中国で続々!Momenta、レベル4自動運転タクシーを10月から試験運行

DiDiに続き、中国における有望プレイヤーの1社に





出典:Momentaプレスリリース

中国の自動運転スタートアップMomenta(モメンタ)は2020年7月3日までに、自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の自動運転タクシーの試験走行を今年10月を目処にスタートすると発表した。上海の西側にある蘇州市(江蘇省)で実施する予定だという。

自動運転レベル4は、あらかじめ定められたODD(運行設計領域)においての完全自動運転が可能なレベルを指す。つまり、例えば「A地域」で運行することが可能だと事前に規定した場合、そのA地域内で無人タクシー営業が行われることとなる。







自動運転レベル4での自動運転タクシーはGoogle系ウェイモが既に商用サービスを実施しており、Momentaの10月からの取り組みはあくまで試験走行だが、中国における自動運転タクシーの有望プレイヤーの1社としてMomentaへの注目度は今後高まりそうだ。

ちなみに配車サービス大手のDiDiも自動運転タクシー実証を最近上海でスタートさせており、中国では2020年に自動運転タクシー関連の取り組みが活発化しそうだ。

■画像認識・判断の領域で強みを持つMomenta

Momentaは2016年に北京で設立され、ディープラーニング(深層学習)技術を武器に自動運転関連ソフトウェアの製品化に取り組んでいる。特に画像認識・判断の領域で強みを持つ。

2018年10月には総額10億ドル(約1150億円)の資金調達を発表し、ユニコーン企業(時価総額10億ドル以上の非上場企業)の仲間入りを果たした。自動車メーカーでは、トヨタや独ダイムラーなどから支援を受けている。

これまでに、カメラやレーダーセンサーなどの低価格センサーと高解度マップを組み合わせたレベル3ソリューションや、レベル4自動駐車を可能とする「Momenta Valet Parking」などを発表している。

■レベル4では特定エリア内でシステムが運転を完全コントロール

自動運転レベル3まではあくまで、システムは手動運転のサポート的な存在だ。ただ自動運転レベル4からは、特定エリア内においてシステムが完全に運転をコントロールすることとなる。Momentaの自動運転タクシーはこのレベル4で試験走行する予定だ。

中国政府も自動運転関連サービスの実用化には前のめりなだけに、日本企業や欧州企業、そして各国政府もMomentaの取り組みに注目している。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事