トヨタ、世界でダブル首位!自動運転&MaaSの特許出願、米中勢抑え

2014〜18年、自動運転で4,247件、MaaSで647件



主要国・地域における特許の出願状況をまとめた特許庁の2020年度調査で、「自動運転」と「MaaS」それぞれの関連技術区分において、トヨタが米中勢を抑えて首位となっていることが明らかになった。

この調査の名称は「令和2年度特許出願技術動向調査」で、2014〜18年において、日本と米国、欧州(ドイツ除く)、ドイツ、中国、韓国が出願先の特許について調べたものだ。







■自動運転関連技術:トヨタが首位、4,247件出願

自動運転関連技術区分の出願人別出願件数ランキングでは、トヨタが4,247件で首位。ランキングは以下の通りだ。

出典:令和2年度特許出願技術動向調査

2位はアメリカのFORD GLOBAL TECHNOLOGIESで3,067件となっており、トップ10にランクインした日本勢はトヨタのほか、デンソー(3位)、本田技研工業(4位)、日産自動車(8位)、三菱電機(10位)となっている。

■MaaS関連技術:トヨタが首位、647件出願

MaaS関連技術でもトヨタが出願人別出願件数ランキングのトップだ。647件の出願を行っている。以下がランキングだ。

出典:令和2年度特許出願技術動向調査

2位は中国のDIDI CHINA TECHNOLOGYで436件。日本勢はほか、日立製作所が6位、本田技研工業が7位、三菱電機が9位となっている。

■【まとめ】Woven City×自動運転・MaaSにも注目

先日行われた決算発表でも触れられたが、トヨタは現在、静岡県で「Woven City(ウーブン・シティ)」というコネクテッドシティを開発している。このWoven Cityでは、トヨタがこれまで開発してきた自動運転やMaaSのさまざまな技術が導入・実証される予定だ。

また、東京五輪ではトヨタの自動運転EV「e-Palette」が選手村で選手の移動車両として使用される見込みとなっている。MaaS関連では、ルート検索・予約・決済や飲食店の混雑状況の確認が可能なMaaSアプリ「my route」の展開エリアを拡大している。

このように、自動運転技術やMaaS関連技術の開発に積極的なトヨタ。次回の調査ではどこまで特許の出願件数を伸ばしてくるのか、注目したい。

【参考】関連記事としては「【目次】「トヨタ×自動運転」特集」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事