ソフトバンクG決算、Armに劣らず「自動倉庫」投資も好調 5四半期ぶりの黒字

ビジョンファンド事業の回復後押し



出典:ソフトバンクグループ公式ライブ中継

ソフトバンクグループ(SBG)は2024年2月8日午後、2024年3月期第3四半期の連結決算を発表した。ビジョンファンド事業の投資損益は6,007億円となり、前年同期の7,300億円の赤字から大きく改善した。

最近の株式相場の回復傾向がSBGの投資損益の改善を後押しした格好だが、特に注目したいのが「自動倉庫」関連投資の成績だ。ビジョンファンド2(SVF2)で投資しているAutoStore Holdings Ltd.とSymbotic Inc.の価値がそれぞれ第2四半期と比べて大幅に上昇した。







AutoStoreは自動倉庫システムを提供するノルウェー企業で、SBGの投資額は28億ドル。第2四半期時点の公正価値は19億ドルだったが、第3四半期時点では26億ドルまで上昇している。

Symboticはロボット倉庫事業を展開するアメリカ企業。SBGはSymboticに2億ドルを投資しており、第2四半期時点の公正価値は7億ドルだったが、第3四半期には10億ドルまで価値が上昇している。

■第2四半期と第3四半期の投資成績

第2四半期と第3四半期のソフトバンクビジョンファンドの投資成績は、それぞれ以下のリンクから確認することが可能だ。

▼2024年3⽉期 第2四半期 決算データシート
https://group.softbank/system/files/pdf/ir/presentations/2023/earnings-datasheet_q2fy2023_01.pdf
▼2024年3⽉期 第3四半期 決算データシート
https://group.softbank/system/files/pdf/ir/presentations/2023/earnings-datasheet_q3fy2023_01.pdf

このうちAutoStoreとSymboticに投資しているSVF2のエグジット前の投資成績は、第2四半期と第3四半期がそれぞれ以下のようになっている。(上が第2四半期、下が第3四半期、赤色の網掛けはそれぞれAutoStoreとSymbotic)

出典:ソフトバンクグループIR資料
■Armにばかり関心が集まっているが

ソフトバンクグループの今回の決算に関しては、半導体企業のArmがナスダック市場に上場し、その後の株価上昇が顕著なことや、Tモバイル株1.1兆円相当を無償で取得したことに関心が集まっている。

しかし、AI(人工知能)技術を活用している自動倉庫事業が好調なことも、確実に注目すべき点と言える。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事