LiDAR企業のLuminar上場!株価急上昇、自動運転の「目」を開発

上場翌日に40%上昇、その後も好調



出典:Volco Carsプレスリリース

自動運転の目の役割を果たす「LiDAR」(ライダー)開発する米Luminar Technologiesが、米ナスダック市場に上場した。ティッカーシンボル(証券コード)は「LAZR」で、2020年12月3日に上場した。

Luminarに関しては特別買収目的会社(SPAC)との合併によって年内に上場する見通しだと報じられていた。上場後にLuminarの株価は急上昇し、翌4日には40%近く株価が上昇した。その後も株価の上昇基調が続いている。







出典:Nasdaq公式サイト(https://www.nasdaq.com/market-activity/stocks/lazr)
■自動運転のコアセンサー「LiDAR」を開発

自動車の自動運転化に向けた研究が進み、自動運転市場は将来巨大なマーケットとなることが確実視されている。その自動運転車においてコアセンサーの1つとして位置付けられているのがLiDARで、LiDAR開発企業のLuminarの存在感はこの1年、大いに高まった。

そんなLuminarは、現在25歳のオースティン・ラッセル氏がかつて大学を中退して設立したベンチャー企業で、同氏がスタンフォード大学で学んだ物理学の知識などを生かし、低価格のLiDAR開発に力を入れてきたことで知られる。

Luminar製のLiDARに着目している企業は既に多く、日本のトヨタ自動車もその1社だ。つい先日には、自動運転やADAS向けの画像処理チップを製造するインテル傘下のMobileyeと、自動運転車用LiDARを供給するサプライヤー契約を締結したことでも話題になった。今回の契約によるMobileyeへの製品の納入により、Luminar側は13億ドル(約1,360億円)以上の売上を得る見込みのようだ。

2020年5月にはスウェーデンのボルボ・カーズがLuminarと提携し、Luminar製LiDARを次世代型のボルボ車に導入していくことも発表されている。

■Luminarは「テンバガー銘柄」になれるか!?

自動運転市場の有望性やLuminarの最近のニュースからは、Luminarという企業の成長性を感じずにはいられない。株価が10倍になる「テンバガー銘柄」になるのでは、と期待する声もある。Luminarの株価が今後どう推移していくのか、注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事