Azure

ボッシュ×Microsoftの協業、「OTA」「オープンソース化」がキーワー...

自動車部品大手の独ボッシュが米マイクロソフトと協業し、車両とクラウドをシームレスにつなぐソフトウェアプラットフォームの開発に着手することを、2021年3月2日までに発表した。2021年末までに完成させる予定という。 車載ソフト...

自動運転車×クラウドサービス、勝つのはどの企業だ!?

自動運転車の実現にはクラウドサービスは不可欠だ。そんな中、AmazonやGoogle、Microsoftなどが、自社のクラウドサービスのシェアを自動運転分野でも高めようと、すでに動き出している。 ■Amazon(Amazo...

GM&Cruise、自動運転タクシー実現へ前進!Microsoftと提携、A...

自動運転タクシーの商用展開を目指す米ゼネラル・モーターズ(GM)と子会社のCruise(クルーズ)。サービス開始予定を延期するなどし、Google系Waymo(ウェイモ)に後塵を拝しているが、このほどプロジェクトの実現に向けて大きく...

トヨタとAWSが業務提携を拡大!モビリティサービス・プラットフォーム「MSP...

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2020年8月20日までに、米Amazon傘下のAmazon Web Services(AWS)とグローバルでの業務提携を拡大すると発表した。 Amazon...

自動運転時代はクラウドサービス企業の成長期(深掘り!自動運転×データ 第12...

膨大なデータが生成され、さまざまな用途で活用される自動運転時代。各車両に大容量・高速処理が可能なストレージなどの機器を搭載する必要があるが、必要に応じてデータやソフトウェアを各ユーザーに提供可能なクラウドサービスの活用に注目が集まっ...

Microsoft「データの所有権はお客様」…自動車業界向け戦略発表、自動運...

米マイクロソフトは2020年1月19日までに今後の自動車業界向け戦略を発表し、自社のクラウドサービスやAI(人工知能)サービスを通じ、あらゆる規模の自動車関連企業がスマートモビリティプロバイダへと変革できるよう支援することを明確に述...

KDDIをタッグを組むAmazon、自動運転領域でMicrosoftと火花 ...

米アマゾンのクラウドサービス「アマゾン・ウェブ・サービス」(AWS)と日本のKDDI株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:髙橋誠)が次世代通信システム「5G」の領域でタッグを組んだ。KDDIが2019年12月6日までに報道...

Microsoft(マイクロソフト)の自動運転戦略と取り組みまとめ Azur...

パソコン向けのOS「Windows」で一世を風靡し、2019年には史上3社目となる時価総額1兆ドル(約106兆円)を記録した米マイクロソフト(本社:ワシントン州/最高経営責任者:サティア・ナデラ)。IT業界の巨人は今なお健在のようだ...

ついにマイクロソフトも自動運転領域強化!?武器は「Azure」だ

自動運転と言えばIT業界ではGoogle(Waymo)が一歩抜きんでているという印象を持つ人も少なからずいるかと思うが、米マイクロソフトも負けていない。本社には自動運転担当部門があり、同社のクラウドプラットフォーム「Azure」を活...

日産のコネクテッド機能「NissanConnect」を徹底解説 自動運転も視...

運転支援システム「プロパイロット2.0」や電気自動車(EV)「リーフ」など、先進的な研究開発と実用化を進める日産自動車。カーシェアリング事業にも本格的に参入し、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)のうち3つは順調...