世界の自動運転トラック市場を読み解く H&Iグローバルリサーチが調査資料を販売

自動化レベル・業種・地域別に解説


グローバル市場調査レポートの販売事業などを手掛けるH&Iグローバルリサーチ株式会社(本社・東京都中央区/代表者・木村哲也)は4月19日、自動運転トラックの世界市場について、自動運転レベルや業種別、国・地域別に調査した資料の取り扱いと販売を開始したと発表した。







この調査資料は世界市場調査などを手掛けるAllied Market Research(AMR)=Allied Analytics LLP(本拠地・米国オレゴン州)の市場調査部門=が発行しているもの。販売は、市場調査レポート・産業資料総合販売サイト「MarketReport」で行う。

自動運転トラックの世界市場について、概要や市場環境、市場動向、市場規模、自動運転化レベル(レベル1、レベル2、レベル3、レベル4)について解説しているほか、物流や建設、製造、鉱業、港湾など業種別のレポートも掲載しているという。北米やアメリカ、ヨーロッパ、アジア、日本、中国などと地域別に市場規模や今後の業界動向などの予測も掲載している。

調査資料は130ページ(PDF)で、レポート言語は英語。納品方法はメール(受注後24時間以内)。価格はユーザー種別によって異なるが、5370ドル(円換算:57万9960円)から。

【参考】今回H&Iグローバルリサーチ株式会社が取り扱いと販売を開始した調査資料は、MarketReportの「自動運転トラックの世界市場:自動化のレベル別(レベル1、レベル2、レベル3、レベル4)、業種別(物流、建設、製造、鉱業、港湾)」から購入可能。「プレスリリース」にも目次の一部が掲載されている。







関連記事