Column

自動運転に関する基礎知識やコア技術、専門用語、業界動向などについて、考察・解説やまとめ記事を掲載しています。エンジニア向けの転職サイトや各社の求人ページのまとめなども。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

運転免許は”自動運転時代”に消える 代わりに「乗車免...

8225万5195万人。日本における運転免許の保有者数(2017年)だ。身分証明書としても持っていると便利な運転免許証。ただ果たして20年後にはまだ運転免許制度自体が残っているのだろうか。 20年後にはまだ運転免許制度は残って...

ウーバー幹部の紹介ページが凄く温かい件 上場で社風変わっちゃう?

企業の公式サイトに載っている経営陣の略歴紹介ページは、どこも結構お固い感じだ。名前と役職名が紹介されているだけだったり、その会社における活躍ぶりが紹介されていたり…。ただ米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーの経営陣の略歴紹介ペ...

「自動運転×中国」の最新動向は? 国や企業の取り組み状況まとめ

世界一の自動車販売市場を誇る中国。海外メーカーがこぞって進出し、販売台数の獲得に躍起となる中、中国が大きな変貌を遂げようとしている。自動運転やAI(人工知能)分野における進歩が著しく、海外進出を視野に入れたアクションが際立って多く目...

「自動運転×電車」の最新動向は? 国や企業の開発・取り組み状況まとめ

公共交通における大動脈ともいえる鉄道。この鉄道に自動運転の波が押し寄せている。背景には、運転士や保守作業員など鉄道係員の確保や養成が困難になってきている点が挙げられ、鉄道事業者においてはより一層の業務の効率化・省力化が急務となってい...

「自動運転×人材育成」の最新動向まとめ AI人材育成を国策で推進

狩猟社会から農耕社会、工業社会、そして情報社会と進化してきた世界。現在は、AI(人工知能)社会とでも言うべき次世代を見据えた産業が急成長しており、これは自動運転の分野においても例外ではない。むしろ代表例と言えるほどで、AI技術なくし...

「自動運転×物流」の最新動向まとめ 労働力不足に光明、トラック自動化はいつ?...

労働力不足という共通した課題を抱える物流業や倉庫業。ただモノを運べは良い、モノを預かれば良いといった旧来の事業から脱却し、新たな展望を切り開いていかなければならない時がやってきている。 その前途に一筋の光明をもたらすのが、自動...

ラストワンマイルとは? 課題解決に向け自動運転技術など活用

運輸業界が抱えるラストワンマイルの課題解決に向け、自動運転技術やMaaS(Mobility as a Service)分野の積極的な活用が検討されている。物流における宅配便や地方における高齢者の移動手段など、今後も必要とされるサービ...

パイオニアの自動運転・LiDAR戦略まとめ ロードマップや開発状況は?

経営改善に向け財務基盤の早期立て直しを図る電機メーカー大手のパイオニア(本社:東京都文京区/代表取締役:森谷浩一)。コネクテッドカーライフの早期実現や高精度地図ビジネスの確立・拡大などによるV字成長を目指すが、中でも期待を込めるのが...

エヌビディア(NVIDIA)の自動運転戦略まとめ 半導体開発や提携の状況は?...

創業者のジェンスン・フアンCEOが率いる米半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)。ゲームやパソコン向けのGPU製品で瞬く間に名を馳せたが、近年は自動運転分野における急伸が著しく、自動運転開発に欠かせない存在になったといっても過言で...

自動バレーパーキングとは? 自動運転技術を活用 開発企業は?

自動運転レベル4(高度運転自動化)の実現は、駐車場から始まるかもしれない。大規模駐車場を想定した自動バレーパーキング技術の開発が国内外で進められており、完成度も飛躍的に高まっているようだ。 大規模商業施設や空港など大きな駐車場...