自動運転ラボ編集部

世界で著しく膨脹・発展を続ける自動運転業界。市場を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線を発信します。 取材依頼・情報提供:問い合わせフォーム から

MaaSがなぜ必要なの?(2022年最新版)

人の移動を担う新たな概念・サービスとして定着しつつあるMaaS。その効果は、アプリ活用による利便性向上にとどまらず、地域が抱える交通課題の解決に寄与するものとして注目を集めている。 MaaSがどのように交通課題を解決していくの...

自動運転業界では「見慣れない会社」と言われたら勝ち

近年、有望視されている市場の1つに「自動運転」市場がある。従来の自動車が自動運転車にいずれ全て置き換わるとすれば、イメージがしやすい。 しかし、それだけではない。自動車の中で運転手が運転をしなくてよくなるため、「可処分時間」が...

この奇抜なクルマ、旭化成です 「自動運転時代」見据え設計

上の写真を見てほしい。この車両は、旭化成の3台目となるコンセプトカー「AKXY2」だ。 この車両は、「3つのS」とコンセプトに開発されたという。「Sustainability」(持続可能なクルマづくり)、「Satisfacti...

自動運転、実証実験の結果一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に向けた実証が各地で進められている。一部は実用化域に達しつつあり、レベル4法の改正とともに取り組みはますます加速していく見込みだ。 年々進化を遂げている研究開発現場では、どのような成果が上がり、またどのよう...

自動運転技術、仮想世界で「リアル」に実証!ティアフォーに注目

自動運転開発を手掛けるティアフォーはこのほど、自動運転開発プラットフォーム「Web.Auto」にデジタルツイン指向の自動運転シミュレーター機能「AWSIM」を追加した。リアリティあふれる仮想環境で検証を進めることで、AI(人工知能)...

日の丸ベンチャーの空飛ぶクルマ、一気に100機も売れた!?

空飛ぶクルマや物流ドローンの開発を手掛ける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2022年12月1日までに、ベトナムのディベロッパーであるPacific Groupと、空飛ぶクルマ導入に関する覚...

トヨタの「自動運転レベル2」、安全に使うためのTips

トヨタの高度運転支援技術「アドバンスト・ドライブ(Advanced Drive)」は、2021年4月に提供が始まった。高速道路などの特定の条件下において「ハンズフリー」(手放し運転)が可能だ。自動運転レベル2に相当する。 これ...

空飛ぶクルマの実用化時期は?(2022年最新版)

陸の自動運転車同様、空の移動にイノベーションを起こす「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた取り組みが着々と進められている。 海外の一部ではすでに大型契約のもと量産段階を迎えつつあるが、国内はどのような状況となっているのか。2022年...

因縁のライバル、日本vs韓国「自動運転」市場の勝者は?

何かと比較されることが多い日本と韓国。隣国であり、東洋文化を背景にした共通点を持つ一方、政治的な背景からライバル視・敵視するような見方もあり、さまざまな場面で比較対象とされることが多いようだ。 では、自動運転分野ではどうだろう...

テスラの自動運転事業、Twitter買収のせいで遅れも

米EV(電気自動車)大手テスラのCEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスク氏が米Twitter社を買収してから、Twitterがらみの話題に事欠かない。 テスラの経営は、マスク氏がいかに自身のリソースをテスラに費やすことが...