自動運転関連企業の上場ラッシュは継続!AuroraとHorizonも!

アメリカ市場で年内にも?



出典:Aurora Innovation公式サイト

米市場で自動運転関連企業の上場ラッシュが起きているが、その勢いはまだまだ止まることがなさそうだ。

複数の関係者によると、自動運転技術を開発している米Aurora Innovation(オーロラ・イノベーション)と自動運転向けAI(人工知能)チップを開発する中国企業Horizon Robotics(地平線機器人)も、遅かれ早かれ米市場に上場する。







■AuroraとHorizon Roboticsが米国市場で上場へ

Aurora Innovationは、SPACのReinvent Technology Partners Y(リンベント・テクノロジー・パートナーズY)との合併に向け、最終的な合意まで到達したとのことだ。目標とする評価額は、現在は120億ドル(約1兆3,100億円)に落ち着いているという。

Aurora Innovationは2016年設立のスタートアップ企業で、クリス・アームソン氏など自動運転業界のベテラン3氏が共同創業者だ。トヨタと提携していることでも知られ、日本においても注目度が一気に高まった企業だ。

一方、中国企業のHorizon Roboticsも米国でのIPO(新規株式公開)を検討しており、調達規模は10億ドル(約1,090億円)に達する可能性があるとのことだ。

現在、Horizon Roboticsはインテルの投資部門であるIntel Capital(インテル・キャピタル)、中国の大型PE(プレイベートエクイティ)ファンドの高瓴資本(Hillhouse Capital)、アリババ創業者のジャック・マー氏が設立した雲鋒基金(YF Capital)から出資を受けている。

■過去にLiDARや自動運転トラックの開発企業も

アメリカ市場における自動運転関連企業の上場ラッシュは、2020年12月のLuminarの上場から本格化した。Luminarは自動運転車向けのLiDARを開発しており、SPAC(特別買収目的会社)を用いて米ナスダック市場に上場した

LiDAR開発企業の上場はその後も続くが、自動運転トラックを開発している中国スタートアップのTuSimple(図森未来)が2021年4月に米ナスダック市場に上場したことも知っておきたい。ちなみにTuSimpleはSPAC上場を選択せず、従来型の上場を選んだ。

今回上場話が明らかになったAurora InnovationやHorizon Roboticsのほかにも、未上場の有力企業は多数ある。次はどの企業の上場話が出てくるのか、注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事