トヨタKINTOの取り扱い車種一覧!月額価格は?車のサブスク・リース

人気はプリウス・レクサス・ヤリスなど



※ページ内の広告リンクをクリックした場合、弊サイトに報酬が支払われることがあります。
出典:KINTOプレスリリース

トヨタ系のクルマのサブスク「KINTO(キント)」は、クルマにまつわる費用が全てコミコミ定額のサービスだ。車両代や登録費用はもちろん、税金や保険、車検、メンテナンス代、修理代、消耗品などが全て月々の支払い料金に含まれている。

\詳細チェック・申込はここから (PR)/
KINTO

クルマを利用するにあたり最初にまとまった金額を用意する必要がないことで人気のKINTO。KINTOではどんな車種を選ぶことができるのだろうか。詳しく紹介する。

\詳細チェック・申込はここから (PR)/

■KINTO ONEの取り扱い車種一覧

出典:KINTO公式サイト

KINTOが提供する「KINTO ONE」は、新車のサブスクリプションサービスだ。トヨタ車とレクサス車の取り扱いがある。車両タイプごとに紹介する。なお料金は最安値の月額となっている。

コンパクト

  • ルーミー:14,740円〜
  • ルーミー モデリスタ仕様:22,000円〜
  • ヤリス:16,720円〜
  • ヤリス 乗降サポート機能(シート回転タイプ):18,370円〜
  • ヤリス Uグレード:23,760円〜
  • カローラ スポーツ:23,540円〜
  • アクア:23,870円〜
  • アクア 乗降サポート機能(シート回転タイプ):25,740円〜
  • アクア 特別仕様車 Z”Raffine”:36,190円〜

セダン・ワゴン

  • プリウス Uグレード:18,480円〜
  • プリウス Uグレード モデリスタ仕様:23,980円〜
  • プリウス Z/Gグレード:29,480円〜
  • プリウス Zグレード GRパーツ仕様:38,500円〜
  • プリウス Zグレード モデリスタ仕様:39,820円〜
  • カローラ ツーリング:21,120円〜
  • クラウン:108,130円〜
  • クラウン ブラックパッケージ装着車:112,310円〜
  • クラウン ブラックパッケージ・モデリスタ仕様:116,710円〜

SUV

  • ライズ:16,280円〜
  • ライズ モデリスタ仕様:24,970円〜
  • ヤリス クロス Uグレード:25,740円〜
  • ヤリス クロス:26,400円〜
  • ヤリス クロス モデリスタ仕様:33,330円〜
  • カローラ クロス:27,500円〜
  • カローラ クロス モデリスタ仕様:35,970円〜
  • ハリアー:31,350円〜
  • ハリアー モデリスタ仕様:40,150円〜
  • RAV4:33,110円〜
  • RAV4 モデリスタ仕様:40,920円〜
  • ランドクルーザー“250”:50,710円〜
  • ランドクルーザー“250” 丸目型ヘッドランプ装着車:53,130円〜
  • ランドクルーザー“250”モデリスタ仕様:54,010円〜
  • クラウン(クロスオーバー):56,650円〜
  • クラウン(クロスオーバー)モデリスタ仕様:88,880円〜
  • クラウン(スポーツ):66,550円〜
  • クラウン(スポーツ)モデリスタ仕様:70,620円〜
\詳細チェック・申込はここから (PR)/
KINTO

ミニバン

  • ノア:22,000円〜
  • ノア モデリスタ仕様:26,290円〜
  • ヴォクシー:24,420円〜
  • ヴォクシー モデリスタ仕様:26,840円〜
  • シエンタ ※要オンライン相談

GR/GR SPORT

  • GRヤリス:44,110円〜

レクサス車

  • LBX:58,300円〜
  • LBX モデリスタ仕様:64,020円〜
  • UX:61,600円〜
  • NX:63,800円〜
  • NX モデリスタ仕様:81,180円〜
  • RX:84,700円〜
  • RX モデリスタ仕様:94,050円〜
  • IS:93,500円〜
  • RZ:170,500円〜
  • LM ※要オンライン相談

