自動運転ラボ編集部

世界で著しく膨脹・発展を続ける自動運転業界。市場を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線を発信します。 取材依頼・情報提供:問い合わせフォーム から

発注元はトヨタ濃厚か?小糸製作所の自動運転用LiDAR、レベル4車で採用

自動車用照明機器の開発などを手掛ける小糸製作所が、グローバルOEMメーカーから短距離LiDARの新規受注を獲得したと発表した。 発注先メーカーが気になるところだが、同社は世界の主要メーカーと取引があるため、特定は困難だ。ただし...

三菱地所、空飛ぶクルマ市場に参入!空陸兼用コンセプトを発表

三菱地所子会社の三菱地所設計はこのほど、次世代エアモビリティのデザインや運用システムに関わる提案を発表した。都市計画や建築・設計を手掛ける同社ならではの「都市×建築×次世代エアモビリティ」案だ。 同社は近年、モビリティ関連のア...

自動運転の「セカンダリアクティビティ」とは?(2024年最新版)

日本で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が解禁され、世間で「自動運転」への関心はより一層高まった。ホンダがレベル3の市販車を2021年3月に発売し、自動運転への注目度はますます高まっている。 レベル3の段階ではまだ運転手は...

自動運転のODD(運行設計領域)とは?(2024年最新版)

実証実験などに登場する自動運転レベルの高度化に伴い、「ODD」という言葉を目にする機会が増えてきた。今後、このODDは各社が開発する自動運転システムの能力を評価するうえでも明確な指標となるため、しっかりと理解しておきたいところだ。 ...

高速道、「AIカメラ」で落下物検知へ 自動運転実現に向け

自動運転実現に向け、高速道路における研究や実証も盛んになり始めている。NEXCO3社はそれぞれAI(人工知能)カメラを活用した実証などに着手し、次世代対応の高規格道路の進化に向け取り組みを加速している。 一方、国においても高速...

ライドシェアの闇?米国「ご自由に」日本「タクシー会社だけね」

営利目的の有償ライドシェアが日本で解禁されたが、あくまで「一部解禁」にとどまり、今のところタクシー事業者しか運行主体になれない。 つまり、アメリカでは配車アプリを通じて個人がギグワーカー的に働くことができるが、日本ではタクシー...

LUUPを【横浜】で使う!ポートとクーポン情報まとめ

国内最大手の電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」。大都市圏を中心に、電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開している。 東京都や大阪府などで利用できるLuupだが、神...

ついに「量産型」の自動運転タクシー!中国で来年製造スタート

中国のライドシェア最大手で自動運転開発も手掛けるDiDi Chuxing(滴滴出行)が、自動車メーカー大手の広州汽車集団(GACグループ)とタッグを組み、自動運転レベル4の自動運転タクシー(ロボットタクシー)開発に取りかかっている。...

ピタクルの評判・口コミ・審査について解説!クルマのリース・サブスク

車検や税金などがコミコミの「ピタクル」。素早い審査と最短3週間の納車が特長で、気軽にクルマを利用したい人に人気のカーリース(クルマのサブスク)だ。三菱グループの三菱オートリースにより運営されている。 この記事で...

【4月12日最新】クルマのサブスク・リース、おすすめ厳選14社を徹底比較!料...

クルマは「所有」から「利用」へと変化しつつあるいま、サブスクやリースの需要が高まっている。自動車メーカーをはじめとした多数の企業がサービスを展開しているが、取り扱い車種や契約内容、料金にはどのような違いがあるのだろうか。 ...