Ride Share

ライドシェア業界の最新ニュースを掲載しています。ライドシェア事業を展開する企業の戦略や発表、サービス内容、市場動向などのほか、各国の法規制などに関する情報も取り上げています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

米テスラ、2020年に100万台規模で自動運転タクシー事業

米電気自動車(EV)大手テスラが2019年4月22日、本社で開催した技術説明会で、来年2020年の半ばにも自動運転タクシーのビジネスを開始する計画を明らかにした。CNN BUSINESSなどが報じた。 技術説明会で同社の最高経...

ライドシェアとカーシェアの違いは? メリットとデメリットは?

ICT技術などを駆使し、遊休資産の活用を図るシェアリング・エコノミー。自動車関連では、カーシェアとライドシェアがメジャーな存在だ。 同分野のシェアリングサービスだが、それぞれどのような特徴があり、どのような違いがあるのか。両者のメリッ...

アレが3年連続1位 米ウーバーの忘れ物ランキング2019年度版

米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズが「2019年度版Uber忘れ物インデックス」というユニークなまとめを発表した。この発表はウーバーを利用する乗客に忘れ物の注意を促すことを目的として、アメリカ国内で2018年の1年間を通し...

ライドシェアの主なトラブル事例・問題・事件まとめ

解禁の是非が問われ続ける有償ライドシェア。現状、海外でも賛否が分かれる一方、その市場規模は大きな伸びを見せ続けている。 社会認知度と受容性の高まりが市場に反映された結果だが、それではなぜライドシェアは解禁されないのか。反対論者...

「ライドシェア企業Uber」の終焉 巨額マネーは自動運転TAXIに

ライドシェア世界最大手の米ウーバー・テクノロジーズが2019年5月にも上場する。IPO(新規株式公開)による資金調達目標は1兆円規模と報じられており、調達した巨額マネーをどの事業に投下するのかに早くも注目が集まっている。 資金...

日本におけるライドシェア規制の現状と特区制度まとめ

国内では依然として事実上禁止されている有償ライドシェア。業界団体や一部の自治体が反対を表明する一方、新経済連盟のように規制撤廃を働きかける動きや、実証実験に取り組む企業・自治体の姿も散見されるようになった。 国内におけるライド...

ライドシェア世界最大手ウーバー、2019年5月に上場へ IPOを申請

ライドシェア世界大手の米ウーバー・テクノロジーズが、2019年5月にも米ニューヨーク証券取引所に上場する見込みとなった。 米証券取引委員会(SEC)に2019年4月11日に新規公開株式(IPO)の申請を行った。米メディアの報道...

熊本県議会、安倍首相宛の「ライドシェア反対意見書」を可決

「ライドシェアに反対する意見書」が熊本県議会の2月定例会で可決された。提出先は安倍晋三首相などだ。 日本ではまだ全面解禁は遠いとみられるが、一方で海外では普及しているライドシェア。今回の反対意見書の可決は日本政府の方向性に沿っ...

ライドシェアアプリ「nori-na」と駐車場シェア「軒先パーキング」が連携

国内最大級ライドシェアアプリ「nori-na(ノリーナ)」を運営する株式会社ZERO TO ONE(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:石田誠)は2019年3月12日までに、駐車場シェアサービス「軒先パーキング」を運営する軒先株式...

コスト共有型ライドシェア、仲介料だけで2030年に131億円市場に

調査会社の富士経済(本社:東京都中央区/代表取締役:清口正夫)は2019年3月12日までに、自動車関連の国内シェアサービス市場に関する市場予測を発表した。 発表によれば、運転手と利用者がガソリン代や高速代といった交通費を割り勘するカー...