自動運転テスト進める全世界53社まとめ@カリフォルニア 解説付

IT関連企業の勢い鮮明に


カリフォルニア州車両管理局(DMV)の発表によると、同局が2018年5月9日までに自動運転試験の走行許可を交付している世界各国の企業は53社に上ることが分かった。







国別では、アメリカ企業が32社で最も多く、中国企業がネット大手の百度(バイドゥ)など8社、ドイツ企業がBMWやVWなど5社、日本企業がトヨタやホンダ、日産、スバルの4社と続いた。フランス企業は自動運転EVバスを開発するスタートアップ企業「NAVYA(ナビヤ)」の1社で、韓国もサムスン電子の1社のみだった。

2018年5月時点における認可取得台数では、米自動車メーカーGM傘下のCruise(クルーズ)社が104台で最も多く、米アップルが55台で2位、米グーグル系のWaymo(ウェイモ)社が51台で3位、米大手電気自動車(EV)メーカーのTesla(テスラ)社が39台で4位となっている。

日本勢はトヨタが全体で7位となる11台の認可を受けており、日産とスバルがともに各5台で11位、ホンダが4台で16位だった。各企業の許可車両台数(上位のみ)や本社所在国は下記の通り。(掲載順は許可交付時期の古い順)

・Volkswagen Group of America(グループ本社はドイツ)
Mercedes Benz(ドイツ)台数11位(5台)
Waymo LLC(アメリカ)台数3位(51台)
Delphi Automotive(アメリカ)
Tesla Motors(アメリカ)台数4位(39台)
Bosch(ドイツ)
・Nissan(日本)台数11位(5台)
・GM Cruise LLC(アメリカ)台数1位(104台)
・BMW(ドイツ)台数6位(12台)
・Honda(日本)台数16位(4台)
・Ford(アメリカ)
Zoox, Inc. (アメリカ)
Drive.ai, Inc. (アメリカ)台数5位(14台)
Faraday & Future Inc. (アメリカ)
Baidu USA LLC(中国)台数16位(4台)
Valeo North America, Inc. (アメリカ)
NIO USA, Inc. (アメリカ)台数7位(11台)
Telenav, Inc. (アメリカ)
NVIDIA Corporation(アメリカ)台数9位(8台)
AutoX Technologies Inc(アメリカ)
Subaru(日本)台数11位(5台)
Udacity, Inc(アメリカ)
Navya Inc. (フランス)
Renovo.auto(中国)
PlusAi Inc(アメリカ)
Nuro, Inc(アメリカ)台数11位(5台)
CarOne LLC(アメリカ)
Apple Inc.(アメリカ)台数2位(55台)
Bauer’s Intelligent Transportation(アメリカ)
Pony.AI(アメリカ)
TuSimple(中国)
Jingchi Corp(中国)台数11位(5台)
SAIC Innovation Center, LLC(アメリカ)台数16位(4台)
Almotive Inc(アメリカ)
Aurora Innovation(アメリカ)台数16位(4台)
Nullmax(中国)
Samsung Electronics(韓国)台数16位(4台)
Continental Automotive Systems Inc(ドイツ)台数10位(6台)
Voyage(アメリカ)
CYNGN, Inc(アメリカ)
Roadstar.Ai(中国)
Changan Automobile(中国)
Lyft, Inc. (アメリカ)台数16位(4台)
Phantom AI(アメリカ)
Qualcomm Technologies, Inc.(アメリカ)
aiPod, Inc.(アメリカ)
SF Motors Inc.(アメリカ)
Toyota Research Institute(日本)台数7位(11台)
Apex.Al(アメリカ)
Intel Corp(アメリカ)
Ambarella Corporation(アメリカ)
Gatik AI. Inc.(アメリカ)
・DiDi Research America LLC(中国)

>>次ページ アメリカ勢の注目企業9社は!? IT関連企業の存在感増す







関連記事