5G

TCUとは?「E-call」搭載や自動運転化が市場拡大に寄与 コネクテッド化...

香港の調査会社であるカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社は2021年2月26日までに、「テレマティクス制御ユニット」(TCU)の市場規模が2025年には63億ドル(約6,600億円)を上回る見通しだとする調査結果...

NTTが「自動運転」に照準!モビリティ分野の取り組みに多方面で参画

モビリティ分野に100年に1度の変革が訪れているように、情報通信分野にも変革が求められる時代が早くも訪れたようだ。 通信事業を手掛ける国内最大グループのNTTグループは近年、情報通信の在り方を一変する一大構想「IOWN構想」を...

台湾VIA、自動運転技術の革新へ中国最大のバス会社とタッグ

台湾の半導体メーカーであるVIA Technologiesは2021年1月22日までに、中国最大のバス車両メーカーである金龍客車と戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表した。 報道発表では「次世代モビリティアプリケーシ...

海外でも大規模計画が続々【最前線「自動運転×スマートシティ」 第4回】

国内でスマートシティ化に向けた取り組みが加速しているが、欧州を筆頭に先行する海外でも大小さまざまなプロジェクトが進行している。 この記事では、自動運転技術の導入を視野に入れた海外スマートシティプロジェクトをピックアップし、紹介...

2022年にレベル4社会実装へ、前橋で自動運転バスの実証実験 5G技術を活用...

群馬県前橋市は持続的な公共交通インフラの供給に向けて、2022年に自動運転バスを社会実装するための取り組みを推進している。そんな前橋市で、次世代通信規格「5G」の技術を活用した自動運転バスの公道実証が、2021年2月15〜28日の日...

【特集】最前線「自動運転×スマートシティ」

2021年は日本そして海外で「スマートシティ」の動きがさらに加速する。その理由の1つが、AI(人工知能)を活用した自動運転技術やMaaS、そして次世代通信規格「5G」さらには「6G」の実証実験の場に関するニーズが、各国政府や各国企業...

スマートシティのマーケ担当も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2020...

本格的な自動運転時代やMaaS時代の到来を前に、求人市場においてはエンジニア職以外にも今後の事業展開拡大を見据えた職種が多くなってきている。マーケティング担当職やビジネス企画職などだ。 この記事では、自動運転ラボ恒例の「気にな...

欧州、コネクテッドカー出荷台数は年平均12%成長!香港調査会社が見通し

香港の調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社は2020年12月22日までに、欧州におけるコネクテッドカーの出荷台数が今後年平均12%で増加することが期待され、2020〜2025年の間に累計6,900万台が出...

自動運転の実証実験で活用されるデータ通信規格「ローカル5G」とは?(深掘り!...

高速通信を可能にする第5世代移動通信システム「5G」の商用化がスタートした。自動運転の実現に必須と言われる通信方式だが、最近では「ローカル5G」というワードもよく耳にするようになった。 ローカル5Gとは何か。自動運転の実証実験...

自動運転タクシー、中国で「運転席無人」 続々!百度、北京で公道実験許可

中国のインターネット大手である百度(バイドゥ)は2020年12月11日までに、北京市で初めて「運転席無人」の自動運転車の公道実証許可を得たと発表した。 百度は自動運転プロジェクト「Baidu Apollo」を拡大しており、すで...