【特集・目次】深掘り!自動運転×データ

生成データの種類やストレージに求められる性能は?





日本では2020年、緊急時以外はシステムに全ての運転を委ねる「自動運転レベル3(条件付き運転自動化)」がいよいよ解禁される。自動運転時代の到来は、もう遠い未来の話ではない。

従来の自動車の運転操作は、人間の五感や脳によって行われていた。それが自動運転時代になると、五感がセンサー、脳が「AI」に取って代わるため、無人運転においては「データこそ全て」と言っても過言ではないだろう。

特集「深掘り!自動運転×データ」では、さまざまな視点から「自動運転とデータ」について考察する。実際に生成されるデータの種類や、「データ収集装置」としての自動運転タクシーの可能性のほか、データを保存する車載ストレージに求められる性能などについても触れる。

■第1回:自動運転車のデータ生成「1日767TB」説 そのワケは?

実用化と普及が徐々に近づいてきた感を受ける自動運転車。LiDARやカメラなど各種センサーが目の役割を担い、AI(人工知能)が脳の役割を担う。必要な情報は5G(第5世代移動通信システム)をはじめとした通信システムでやり取りする。その過程で生み出されるデータ量は、想像を超えたものになるだろう。

米インテルの試算によると、自動運転車は1日当たり4テラバイトのデータを生み出すという。ネットに対応した航空機が5テラバイトということを踏まえると、いかに膨大な量かを察することができるだろう。

また、米調査会社のGartner(ガートナー)によると、自動運転化されたコネクテッドカー1台あたりのデータトラフィック量は、年間280ペタバイトを超えるという。1日に換算すると767テラバイト超という並外れた数字だ。

正確な値は実用化が進むまで定かにはならないが、膨大なデータ量に上ることだけは間違いのない事実だ。では、自動運転車においてどのようなデータが生成され、どのように活用されるのか。今回はデータに着目し、テラバイト級のデータ量の謎に迫ってみよう。

■第2回:桜前線も計測!”データ収集装置”としての自動運転タクシー

道路情報や交通情報をはじめ、さまざまなデータを生成・収集・解析しながら性能を発揮する自動運転。自動運転車がデータを生み出し、データが自動運転車を走らせると言っても過言ではないほどのデータマシンだ。

このデータマシンたる自動運転車が収集する情報は、自動運転に向けたものだけではない。全国各地を走行する車両から得られる情報は、モビリティ分野をはじめさまざまな分野に活用できる。

そこで今回は、全国各地で真っ先に普及し、比較的広い範囲を走行することが予想される自動運転タクシーなどを想定し、どのようなデータを収集できるかを考えてみた。

■第3回:自動運転車の最先端データストレージに求められる8つの性能

さまざまなデータが次々と生成される自動運転。各種データの蓄積や分析、削除を繰り返すことで一定水準以上の精度を保持し、安全な走行を実現する。

その膨大なデータ処理には、タイムラグを極限まで抑え、幾度もの書き換え作業に耐える耐久性など、さまざまな条件を満たした高性能なストレージが求められることになる。

今回は、自動運転に利用されるストレージに求められる条件について考えてみよう。

■第4回:【対談】自動運転実現の鍵は「車載ストレージ」の進化にあり!

自動運転関連の開発競争が激化している。既に海外では自動運転タクシーの商用サービスも始まり、日本では自動運転レベル3(条件付き運転自動化)も解禁される。

自動運転を成立させるためには、自動運転ソフトウェアやセンサーの開発も求められるが、最近特に重要度の高さが注目されているのが、自動運転に関連するさまざまなデータを保存するためのストレージだ。自動運転車は従来の自動車とは桁違いのデータを日々生成・通信するからだ。

そこで特集「深掘り!自動運転×データ」の第4回目は、「自動運転×データ」「自動運転×車載ストレージ」という切り口で行った対談企画の内容をお届けする。

対談にご登場頂くのは、半導体メモリー大手の米ウエスタンデジタルの車載用ストレージ部門でマーケティングディレクターを務めるラッセル・ルーベン氏と、埼玉工業大学で自動運転開発に関わる渡部大志教授。業界の最前線で活躍する両氏が語ったこととは?

■第5回:自動運転車と「情報銀行」の意外な関係性

インターネット社会の到来から早20数年が経過したが、近い将来、「情報銀行」の仕組みによって、データ流通の環境が大きく変わるかもしれない。

IoT技術の進展により、さまざまなモノがインターネットを通じてつながる時代が訪れたが、気になるのが個人情報や行動履歴などの流通だ。こうしたデータの流通の安全性を高めるとともに、効果的な流通を促進する仕組みが情報銀行だ。

この情報銀行の仕組みは将来、多くのデータを生成・活用する自動運転領域でも導入される可能性があることをご存じだろうか。

自動運転における数々の公益的なデータやパーソナルデータは、情報銀行の仕組みを活用することで、より効果的なビッグデータとしての価値やパーソナルデータとしての価値を生み出すからだ。

■第6回 Coming Soon

 

■第7回 Coming Soon

 

■第8回 Coming Soon

 

.
関連記事