AGV

ダブルの「国内初」!自動運転EVで搬送サービス&専用保険

ティアフォーとヤマハ発動機の合弁企業eve autonomyが、自動運転レベル4の自動搬送サービス「eve auto」の提供を2022年11月30日から正式に開始した。また同日、損害保険ジャパンもレベル4サービス導入前から導入後まで...

東大AIベンチャーが宇宙事業!「自動運転」技術を武器に

東京大学発AI(人工知能)ベンチャーであるTRUST SMITH株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:大澤琢真)の勢いが止まらない。自動運転分野に続き、今度は宇宙産業にも手を伸ばすようだ。自社が保有するAIやロボティクス技術...

持ち上げて車両を移動!三菱重工が自動駐車実証

三菱重工業と三菱重工機械システムが、国内の商業施設で初となる実証実験をこのほど開始した。車を持ち上げて無人搬送して駐車する方式の自動バレーパーキングの実証だ。 実証では仏ベンチャー企業のStanley Robotics(スタン...

自動運転、デンソーがレベル4ソフトウェア技術を開発中

トヨタグループの自動車部品大手デンソーが、自動運転レベル4(高度運転自動化)ソフトウェアの技術開発を進めている。自動車や小型AGV(無人搬送車)の知能化を目的としたもので、さまざまなセンサーを統合した認識システムの開発などに取り組ん...

自動配送ロボ、ワイヤレス充電の伝送距離が15mmから40mmへ!

ワイヤレス給電製品を手掛ける株式会社ビー・アンド・プラス(本社:埼玉県比企郡/代表取締役社長:亀田篤志)は2021年9月22日までに、多くのAGV(無人搬送車)メーカーで採用されている1kWワイヤレス充電システムに、「長距離給電タイ...

「トヨタの街」に、地上と地下が一体の次世代道路!?自動運転も想定

株式会社大林組(本社:東京都港区/代表取締役社長:蓮輪賢治)は2021年7月30日までに、次世代道路構想「ダイバーストリート」を構築したと発表した。 ダイバーストリートとは、地上の道路と地下の道路が一体となった次世代の道路構想...

AGV(無人搬送車)開発、国内市場を制する企業は!?有望8社を紹介

工場や倉庫での作業の省人・無人化に向け、「AGV」(無人搬送車)の導入が近年加速しており、日本国内でもAGVの開発に注力している企業は少なくない。今後の市場拡大が見込まれるこの分野で、どの企業が業界をリードしていくのか注目が集まる。 ...

豊田自動織機、自動運転の物流AGV開発で米新興企業とパートナーシップ協定

トヨタグループの豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:大西朗)は2021年6月7日までに、米シリコンバレーに拠点を構えるAIスタートアップのサードウェーブオートメーション(TWA)と、戦略的パートナーシップ協定を締結したこと...

車両部品の故障を予測!豊田通商系、コネクティッドカー分野で新たな業務提携

豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティエレクトロニクス(本社:東京都港区/代表取締役社長:青木厚)は2021年5月23日までに、自動車データ関連事業を手掛けるカナダのAcerta Analytics Solu...

自動運転版「物流3種の神器」、豊田自動織機が統合制御システム開発へ

トヨタグループの源流企業である株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:大西朗)は2021年4月23日までに、新会社「T-Hive.B.V.」をオランダに設立したと発表した。 新会社では、物流領域における新時代の「...