GMのセミ自動運転機能「Super Cruise」、アップグレード&搭載拡大

2022年までに6車種、2023年までに22車種に



出典:GMプレスリリース

米自動車メーカー大手GM(ゼネラル・モーターズ)は2021年7月28日までに、高速道路でのハンズフリー走行が可能な「Super Cruise」(スーパークルーズ)をアップグレードした上で、搭載車種を拡大して2022年までに6車種で利用できるようにすると発表した。

さらに2023年までに22車種へと搭載を広げるという。







■GMのADAS「Super Cruise」が大きく進化

2017年に発表されたSuper Cruiseは現在、高級車ブランド「キャデラック」にのみ搭載されており、中央分離帯のある高速道路でのみ使用することができる。しかし、今後のアップデートによって、Super Cruiseは大きく進化する。

具体的には、自動レーン変更機能や、ボートやキャンピングカーを牽引中にハンズフリーアシスタントを利用できる機能、Super Cruiseが利用できる高速道路をドライバーに示す車載ナビ機能が搭載される。

これらの機能を搭載したSuper Cruiseは、2022年発売のCadillac Escalade、Cadillac CT4、Cadillac CT5、Chevrolet Silverado、GMC Hummer EV Pickup、GMC Sierraの6車種で利用できるという。

Super Cruiseでは、ドライバーの視線は進行方向へ向ける必要はあるものの、ハンドルに手を置く必要がなく、自動運転レベルで言えば2〜2.5といったところか。ちなみにホンダが2021年3月に発表したレベル3搭載車は、視線を前方からずらす「オイズオフ」が可能だ。

■「移動サービス」では自動運転に焦点を絞って開発

このようにGMは市販車部門においては、自動運転の一歩手前のADAS(先進運転支援システム)の搭載拡大などに力を入れているが、「移動サービス」部門においては自動運転に焦点を絞って開発を進めている。

2020年1月にはGM子会社のGM Cruiseがオリジナル自動運転車「Origin」を発表した。運転席がないポッド型車両で、自動運転タクシーや自動運転シャトルとして、人々の移動に貢献することを目指した車両となっている。

ちなみに自動運転タクシーについては、アメリカでの商用サービスの開始時期は不明だが、ドバイでは2023年から2029年にかけてサービスを提供する運びとなっている。

■【まとめ】確実に取り組みを前進させているGM

今回発表したSuper Cruiseのアップデートをはじめ、ドバイでの自動運転タクシーサービスの開始に向けた動きなど、部門ごとに確実に取り組みを前進させているGM。次世代技術への巨額投資も明らかにしており、今後の発表にも引き続き注目していきたい。

▼GM公式サイト
https://www.gm.com/
▼GM公式プレスリリース
https://media.gm.com/media/us/en/gm/home.detail.html/content/Pages/news/us/en/2021/jul/0723-gm-supercruise.html

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事