LUUP(ループ)のよくある質問に一挙回答!料金や利用方法は?

Q&A式でまとめてみた



※ページ内の広告リンクをクリックした場合、弊サイトに報酬が支払われることがあります。
出典:LUUPプレスリリース

電動マイクロモビリティのシェアリングサービスの中で一際口コミの評判がいいのが「LUUP(ループ)」だ。大都市圏を中心に電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービスを展開している。

LUUPの利用に際し、気になる点をQ&A式でまとめてみた。実際に以下のリンクからLUUPのアプリをダウンロード・インストールした後、記事を読んでみてほしい

\ここから無料ダウンロード (PR)/

■ループは1時間いくら?

LUUPの利用料金(ライド料金)は、エリアによって異なる。東京・京都・横浜・神戸・名古屋・広島では、30分ごとに税込み200円だ。30分を1秒でも上回った場合から1時間までは、400円になる。

大阪では、ライド基本料金として税込み50円に、時間料金として1分ごとに税込み15円が加算されるという仕組みになっている。1時間の利用の場合は、ライド基本料金50円+時間料金900円(15円×60分)で、950円になる。

なおループの料金は2024年3月に改訂され、大阪で展開されている料金体系に統一される。

■LUUPの月額料金はいくら?

LUUPは2024年3月からサブスクプランをスタート。月額980円を支払うと、30分200円でLUUPを利用できるようになる。通常料金の方が安い場合は、通常料金が適用される。

■ループは何時間待つ?

LUUPの空き状況によって異なる。

空き状況は、アプリで確認可能だ。アプリのマップ画面にて、「ポートをさがす」で「機体あり」と「乗りたい機体を選ぶ」で電動キックボードまたは電動アシスト自転車を選択すると、機体があるポートを確認できる。ポートとは、乗り降り場所のことだ。

現在何台あるかのほか、返却するポートの空き状況も確認できる。そのため、機体があるポートから利用すれば、待ち時間は発生しない。

■LUUPはなんの免許で乗れる?

電動キックボード、電動アシスト自転車ともに免許は不要だ。ただし電動キックボードについては16歳以上である必要があるため、利用前に年齢を確認できる書類をアプリで登録する必要がある。

\ここから無料ダウンロード (PR)/
■LUUPは違法ですか?

違法ではない。2023年7月に改正道路交通法が適用され、16歳以上であれば、電動キックボードに運転免許不要で乗ることができるようになった。LUUPの電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」に分類されており、免許不要で乗ることができる。

ただし、電動キックボードについては交通ルールが細かく定められているため、乗車前によく確認しておく必要がある。

■LUUPで歩道は乗れますか?

原則として、電動キックボードは歩道走行ができない。車道の左側を通行するというルールになっている。ただし、最高時速6キロでの通行が可能な道を表す標識や表示があり、時速6キロモードを搭載している特例特定原付に位置付けされる電動キックボードである場合のみ、例外的に歩道通行が可能だ。

LUUPの電動キックボードには時速6キロモードが付いている車両とそうでない車両があり、付いている車両のみ歩道の通行に対応している。

なお電動アシスト自転車についても、原則として歩道ではなく車道を走行するルールになっている。

■ループはどこで返してもいい?

LUUPは、あらかじめアプリで設定した返却ポートに機体を戻す。返却するポートについては、アプリのマップでどのポートが何枠空いているかを確認できる。ライド開始時に設定したポートと違うポートで返却する場合は、「返却ポートを変更」から変更を行う。

■LUUPは乗り捨てできますか?

LUUPは、貸出と返却が同じポートである必要がない。目的地周辺で返却可能なポートを調べ、空きがあればどのポートでも返却できる。

■LUUPでヘルメットなしでいいのはなぜ?

電動キックボード、電動アシスト自転車ともに、ヘルメットの着用が努力義務となっているからだ。ヘルメットを着用せずに乗車したとしても罰則を課されることはないが、安全のために着用が推奨されている。

【参考】関連記事としては「電動キックボードはナンバー・ヘルメットは必要・不要?」も参照。

■LUUPは何キロでる?

電動キックボードは最高時速20キロとなっている。改正道路交通法が施行されたことにより、時速15キロから20キロに引き上げられた。

\ここから無料ダウンロード (PR)/
■【まとめ】利用方法や交通ルールを理解しよう

LUUPは、短い距離などを細かく移動する際に便利な乗り物だ。出発地点や目的地が駅から遠い場合などに便利だ。タクシーや自家用車を利用するより、安くおさまるだろう。また、個人で電動キックボードや自転車を所有する場合、保管方法や駐輪場所に困る場合もある。

好きな場所から乗ることができ、自由に返却場所を選べるLUUPは、特に都会生活では欠かせない移動手段になっていきそうだ。

【参考】関連記事としては「LUUP(ループ)とは?電動キックボードの料金・使い方は?」も参照。

関連記事