自動運転ラボ編集部

世界で著しく膨脹・発展を続ける自動運転業界。市場を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線を発信します。 取材依頼・情報提供:問い合わせフォーム から

物流ロボット市場、2026年には230億ドル規模 CAGRは28%超に上方修...

調査レポートの販売事業を手掛けるReport Oceanは2021年3月2日までに、「グローバルロジスティクスロボット市場2020-2026」の内容として、世界の物流ロボット市場が2026年までに238億ドル(約2兆5,000億円)...

自動運転車×クラウドサービス、勝つのはどの企業だ!?

自動運転車の実現にはクラウドサービスは不可欠だ。そんな中、AmazonやGoogle、Microsoftなどが、自社のクラウドサービスのシェアを自動運転分野でも高めようと、すでに動き出している。 ■Amazon(Amazo...

「ノーコード」で乗車券をデジタル化!MaaSを加速させる「RYDE PASS...

さまざまな乗り物の乗車券をデジタル化するプラットフォームが続々とリリースされている。アプリ上でMaaSサービスを利用する上で、乗車券がデジタル化されていることは非常に重要だ。 こうした状況の中、RYDE株式会社(本社:東京都渋...

仏ヴァレオとDMPが提携!自動運転に必須の自車位置推定とHDマップでタッグ

フランスの自動車部品大手ヴァレオと高精度3次元地図大手のダイナミックマップ基盤(DMP)は2021年3月1日までに、自動運転とADAS(先進運転支援システム)技術の開発加速に向け、パートナーシップを結んだ。 ADASと自動運転...

ずらり2ケタ成長!自動運転関連市場の成長率が驚異的

自動運転レベル4による移動サービスやラストワンマイル配送の実用実証が世界で加速している。一般乗用車における自動運転レベル3の市販も間もなく始まる見込みで、自動運転関連市場が本格化の兆しを見せている。 複数年にわたる市場拡大の指標として...

自動運転バスは「郵便局→郵便局」ルートが最適!?運行事業者とWin-Win

2021年2月にウェブ会議「デジタル時代における郵政事業の在り方に関する懇談会(第4回)」が開催された。その配布資料として「デジタル時代における郵便局の在り方に関する市町村の主な意見等」があり、この中で自動運転バスに関するアイデアが...

丸の内仲通りに自動運転モビリティ!試乗人数は500人規模、社会受容性も検証

東京・丸の内仲通りにおいて、「⼤⼿町・丸の内・有楽町地区」(大丸有)におけるスマートシティのプロジェクトとして、自動運転モビリティの実証実験が2021年3月8〜14日に行われる。 今回の実証実験は、一般社団法人「大手町・丸の内...

トヨタMaaSアプリで「飲食店の混雑状況」も分かる!my route×バカン...

「MaaS」(Mobility as a Service)は移動手段を統合するというだけではなく、人々の移動を伴うさまざまなサービスを包括することで、より利便性が増す。こうした視点で注目の報道発表があった。 「空き情報」を配信...

TCUとは?「E-call」搭載や自動運転化が市場拡大に寄与 コネクテッド化...

香港の調査会社であるカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社は2021年2月26日までに、「テレマティクス制御ユニット」(TCU)の市場規模が2025年には63億ドル(約6,600億円)を上回る見通しだとする調査結果...

三菱地所×AirXで「空の移動革命」!空飛ぶクルマの事業開発に着手

「空飛ぶクルマ」と呼ばれるeVTOL(電動垂直離着陸機)に関し、新たなプロジェクトが動き出した。 エアモビリティ関連事業を展開する株式会社AirX(本社:東京都新宿区/代表取締役:手塚究)は2020年2月26日までに、「三菱地...