AGVとは?「経路誘導式」「自律移動式」「追従式」の3つに分類

近年は「自律移動式」への注目度高まる



シャープが販売しているAGVの例=出典:シャーププレスリリース

工場や倉庫における作業の省人化・無人化において、近年は「AGV」(無人搬送車)の導入が加速しており、開発を手掛けるベンチャー企業も国内・国外問わず増えている印象だ。この記事ではAGVの基礎知識について解説していく。

■AGVとは?

AGVとは「Automatic Guided Vehicle」の略で、日本語では「無人搬送車」を略される。







日本工業規格(JIS)は無人搬送車のことを「一定の領域において、自動で走行し、荷など人以外の物品の搬送を行う機能をもつ車両で、道路交通法に定められた道路では使用しないもの」と定めている。

■AGVの3つの分類

AGVは自動走行方式によって、「経路誘導式」「自律移動式」「追従式」の3つに分類される。

経路誘導式(path guide)

経路誘導式は英語では「path guide」と表現され、経路に沿って設置した誘導体によって無人搬送車を誘導する方式のことを指す。この場合に使用される誘導体は「磁気テープ」「光反射テープ」「電磁誘導ケーブル」などだ。

自律移動式(self-navigation)

自律移動式は英語では「self-navigation」と表現される。無人搬送車自体が自己位置推定機能や走行制御機能などを有しており、JISでは「軌道、誘導体、人の操縦などがなくても目的地へ移動する方式」と説明されている。つまり誘導体は必要としない。

追従式(target guided)

追従式は「target guided」と英語で表現される。自律移動式の一種という位置付けではあるが、先行する特定の人や車両などに追従する形で移動する。

■ほかの分類方法も

AGVにはほかの分類方法もある。「積載形」「けん引形」「フォークリフト形」の3つだ。

積載形(loader type)

積載形は英語では「loader type」という表現となる。JISでは「荷を無人搬送車上に載せて搬送するもの」と定義されている。

けん引形(tractor type)

けん引形は「tractor type」と英語では表現される。JISでは「荷を積む台車またはトレーラをけん引して搬送するもの」と定義されており、台車の下に潜り込むようなタイプもこの分類に含まれる。

フォークリフト形(fork lift truck type)

フォークリフト形は「fork lift truck type」と英語で表現する。JISの定義をそのまま引用すると「積載形の一種であり、移載のためのフォークなど及びそれを上下させるマストを備え、それらによって搬送するもの」とされている。

■【まとめ】レイアウト変更にも対応しやすい「自律移動式」への注目度高まる

AGVに関しては、経路誘導式のAGVは導入が比較的容易で、導入事例は多い。一方で、自律移動式の方が工場内のレイアウト変更などにも対応しやすいといったメリットがあり、開発に力を入れているロボットメーカーが増えている印象だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事