自動運転技術、東京モーターショーでの展示まとめ トヨタや三菱電機、ドコモも

各社が最新の取り組みをアピール





出典:東京モーターショー・プレスリリース

2年に一度開かれる「東京モーターショー」。2019年10月24日の開幕後に各社がさまざまな先端技術を披露し、次世代技術として注目される「自動運転」に関するテクノロジーやサービスも目立った。

この記事では東京モーターショーで特に注目を浴びた自動運転関連の技術やサービスを紹介していこう。







■トヨタ:東京オリンピックで活躍する「e-Palette」が目玉

トヨタ自動車はさまざまなモビリティの展示を行ったが、中でも特に自動運転ラボとして注目したいのが、来年の東京オリンピック・パラリンピックでも投入される自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」だ。

自動運転レベル4(高度運転自動化)クラスの自動運転技術を搭載し、高精度3D(3次元)地図と運行管理技術によって低速での無人運転が可能な点などが特徴だ。カメラやLiDARなどのセンサー群にも最新技術が搭載されている。

e-Paletteが周辺の歩行者に次の動作などを知らせることができるよう、フロント部分とリア部分には専用ランプが取り付けられている。そのランプの点灯パターンによって「走行中」「停車中」「充電中」などの状況を表現できるようになっている。

そのほかトヨタは、未来のラストワンマイルを担う小型の配達ロボット「TOYOTA Micro Palette」なども展示した。

■ダイハツ:ラストワンマイルに貢献するICOICOを展示

ダイハツはラストワンマイル向けの自動運転車「ICOICO(イコイコ)」というコンセプトカーを世界初公開した。ICOICOは対面式の4人乗りの自動車で、自宅や目的地の前など細い道でも移動可能なように車両サイズがコンパクトに仕上げられていることも特徴だ。

車内には付属の小型ロボット「ニポテ」も乗車していることでも注目を集めた。ニポテに乗客が話しかけると、移動に関するさまざまなサポートを行ってくれるというものだ。

■UDトラックス:自動運転レベル4のトラック「風神」を紹介

ボルボグループの傘下であるUDトラックスは、自動運転レベル4(高度運転自動化)の実験車両「風神」を公開した。

風神は大型トラック「クオン」をベースにしており、自動運転の目と呼ばれる「3D-LiDAR」などのセンサーを搭載しているほか、RTK-GPS(リアルタイムキネマティック全地球測位システム)などの技術を駆使して自動運転を可能にしている。

2020年には限定地域での自動運転の実用化を目指すという。

■三菱電機:「xAUTO」の実車や「EMIRAI S」を披露

三菱電機株式会社は、自動運転の実証実験車「xAUTO」の実車や最新のセンシング技術などを搭載した「EMIRAI S」を発表した。

xAUTOの特徴は3つある。1つ目は高精度な地図情報がなくても自動運転を実現できること。2つ目は屋内や屋外で無人自動駐車を実現可能としたこと。3つ目はセンサーから出力された各データの処理遅れ時間を考慮し、センサーヒュージョン技術によって周辺状況を瞬時に高精度認識できることだ。

EMIRAI Sは実際に会場で体験できるようになっている。最新の生体センシング技術によってドライバーの脈拍を計測して運転中の疲労や眠気を検知したり、車内での会話の中からEMIRAI Sへの要望だけを認識したりする技術が紹介されている。

■NTTドコモ:5G遠隔運転などの技術をアピール

NTTドコモは「5G遠隔運転」や「車載用5Gガラスアンテナ」、「docomo in Car Connect」、「AIインフォティメントサービス」など、モビリティ分野における最新の取り組みを発表した。5G遠隔運転では、第5世代移動通信システム「5G」を活用した遠隔自動運転技術をデモンストレーションで紹介した。

東京モーターショーへの出展は今回初めてとなったNTTドコモ。自動運転やカーシェアリングの流れが加速する中、NTTドコモが提供するデータ通信技術は重要な役目を果たすことを改めて感じさせた。

■小糸製作所:センサー群内臓のヘッドライトを紹介

小糸製作所は、自動運転に必要なセンサー群をヘッドライトモジュールに内蔵した自動運転車両のコンセプトイメージや、センサー統合ライトモジュールの新しいサービスソリューションを発表した。

小糸製作所が発表したヘッドライトにはLiDARやカメラ、ミリ波レーダーなどの周囲監視センサーが搭載され、360°センシングによって全方位で対象物の早期発見が可能となることが特徴だという。

■【まとめ】CASEにおける「動かす」技術として重要視

自動運転技術はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)における自動車を「動かす」技術として、今後確実に各社が開発に力を入れる領域だ。

直接の自動運転技術というわけではなくても、自動運転を支えるさまざまな要素技術やハードウェアなどが今後続々と開発されていくことは確実で、東京モーターショーのような大イベントでは「自動運転」が主要なキーワードになっていくことは間違えない。

【参考】関連記事としては「自動運転、ゼロから分かる4万字まとめ」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事