海外ニュース

技術系ニュースから企業動向まで、海外における自動運転業界のさまざまなニュースを時系列で掲載しています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

動き加速!ラストマイル&ミドルマイル、進む自動配送化

人やモノの移動・輸送を無人化する自動運転技術。人の移動においては自動運転バスやタクシー、モノの輸送においては自動運転トラックや自動配送ロボットなどの開発がそれぞれ進められている。 物流においては、ファーストマイル・ミドルマイル...

海外にも照準!日本工営、ベトナム初の自動運転公道実証を実施

建設コンタルタント大手の日本工営。日本においてもさまざまな自動運転実証に関わっているが、「海外×自動運転」の切り口でもビジネス開拓に力を入れ始めている。 最近では、ベトナム・ホーチミン市中心部から北約30キロに位置するビンズン...

テスラ、「FSD β版」を世界展開へ!自動運転機能は未実装

2022年9月30日にテスラが開催した「AI Day 2022」。多くのメディアの注目は、主に人型ロボット「Optimus」に集まったが、自動運転ラボとしては「FSD」について語られた内容にも触れておきたい。 FSDはテスラが...

スペイン警察、中国EHangの空飛ぶクルマ導入!試験をパス

スペイン国家警察は2022年10月4日までに、中国の空飛ぶクルマメーカー「EHang」(イーハン)の機体「EH216」を導入することを発表した。公的な警備任務や緊急事態への対応で同社の機体を使用するとみられる。 スペイン国家警...

トヨタの空飛ぶクルマ戦略(2022年最新版)

自動車業界における覇権を争うトヨタ。その競争は、自動運転をはじめとした次世代モビリティの登場によって異業種を巻き込む形で拡大の一途をたどっているが、その開発領域は道路にとどまらず、空にも及んでいる。 この記事では、空飛ぶクルマ...

中国WeRide、中東で「完全無人の自動運転バス」実証!レベルは「4」

中国の自動運転ベンチャーWeRide(文遠知行)はこのほど、中東で初の完全ドライバーレスでの自動運転バスの試乗会を、サウジアラビアの首都リヤドで行った。サウジアラビアのAI(人工知能)企業であるSCAIと組んで実施したという。 ...

MaaSの読み方は?意味・定義は?

モビリティ分野のニュースで登場回数が多くなっているキーワードとして、「MaaS」がある。同分野に関わる方にとってはおなじみとなった言葉で、何の疑問もなく使用していることだろう。しかし、そこに盲点がある。「読み方」だ。 多くの人...

Amazonの自動運転車「予想より早く実現」 子会社CEOが自信

EC(電子商取引)世界最大手の米Amazonはベンチャー企業の買収を通じ、GoogleやIntelに負けじと自動運転事業に着手している。すでに自動運転車のテストも始まっており、人々が予想するよりも早く実用化を達成しようと意気込んでい...

トヨタの自動運転用シエナ、初の商業利用か!米May Mobilityが発表

自動運転ベンチャーの米May Mobilityがこのほど発表したプレスリリースによれば、自動運転用として開発されたトヨタのAutono-MaaS車両「シエナ」を活用した公共交通プログラムが、ミネソタ州で始動するようだ。 プログ...

自動運転レベルとは?定義・呼称・基準は?(2022年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2022年2月現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運転シ...