移動サービス開発向け、自動運転車をスマホで簡単呼び出し 自動運転技術ベンチャーZMP

パッケージ販売の開始を発表


株式会社ZMPが今回販売を開始したパッケージのRoboCar® MiniVan=出典:ZMPプレスリリース

自動運転技術ベンチャーの株式会社ZMP(本社・東京都文京区/代表取締役・谷口恒) は4月26日、スマートフォンを使って自動運転車を呼び出す仕組みを実装したサービスについて、パッケージ販売を開始したことを明らかにした。

今回パッケージ販売を開始したことについては、自動運転技術を活用した移動サービスの開発・検証の需要に対応するためだとしている。







実験車両として、市販のハイブリッドミニバンをベースとして開発した自動運転技術開発プラットフォームRoboCar® MiniVanを活用する。周囲環境を把握するレーザスキャナやステレオカメラRoboVision®、GPS(全地球訪イシステム)や慣性センサなどを実装しており、自動運転用の人工知能(AI)を搭載する車載コンピュータ「IZAC®」の担う役割も大きい。

同社によると今回のパッケージでは、実際に将来的に提供される可能性がある「移動サービス」を意識した上で、スマートフォンでドアの開閉も操作できるという。同社は①過疎地域での移動サービスの有効性確認を目的とした検証②先進運転支援システム(ADAS)・自動運転技術開発向けの公道での実証実験——などでの活用を想定しているという。

パッケージ価格については、目的や規模などによって変わるという。ベースとなる実験車両RoboCar® MiniVanの価格は1800万円(税別)からという。

【参考】今回の販売を開始したパッケージについての詳しい内容は株式会社ZMPの「プレスリリース」を参照。







関連記事