自動運転ラボ編集部

世界で著しく膨脹・発展を続ける自動運転業界。市場を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線を発信します。 取材依頼・情報提供:問い合わせフォーム から

そろそろIPO?2023年に噂が出そうな自動運転ベンチャー

社会実装に向けた動きが年々活発化している自動運転業界。2022年にはインテル系モービルアイが米ナスダック市場に上場し、大きな話題となった。 2023年もモービルアイに続く大型上場を果たすスタートアップが出てくるのか。そろそろI...

3兆円企業のIntel傘下Mobileye、欧州で自動運転展開へ認可取得

米インテル傘下で自動運転の技術開発を行っているイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)は2023年1月16日までに、ドイツの路上で自動運転技術を試験運用する許可を得たことを発表した。 これにより、Mobileyeはドイツ...

テスラ2.0?プレFSD? 新たな「自動運転機能」の名は…

米EV(電気自動車)大手のテスラが、同社のADAS(先進運転支援システム)である「FSD(Full Self-Driving)」という名称を使えなくなったら、代わりにどんな名前をつけるだろうか。 …というのも、米カリフォルニア...

MaaSとは?(2023年最新版)

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2023年に入ってもその勢いは衰える...

「米国底打ち」で孫正義復活へ!自動運転企業に期待感

米国の長期金利がピークアウトに向かうとする観測が強まっている。すでに足元ではピークアウト感がうかがえ始めている状況だ。 一般的に、政策金利と株価は反比例の関係にある。このため、株式市場からは利上げ打ち止めに期待する声が大きく聞...

自動運転、事故発生が再認識させる「人間くささ」の重要性

滋賀県大津市内で実証中の自動運転バスで、乗客がけがを負う事故が発生した。接触事故などではなく、車両の急制動によって転倒したという。 自動運転関連の事故は、これまで接触や衝突といった直接的な事故が多かったが、今後はこうした車内の...

関西MaaS、万博見据え2023年夏にいよいよローンチ

関西地方におけるMaaSの取り組みに関して、2022年11月8日に行われた「第2回関西MaaS推進連絡会議」において、今後のスケジュールが発表された。関西MaaSは2023年夏をめどにサービスを提供開始する予定だと明らかにされた。 ...

関係者必読!SIP第2期自動運転、全300ページの最終報告書

自動運転の社会実装を推し進める国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」が2022年度末で終了する。第1期、第2期合わせ9年間に及ぶ長期事業だ。 この一大プロジェクトの第2期における成果をまとめた「最終成...

空飛ぶクルマの離発着場、呼称は日本でも「バーティポート」

国土交通省が「空飛ぶクルマの制度整備に関する検討状況」という資料を公開している。 現在、2025年の大阪・関西万博における空飛ぶクルマの実現に向け、「空の移動革命に向けたロードマップ」に基づいた制度整備を検討している。検討項目...

テスラ車に脆弱性?重りで「ハンドルを掴んでいる」と偽装工作

米EV(電気自動車)大手テスラが関連する騒動がドイツで発生した。同社のADAS(先進運転支援システム)「Autopilot」を起動させたままドライバーが居眠りし、警察に追跡されながら車両は約15分間も走行し続けたという。 この...