国内ニュース

技術系ニュースから企業動向まで、日本国内における自動運転業界のさまざまなニュースを時系列で掲載しています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

トヨタMaaS「非常に期待」「二重に運賃」!口コミ分析をしてみたら

トヨタのMaaSアプリ「my route」は、さまざまな交通手段を組み合わせたルート検索をはじめ、交通手段の予約や決済がワンストップで完了するスマートフォンアプリだ。 my routeの公式サイトによると、2022年9月時点の...

自動運転と駐車(2022年最新版) 技術や業界動向は?

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。ODD(運行設計領域)設定が複雑で、手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが高いが、すでに実用化域に達し始...

自動運転はどこまで進んでる?(2022年最新版)

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。この記事を読んでいる人の中には、自動運転技術がどこまで進んでいるのか、整理して理解したい人も少なくないはずだ。 この記事では2022年9月時点の情報をもとに、ADAS(先進運転支援システム)...

ラサール石井さん、空飛ぶクルマに「大きなドローンやん」

タレントのラサール石井さんが、吉村知事の空飛ぶクルマ関連のツイートにツッコミを入れている。そのツイートは以下の通りだ。 https://twitter.com/bwkZhVxTlWNLSxd/status/15697228162239...

空飛ぶクルマの価格・値段は?(2022年最新版)

空の移動に革命をもたらす「空飛ぶクルマ」の開発が盛んだ。一部では試験的な実用化が始まっているほか、予約販売を開始する動きも活発になり始めている。未来感漂う新たなエアモビリティだが、気になるのはその値段だ。 この記事では、eVT...

空飛ぶクルマの実用化時期(2022年最新版)

陸の自動運転車同様、空の移動にイノベーションを起こす「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた取り組みが着々と進められている。 海外の一部ではすでに大型契約のもと量産段階を迎えつつあるが、国内はどのような状況となっているのか。国や民間の...

MaaS投資、注目の株式銘柄・投資信託(2022年最新版)

コネクテッド・IoT技術や自動運転技術の進展を背景に、モビリティサービスが進化し続けている。この進化を象徴するように自動運転開発企業やモビリティサービスプラットフォーマーなどの上場が近年相次いでいる。 上場後の株価は、コロナ禍...

自動運転列車、「メッシュ」フェンスで人の侵入防止

鉄道の自動運転化に向け議論を進めている「鉄道における自動運転技術検討会」がこのほど、約4年間にわたる議論のとりまとめ資料を作成・発表した。 自動運転システムそのものではなく、自動運転導入に向けた環境整備に重点を置いた内容となっ...

2021年純損失は16億円 日本の「空飛ぶホバーバイク」企業

空飛ぶホバーバイクなどを開発する株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区/代表取締役社長:片野大輔)の第6期決算(2021年1〜12月)が、官報に掲載されている。 当期純損失は16億3,192万円で、第...

トヨタマップマスター、純利益35%増!自動運転地図事業も

トヨタ自動車の関連企業としてマップ関連事業を手掛ける株式会社トヨタマップマスター(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:山田博之)の第24期(2021年4月〜2022年3月)の決算公告が官報に掲載されている。 第24期の純利益...