Column

自動運転に関する基礎知識やコア技術、専門用語、業界動向などについて、考察・解説やまとめ記事を掲載しています。エンジニア向けの転職サイトや各社の求人ページのまとめなども。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

ADASとは?読み方は「エーダス」、自動運転との違いは?

自動車メーカーから昨今発売される新車には、「自動ブレーキ機能標準装備」や「レーンキープアシスト搭載」といった機能が搭載されているのが珍しくなくなってきた。こうしたドライバーの運転を支援する機能は「ADAS」と呼ばれる。 最近は...

LiDARセンサーとは?自動運転で活躍、開発企業が増加

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

CASEとは?意味や使い方は?「コネクテッド」や「自動運転」を示す略語

自動車関係のトピックスで最近耳にする機会が増えてきたワードの一つに「CASE(ケース)」がある。自動車産業の今後の動向を示す重要なキーワードであり、自動車メーカー各社の事業の方向性を示す指針にもなり得るキーワードだ。 「CAS...

自動運転車向けセンサーまとめ!LiDAR、ミリ波レーダー、カメラ

自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラのほか、光の先進技術を活用したレーザーレーダーである「LiDAR」(ライダー)などのセンサーを活用し、システム側が車両周辺の環境を認識する。 AI(人工知能)が自動運転車...

自動運転AIは恋してナンボ トヨタとドラえもん映画に共通点見つかる!

1983年に公開された映画「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」で、感情を持った水陸両用バギーが登場した。今風に言えば、AI(人工知能)搭載の自動運転車といったところだ。 この水陸両用バギー、映画の中でしずかちゃんに恋をする。しか...

空も飛べたら「自動運転レベル6」?

日進月歩で開発が進展する自動運転技術。自家用車ではレベル3、移動サービスなどではレベル4技術の社会実装がどんどん進められている。 この自動運転レベルは、米自動車技術会(SAE International)が策定した定義が世界の...

なぜ住民たちは、Waymoの自動運転車に卵を投げつけるのか

米Googleの自動運転部門を担うWaymo(ウェイモ)。2018年12月に自動運転タクシーの商用サービスをローンチし、この分野では群を抜く実績を誇っている。 そんなWaymoはアリゾナ州フェニックス郊外のチャンドラーなどで自...

「あなたの手動運転が自動運転に貢献する」理由

自動運転社会の実現に貢献できるのは、エンジニアだけではない。もしあなたが独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「Golf 8」を購入するのならば、自動車の運転免許さえあれば、あなたも立派に貢献できる。 なぜか。それは、Golf ...

自動運転が「不気味の谷」を超えた!

「不気味の谷」という言葉がある。ロボットを人間に似せていくと、人間とあまり似ていないときは好感度を持てるが、似すぎると気味が悪くなるという現象だ。 この不気味の谷を超えることが、ヒューマノイドロボットの開発において、非常に重要...

自動運転車のメリット、「社会」と「人」でそれぞれ解説!

移動サービスの分野で自動運転技術の社会実装が始まった。まだまだ実証を重ねる必要がある開発段階ではあるものの、着実に進化を遂げ成果を出し始めている。 進化の過程にある自動運転は今後、人や社会にどのような恩恵をもたらすのか。この記...