自動運転ラボ編集部

世界で著しく膨脹・発展を続ける自動運転業界。市場を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線を発信します。 取材依頼・情報提供:問い合わせフォーム から

SkyDriveが第3期決算を発表!「空飛ぶクルマ」を開発する注目ベンチャー...

「空飛ぶクルマ」を開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役CEO:福澤知浩)の第3期(2020年7月〜2021年6月)決算が官報に掲載された。 当期純損失は11億9,184万円計上した。第1期の当期純損...

【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平がポッドキャスト「JAM THE WOR...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、Amazon Musicで独占配信しているポッドキャスト「Amazon Exclusive『JAM THE WORLD - UP CLOSE』」...

トヨタと自動運転、レベル4車両の事故でも「人」が送検される理由

東京五輪・パラリンピックの選手村で運行中のトヨタの自動運転車「e-Palette(イーパレット)」が起こした人身事故で、警視庁は車内オペレーターを過失運転致傷の疑いで近く書類送検する方針であることが報じられた。 自動運転車でも...

Woven City、トヨタ自ら「完成しない!」と語る

自動車が静岡県裾野市で2021年2月から建設を開始しているコネクティッドシティ「Woven City(ウーブン・シティ)」。Woven Cityの公式Facebookページでは、工事の進捗などが発信されているが、ときどきユニークな投...

拡大を続けるNVIDIAの顧客網!自動車産業、物流・小売業も

半導体技術やAI(人工知能)ソリューションを武器に自動運転業界における存在感を高め続ける米NVIDIA。パソコン・ゲーム市場の雄はすでに自動運転市場においても強固なネットワークを築いており、その勢いはとどまるところを知らない。 ...

ボルボ・カーズ、条件付自動運転機能「ライドパイロット」発表

スウェーデンの自動車メーカーであるボルボ・カーズは2022年1月12日までに、次世代EV(電気自動車)に条件付自動運転機能である「ライドパイロット」を搭載し、米カリフォルニア州で先行して展開することを発表した。 このライドパイ...

Cerence、車内音声アシスタントでCESアワード!「Cerence Co...

米Cerence(セレンス)が開発した車内音声アシスタント「Cerence Co-Pilot(セレンスコパイロット)」が、世界最大の技術見本市「CES 2022」でイノベーションアワードを受賞した。 Cerence Co-Pi...

自動運転、デンソーがレベル4ソフトウェア技術を開発中

トヨタグループの自動車部品大手デンソーが、自動運転レベル4(高度運転自動化)ソフトウェアの技術開発を進めている。自動車や小型AGV(無人搬送車)の知能化を目的としたもので、さまざまなセンサーを統合した認識システムの開発などに取り組ん...

ニュージーランド企業のOhmio Automationとは?自動運転シャトル...

自動運転技術の開発競争は世界規模で進んでいる。日本や米国、欧州、中国、イスラエル、ロシアなどだけではなく、東南アジアの各国でも開発が盛んになりつつある。そして、豪州・ニュージーランド勢も忘れてはいけない存在だ。 今回はニュージ...

自動運転で岸田首相「新しいルールを作り、市場を新たに作る」

2022年の年頭記者会見や時事通信社の新年互礼会で、岸田文雄総理は「空飛ぶクルマ」や「自動運転」について触れた。自動運転や自動配送ロボットの実用化については「新しいルールを作ることで、市場を新たに作っていく」などと、意欲的な発言が目...