海外ニュース

技術系ニュースから企業動向まで、海外における自動運転業界のさまざまなニュースを時系列で掲載しています。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

自動運転レベル3市販車、2022年における各社の発売計画一覧

ホンダが自動運転レベル3「トラフィックジャムパイロット」を搭載した市販車を発売し、半年以上が過ぎた。レベル3搭載の市販車については、未だ明確に追随する動きは出ていないが、ライバル勢の開発も大詰めを迎えつつあるようだ。 この記事...

百度、北京経済技術開発区で自動運転タクシーを商用展開へ

中国のIT大手・百度(Baidu)は2021年11月24日、北京当局から自動運転タクシーの公道での商用運行許可を取得したを発表した。 今回の商用運行許可は、「北京ハイレベル自動運転実証区」(BJHAD)が承認したもので、百度は...

もし自動運転機能が壊れたら… テスラの「ドアがあかない事件」から考える

米EV(電気自動車)大手テスラのモバイルアプリに障害が発生し、テスラオーナーが一時的にマイカーに乗車できなくなる事態が発生した。 こうした事案は、自動車が高度にスマート化・コネクテッド化された未来において頻発する懸念がある。特...

驚異的伸び!LiDAR企業Innoviz、3年で売上100倍へ 自動運転の目...

自動運転車向けセンサーとしてLiDARを開発するイスラエル企業のInnoviz Technologiesが、売上高を大きく伸ばしている。 2018年の年間売上高はわずか6万2,000ドル(約710万円)に過ぎなかったが、202...

EVメーカーの自動運転戦略(2021年最新版)

テスラの時価総額が1兆ドル(115兆円)を超え、新規上場直後に時価総額10兆円を超えたEV(電気自動車)メーカーのRivian(リビアン)が現れるなど、EV業界に向けられる期待が天井知らずに伸び続けている。 EVシフトへの圧力が強まる...

欧州初!仏新興企業EasyMile、レベル4自動運転で公道走行許可

フランスの自動運転スタートアップ企業であるEasyMile(イージーマイル)は2021年11月23日までに、欧州で初めて公道における「自動運転レベル4」(高度運転自動化)の走行許可を得たと発表した。 EasyMileはフランス...

iCar?AirMOVE?Appleの自動運転EV、どんな名称に?予想してみ...

米Appleが自動運転EV(電気自動車)を発売するなら、どんな車種名になるのだろか。米ブルームバーグによると、Appleは2025年に自動運転EVをローンチする計画を進めているという。もし本当なら、当然、車種名についても徐々に検討を...

トヨタの自動運転車、車種や価格は?レベル3〜4はいつ実現?

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2021年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...

後付けで運転手いらず「レトロフィット自動運転車」の可能性

EV(電気自動車)開発ブームの所以か、従来の自動車を電動化する「コンバートEV」が一部で流行し始めているようだ。エンジン一式を取り除き、代わりに電動機やバッテリーなどを積み込むのだ。後付けでハイブリッド化を図る改造もあるようだ。 ...

いまテスラ車に障害が起きているか調べる方法

テスラのEV(電気自動車)を操作するためのモバイルアプリで障害が起き、テスラ車のオーナーたちが悲鳴を上げた。アプリを使って車両を操作できなくなったことで、ドアを解錠することができなくなってしまったのだ。 こうした障害が起きたと...