【全3回特集・目次】自動運転が巻き起こす小売革命

輸送コストの極小化、配送の無人化…





労働力不足や薄利化…。小売業界の配送部門では近年業者を悩ます課題が少なくない。そんな業界の救世主ともなりえる技術が「自動運転」だ。配送手段の無人化が達成できれば、労働力不足や薄利化の悩みから事業者は解放される。







「自動運転が巻き起こす小売革命」特集では、自動運転技術の導入で小売業界に具体的にどのようなパラダイムシフトが起きるのかに迫る。世界でこの革新に向けて力を注ぐ日本と世界の企業も網羅的に紹介していく。

■第1回:送料が10分の1に…大本命!「自動運転×小売」の衝撃 世界の取り組み状況まとめ

自動運転タクシーをはじめ、サービス分野における導入が本格化のきざしを見せる自動運転技術。物流分野でも、小型の宅配ロボットが海外では実用化域に達しており、法整備などを交えながらまもなく普及段階に突入するものと思われる。

この宅配における自動運転技術の導入により、労働力不足や薄利化に頭を悩ませる配送業者が救われることになるが、効果はそれだけにとどまらず、小売業界にパラダイムシフトをもたらすという見方がある。小売業の概念を根底から覆す劇的な変化とは何か。そのからくりについて解説してみよう。

■第2回:「自動運転×小売」に力を注ぐ世界と日本の企業30選 鍵はラストワンマイル

EC化の進展と配送の小口多頻度化による労働力不足やコスト増などを背景に、自動運転技術の導入が期待されるラストワンマイル。小売のEC化は今後も進展するものと思われ、各分野の企業が開発や実証に力を注いでいる。

そこでこの記事では、世界各国で小売に自動運転技術を生かそうと取り組んでいる企業30社をピックアップしてみた。

■最終回:自動運転×小売、配送モデルは「玄関まで」「前の道路まで」「近くの場所まで」の3種類

実用化が一部の地域で始まり、開発に熱が入るラストワンマイル向けの配送ロボット。自動運転技術などを搭載し、無人で荷物などを運ぶことができるシステムだ。この配送ロボットに関し、各社が開発・実証を進めているモデルを見ると、いくつかのタイプに分類できそうだ。そこでこの記事では、配送ロボットを3タイプに分類し、それぞれの技術要件などについて調べてみた。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事