自動運転、中国ユニコーンが躍進!時価総額ランキング順に5社紹介

Pony.aiが新たな資金調達で5000億円企業に



中国のスタートアップ企業Pony.aiは新たに2億6,700万ドル(約270億円)の資金調達に成功し、時価総額を53億ドル(約5,400億円)へと伸ばした。もはや堂々たるユニコーン(企業価値が10億ドル以上の非上場企業)だ。







Pony.aiに関わらず、中国のユニコーンの中には、自動運転関連の取り組みを進めている企業が多い。今回は、米調査会社のCBインサイツで公表しているユニコーンランキングから、自動運転に関連する中国ユニコーンの上位5社を紹介していく。

■Didi Chuxing:時価総額620億ドル

Didi Chuxing(滴滴出行:ディディチューシン)は、5億人以上が利用する世界最大規模の交通プラットフォーム「DiDi」を世界400都市以上で提供しているライドシェア企業だ。

同社が自動運転分野に本格参入したのは2016年だ。自動運転について研究する部門を立ち上げ、2017年には米国にAI(人工知能)をベースにセキュリティや自動運転技術を研究する「DiDi Labs」を設立している。

2019年には、自動運転開発部門を独立させてDiDi Autonomous Driving社を設立し、研究開発を加速している。2020年6月には上海で自動運転タクシーの試験サービスを開始し、2030年までに100万台の自動運転車を導入するという計画を発表している。

■SenseTime:時価総額75億ドル

2014年に香港中文大学のマルチメディアラボを母体として設立されたSenseTime(センスタイム)は、AIを活用した顔認識技術などを手掛ける香港企業だ。画像アプリ「SNOW」の顔認識技術を手掛けたことでも知られる同社は、自動運転領域にも力を入れている。

2016年に日本法人を設立し、2017年には自動運転とADAS(先進運転支援システム)技術に関してホンダと5年の共同開発契約を締結したことで話題となった。

2019年1月にはAIが運転を学習する場所として、茨城県常総市の自動車学校の跡地を活用し、テストコース「AI・自動運転パーク」も開設している。

■Pony.ai:時価総額53億ドル

冒頭も紹介したPony.aiは、中国の広東省広州市に本拠を構える自動運転スタートアップだ。中国ですでに自動運転タクシーの実証実験を始めており、自動運転タクシーの開発を軸に、自動運転トラックの開発なども進めている。

技術の高さには定評があり、アメリカで自動運転タクシーの商用サービスをスタートさせたグーグル系Waymoのライバル的存在と目されることもあるほどだ。トヨタなどからの出資も受け、自動運転領域で強い存在感を示している。

■BYTON:時価総額25億ドル

BYTON(バイトン)は、BMW出身のエンジニアが2017年に立ち上げた新興EV(電気自動車)メーカーだ。将来的に自動運転レベル4を可能とした車両を発表する計画で、自動運転技術を生かすため、従来のセダンの型にとらわれない発想を導入しているようだ。

資金調達も順調で、2017年の段階でアメリカ支社を開設している。2020年にレベル4の実現を掲げており、年内に新たな発表があるか気になるところだ。

■TuSimple:時価総額10億ドル

中国で起業し、現在は米中に拠点を有するTuSimpleは、自動運転トラックを開発する中国発ユニコーンだ。自動運転レベル4の技術開発に取り組んでおり、2018年からアリゾナ州で自動運転トラックの実証実験を開始している。

2019年8月には米物流大手UPSから出資を受け、2020年4月にはドイツの自動車部品大手ZFと提携し、自動運転トラックの実用化に向けて着実に前進しているようだ。

■【まとめ】躍進が目立つ中国ユニコーン

自動運転領域で躍進が目立つ中国ユニコーン。将来有望な事業領域に力を入れていることもあり、ペンチャーキャピタルや大手企業からの出資も相次いでいる。実証実験の取り組みも盛んだ。社会実装に向けた各社の今後の技術の開発動向に注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事