VWとArgo AI、2025年からID.Buzzで自動運転シャトル展開へ

当初はドイツのハンブルク市で



独VW(フォルクスワーゲン)と自動運転ベンチャーの米Argo AIは2021年9月10日までに、共同開発している自動運転の商用バンを今後4年間にわたってテストし、2025年には商用化する計画を明らかにした。

開発している商用バンは「ID.Buzz」。2017年にコンセプトが発表され、その後、技術開発が進められていた。自動運転化の上、ドイツのハンブルク市内でシャトルバスや配送車両として活用する方針のようだ。







一方、自動運転技術を搭載していない状態での販売は、欧州では2022年、米国では2023年から開始する見込みとなっている。

■ドイツでのテスト走行は既にスタート

商用化に向けた自動運転のテストはすでにスタートしており、ミュンヘン近くにある専用コースで車両を走行させているとのことだ。

車両は以前コンセプトとして打ち出したデザインよりも角張ったデザインとなっており、屋根部分にArgo AIが開発した「Argo LiDAR」やそのほかのセンサーが組み込めるようになっている。Argo LiDARは400メートル離れた物体も検知できるのが特徴だ。

ちなみにArgo AIに関しては、2021年内にもアメリカ市場で上場する計画を立てているとこれまでに報道されている。

■Mobileyeなども続々と目標時期を発表

ID.Buzzの自動運転バージョンがどの程度の技術レベルとなるのかは不明だが、最近は各社が自動運転車を活用したサービスをローンチする目標時期を続々と掲げ始めており、その中でVWとArgo AIのサービス展開の目標時期は決して早い方というわけではない。

例えばIntel傘下のイスラエル企業Mobileyeは、2023年からドバイで自動運転タクシーのサービスを展開する計画を発表している。中国ではすでに百度などが自動運転タクシーサービスをローンチしており、実証ベースであればさらに多くの企業の名前が挙がる。

すでにGoogle系Waymoもアリゾナ州に加えてサンフランシスコでもサービスを展開する中、VWとArgo AIは少なくとも2025年という目標は絶対に達成しなければならないだろう。

▼Argo AI公式サイト
https://www.argo.ai/

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事