自動運転ラボ編集部

401 投稿 0 コメント

グーグル系ウェイモ、アリゾナ州で公共交通Valley Metroと提携 AI...

自動運転開発を加速させているグーグル系ウェイモが、米アリゾナ州フェニックス地区の公共交通Valley Metroと提携を結んだことが、2018年8月19日までに明らかになった。ウェイモ社がウェブ投稿サービス「Medium」で明らかに...

米ライドシェア企業リフト、レンタカーでライドシェア提供可能な枠組みを発表 業...

最大手ウーバー(Uber)を追いかける米ライドシェア企業リフト(Lyft)は2018年8月19日までに、運転主がレンタカーを使ってライドシェアで収入を得るという新たな枠組みの導入実験に成功したことを発表した。 ライドシェアは従...

アメリカ消費者、84%が自動運転車への「手動」機能の搭載希望 自動運転レベル...

自動運転にも手動運転の機能を——。 米自動車関連企業のコックス・オートモーティブ社は2018年8月19日までに、自動運転に関してアメリカ国内の消費者に行ったアンケート調査の結果を発表した。それによると、自動運転車にも手動運転が...

米ローカル・モータース、自動運転低速シャトルバス「Olli」をニューヨーク州...

自動運転低速シャトルバス「Olli」を開発・提供する米ローカル・モータース社は2018年8月19日までに、ニューヨーク州立大学バッファロー校へ同車両を提供し、実際に大学内で運行を開始したことを発表した。 ローカル・モータース社...

自動運転配送ロボを開発中のHakobot、アドバイザーのホリエモンこと堀江貴...

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏がアドバイザーとして参画する株式会社Hakobot(本社:宮崎県宮崎市/代表取締役:鶴田真也)が、Googleの元技術者が創業したアメリカのスタートアップ企業ニューロ(Nuro)に勝負を挑む。 ...

自動運転車、お盆に大活躍 AI技術で渋滞軽減に期待 求められるインフラや法整...

お盆こそ自動運転車の出番だ。帰省ラッシュで渋滞しても車内で自由に過ごすことができるし、そもそも自動運転車の普及で渋滞が軽減されると言われている。20年後、いや10年後には既に毎年恒例の渋滞の風景が変わってくるかもしれない。 世...

AI自動運転の実証実験向けに歩行者専用道路を提供 埼玉高速鉄道、企業や団体に...

埼玉高速鉄道株式会社(本社:埼玉県さいたま市/代表取締役社長:荻野洋)は8月17日までに報道発表を行い、埼玉スタジアム線「浦和美園駅」に隣接した浦和美園歩行者専用道路を自動運転実証実験の場として企業や団体に提供することを発表した。 ...

元グーグルのエンジニア、AI自動運転車で食料品配達サービス トヨタのプリウス...

自動運転車を使った食料品の配達サービスが2018年8月16日、米アリゾナ州でスタートした。スーパーマーケット大手クローガー(Kroger)と自動運転技術を開発するスタートアップ企業ニューロ(Nuro)がパイロットプロジェクトとして開...

ライドシェアなど向けに本人認証サービス イー・ガーディアン社、シェアリングエ...

総務省の発表によれば、ライドシェアなどに代表されるシェアリングエコノミーの市場規模は、2035年に3350億ドル(約40兆円)まで拡大すると言われている。シェアリングエコノミーの普及とともに拡大すると言われるサービスが「本人認証」だ...

【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2017年にドイツの自動車メーカー「アウディ」が自動運転レベル3(条件付運転自動化)に該当するシステムを初めて量産車に搭載し、ま...