Column

自動運転に関する基礎知識やコア技術、専門用語、業界動向などについて、考察・解説やまとめ記事を掲載しています。エンジニア向けの転職サイトや各社の求人ページのまとめなども。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

自動運転とSDGsの関係性(2023年最新版)

持続可能な社会の構築に向け、世界各国の政府や企業、個人が取り組んでいるSDGs。自動車業界においては、カーボンニュートラルの実現などに注目が集まりがちだが、自動運転技術もSDGsと無関係ではない。 自動運転はSDGsにどのよう...

自動運転の目的・メリット(2023年最新版)

テクノロジー企業やスタートアップを中心に開発競争が激化の一途をたどる自動運転技術。早期実現に向けた各社の取り組みにより、その技術は日進月歩の進化を遂げている。 一方、世界各国の政府も足並みを揃えるかのように法整備やインフラ整備...

タクシー運転手が「自動運転AI」に勝てること

自動運転技術はすでにかなり進化し、アメリカや中国では商用ベースで自動運転タクシーが展開されている。例えばGoogle系Waymoの自動運転タクシーは2018年にサービスを開始し、すでに安全要員が運転席に座っていない状態で地球40周分...

自動運転社会で「最も恩恵を受ける人」は?

自動運転車が普及する社会について論じられるとき、「人が運転しなくてもよくなる」という視点を軸にメリットが挙げられることが多い。 この視点は当然最も重要であり、人が運転しなくてもよくなることで、人が「運転に使っていた時間」が「可...

マネタイズ、ChatGPTより「自動運転」の方が容易

話題沸騰中のチャットボット「ChatGPT(チャットジーピーティー)」。一般公開から瞬く間にユーザー数は1億人を突破し、会話におけるAI(人工知能)の理解力や文章作成能力を賞賛する声があちこちから聞こえる。一大ブームが巻き起こってい...

自動運転時代、年間500億円の反則金がゼロに

自動運転時代に到来すると、ある変化が起きる。スピード違反や信号無視などの反則金が徴収されるケースが極端に減る。自動運転システムは人間と違って、スピード違反をせず、意図的な信号無視はしないからだ。 もちろん、こうした道路交通法の...

自動運転車が普及すると「車庫」が無くなる!

自動運転の市販車はすでに発売されている。ホンダが2021年3月に自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車を発売し、ドイツのメルセデス・ベンツはレベル3の有料オプションの展開をスタートした。 まだ一定条件下の限定的な自動運転...

完全自動運転時代になくなるもの

道路交通に多大なイノベーションをもたらす自動運転技術。近い将来、運転手のいない車両があちこちで走行する風景が日常のものとなるかもしれない。 技術が高度化し、条件や制限なく自動運転が可能となれば、従来の自動車に必須とされる装備や...

自動運転車が「空も飛ぶクルマ」になる時代へ

世界各地で開発・実用化が進む次世代モビリティ。無人の自動運転車が陸路を走行し、空飛ぶクルマが低空域を飛び交う――そんな未来が徐々に近づいてきている。 モビリティの1つの究極系は、陸路の走行と空の飛行を自動運転で両立するモデルで...

タクシーに「1円」で乗れる日がやってくる

自動運転タクシーはすでにアメリカや中国で一部商用展開されている。2018年12月にGoogle系Waymoが実用化して以降、アメリカではGM Cruise、中国ではネット検索大手・百度などが、Waymoの背中を追うようにサービスの実...