GM に関する記事

ホンダの自動運転・ADAS戦略とは? ホンダセンシング標準装備化

1948年、浜松の小さな町工場で自転車用補助エンジンの製造からスタートした本田技研工業(本社:東京都港区/八郷隆弘社長/以下ホンダ)。今では国内シェア2位(2017年販売台数)、世界でも7位(同)の世界有数の自動車メーカーとして存在...

ホンダ、米GMと自動運転開発で提携 無人ライドシェア用車両を開発へ 子会社ク...

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:八郷隆弘)は2018年10月3日、自動運転技術を搭載した無人ライドシェアサービス用の車両を開発するため、米自動車メーカー大手のゼネラルモーターズ(GM)と同社の自動運転開発会社...

テスラ魔の1週間…時価総額でGM下回る、イーロン・マスク氏が会長職辞任

米電気自動車(EV)大手のテスラ(本社:カリフォルニア/CEO:イーロン・マスク)の株式時価総額が一時、米自動車メーカー大手のゼネラル・モーターズ(本社:デトロイト/CEO:メアリー・T・バッラ)=GM=を下回り、ニューヨーク市場に...

自動運転レベル5の定義や各社計画を解説&まとめ 実現はいつ? 必要インフラは...

自動運転の最終形と言われる「自動運転レベル5」。ハンドルやアクセル・ブレーキなどは基本的に必要なくなり、自由な空間で自由な移動を楽しめるクルマの誕生は、モビリティに対する考え方を一変させる。実用化される頃には、取り巻く交通環境も今と...

イケア、自動運転向け家具事業に参入 7つのデザインを同社研究機関SPACE1...

家具販売の世界最大手イケア(本社:スウェーデン)が、自動運転車向けの家具デザインに本格的に取り組んでいることが2018年9月18日、明らかになった。同社がデンマークに構える研究機関「SPACE10」が公式サイトで7つのデザイ...

自動運転レベル4の定義や導入状況を解説&まとめ 実現はいつから?

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車両の市販化が世界で始まっている。次の市販化のハードルは自動運転レベル4(高度運転自動化)となった。 運転においてドライバーとシステムが混在するレベル3に対し、レベル4は基本的にシステ...

音声認識大手の米ニュアンス、車載向け技術の説明会開催 デモカーでの最新ソリュ...

車載機器の音声認識技術などを手掛ける米大手ニュアンス・コミュニケーションズ(本社:米マサチューセッツ州)は2018年9月14日、東京都内で音声認識技術などを説明するイベントを開催した。イベントの後半では、デモカーでの最新ソリューショ...

自動運転特許の評価、グーグルがトヨタ抜きトップ 3位GM、4位フォード

IT業界の巨人グーグルが自動運転開発を始めて久しい。既に自動車は自動車メーカーだけが開発するものではなく、自動運転という次世代技術の誕生でさまざまな業界が自動車産業に進出する時代が訪れている。 日本経済新聞の報道によれば、自動...

アップルの自動運転試験車両、カリフォルニアで70台に トップはGM、2位go...

米アップル(本社:カリフォルニア/CEO:ティム・クック)がカリフォルニア州車両管理局(DMV)に登録している自動運転試験車両が、70台にまで増えていることが2018年9月13日までに明らかになった。試験車両を操作するドライバーの数...

【日本版】自動運転開発を手掛ける主要企業・会社総まとめ 自動車メーカーからベ...

クルマ本体をはじめAI(人工知能)技術や各種センサー、高精度地図情報、通信技術などさまざまな分野が結集して初めて完成する自動運転車。自動運転にマッチした新たなサービスを模索する動きも多くみられる。 自動車メーカーや部品メーカー...