自動運転車×クラウドサービス、勝つのはどの企業だ!?

Amazon、Google、Microsoftなどが有力候補



自動運転車の実現にはクラウドサービスは不可欠だ。そんな中、AmazonやGoogle、Microsoftなどが、自社のクラウドサービスのシェアを自動運転分野でも高めようと、すでに動き出している。







■Amazon(Amazon Web Service):大手自動車メーカーとの協業を拡大中

クラウド分野で30%以上のシェアを誇る「Amazon Web Service」(AWS)。AWSはADAS(先進運転支援システム)と自動運転車の開発および展開を支援するサービス一式を提供しており、大量データの高度な処理能力を生かしてこの分野に参入している。

2020年8月にはトヨタグループとAWSの協業が強化された。この協業強化では主に「コネクテッド」の分野に焦点が当てられていたものの、自動運転も視野に入っていることは間違いなさそうだ。

ちなみに、AWSのウェブサイトでは、TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)がAWSを用いて自動運転のディープラーニングモデルを構築していることが紹介されている。

2021年2月には、ダイムラーの自動運転関連子会社が自動運転トラックの実用化に向け、クラウドサービスとしてAWSを選択したことが発表された。

■Google(Google Cloud Platform):GPUとCloud TPUによる処理速度が特徴

Google系Waymoが商用展開する自動運転タクシーでは「Google Cloud Platform」(GCP)が活用されている。

自動運転のための膨大で複雑なシミュレーションを行うために、GPUとGoogle Cloud TPU(Tensor Processing Unit)を組み合わせ、AIを高速で処理させるためのCloud TPUを構築している。

フォードは2021年2月、GCPを優先的に採用すると発表した。今後中国を除く世界のほとんどの市場において、GCPを利用していく予定となっている。

フォードがGoogleを選択したのは、GCPのAIや機械学習、データ分析テクノロジーの能力が高いと判断したからだ。ちなみにGoogleとフォードはコラボレーショングループ「Team Upshift」を設立し、両社のイノベーションを加速させる計画を立てている。

クラウド市場におけるGCPのシェアでは10%に満たないが、AIや機械学習といった高度な処理の部分は高く評価されており、自動運転関連の分野での採用が今後目立っていきそうだ。

■Microsoft(Microsoft Azure):GM Cruiseが採用、自動運転車の商用化を加速

マイクロソフトはコネクテッドカー向けプラットフォームを「Microsoft Azure」上で提供するなど、以前から自動車向けのソリューションを豊富に提供してきた。

フォルクスワーゲン(VW)はマイクロソフトと関係が深い自動車メーカーで、2021年2月にはVWの子会社がMicrosoft Azureを活用し、自動運転技術の開発を加速させるプラットフォーム「Automated Driving Platform(ADP)」を構築したと発表した。

報道発表によれば、Microsoft Azureの計算機能やデータ処理機能を通じ、自動運転機能の検証・展開・運用を迅速化することが可能だという。

一方、2021年1月にはマイクロソフトがGM Cruiseに対して投資を行っており、この際にCruiseがMicrosoft Azureを活用して自動運転車の商用化を加速させることと、GMがマイクロソフトを優先クラウドプロバイダーにすることが発表されている。

■【まとめ】三つ巴のシェア争いに注目

いずれのクラウドサービスも、自動車向けソリューション、特に自動運転に向けた分野に積極的に取り組んでいる。自動運転分野に関しては車両そのものの開発競争だけではなく、Amazon、Google、Microsoftがそれぞれ展開するクラウドサービスの三つ巴のシェア争いにも注目だ。

【参考】関連記事としては「自動運転とデータ通信…V2IやV2V、5Gなどの基礎解説」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事