Column

自動運転に関する基礎知識やコア技術、専門用語、業界動向などについて、考察・解説やまとめ記事を掲載しています。エンジニア向けの転職サイトや各社の求人ページのまとめなども。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

自動運転時代、年間500億円の反則金がゼロに

自動運転時代に到来すると、ある変化が起きる。スピード違反や信号無視などの反則金が徴収されるケースが極端に減る。自動運転システムは人間と違って、スピード違反をせず、意図的な信号無視はしないからだ。 もちろん、こうした道路交通法の...

自動運転車が普及すると「車庫」が無くなる!

自動運転の市販車はすでに発売されている。ホンダが2021年3月に自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車を発売し、ドイツのメルセデス・ベンツはレベル3の有料オプションの展開をスタートした。 まだ一定条件下の限定的な自動運転...

完全自動運転時代になくなるもの

道路交通に多大なイノベーションをもたらす自動運転技術。近い将来、運転手のいない車両があちこちで走行する風景が日常のものとなるかもしれない。 技術が高度化し、条件や制限なく自動運転が可能となれば、従来の自動車に必須とされる装備や...

自動運転車が「空も飛ぶクルマ」になる時代へ

世界各地で開発・実用化が進む次世代モビリティ。無人の自動運転車が陸路を走行し、空飛ぶクルマが低空域を飛び交う――そんな未来が徐々に近づいてきている。 モビリティの1つの究極系は、陸路の走行と空の飛行を自動運転で両立するモデルで...

タクシーに「1円」で乗れる日がやってくる

自動運転タクシーはすでにアメリカや中国で一部商用展開されている。2018年12月にGoogle系Waymoが実用化して以降、アメリカではGM Cruise、中国ではネット検索大手・百度などが、Waymoの背中を追うようにサービスの実...

自動運転社会のメリット(2022年最新版)

移動サービスの分野で自動運転技術の社会実装が始まった。まだまだ実証を重ねる必要がある開発段階ではあるものの、着実に進化を遂げ成果を出し始めている。 進化の過程にある自動運転は今後、人や社会にどのような恩恵をもたらすのか。この記...

MaaSがなぜ必要なの?(2022年最新版)

人の移動を担う新たな概念・サービスとして定着しつつあるMaaS。その効果は、アプリ活用による利便性向上にとどまらず、地域が抱える交通課題の解決に寄与するものとして注目を集めている。 MaaSがどのように交通課題を解決していくの...

自動運転業界では「見慣れない会社」と言われたら勝ち

近年、有望視されている市場の1つに「自動運転」市場がある。従来の自動車が自動運転車にいずれ全て置き換わるとすれば、イメージがしやすい。 しかし、それだけではない。自動車の中で運転手が運転をしなくてよくなるため、「可処分時間」が...

MaaSの課題・問題点(2022年最新版)

移動に利便性をもたらすMaaS(Mobility as a Service)関連の取り組みが各地で進められている。国内全エリアを網羅するところまで普及するかは不明だが、もはや特段珍しい存在ではなくなった印象だ。 近い将来、移動...

自動運転レベル4でできることは?(2022年最新版)

運転操作におけるドライバーの負担を軽減するADAS(先進運転支援システム)。技術が高度化すると自動運転となり、システムがドライバーの役割そのものを担うことが可能になる。 システムが運転操作を代替する自動運転中、ドライバーは運転...