TRI

トヨタの先鋭部隊!次世代モビリティサービスに挑む組織は?

自動運転をはじめとする次世代モビリティ開発や次世代モビリティサービスの実装に本腰を入れるトヨタグループ。「e-Palette(イー・パレット)」に代表される自動運転モビリティサービス車両の開発や、MaaSアプリ「my route(マ...

トヨタの自動運転戦略(2022年最新版) 車種や価格は?レベル3〜4はいつ実...

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2022年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...

Luminarの年表!自動運転の目「LiDAR」を開発

自動運転に欠かせないセンサーとして年々存在感を高めているLiDAR。開発においては自動運転システム同様スタートアップの活躍が著しいが、その代表格がLuminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)だ。同社は2020...

トヨタが空も制す!?空飛ぶクルマの官民協議会に新たに参画

空飛ぶクルマの実現を目指す「空の移動革命に向けた官民協議会」の第7回協議会がこのほど開催された。会合では、各ワーキンググループ(WG)の検討状況などが報告されたほか、新たにトヨタ自動車など10企業が協議会に加わることが確認された。 自...

トヨタWoven Planetの採用情報が全て英語な理由 自動運転求人もWo...

2021年1月に設立されたWoven Planet Group(ウーブン・プラネット・グループ)。自動運転関連ソフトウェアやスマート・シティなどの新領域を手掛けるトヨタ自動車の子会社だ。 そのWoven Planet Grou...

中国の自動運転企業Momenta、トヨタなどから5億ドル資金調達

中国の自動運転スタートアップ企業Momenta(モメンタ)は2021年3月19日、トヨタ自動車などから5億ドル(約550億円)の出資を受けたことを明かした。トヨタとMomentaは2020年3月に自動運転向けの高精度地図に関して提携...

自動運転車×クラウドサービス、勝つのはどの企業だ!?

自動運転車の実現にはクラウドサービスは不可欠だ。そんな中、AmazonやGoogle、Microsoftなどが、自社のクラウドサービスのシェアを自動運転分野でも高めようと、すでに動き出している。 ■Amazon(Amazo...

「トヨタ×CASE」最新の取り組み&戦略まとめ 自動運転、コネクテッド…

自動車業界でCASEの波がスタンダードとなりつつある。C(コネクテッド)、A(自動運転)、S(シェアリング・サービス)、E(電動化)の頭文字をとった造語で、それぞれの領域が研究開発の柱となり、これらの技術やサービスが融合して未来のモ...

あなたはどう思う?完全自動運転「できない派」「できる派」の主張を比較

一定条件下でハンドルやアクセルなどの制御を自動化する「自動運転レベル3」の法整備が整い、自動車メーカー各社がレベル3対応車種の開発・市場化を進めている。 また、海外ではより高度なレベル4移動サービスの実用実証が進められており、...

トヨタ自動運転子会社TRI-AD、「SmartCityX」参画で未来の街作り...

自動運転関連ソフトウェアの先行開発を担うトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)=TRI-AD=は2020年8月31日までに、東京にも拠点を有す...