なお2024年5月時点では、「アルファード」「ヴェルファイア」「シエンタ」「GR 86」については、現在ウェブでの取り扱いを停止しているという。

\詳細チェック・申込はここから (PR)/

■おすすめ車種①:プリウス

出典:KINTO公式サイト

トヨタの人気車種「プリウス」は、Uグレート・Uグレード モデリスタ仕様・Z/Gグレード・Zグレード GRパーツ仕様・Zグレード モデリスタ仕様がラインアップされており、月額は1万円台後半〜3万円台後半からとなっている。

保険やメンテナンスなどのクルマの維持費に加え、最新安全機能の更新や安全運転の見守りサービスまでが月額に含まれる「KINTO Unlimited」の対象車種は、Uグレート・Uグレード モデリスタ仕様となる。

Uグレード(7年契約)の場合の月額利用料は、初期費用フリープランではボーナス併用払い18,480円、ボーナス併用払い無しで45,980円となる。解約金フリープランでは1〜3年目が45,320円、4・5年目38,500円などとなっている。

■おすすめ車種②:レクサス

出典:KINTO公式サイト

トヨタのプレミアムブランド「レクサス」は、LBX・LBX モデリスタ仕様・UX・NX・NX モデリスタ仕様・RX・RX モデリスタ仕様・IS・RZの取り扱いがあり、月額は5万円台後半〜17万円からとなっている。なおLMについてはオンライン相談で受け付けているようだ。

レクサス車の契約期間は、3年のみとなる。ただし2024年秋から料金プランがリニューアルされ、よりきめ細かいニーズに対応できるようになる。

LBXの月額は、初期費用フリープランの場合、ボーナス併用払いで58,300円、ボーナス併用払い無しで85,800円。解約金フリープランの場合は76,230円となる。

\詳細チェック・申込はここから (PR)/
KINTO

■おすすめ車種③:ヤリス

出典:KINTO公式サイト

日本で一番売れている乗用車「ヤリス」は、基本モデルのほか、乗降サポート機能(シート回転タイプ)とUグレードの取り扱いがあり、月額は16,000円台〜23,000円台からとなっている。

基本モデル(7年契約)の月額は、初期費用フリープランはボーナス併用払いで16,720円、ボーナス併用払い無しで35,090円だ。解約金フリープランは1〜3年目34,650円、4・5年目29,480円などとなっている。

■KINTO中古車のラインナップは?

KINTOでは、東京・愛知・長野限定で中古車サブスク「KINTO ONE中古車」も展開している。KINTO ONEのリースアップを中心とした無事故で状態の良いトヨタ車両のみを厳選したクルマを利用できるサービスだ。

ウェブサイトでは、車種やグレード、月額、年式、走行距離などを指定しての検索も可能だ。2024年5月2日現在は、ヤリス・ルーミー・RAIZE・アクア・シエンタ・プリウス・ノア・カローラツーリング・RAV4・ハリアー・ランドクルーザー プラド・ヴォクシー・ヴェルファイア・ノアといったラインアップで38の在庫が確認できる。

月額は「ヤリス X GAS 1.5L 2WD」で30,580円、「ルーミー カスタムG-T GAS 1.0L+ターボ 2WD」41,910円といった具合だ。

契約期間は2年で、納期は最短1カ月。すぐにクルマを利用したい人におすすめだ。

■KINTOで気軽にクルマを利用しよう

KINTO ONEはクルマにまつわる費用が全てコミコミ定額のため、マネープランを立てやすい。初期費用フリープランの契約期間は3・5・7年(レクサス車は3年のみ)、解約金フリープランの契約期間は3年のため、単身赴任先などで短期利用したい人にもおすすめだ。

トヨタを代表する人気車種を取り揃えているので、まずは一度ウェブで見積もりをしてみてはいかがだろうか。

関連記事