GM

GM Cruiseの自動運転AI、サンフランシスコ全域を「勉強エリア」に

米GM傘下Cruiseはこのほど、2022年末までに自動運転のテストをサンフランシスコの全エリアに拡大する計画があることを明らかにした。 テスト車両の役目は、市内の道路を走行しながらデジタル地図を作成しつつ、自動運転車が安全に...

自動運転、米国株・日本株の銘柄一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に伴い、LiDAR開発をはじめとした関連スタートアップの上場が相次いでいる。自動運転の市場化が本格化の兆しを見せ始めているのだ。 この記事では2022年5月時点の情報をもとに、自動車産業の主役として自動運転...

「手放し運転」が可能な車種一覧(2022年最新版) ハンズオフ機能とは?

自動運転技術の進化が著しいが、一般乗用車におけるADAS(先進運転支援システム)もしっかりと進化を遂げている。現在、目玉となっているのは高度なレベル2に相当するハンズオフ機能だ。 この記事では2022年4月時点の情報をもとに、...

自動運転車による「移動サービス」、トヨタとホンダ、どっちが先?

ホンダはこのほど、自動運転移動サービス用の専用車両「Cruise Origin(クルーズ・オリジン)」の東京都心部での展開時期を「2020年代半ば」だと明らかにした。 ホンダがGMなどと開発する移動サービス向け自動運転車がいず...

自動運転、歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

870万円で無人タクシー製造!2022年3月の自動運転ラボ10大ニュース

2022年に入ってからも社会実装に向けた取り組みが加速し続けている自動運転業界。米国や中国、そして韓国では自動運転タクシーの実用化に向けた取り組みが一段前進したようだ。その一方、ロシアによるウクライナ侵攻の影響も一部で出始めている。...

孫氏、売却益12億ドルか 自動運転企業Cruiseの株式売却で

米ゼネラルモーターズ(GM)は2022年3月、自動運転開発を進める傘下のCruise(クルーズ)に追加投資を行うと発表した。 ソフトバンクビジョンファンド(SVF)が有するクルーズ株を21億ドル(約2,500億円)で取得した上...

ホンダの自動運転戦略(2022年最新版) レベル3市販車「新型レジェンド」発...

米GM、Cruise(クルーズ)との自動運転モビリティサービスに向けた協業や、世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めたようだ。 ...

GM傘下Cruise、自動運転タクシー「2030年に100万台」

米GM傘下CruiseのKyle Vogt最高経営責任者(CEO)は2022年3月13日までに、自動運転タクシーの車両数を2030年までに100万台まで増やす目標を明らかにした。米モルガン・スタンレー主催のカンファレンスで語った。 ...

上場直後にGM超えも!Mobileye、時価総額500億ドル級へ 自動運転開...

米IT大手インテルは2022年3月10日までに、傘下の自動運転開発企業であるMobileye(モービルアイ)が米証券取引委員会(SEC)に、新規株式公開(IPO)を行うための目論見書「Form S-1」を提出したことを発表した。 ...