蘭NXP、自動運転ソフト開発の中国Momentaと運転手監視ソリューションで提携

欧州の安全アセスメント「ユーロNCAP」を意識





オランダの車載半導体大手NXPセミコンダクターズは2019年6月11日、自動運転向けソフトウェアを開発する中国のMomenta(モメンタ)社と、運転手監視ソリューション(DMS)の領域で提携したことを発表した。







NXPセミコンダクターズは報道発表で、DMSがADAS(先進運転支援システム)を構成する重要技術であると説明した上で、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)以上のシステムにおいても不可欠であることについて触れている。

その上で協業のねらいについては「自動車メーカーによる量産車へのDMSアプリケーションの展開を可能にすること」としており、欧州の自動車安全アセスメントである「ユーロNCAP」への対応で重要な役割を果たすことを強調している。







関連記事