリング

自動運転車の安全かつ円滑な走行をサポートする路車間連携(V2I)システム。中でも、交差点における信号機関連の情報は有益だ。 新たな交通インフラ整備に向けた検討は各所で進められており、警察庁は「協調型自動運転システムへの情報提供...

相場は「1回110円」?自動運転ロボによる配送

ネット事業を中心にビジネスを多角化する楽天グループ。同社は自動運転事業も展開している。その事業の取り組みの1つが、自動配送ロボット(UGV)を活用した配送サービスで、すでに定常的にサービスを提供していることをご存じだろうか。 ■茨...

バーティポートとは?「空飛ぶクルマ」の離着陸場

最近、空飛ぶクルマ関連のニュースで「バーティポート」というキーワードをよく目にする。空飛ぶクルマの機体開発を進める企業が目立つなか、空飛ぶクルマのインフラに注目して業を展開する企業も増えている。この記事ではバーティポートとはいったい...

ソフトバンクで「MaaS」な仕事!データ分析担当を募集中

MaaSといえば、モビリティ業界の近年の潮流の1つだ。移動を「サービス」としてとらえ、移動にさまざまな付加価値をつける取り組みが、徐々に始まっている。 通信大手のソフトバンクもこの領域に参入しており、現在、MaaS事業のデータ...

自動運転と大阪の現状(2022年最新版)

IR(統合型リゾート)誘致やスマートシティ・スーパーシティ構想、そして2025年開催予定の大阪・関西万博を原動力にイノベーションに取り組む大阪府・大阪市。賛否両論あれども、未来に向けまちのアップデートを図っていく姿勢はこれからの自治...

日本製「自動運転ロープウェイ」が、マレーシアの渋滞を解消!?

自動運転の都市型ロープウェイを開発する日本企業のZip Infrastructure株式会社(本社:神奈川県秦野市/代表取締役:須知高匡)はこのほど、マレーシア科学大学とマレーシアの交通渋滞解消に向け、都市型自走式ロープウェイの導入...

ダブルの「国内初」!自動運転EVで搬送サービス&専用保険

ティアフォーとヤマハ発動機の合弁企業eve autonomyが、自動運転レベル4の自動搬送サービス「eve auto」の提供を2022年11月30日から正式に開始した。また同日、損害保険ジャパンもレベル4サービス導入前から導入後まで...

自動運転、トヨタに「置いてけぼり感」?ホンダ新発表で

自動運転レベル3で先行するホンダは2022年12月1日、安全運転支援分野における次世代技術を発表した。「Honda SENSING 360」や「Honda SENSING Elite」の進化系で、自動運転技術に通じる先端技術の搭載を...

MaaSの注目ベンチャーNearMe、最新決算では純損失2.2億円

タクシー相乗りアプリを展開する株式会社NearMe(本社:東京都中央区/代表取締役:髙原幸一郎)の2021年12月期決算(2021年12月31日現在)が官報に掲載された。 当期純損失は2億6,828万円、当期までの利益や損失の...

この奇抜なクルマ、旭化成です 「自動運転時代」見据え設計

上の写真を見てほしい。この車両は、旭化成の3台目となるコンセプトカー「AKXY2」だ。 この車両は、「3つのS」とコンセプトに開発されたという。「Sustainability」(持続可能なクルマづくり)、「Satisfacti...