AGV(無人搬送車)開発、国内市場を制する企業は!?有望8社を紹介

大手やベンチャー、「誘導型」や「自律型」で開発



工場や倉庫での作業の省人・無人化に向け、「AGV」(無人搬送車)の導入が近年加速しており、日本国内でもAGVの開発に注力している企業は少なくない。今後の市場拡大が見込まれるこの分野で、どの企業が業界をリードしていくのか注目が集まる。

この記事では、フォークリフト型を除いたAGVを開発する日本国内の大手企業やスタートアップ企業の一例を紹介していこう。







■トヨタL&F:エントリーモデルからハイパワーモデルまで

トヨタL&Fは、必要な機能を自由に選択・後付け可能な「キーカート」や、低床式の自走牽引車「タグカート」、無人搬送台車「ロードソーターS」などをAGVとして展開している。

キーカートはAGVのエントリーモデルという位置付けで、AGVを低価格で導入できる点が特徴だ。タグカートは「低床」「コンパクト」「ハイパワー」が特徴で、磁気テープを貼る方式で自律走行が可能となっている。

■ZMP:物流支援ロボットとして「CarriRo AD」を展開

ロボットベンチャーのZMPは、物流支援ロボットの自律移動モデル「CarriRo AD」を手掛けている。CarriRo ADはZMPが自動運転事業で培った画像認識技術を応用し、「CarriRo Visual Tracking」という方式で自律移動を実現している。

ZMPの公式サイトによれば、すでに工場や倉庫、宿泊施設、空港など170社以上の拠点で導入されているという。

■リコー:市販の黒いビニールテープを使う誘導方式で走行

リコーは「リコー無人搬送車M2」を展開している。リコー無人搬送車M2は磁気式ではなく光学式を採用しており、市販の黒いビニールテープを使った画像認識誘導方式で走行する。手軽かつコストを抑えて走行経路を設定できるのが特徴だ。

狭い場所でも小回りが効くようコンパクト設計が意識されており、90度と180度のターンもできるAGVだ。

■LexxPluss:細かな作業工程に強調する「ハイブリッド制御技術」
出典:LexxPlussプレスリリース

2020年3月設立のスタートアップであるLexxPluss(レックスプラス)は、「ハイブリッド制御技術」を実装した自動搬送ロボットハードウェア「LexxHard」を、AGVとして開発している。

LexxHardは、ロボットが細かい作業工程に協調する「ハイブリッド制御技術」を実装していることが特徴だ。さらに、他社製品と変わらぬ牽引力や搬送能力を維持しながら、60センチ×60センチという業界最小クラスのコンパクトさを実現している。

■ジャロック:ライン工程に合ったAGVシステムを設計・構築
出典:ジャロック公式サイト

1963年創業のジャロックは、さまざまなライン工程に合ったAGVシステムを設計・構築しているメーカーだ。

ジャロックのAGVシステムには「取り付け容易」「コストが安い」「メンテナンス容易」という特徴があり、経路は固定ではなく好きなコースを磁気テープで自由に作り、変更も自由に行える。

■タクマ精工:1台で手押しとAGVの二役をこなす「TC-900S II」
出典:タクマ精工公式サイト

1983年に無人搬送車の開発をスタートさせ、1985年に初代AGV「TC-900S」を発売したタクマ精工。以降、8,500台を超えるAGVを販売してきた。現在は手押し台車としてもAGVとしても利用できる「TC-900S Ⅱ」などを展開している。

ちなみにTC-900S Ⅱの誘導方式は「光学」「磁気」「光学磁気併用」の3タイプで、進行方向に対し前進のみ行う。積載量100キロの際の走行速度は毎分25メートルで、連続8時間稼働可能だ。約1度の傾斜ならのぼることもできる。

■ダイヘン:ガイドレス走行が可能な自律搬送台車「AiTran」

1919年設立の電力機器大手ダイヘンは「まるで人がモノを運ぶように、自在に、臨機応変に。」というコンセプトの自律搬送台車「AiTran」を展開している。

磁気や光学のガイドテープや人による教示を必要とせず、センサーフュージョンにより自己位置を判定し、誤差2センチの高精度なカメラセンシングで自律走行を可能にしている。障害物を感知すると、必要に応じて自動で減速・停止する。タブレット上でルートの設定や変更ができ、1つのタブレットで複数台を管理・制御できる。

■日本電産シンポ:2016年から無人搬送台車「S-CART」を展開

日本電産子会社の日本電産シンポは、地図をベースに自己位置を推定しながら走行するガイドレス無人搬送台車「S-CART」シリーズを2016年から展開している。地図では、走行エリア内の扉や窓、天井の模様、荷物、蛍光灯などの特徴物が活用される。

S-CARTは複数のタイプがあり、このうち「S-CART-V100」は最大積載量は100キロ、連続稼働時間は8時間、高さ20センチの低床タイプ。他にも、搬送重量500キロで連続稼働時間が4時間、高さ30センチの「S-CART500」などを展開している。

■【まとめ】今後は「自律型」のAGV開発が増えていく可能性

AGVに関しては、現在は技術的にも容易な「誘導型」の開発・導入事例が多いものの、レイアウト変更にも柔軟に対応できる「自律型」のAGVの開発に力を入れているメーカーも増えてきている印象だ。今後も国内企業の開発動向に注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事