自動運転車、英語で何と呼ぶ? 技術用語やキーワードの英語表記も紹介

位置特定技術はlocalization、予測技術は?


自動運転技術は日本を含む世界各国で開発競争が繰り広げられている。自動運転レベルはアメリカの自動車技術会(SAE)の基準が世界標準になっていることもあり、日本のニュースでもカタカナ英語で技術用語やキーワードが伝えられることも多い。この記事では、自動運転車の英語での呼び方を紹介した上で、主な技術用語・キーワードの英語表記についても触れる。







■自動運転車:autonomous car, self-driving car

自動運転車は「autonomous car(オートノマスカー)」「self-driving car(セルフドライビングカー)」「driverless car(ドライバーレスカー)」「robotic car(ロボティック・カー)」などの英語で呼ばれることが多い。ワードの最後に複数形の「s」がつくこともある。

googleやYahoo!などの検索サイトで比較してみると、最もヒットする英語が「driverless car」で、「self-driving car」「autonomous car」「robotic car」と続く。だが英語版Wikipediaの英語版は「autonomous car」をタイトルに使っている。一方で最近の英語ニュースなどで使われるワードとしては、「robotic car」以外の3種類をほぼ同じ頻度で見掛ける。

「car」の代わりに「vehicle」という英語を使っている場合は、自動運転車を指していることもあるが、「vehicle」という英語自体が広義の「乗り物」という意味なので、広い意味での自動運転技術を活用した乗り物を指すのが一般的だ。

■位置特定技術:localization, mapping

自動運転に必要な技術の一つとして挙げられるのが位置特定技術。こちらは「localization(ローカライゼーション)」や「mapping(マッピング)」と呼ばれる。

■認識技術:perception

位置特定技術を同様に自動運転に必要な技術である「認識技術」は、英語では「perception(パーセプション)」と呼ばれる。英語を直訳すると「知覚・認知」などの意。認識技術は、障害物や歩行者などの存在を検知するときに必要となる。

■予測技術:prediction

危険可能性や事故リスクなどを算出する「予測技術」は、英語では「prediction(プレディクション)」と呼ばれる。英語の「predict(プレディクト)」は「~を予測する」という他動詞で、predictionはこの名詞形だ。

■センシング:sensing

車両に搭載した計測機器(センサー)を使って測定を行うことを、英語で「sensing(センシング)」を呼ぶ。自動運転技術においては、自動運転車を取り巻く環境をセンサーで観測することを「外部センシング技術」と呼ぶこともあり、頻繁にこのキーワードが登場する。

■アクチュエータ:actuator

アクチュエータは英語で「actuator」と書き、電気信号を物理的な運動に変換するための要素・装置のことを呼ぶ。自動運転においては、システム側が出した指令が車輪の回転やブレーキやハンドルの制御に直結する。この役割の担うのがアクチュエータとなる。

■先進運転支援システム:Advanced driver-assistance systems(ADAS)

自動ブレーキや危険に関する警報、車線逸脱防止などの機能を備えたシステムを、英語で「Advanced driver-assistance systems(ADAS)」と呼ぶ。ADASは人間の運転を支援することを前提に設計されたシステムであると言えるが、自動運転にも必要な技術が多数使われている。

 

自動運転に関する技術ワードやキーワードは英語を使って説明されることが多い。自動車関連企業も日本語ではなく、カタカナ英語で説明を行うことが多く、これらの技術用語やキーワードの英語表現は最低限覚えておきたい。







関連記事