倉庫向け自動搬送ロボのマーケットが熱い!LexxPlussが新規参入

「ハイブリッド制御技術」を実装、海外展開も



出典:LexxPlussプレスリリース

倉庫や工場向けの自動搬送ロボットのマーケットが盛り上がりつつある。倉庫や工場は「限定空間」かつ「私有地」だ。そのため、自動運転技術の導入の技術的・法的ハードルは低く、こうした場所で活躍するロボットがどんどん増えているのだ。

物流業や倉庫業を手掛ける企業にとっても、労働力不足が課題となる中、省力化・無人化につながる自動搬送ロボットは有り難い存在だ。こうした背景もあり、ベンチャーから大手までさまざまな企業が自動搬送ロボットの開発・展開をスピードアップさせている。







具体的な社名で言えば、自動運転ベンチャーのZMPやロボットベンチャーのDoogなどのほか、パナソニックやオムロン、日立製作所などの大手企業だ。そして、こうしたビジネス領域に挑戦する新たなスタートアップ企業が注目を集めつつある。LexxPlussだ。

■新規参入のLexxPluss、自社開発ロボを2021年秋頃に販売へ

株式会社LexxPluss(本社:神奈川県川崎市/代表取締役:阿蘓将也)は2021年3月10日までに、ベンチャーキャピタル(VC)のインキュベイトファンド、欧米やアジアのスタートアップ支援を行うSOSV Investments、住友商事から資金調達が完了したことを明らかにした。

同社は今回の調達した資金を、自動搬送ロボットの開発費用やエンジニア人材のための採用費用、そして今後展開するサービス開発へ投資する。また、自社開発の自動搬送ロボットの2021年秋頃の販売を目指し、複数の事業者と実証実験を行っていることも発表した。

LexxPlussは、2020年3月に設立されたスタートアップ企業だ。代表取締役である阿蘇将也氏は、自動車部品メーカー大手の独ボッシュで自動運転プロジェクトや自動バレー駐車システムに携わった経歴を持つ。

同社が開発する自動搬送ロボットは、「ハイブリッド制御技術」を実装していることが特徴だ。床面に誘導線を配置して軌道走行するAGV(無人搬送車)と自律的に走行するAMR(自律移動ロボット)の両方の優れた点を兼ね備え、より実用性が高くなっている。

ちなみに報道発表ではグローバル展開を見据えていることにも触れられている。

■成長市場に挑戦するLexxPlussの今後の動向に注目

調査レポートの販売事業を手掛けるReport Oceanが2021年2月に明らかにした世界の物流ロボット市場の将来予測によれば、コロナ禍が市場拡大にプラスに働き、市場規模は年間売上ベースで2026年までに238億ドル(約2兆5,000億円)規模に達するという。

倉庫や工場における自動搬送ロボットの需要は今後も伸びていく。その中で新たにこの領域に参入したLexxPlussの今後の動向を、引き続きウオッチしていきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事