驚異的!自動運転タクシー市場は年平均成長率「120%」!

Mordor Intelligenceの市場調査レポート





出典:Waymoプレスリリース

市場情報提供事業などを手掛ける株式会社グローバルインフォメーション(本社:神奈川県川崎市/代表取締役社長:小野悟)は2020年5月19日までに、Mordor Intelligence発行の市場調査レポート「ロボタクシー市場 – 成長、傾向、予測」の発売を発表した。

同レポートでは、2020~2025年のロボタクシー(自動運転タクシー)市場の年平均成長率(CAGR)は「120.5%」という高い数字を見込んでおり、まず欧州がロボタクシー市場を牽引するが、中国・アメリカがすぐそれに続いていくという見通しのようだ。







■中国とアメリカで目立つ動き

中国では主要な自動車メーカーのほか、ライドシェア大手のDidi Chuxingなど製造業ではない企業の自動運転開発も目立つ。Didi ChuxingはEVスタートアップのCHJオートとロボタクシーの共同開発に取り組んでおり、完全無人の電動ロボタクシーを中国全土で広げることを目指している。

アメリカではグーグル系ウェイモが2018年12月、世界に先駆けて自動運転タクシーの商用サービスを開始している。当初はセーフティドライバーが同乗した状態でのサービス提供だったが、2019年11月から一部で完全無人でのサービス提供を開始した。

EV大手のテスラもAIチップを搭載した完全自動運転の実現に向け、開発を進めている。イーロン・マスクCEOは、過去に「2020年半ばまでに完全な自動運転車を100万台以上生産する」と豪語している。

■日本、新ロードマップ公表で加速

日本では5月11日、国土交通省などが「『自動走行の実現に向けた取組報告と方針』報告書概要Version4.0」の中で、自動運転タクシーに関する新たなロードマップを公表した。

2022年度の後半から「車内運転手有」でのサービスを開始し、その後は「遠隔監視のみ」などでのサービスに徐々に移行していくという計画だ。

日本国内でも自動運転タクシーの実証実験は既に実施されている。今年に入ってからも自動運転ベンチャーのZMPが開発した自動運転車両を使って実証実験が行われた。

■【まとめ】市場の急成長は決して夢物語ではない

ロボタクシーが普及するには、技術力やインフラ面、法整備においてまだ課題はあるものの、それらの課題は急ピッチに解決されつつある。そう考えれば、2020~2025年のCAGRが120.5%というのもうなずける。こうした市場の急成長は、決して夢物語ではないのだ。

【参考】関連記事としては「AI自動運転やMaaS、ライドシェアなどの将来市場規模予測10選」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事