自動運転ラボ編集部

世界で著しく膨脹・発展を続ける自動運転業界。市場を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線を発信します。 取材依頼・情報提供:問い合わせフォーム から

自動運転タクシー、自動車メーカーの「単独参入」可能に!規制緩和の方針判明

自動運転タクシー実用化に向け、運行管理に関する規制が緩和されるようだ。現行の規制ではタクシーの運行管理は事実上タクシー事業者に限定されているが、自動運転の専門性を持つものであれば、タクシー事業の許可を有していなくてもその管理を受託し...

サウジ、自動飛行の中国製「空飛ぶタクシー」実用化へ!巡礼者向けに計画

サウジアラビアで、イスラム教徒の「ハッジ(大巡礼)」のために自動飛行の空飛ぶタクシー(エアタクシー)を実用化する計画が明らかになった。車両は中国製を使用。ハッジとは、世界中のイスラム教徒が年に1度サウジアラビア西部のメッカにある聖地...

LiDAR(ライダー)とは?「自動運転」向けセンサーとして注目

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

MaaS(マース)とは?次世代交通の象徴として注目

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2024年に入ってもその勢いは衰える...

ライドシェア、反対勢力の「言い分」パターン集

タクシー会社しか運行主体になれない「自家用車活用事業」(通称:日本版ライドシェア)に続き、Uberなどの非タクシー会社もサービスの展開が可能になる本格版ライドシェア解禁に向けた議論が白熱している。 少し前までは「ダメ!ゼッタイ...

Uber Eats 配達パートナーの稼働可能エリアは?都道府県・市町村別

フードデリバリーサービスの代表的存在であるUber Eats(ウーバーイーツ)。デリバリーを担う配達パートナーがあってこそ成り立つサービスだ。 現在Uber Eats では配達パートナーを募集中だ。稼働可能なエリアのほ...

eVTOL(電動垂直離着陸機)とは?「空飛ぶクルマ」の類型の一つ

eVTOLとは「electric Vertical Take-Off and Landing」の略で、「イーブイトール」と読む。直訳すると「電動垂直離着陸機」で、文字通り地面から垂直に離着陸可能な機体のことを示す。 eVTOL...

空飛ぶクルマとは?日本や世界の開発企業・実用化状況は?

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL(電動垂直離着陸機)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進んでおり、すでに実用化や機体販売を始めた企業も出始め...

トヨタWoven City、準備整い次第「訪問者」を募集へ

トヨタが開発するWoven City(ウーブン・シティ)が、街を訪れる人の募集について、準備が整い次第ウェブサイトなどで案内することが明らかになった。 静岡県裾野市で建設が進むWoven Cityは、この夏にも第1期エリアの工...

年収アップ1位は「組み込みエンジニア」!自動運転開発が上昇要素に

職種別の「年収上昇幅」ランキングにおいて、1位となったのは「技術職(組み込みソフトウェア)」──。2022年度の510万円から2023年度には524万円と、14万円のアップとなった。 パーソルキャリア株式会社が運営する転職サー...