Tech

自動運転社会の実現に向けて活躍するさまざまな先端技術に関するニュースを掲載しています。AI(人工知能)から車両の周辺環境を認知するLiDAR、シミュレーターなど幅広く取り上げています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

早ければ2040年代に!「手動運転禁止」6つのメリット

現在、世界各国で開発が進められている自動運転車。道路交通の安全性向上や効率化、省人化を大義名分に、今後どんどん社会実装が推し進められていくことが予想される。遠い将来、自動運転車が主流となる社会が訪れることもほぼ間違いないだろう。 ...

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2022年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

自動運転、レベル2とレベル3の違いは?(2022年最新版)

自家用車で普及が進む自動運転レベル2。高度なレベル2はハンズオフ運転が可能となるなど、運転操作に一定のゆとりをもたらす。 一方、一定条件下で自動運転を行うレベル3車両の市場化も進み始めた。現状は高嶺の花的存在だが、技術の高度化...

自動運転、レベル4とレベル5の違いは?(2022年最新版)

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4の実用化が海外で加速している。国内でも車内無人化を実現する技術開発と環境整備が進められており、各地の実証も新たなフェーズを迎えつつある。 現状、「自動運転=レベル4」のイメージが強い...

LiDARとは?読み方は?(2022年最新版)

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

車窓が「広告枠」に!自動運転タクシー、収入源は多様化

自動運転時代における「自動運転タクシーの稼ぎ方」について考えたことがあるだろうか。 現存する従来型のタクシービジネスでは、「運賃」が主な収入源であることは間違いない。もちろん自動運転タクシーでも、運賃収入は運行事業者の売上を支...

自動運転中、運転手ができること(2022年最新版)

ドライバーレス走行を可能にする自動運転レベル4(高度運転自動化)。従来自動車に付きものだった運転手は必要なくなり、タクシーやバス、トラックなどの商用車から運転手が姿を消すことになる。また、コンシューマー向けの自家用車へのレベル4搭載...

LiDARのMEMS式とSolid State式(2022年最新版)

自動運転車に欠かせない「目」の役割を担うセンサー類。その中でも近年開発競争が激化しているのがLiDAR(ライダー)だ。当初は自動運転開発用が主流で高価だったが、市販車への実用化を模索する中でさまざまな技術が導入され、低価格化も進んで...

自動運転とTOR(2022年最新版)

自動運転と手動運転が混在する自動運転レベル3の実用化が加速している。一定条件下で自動運転を行うが、作動継続困難となる際にはドライバーに運転交代を要請する。いわゆる「テイクオーバーリクエスト(TOR)」だ。 この記事ではTORに...

自動運転の「弱点」(2022年最新版)

年々目に見える進化を遂げる自動運転技術。公道走行実証やサービス実証、シミュレーションなどを通じ、地道に課題を克服してクオリティを上げ続けている。 すでに一部で実用化が始まっているが、道路交通の安全を担保する上で現状の自動運転技...