Tech

自動運転社会の実現に向けて活躍するさまざまな先端技術に関するニュースを掲載しています。AI(人工知能)から車両の周辺環境を認知するLiDAR、シミュレーターなど幅広く取り上げています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

【最新版】自動運転の最重要コアセンサーまとめ LiDAR、ミリ波レーダー、カ...

自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラのほか、光の先進技術を活用したレーザーレーダーである「LiDAR」(ライダー)などのセンサーを活用し、システム側が車両周辺の環境を認識する。AI(人工知能)が自動運転車...

ADASで必要とされるデータは?車載ストレージ選びも鍵(深掘り!自動運転×デ...

自動運転の社会実装が始まったが、市販車ベースではまだまだ主力のADAS(先進運転支援システム)。交通安全とともに自動運転につながる技術として、より高いレベルを目指す研究開発が続いている。 ADASには衝突被害軽減ブレーキなど幅...

自動運転で使う高精度3D地図データ、その作製方法は?(深掘り!自動運転×デー...

自動運転技術の実用化に伴って重要となってくるのが「高精度3次元地図」(高精度3Dマップ)だ。そんな高精度3次元地図はどのように作製されているのだろうか。具体的に解説していこう。 ■高精度3次元地図の作製 MMS(...

LiDARとは?自動運転の目となるセンサー、レベル3実用化で市場急拡大

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でも「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要は急拡大するとみられており、市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4...

AEC-Q100とは?車載ストレージ関連知識(深掘り!自動運転×データ 第4...

高い耐久性や堅牢性が求められる自動車向けのストレージには、業界団体が定めた高品質を認定する規格が設けられている。その代表格が「AEC-Q100」だ。 こうした規格は、車載ストレージを選ぶ際の指標の1つとなる。今回はAEC-Q1...

「安全」と「安心」は大違い!自動運転の社会実装に向け、区別して考える必要性

自動運転に対する社会受容性も年々高まってきているが、半信半疑の人もまだまだ多い。未知の技術である自動運転の安全性を信頼できず、不安を拭えないからだ。 自動運転が社会に受け入れられるためには、「安全」と「安心」という2つのキーワ...

「自動車×AI」をEブックで一挙解説!(特集:自動運転車1台あたり2ペタバイ...

データ管理大手の米NetApp(ネットアップ)は「自動車業界のAI」と題したEブックを無料公開している。 自動運転化に向けてAIの開発が急がれる中、同社はAIのユースケースの成功を左右する要素が「データ」だと強調し、Eブックで...

e.MMCとは?車載ストレージ関連知識(深掘り!自動運転×データ 第39回)...

コネクテッド技術や自動運転関連技術の高度化や実装が進む自動車業界。技術や各コンピューター機器の高機能化とともに、データを処理・記録する基盤となるストレージの高性能化も進んでいるようだ。 一方、こうしたフラッシュメモリをはじめと...

自動運転AIとデータの関係性は?データマネジメントの重要性(特集:自動運転車...

自動運転システムの根幹をなす技術として真っ先に挙げられるAI(人工知能)。自動運転における「脳」の役割を担い、自動車制御に関わるあらゆる判断を下す。 判断に要するデータは非常に多岐に渡り、膨大なデータを効果的かつ効率的に高速処...

自動運転、「心臓部」であるストレージに信頼性・堅牢性が必要な理由は?(深掘り...

多くのデータを生成・解析する自動運転車。カメラなどから取得したセンシングデータやV2Xによって取得した道路交通情報などを絶えず収集・解析しながら道路上を走行する仕組みだ。開発分野では、周囲の状況を検知するセンサー機器やデータを解析す...