【最新版】自動運転車の実現はいつから?世界・日本の主要メーカーの展望に迫る

日本を含む世界の主要自動車メーカーが、自動運転システムを搭載した車両の発表や発売を活発化させつつある。現在は自動運転レベル2〜3の車両が主流で、いつからシステム側が運転の主体になるレベル4の自動運転車が登場するのか関心が集まっている...

【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2017年にドイツの自動車メーカー「アウディ」が自動運転レベル3(条件付運転自動化)に該当するシステムを初めて量産車に搭載し、ま...

【最新版】LiDARとは? 自動運転車のコアセンサー 機能・役割・技術・価格...

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でもLiDARの需要は青天井のごとく伸び続けており、マーケティング会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザの市場規模は2017年の約25億円から2030年には約4959億円まで約2...

地味に凄い…このトヨタ合意でデンソーは自動運転を席巻 LiDAR開発から22...

トヨタ自動車は2018年6月1日、自動運転車など向けの電子部品事業をデンソーに集約することでデンソー側と合意したことを発表した。デンソーが手掛ける自動運転に絡む半導体事業がより急成長する追い風になり、デンソーが世界の車載部品市場での...

【最新版】自動運転の最重要コアセンサーまとめ LiDAR、ミリ波レーダ、カメ...

自動運転車や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラや光の先進技術を活用したレーザレーダであるLIDAR(ライダー)などのセンサーを活用し、車両周辺の環境を認識する。AI(人工知能)が自動運転車の「脳」なら、自動運転車...

【最新版】MaaSとは? 読み方や意味・仕組み、サービス・導入事例まとめ

自動車業界のみならず、交通サービス提供事業者全体を巻き込み大きな話題となっているMaaS。現在の交通体系を一変させるほどの可能性を有する新たなサービスで、MaaSの文字を目にする機会も徐々に増えてきているものの、まだまだなじみは薄い...

デンソーなどトヨタ系4社、AI自動運転の技術開発で新会社 アイシン精機、ジェ...

トヨタ自動車グループのデンソーなど4社が、自動運転向けの技術開発で新会社を設立することが2018年8月24日、分かった。報道によれば、デンソーが50%以上を出資するものとみられ、2018年内に設立される予定だ。日本経済新聞が報じた。...

CASEとは? 何の略? 意味は? 自動運転、コネクテッド、シェアサービス、...

自動車関係の話題で近年耳にする機会が増えてきた言葉の一つに「CASE(ケース)」がある。自動車産業の今後の動向を示す重要な鍵であり、自動車メーカー各社の事業の方向性を示す指針にもなり得るキーワードだ。今回はこのCASEという用語につ...

【2018年夏 最新版】自動運転業界マップをリリース! 全138企業・大学・...

自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」は2018年7月17日、自動運転車の開発に携わる大手企業やスタートアップ企業、大学、自動運転関連企業に出資するファンドなどをまとめた「自動運転業界マップ〜2018年夏 最新版」をリリース致...

【最新版】自動運転レベル0〜5まで、6段階の技術到達度をまとめて解説

自動運転レベルは、人(運転手)と車(システム)が担う運転動作の比率や技術到達度、走行可能エリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5の6段階に分類されている。 自動運転レベルは当初、「米運輸省道路交通安全局」(NHTSA)の定...






スポンサードリンク