アメリカ

テスラの完全自動運転ソフト、テスターが16万人に急増!

米EV(電気自動車)大手テスラの有料オプション「FSD」のβ版のテスターが大幅に増加するようだ。CEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスク氏のツイートなどによれば、アメリカとカナダで6万人追加され、16万人規模になるという。 ...

LiDARとは?読み方は?(2022年最新版)

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

名称に「待った」!テスラの「完全自動運転」オプション

米EV(電気自動車)大手のテスラは、2つの自動車向けソフトウェアを展開している。「オートパイロット」と「フルセルフドライビング(FSD)」だ。FSDはオートパイロットより高機能な有料オプションとして展開されている。 このFSD...

米で「人間不要論」!ライドシェアで「自動運転車」が来る

「アメリカのライドシェアアプリは?」と聞けば、多くの日本人はUber(ウーバー)と回答するかもしれないが、実際にアメリカにおいては、業界2位のLyft(リフト)の知名度も高い。 そんなLyftがここ数年、ライドシェアサービスで...

Appleの自動運転技術、中国人による盗難が確定

米アップルの自動運転技術を盗み出した中国人がいたことが確実となった。米メディアによれば、本人がこのほどそのことを認めた。この中国人はアップルで働いていた元エンジニアで、張暁浪(Xiaolang Zhang)氏という名前だ。 ■基板...

米陸軍、「ロケット砲」を自動運転化へ

米陸軍戦闘能力開発コマンド航空・ミサイルセンター(AvMC)が「Autonomous Multi-Domain Launcher(自動運転型マルチドメイン・ランチャー:AML)」を開発し、遠隔操作と自動運転を可能とするために取り組ん...

自動運転の歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

3分で「空飛ぶクルマ」に変身!米Samsonが耐空証明取得

米メディアの報道によれば、米Samson Sky(サムソン・スカイ)が開発中の三輪タイプの空飛ぶクルマ「サムソン・スイッチブレード」(2人乗り)が、米連邦航空局(FAA)から耐空証明を取得したようだ。 耐空証明とは、航空機の強...

自動運転トラック開発の米TuSimple、4月に事故 分離帯と接触

自動運転トラックを開発する中国系企業の米TuSimple(図森未来)が、2022年4月に事故を起こしていたことが明らかになった。 事故は4月6日にアリゾナ州ツーソンで起き、事故を起こした同社のトラックは自動運転技術のテスト中だ...

【2022年7月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル5開発のTURINGが資...

百度の最新自動運転タクシーの発表やZooxの自動運転タクシー事業に向けた取り組みなど、海外では依然として自動運転業界がにぎわっている。 一方、日本でもレベル5実現を公言するスタートアップや自動運転の安全性を数学的に証明する取り...