e-Palette

自動運転と移動販売(2022年最新版)

自動運転技術の確立とともに大きく道が拓けていくモビリティビジネス。開発の中心となっている移動サービスやデリバリーサービスなどとともに、今後注目が集まるのが自動運転技術を活用した無人移動販売だ。 この記事では、無人移動販売の事例などにつ...

自動運転時代のサービス(2022年最新版)

無人の自動運転車が市街地や郊外を当たり前のように走行する未来がやってくる。すでに、限定条件下で自動運転が可能となる「レベル3」をホンダが市販車に搭載し、特定エリア内での完全自動運転が可能な「レベル4」の自動運転タクシーも登場している...

トヨタ、きょう決算ライブ説明会 自動運転などCASE分野に言及?

トヨタ自動車の2022年3月期(2021年4月〜2022年3月)の決算説明会が2022年5月11日、午後1時半から開催される。決算説明会の模様はライブ中継される予定だ。 豊田章男社長の出席予定はなく、近健太副社長や前田昌彦副社...

まさかe-Paletteを使った自動運転サービス!?トヨタKINTOの気にな...

トヨタ自動車のサブスクリプションサービスと言えば「KINTO」(キント)だ。そんな同サービスを手掛けるトヨタ子会社の株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:小寺信也)が現在、「新規事業」の企画の担当者を募集している...

自動運転車による「移動サービス」、トヨタとホンダ、どっちが先?

ホンダはこのほど、自動運転移動サービス用の専用車両「Cruise Origin(クルーズ・オリジン)」の東京都心部での展開時期を「2020年代半ば」だと明らかにした。 ホンダがGMなどと開発する移動サービス向け自動運転車がいず...

トヨタで自動運転関連の仕事をしたい!新卒&中途、求人の探し方

自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」の開発を含め、自動運転技術の確立、そして自動運転技術を活用したサービスの開発にも力を入れているトヨタ。自動運転の業界で働こうと考えている人の中には、トヨタを第一志望の就職先・転職先とし...

自動運転バス・シャトルの車種一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が世界で加速している。タクシーやデリバリーなどさまざまな用途に向けた開発が進められているが、早くから実用化が進んでいるのがバスやシャトルサービスだ。 この記事では、2022年3月現在で世界で開発が進められて...

造成工事進む!トヨタWoven City、地鎮祭から1年経過

トヨタが建設中のスマートシティ「Woven City」。2021年2月23日の地鎮祭から1年が経ち、建設中のWoven Cityの造成工事の様子が見られるタイムラプス動画が更新されている。 動画では2021年2月から2022年1月にか...

いま日本でポピュラーな自動運転シャトルと言えば?

世界各地で自動運転シャトルが実際に活躍し始めている。日本も例外ではない。すでに実サービスとして運用されている例もあるほか、実証実験も盛んに行われるようになってきている。 そんな中、いま最も日本で最もポピュラーな自動運転シャトルと言えば...

トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?自動運転EV、東京五輪で事故...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した自動運転シャトル「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘...