LUUP(ループ)の口コミ・評判は?電動キックボードの使い勝手は?

手軽に移動できると好評、アプリに不満も



※ページ内の広告リンクをクリックした場合、弊サイトに報酬が支払われることがあります。

日本で急速に普及している電動キックボード。2023年7月に施行された改正道路交通法により、特定の区分の電動キックボードが公道でも走行できるようになった。

電動キックボードのシェアリングサービス国内最大手であるLuupは、電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービス「LUUP」を展開している。同社によると、東京都の渋谷区や目黒区などではコンビニエンスストアの店舗数よりもLUUPのポート(乗り場)数の方が多いという。

では、電動キックボードのシェアリングサービスの使い勝手はどうなのか。LUUPのレビューを参照して、ユーザー側の意見を見てみよう。ちなみにLUUPのアプリは以下のリンクからインストール可能だ。

\ここから無料ダウンロード (PR)/

【参考】関連記事としては「LUUP(ループ)とは?電動キックボードの料金・使い方は?」も参照。

■良い口コミは?

LUUPのアプリには、現在4,000件以上のレビューが寄せられている。まずは最高評価の5つ星の口コミを、最新のものからピックアップしてみる。(なお、このレビューには一部、電動キックボードだけでなく、電動アシスト自転車のユーザーからの意見も含まれている)

手軽かつ便利に利用できるというのが、一番多い意見だ。都心を近距離移動する際には、使い勝手の良いモビリティであると言える。一度利用してみて使い方に慣れたら、日常的にリピートしている人が多そうだ。

口コミ抜粋
  • 安い・早い・楽しい!最高
  • 楽しく乗らせてもらってます! ポートがちかい銭湯にいきがち
  • 現場を毎日日替わりで転々としていますが、駅から現場まで歩くのに10分以上だとかなり憂鬱!そんなときに近くにバス停も無いときにたまたまLUUPがあれば大変便利
  • 便利、でも、違反をする若者がいるので、やはり、免許証制度は継続すべきです。
  • 電車でぐるっと行かなきゃいけないところを真っ直ぐ行く時とか便利。
  • 体験で電動キックボードに乗ってみました! 近所の散歩に楽しかったです
  • パークが市街地、駅中心部にあるため、非常に便利。一方で遠乗りをするときは原付と同じ交通ルールなので走れる道路の縛りが多い。
  • バスの無い時間に便利です。
  • アプリ自体の使い勝手は良いと思う。説明も分かりやすいです。 位置情報を「常にオン」にしなきゃいけないところが気を付ける所でしょうか。
  • 乗るの楽しいしタクシーより安いしちゃんと都内に展開してるのすごい 結構使っちゃう 速度30キロになるの楽しみ
  • 大阪市内の移動が別世界レベルで変わりました。
  • 新たなモビリティーとして面白い。制限速度が遅いので車と比べると邪魔になる。裏道など車がとばさない場所が走りやすくお薦めです。
  • 車体は不安定で乗りにくいですが、それでも便利です。
■悪い口コミは?

次に、ネガティブな口コミを見てみよう。最低評価の1つ星のレビューを抜粋してみる。

口コミの多くは、アプリの使い勝手に関してのものだった。またエリアや料金への不満もあるが、事前に調べていれば分かる内容も多かった。

貸し出しと返却に関連する不満も多く、不安定な乗り物だと感じるといった感想以外には、走行体験自体への不満は少ないような印象だ。

【口コミ抜粋】
  • 都市部限定なら都市部限定と目立つところに書いておいてください。登録して損しました。
  • 12月はアプリ内からサブスク課金すんじゃないの?出来なくなったらそう報告してください。サブスクの期限切れた報告とか、難しことをお願いしていません。機体の数が足りていない。予約時にエラー発生。あまりにも、あまりにも機体表示が遅い。2年間改善なし。近所のポート、なくなって使い勝手悪くなりました。返却手続きが出来ないことがあった→改善。ロードがどの場面でも10〜30秒必要。機体番号が新しいほどトルクがない。下り坂などで20km/hを超え、平地に戻ると一旦15km/hまで戻る。返却可能のポートに変更すると変更出来ませんの表示。→改善。iOSより使いづらいUI、遅い。返せないボートを返却可出表示しないで。→改善
  • そもそもクレジット払いなら使える人が限られる訳で金の無い人には使わないでと言っている様なもの
  • 電動キックボードメンテ中か充電少ないのしかない それを機体ありって書くの本当に良くない
  • GPSが100%ずれる
  • 1分オーバーしただけで200円取るな
  • 更新してから決済できない→5〜10回くらいするとokになる、毎回毎回不便。
  • 登録できない。携帯番号入力以降、すすめない。
  • 時間に対してのコスパは良くないかな
  • レンタルサイクルが無くて電動キックボードばかり。電動キックボードは、意味無くタイヤが小さくてふらつくし、椅子がなくて疲れるし、カゴがなくて荷物を手にかけると危ないし、歩道は走れなくて車に轢かれそうで危ないし、なんで電動アシスト自転車にしないのか意味不明。ウインカーが壊れてて?戻らないし、駐輪場の周りがガードレールばかりで車道に出るまで長く歩かされた。初回30分無料クーポンの使い方が分からず、金を払わされた!
  • 終了時に鍵をかけたのにもかかわらず、鍵を閉め忘れてますとの表示で終了できなかった。鍵を開けることもできずに10分以上カチャカチャしたりしてたら治った。もちろん10分以上余計に乗ってたことになってた。

■UI改善でユーザーが爆発的に増える!?

口コミを読んでみると、一度利用してみて便利だと感じた場合、リピーターになっているパターンが多そうだ。逆に、初回利用時にアプリ操作や貸し出し・返却の際に不便なことがあった場合、2回目に利用するということは少ないような印象を受ける。

となると、初回利用時にすぐ理解できるようなUI(ユーザーインターフェース)が重要だと言える。もちろん、企業もそれを前提に開発しているであろうが、上記のような口コミがある以上、幅広い年代に理解してもらえるような操作性の向上が必要になってくるかもしれない。

都心を便利に移動できる電動キックボードのシェアリングサービスは、今はまだ滑り出しの段階だと言える。顧客目線でのサービス改善が進んでいくか、注目だ。

\ここから無料ダウンロード (PR)/

【参考】関連記事としては「LUUP(ループ)とは?電動キックボードの料金・使い方は?」も参照。

関連記事