『自動運転&MaaSビジネス参入ガイド』予約受付スタート!自動運転ラボ発行人・下山哲平による最新刊

ソニーやMobileyeへの巻頭独占インタビューも



『自動運転&MaaSビジネス参入ガイド〜周辺ビジネスから事業参入まで』が2020年11月5日に翔泳社から出版される。著者は、日本唯一の自動運転専門メディア「自動運転ラボ」発行人の下山哲平氏(株式会社ストロボ代表取締役)。







自動運転やMaaSに関連するビジネス展開を検討している人に向けた書籍。自動運転やMaaSの基礎知識のほか、注目されている以下の10の業界・サービスに着目し、既に取り組まれている事例や参入方法などを解説している。

  • 小売業
  • 物流業
  • 不動産業
  • 農業
  • 行政機関
  • 広告
  • 金融・決済
  • エンタメ・コンテンツ
  • 情報セキュリティ
  • カーシェアリング
■ソニーとMobileyeに独占インタビュー

巻頭インタビューでは、ソニーが発表した自動運転EV「VISION-S」の担当役員である川西泉氏に話を聞いており、自動車メーカーではないソニーの知られざるVISION-Sの開発秘話や開発した目的などが語られている。

そのほか巻頭インタビューでは、Intelグループのイスラエル企業Mobileyeの日本法人の川原昌太郎CEO(最高経営責任者)にも話を聞いている。同社は自動運転タクシービジネスの展開も発表しており、自動運転業界では目を離せない企業の1社だ。

本著は304ページで税込2,420円。Amazon.comでは以下のURLから購入予約が可能となっている。

▼自動運転&MaaSビジネス参入ガイド 周辺ビジネスから事業参入まで|下山 哲平(自動運転ラボ発行人)|本|通販|Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4798163090

以下が本著の構成だ。

●巻頭インタビュー:ソニー
●巻頭インタビュー:モービルアイ
●Part1 自動運転ビジネスの市場
– Chapter1:自動運転の基礎知識
– Chapter2:自動運転ビジネスが注目される理由
– Chapter3:自動運転で実現するビジネス革命
– Chapter4:自動運転ビジネスの市場規模と関連業界
– Chapter5:自動運転ビジネスで利用されている技術
– Chapter6:自動運転ビジネスの海外事例
●Part2 自動運転ビジネス企業カタログ
– Chapter7:自動運転ビジネスに関連する企業のカオスマップ
●Part3 分野別ビジネス参入手法
– Chapter8 :自動運転ビジネスに参入するための考え方(導入章)
– Chapter9:自動運転×業界「小売業」
– Chapter10:自動運転×業界「物流業」
– Chapter11:自動運転×業界「不動産業」
– Chapter12:自動運転×業界「農業」
– Chapter13:自動運転×業界「行政機関」
– Chapter14:自動運転×サービス「広告」
– Chapter15:自動運転×サービス「金融・決済」
– Chapter16:自動運転×サービス「エンタメ・コンテンツ」
– Chapter17:自動運転×サービス「情報セキュリティ」
– Chapter18:自動運転×サービス「カーシェアリング」

下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事