e-Palette

トヨタWoven Cityが革新牽引【最前線「自動運転×スマートシティ」 第...

まもなく着工を迎えるトヨタ主導の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。着工は2021年2月23日となる可能性が高く、その前後から徐々にまちの概要が明かされていくものと思われる。 Woven Cityでは自動運転...

トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?多目的自動運転EV、MaaS...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘めたコンセプトモ...

最高年収1,400万円!新年早々、トヨタから自動運転関連求人 Woven C...

トヨタ自動車の人事部が新年早々元気だ。2021年1月から新たに自動運転向けのシステム設計エンジニアを募集しているほか、2020年11月から継続してスマートシティ「Woven City(ウーブン・シティ)」向けの人材も募集している。 ...

トヨタの自動運転車e-Palette向けの「AMMS」「e-TAP」とは?

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)はこのほど、自社開発の自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」の実用化に向けて、待ち時間短縮や混雑緩和が可能になる運行管理システムを公開した。 APIを介して...

トヨタ自動運転車e-Palette、移動式の店舗や宅配ロッカー構想!

「これまでのクルマの概念を超える」ため、2018年に初公開されたトヨタの自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」。トヨタはこのe-Paletteの進捗について説明するオンライン発表会を2020年12月22日に開催した。 ...

【2020年12月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

2020年もそろそろ終わる。新型コロナウイルスの影響で春先は自動車メーカー各社の業績に大きな影を落としたものの後半には持ち直し、2021年に向けた取り組みは再度加速しているようだ。 自動運転業界も米国・中国を中心に翌年に期待を...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上...

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどのような出来事が起こるのか。展望をまとめて...

社長が選ぶ社長、トヨタ章男氏再び1位に!未来志向、自動運転にも注力

産業能率大学総合研究所は2020年12月22日までに、「社長が選ぶ今年の社長」の2020年版を発表した。従業員6人以上の企業経営者を対象に、2020年の最優秀経営者は誰かをアンケートしたもので、トヨタ社長の豊田章男氏が前年の2位から...

トヨタのe-Palette、世界中の自動運転技術をどれでも搭載可能!

自社開発の自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」に関してトヨタ自動車が12月22日に行ったオンライン発表会。その発表会の最後の質疑応答で、気になる説明があった。e-Paletteにはどんな自動運転システムも搭載することが可...

トヨタ自動運転車e-Palette、各地での運行へ自治体と既に議論中

トヨタは2020年12月22日午後3時から、「実用化に向け進化したe-Paletteのオンライン発表会」を開催した。e-Paletteはトヨタが開発中の自動運転EV(電気自動車)で、今年開催予定だった東京五輪では選手村で運行される予...